2008年5月 9日 (金)

「MS-14G ゲルググ陸戦型「ケン・ビーダーシュタット搭乗機」完成!!

 遂に完成いたしましたゲルググG型。以前の「修羅の双星」のザクからガンプラの完成品としては1年以上、久しぶりの完成品となりました。妥協点もありますが(汗)作品から私の「ジオン魂」が少しでも伝われば嬉しいです(^^;

Rimg0120

 まずは何時もの角度から。

 ゲルググ自体はHGUCのゲルググにモールド追加、頭部の形状を変更した程度ですがマスターグレードに見られるモールドを簡略化して追加する事により印象が大きく変化したと思います。

 そしてケン搭乗機のG型の特徴とも言えるデザート系の配色ですが何処にでもあるような色で意外とこの色を出すのが大変でした。イメージは近いかな?

 

Rimg0121

 順に説明しますと頭部は削りこみで角ばったスパルタンな印象に変更、削り込みするとモノアイ上部の二本ラインが消えてしまうので復活。

 腕部は何時もの工作で肩パーツの可動部を一部削りこみ「いかり肩のまま腕を内側に動かせる」様に弄りました。コレだけで素立ちの印象が全然変わります。

 右腕にはグレネードランチャー、左腕にはバルカン砲を製作。本来でしたら逆が正しいのでしょうがPS2ゲームにてグレネードを右腕で発射しているのでああえてこの配置にいたしました。どうでもいいこだわりですね(汗)

 Rimg0122

 

 肩アーマーにはゲルググマリーネから流用したダクトを半分程度の厚さに削り込み貼り付けています。

 その他は特別な改修はありませんがスジ彫りの追加深く掘りなおしたりしております。

 モノアイはビームサーベルの輪切りを使用。裏にシルバーを塗り光るようにしていますが、ゲルググ特有の視界の狭さのおかげで殆ど目立ちません(泣)

 

Rimg0126

 リアビュー。

 やはり「G型」特有のランドセルが目立ちます。正直B型のランドセルで逃げようと思いましたが(戦場の絆や漫画版はB型のランドセル)やはりG型のランドセルをプラ板の箱組み、流用パーツ、エポパテで製作。正直今回の作業で一番大変でした・・・。

 薙刀のグリップの色はどうしようと思いましたがグレーで塗装。アクセントを付ける為にもイエロー系のほうが良かったかな?

Rimg0125

 シールドはプラ板メインの工作です。裏側は流用パーツでそれらしく。デザインは単調なデザインなので少しアレンジしております。

 二の腕の特徴的な二本ラインは黒を先に塗装して細めのマスキングテープを貼り、基本色を塗装してマスキングを剥がします。ゲルググ問題の関節は後はめ工作が面倒なのでマスキングで塗装いたしました。

 塗装は下地にミッドナイトブルー、基本色二種類(調合は覚えておりません・・・。)ランドセルはジャーマングレー+ホワイトで。試作ビームライフルはジャーマングレー+ホワイト+インディブルー。ウォッシングはエナメルでフラットブラック+ブラウン系をライターオイルを混ぜて使用しています。(ライターオイルはジッポオイルですと最近は成分が変わってしまったので100円ショップのオイルを使用しています。全く問題無しです。)

Rimg0127

 試作ビームライフル、ランドセルはブラウン系で少し荒めにスミ入れ。

 ドライブラシはタン、ダークイエロー、ホワイトを使用、最後にパステルで調整しております。

 デカール類は控えめに。正直頭部のジオンマークは貼るかどうか考えましたがやはりこの機種の特徴なので貼る事にいたしました。

Rimg0135

 

 

 MMP-78マシンガンを装備。最終回のゲルググG型ですね(^^

 

Rimg0132

 アクションポーズ!(笑)

 バルカンを構えるポーズで。

 Rimg0131

 試作ビームライフルを構える。

 Rimg0133

 「俺達の望みは殺す事ではない・・・より確実に生き残る為にこいつが必要なのだ」のポーズ(^^;

 Rimg0130

 バストアップ。

 意外とジオンマーク気にならないかな??まあこの機体の特徴ですし・・・。(単行本2巻の表紙だけだけど・・・。)

 Rimg0138

  ゲルググG型を製作するにはやはり装備品が一番大変でしょうね、どれも流用が聞かないのが痛いです。試作ライフル、ランドセル、シールド各プラ板メイン工作で製作、ライフルはレジンで複製して使用しています。これでガトー専用ゲルググにも使用できる♪

 

Rimg0119

 試作ライフル、ランドセル、シールドと装備品は全てフルスクラッチですが中でも一番時間をかけた試作ビームライフル。セレクターやモールドなどはガンマニアの私の趣味ですね。逆に反対側のコード類は好きではないのでオミット。それも私の趣味です。

 

Rimg0136

 「メモリアルアクション(懐かしい・・・)」その1.

 単行本2巻の1コマ「一本多くねぇ?」でお馴染みの二の腕の3本ライン。

 そしてせっかくなので・・・・・・・。

 

Rimg0137

 「メモリアルアクション!」その2.

 最終回の再現の為に右腕のダメージ状態パーツを製作。

 

Rimg0140

 

 「無慈悲な鬼神・・・・・・・生き残った兵がそう言っていたようです」のイメージ。

 

Rimg0134

 もうひとつオマケ画像。

 1年ぶりに完成したガンプラがG型ゲルググと言うのが私らしいです。HGUCベースでケンのG型を製作されている方は余り見かけないので完成すると嬉しいですね。本体に関しては不満点も残りますが次回の課題にすると言うことで。時間こそかかりましたが多くのコメントを頂き応援していただいたおかげで完成までこぎつける事ができました。長い間見ていただいた皆様に本当に感謝しています。後はガースキーとジェイクのザクがあれば完璧かな!?なにはともあれこの作品のおかげで私のジオン魂が燃え上がってきました!次は何つくろうかなあ・・・「ジーク・ジオン!」

| | コメント (37)

2008年4月20日 (日)

「MS-14G ゲルググ陸戦型「ケン・ビーダーシュタット搭乗機進行具合⑭」

 今日、仕事着で帰宅している途中子供に声をかけられ「魚の臭いがする」と言われてしまいました・・・。仕事柄仕方が無い??

■次は完成か!?ゲルググG型

Rimg0112

 遂に塗装直前まで来ましたゲルググG型。本体にいたっては殆ど改造らしい事もしていないのにここまで1年以上が経過してしまいました。ガンプラの完成品は去年の4月に完成した修羅の双星の2体以来です。引っ張りすぎだって(笑)

 やはり頭部の印象がかなり異なる事がお分かりいただけるかと思います。削り込みのみですが雰囲気がガラリと変わるから不思議です。削り込んだ後にモノアイ上部のニ本ラインを復活させるのに結構苦労いたしました・・・。

 

 Rimg0113_2

 

 リアビュー。

 一番苦労したランドセル(今風ならバックパックか?)ですが苦労した割には納得していない部分も多々あるのですが形状は上手くいってますよね?

 大き目のバーニアもこのランドセルの特徴ですね。

 

Rimg0114_2

 

 装備一覧。

 ゲルググG型の特長とも言うべき試作ビームライフル、シールド、ランドセル。試作ライフルはあえて形状の難しいガトー専用ゲルググが装備しているタイプを選択、コミック版を選択いたしました。 ライフル良い感じでしょ!?

 シールド、ランドセルはガンダム戦記のPS2版、シールドは形状に少しだけアレンジをしております。コミック、戦場の絆版ならランドセルはB型と同様のもので良いのですがそこはヒネクレ物の私らしいと言いますか・・・(^^;

 さりげなくMMP-78マシンガンも用意してあるところが細かい!?

 

Rimg0111

 サフ前のビームライフル。素材が何となく分かるかと思います。正直苦労しましたよ・・・(涙)

 ゲルググのマニュピレーターそのままですとライフルを持たせられないのでゲルググの人差し指を短く加工するか若干調整したHGUCザク2の人差し指のパーツを流用して加工するかしないと装備できなかったり。初めはゲルググのマニュピレーターを加工したのですが強度を考え人差し指のみHGUCシャア専用ザク2から流用、調整しております。ちなみにこの試作ライフルはガトー専用ゲルググを製作するときの為にシリコンで型を取っている最中です。

 次は「MS-14G ゲルググ陸戦型「ケン・ビーダーシュタット搭乗機進行具合⑭」と言うタイトルではなく「MS-14G ゲルググ陸戦型「ケン・ビーダーシュタット搭乗機完成!」と言うタイトルで行きたいものですね(^^;

 

| | コメント (16)

2008年3月16日 (日)

MS-14G ゲルググ陸戦型「ケン・ビーダーシュタット搭乗機進行具合⑬」

 今日は久しぶりに某有名模型店にて店員さんであるSSDDさんと模型話で盛り上がりました。忙しい中お話に付き合ってくれて楽しい時間でありました。またお話しましょう(^^)

■本体はほぼ終了!あとは装備品!

Rimg0099

 ようやく本体の処理が終わりました。最近の私の手の遅さを考えればかなり上出来かな??

 趣味なのでまずは深く考えず一気に製作することを第一に考え製作いたしましたところ思った以上に進行してひと安心。

 いつもながら、まずは「ギレンの野望」アングルで。このアングル好きなんだなあ~、私(^^;

Rimg0100

 そして背面。

 ランドセルもほとんど終わり細かい気泡を埋めて大体終了です。

 やはり背面に大きな特徴がある機体なのでB型と違う魅力が現れていれば嬉しいですね(^^)

 今回はスカート後部の二段に角度が入っている部分はモールドを合わせて活かす方向で。違和感は無いと思います。

Rimg0101

 頭部の形状の変更と胸部のボリュームアップによりこの辺の角度の撮影がかなりカッコイイと思うのは私だけでしょうか?

 あとはライフルとシールド!・・・・とはいえ私は装備品はどうも面倒でして・・・・(汗)

| | コメント (13)

2008年2月19日 (火)

祝!30万hit突破!&MS-14Gゲルググ ケン・ビーダーシュタット搭乗機進行具合⑫

 気がつけば約二年、おかげ様で30万hit突破いたしました。ブログを開設した当初はここまでご支持をいただけるとは想像もしておりませんでした。これから先も偏った記事ではございますがよろしくお願いいたしますm(_ _)m

■そしてゲルググG型ですが

Rimg0144

 左腕のバルカン砲を製作いたしました。結局流用パーツとプラ板等での簡単工作、一時はアレックスから流用しようと最高の手抜きをしようと思ったのですが、私が想像している以上に大きかったのでやはり簡単とはいえ自作する事に。それでもややオーバースケールですが雰囲気出ているかな?

 過去にも説明しているのですがバルカンが左腕なのはゲーム(機動戦士ガンダム戦記)にてサブ武器のグレネードランチャーを射出する際に右腕から発射されていたのでバルカンは左腕にいたしました。同じゲルググG型でもヴィッシュのゲルググでしたら右腕にした方が良いかな?



Rimg0143

 そして全身です。良い感じ(*^-^*)

 バルカンの形状はアレックスの形状を参考に。この形状が一番シンプルかな?M134バルカンみたいのも考えましたがやはりこの方が1/144には合っているような気がします。

 少しづつではありますが、確実に進行しているゲルググ。もう製作開始して1年以上が経過してしまいました・・・。しかしこうして装備が充実してくるとカッコいいなあ(^^

 次回の記事はこのブログ開設以来初のGFF、ジオノ系を予定です。(ジオノ、GFFには辛口なんだよなあ・・・でも今回購入したもの達はどれもそれなりによかった気がします)

 ■ フレームモデル フルアーマーガンダム

 ■ フレームモデル パーフェクトガンダム

 ■ パーフェクトジオング

 のいずれかの記事の予定です(^^

| | コメント (19)

2008年2月13日 (水)

MS-14G ゲルググ陸戦型「ケン・ビーダーシュタット搭乗機進行具合⑪」

 PSP版「機動戦士ガンダムギレンの野望 アクシズの脅威」をプレイしているのですが、次から次へと侵攻してくる連邦軍を見て本当に200ユニット上限なのか?と疑ったりジオンでプレイしていたら連邦軍にラコックがいたり・・・。(太陽の牙ダグラムのラコックは連邦軍なんだけどね)じっくり好きなユニットを揃えたい私にはあまりに侵攻が多すぎるゲームバランスが苦痛です。正直個人的にはハズレではないのか?と思ってしまう内容です。PS2版やろうかなあ・・・。

■少しづつですが進行しています

Rimg0140

 


 
サフを吹きながらチマチマと進んでいます。こうして非武装のゲルググを見ていると、ティータイムズのミャオ君のゲルググを思い出しません?私だけか??












Rimg0141




 別角度から。


 弄った頭部がG型の印象に合っているような気がします。肩のダクトはゲルググマリーネからの流用ですが薄くすることにより違和感を軽減しています。









Rimg0142


 背部。


 ランドセルはあいかわらずチマチマ攻撃、今回はリアスカートは弄らず妙な段もスジ彫りの追加で違和感が無いとは思います(^^






 次は左腕のバルカンを製作予定です。普通でしたらバルカンは右だと思いますがゲームでは右にグレネードを装備していたので、あえて左にバルカンを追加しようと思います。バルカンはプラ板、真鍮パイプ(1.6mm)、流用パーツでテキトーに組み上げようかと思います(^^;)

| | コメント (14)

2008年1月 3日 (木)

謹賀新年&MS-14G ゲルググ陸戦型「ケン・ビーダーシュタット搭乗機進行具合⑩」

 新年明けましておめでとうございます。本年もこのような小さなブログではございますがひとつよろしくお願いいたします。私は昨年は嬉しい事、悲しい事といろいろありました。皆さまの本年はいい年でありますようにm(_ _)m

■スジ彫り大まかに終了!ゲルググG

Rimg0098

 ゲルググのスジ彫りで一番厄介な部分の下半身がようやく終わりました。マスターグレードを簡略化したラインですがコレ位がベストかな?後はバックパックの荒い部分の修正、ビームライフル等を残すばかりです(それが厄介なんだよなあ・・・)

 HGUCのゲルググと言うのはスジ彫りを足してあげるだけで締まった印象が追加されるのが不思議です。ここまで見えてくるとやる気が出てくるというものですね(^^;

 しばらくは私が欲しいようなHGUCも出なさそうですしゲルググに集中できるかな?

Rimg0097

 

 脚部です。

 マスターグレードの簡略版といったところでしょうか、スジ彫りを追加しています。コレだけでガラリと印象が変わりますね??画像の通り私は深めにスジ彫りを施すのが好きで削りカスがスジ彫りした部分に思い切り入っているので分かりやすいと思います。

 この調子なら1月中に完成!?・・・・・・・・・どうかなあ・・・。

 

| | コメント (20)

2007年12月18日 (火)

MS-14G ゲルググ陸戦型「ケン・ビーダーシュタット搭乗機進行具合⑨」

 

■ちまちま進んでいます

Rimg0076

 少しづつではありますが確実に進んでいるゲルググ陸戦型。とりあえず上半身のスジ彫りが終了いたしました(まだ細かい調整やズレ、はみ出しを直さないといけませんが)

 スジ彫りした箇所は削った粉のおかげで白くなっているのでどこをスジ彫り追加したのかお分かりになると思います(^^

 HGUCのゲルググはスジ彫りを加えるだけで大きく印象が変わりますね、とはいえ毎回このライン入れが結構苦労するのですが・・・。今回はカスペンのゲルググがあるのでスジ彫りに関しては見ながら製作できるので比較的考えないで製作できたのは救いでしたね(^^)

 この調子で行ったら年内完成もあるかも!?・・・年内完成する位に手を動かさないといけませんね・・・・・・。

| | コメント (18)

2007年10月29日 (月)

MS-14G ゲルググ陸戦型「ケン・ビーダーシュタット搭乗機進行具合⑧」

 まずは別館にて50回突破記念「装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ」DVDの記事をUPいたしております。(あらすじが記載されているのでボトムズ好きでDVDを未見の方はDVDを視聴してから読んでいただく事をおススメいたします)
http://misojikousyou.cocolog-wbs.com/maniamisoji/2007/10/5050_0521.html

 

■久しぶりの更新ゲルググG型

Rimg0111

 久しぶりの更新となりました(笑)ゲルググG型。久しぶりに手を動かし気に入っていなかったモールドを埋めて彫りなおす直前といった画像です。

  

 あとは少しづつエッジ部をタイラー(これ本当に便利!もう手放せません)を使用してシコシコと少しづつ修正をいたしております。

 ランドセルさえ出来てしまえばあとは本体のモールドくらい・・・・試作ビームライフルの反対側も製作しないと・・・。

 しかし本当に久しぶりに本館で製作記事をUPしたような気がします。製作しているものって時間を置くと意欲が失ってしまうんですよね、でも久しぶりに手をつけたからもう大丈夫??

■数年ぶりにマスターグレードを買いました(汗)

Rimg0112

 久しぶりにマスターグレードを購入いたしました。今さらながらザクver2.0ですが私が最後にMGを購入したのは発売日にF2ザク(連邦版)以来なのであまりの技術の進歩に驚くばかりでした。

 なのに・・・・・。コレはザクとしては完成しないのです(汗)別館も見ていただいている方でしたらもうお気づきかもしれませんが(^^;

 しばらくはゲルググG型とスコタコ(別館)の2種類の製作になりそうです。

 

| | コメント (14)

2007年9月18日 (火)

MS-14G ゲルググ陸戦型「ケン・ビーダーシュタット搭乗機進行具合⑦」

 まずは当ブログの常連様でありますシン・マツ様が主催をされています「HGUCアッガイコンペ」を当サイトも応援いたしております。(投票結果も出ているようです)キットとしての完成度の高いHGUCアッガイは個性を表現するには難しいキットではありますが、皆様個性を表現して心から楽しんでいると言うのが伝わります。
「HGUCアッガイコンペ」
http://blogs.yahoo.co.jp/msm04agguy_zeon

■そして私のキットは・・・。

Rimg0099

 単純な形状のバックパックなので楽勝と思いきやなかなか大変でした。とはいえ雰囲気は出ているでしょ?実物はもっといい感じなのですがどうにもこうにも、適当にカメラのシャッターを押すのは良くないですね(^^;

 ようやく陸戦型らしいシルエットになってきました。まずはサフを吹いて傷のチェックをしないといけませんね。しかし1ヶ月間でバックパックだけか・・・。自分の手の遅さに呆れるばかりです。

Rimg0100

 上側から。

 B型とも違う形状が独特の印象を付加していい感じ(^^)

 あっ!ビームライフルの右側のデザインがぜんぜん進行していないのがばれてしまう角度の画像ですね(汗)なるべく隠していたのに・・・。

 あとは全体のスジ彫り、ヒケ処理等も残っていますね・・・。とはいえ、しばらくはHGUCで欲しいものも発売しなそうなのでゲルググに集中できるかな?

■追加記事です

Rimg0102_2

 サフを吹きました。印象がガラリと変わり統一感が増したと思います(^^

 良く見るとアルテコの気泡が目立ちますね・・・。苦手なんですよね~、気泡処理。(というか、面倒くさいんです。)やはりリタッチの繰り返しで少しでも納得できるものを製作しないといけません。 形状は悪くないかな?

Rimg0101

 角度を変えて。うん、いい感じo(^-^)o

 漫画版や戦場の絆版と言い切ってしまえばB型のバックパックを付けるだけでよいのでしょうが、基本へそ曲がりの私のことですから製作しないと納得行かないんですよね~。

 とか何とか言っても、シールド、バックパックはPS2版、ビームライフルは漫画版と言う矛盾している部分もありますがどうせG型といった以上はシールドとバックパックをしっかり製作したいじゃないですか~。

 いい感じ。少しモチベーションが上がったかな??

| | コメント (16)

2007年8月22日 (水)

MS-14G ゲルググ陸戦型「ケン・ビーダーシュタット搭乗機進行具合⑥」

 最近「巨神ゴーグ」がもの凄く見たいのですがDVD-BOXをなかなか見かけません。どちらかと言えばマイナーな方ですからね~。完成度がおそろしく高い作品でしたよね?

■ゲルググも少しづつですが進行しています

Rimg0068

 シールドを進行いたしました。×モールドを結局エバーグリーンのプラ板で製作、加工しています。

 本来ですとこのモールドは半分位のサイズですがあえて強調してみたところカッコイイ・・・(´・ω・`)なのでこのサイズで細かな修正を入れていきたいと思います。

 肩アーマーのダクトはてっとり早くゲルググマリーネから流用、半分位の厚さまで削りこんで貼り付けています。あとは貼り付けた周辺に溝を掘り込んで別パーツ感を出したら問題無しですね~。

Rimg0070

 

 シールド裏はゲーム画面とにらめっこしながら市販パーツで「それらしく」でっち上げています。内側のグリップ部分はマスターグレードの陸戦型ガンダムの180mmカノンのものを流用、加工して貼り付けただけです。

Rimg0069

 実はバックパックの製作も始まっていたり。

 最初はB3グフのランドセルの形状が多少近いので流用してあれこれパーツを付けようと思ったのですがサイズが小さすぎるので結局プラ板で製作・・・・・と思ったら今度は大きすぎるので幅詰めをしました・・・・ってなんで自分でスクラッチしたパーツを幅詰めなんかするはめに・・・。

 基本形状を製作して後は上面のダクト上のものをプラ板で2個製作、サイドにB型ゲルググの様なパーツを適当に市販パーツでナントカしてしまおうという考えです。

 だんだんG型っぽくなってきたなあ・・・・。

| | コメント (17)