« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月30日 (日)

ガンダムグッズあれこれ

 いつもながら三十路工廠の私物を小出しに紹介してあれこれ言うコーナーです(^^

 今回はメディアワークスさん発行の「ガンダムプロファイル~ヘイズル改をImg127極める~」の紹介を。

 先日購入したばかりのこの本。「フルアーマー形態、イカロスユニットのスクラッチ完全網羅」と、帯に書いてあったので早速購入。しかし・・・・。
 イカロスユニットの製作過程なんかワンショットしか掲載されてないじゃんか~!!!(泣)

 もう馬鹿にしているとしか思えません。内容的には「電撃ホビーマガジン」の作例と同じもの、一部新作があるとはいえ、「よくこんな本発売に踏み切ったな・・・・。」というのが正直な感想。せめてたち読み出来る店で中身を確認してからの方がよかった・・・・。「電撃ホビーマガジン」を毎月購入されている方は購入の必要全くありません。この内容で1800円とは・・・・。A・O・Zの1~4巻までの短編集の方がぜんぜんいい。久しぶりに心の中から後悔した本の一つですね(T-T)しかしながら、普段「電撃ホビーマガジン」を読んでない方にはそれなりにおすすめです。

 帯にこんな事が書いてありました。

 「ヘイズルを知るならばコレを読むべし!」

 個人的には読む必要が全く無いですが、人それぞれなので、なんともいえないですね~。電撃ホビーマガジンは初心者から上級者まで配慮された優秀な模型誌だとは思いますが、コレに関しては・・・。う~む・・・。 最近愚痴ばかり・・・すいません・・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月29日 (土)

WWEグッズあれこれとヅダ進行具合

 いつもながら三十路工廠の私物を小出しに紹介してあれこれ言うコーナーです。

 今回は久々にWWE(世界最大のプロレスエンターテイメント)の「WWE DIVAマガジン2006」のお話を(^^

 Img126今年も発売されました。「DIVA マガジン」。私は2003年版から4冊所有しています。今年の表紙は「トリッシュ・ストラタス」。トリッシュいいっすね~!(;´д`)はあはあ・・・。今WWEでプロレス出来て、顔が良くて、演技(?)が出来るDIVAってトリッシュ位のものでと思うんですが・・・。どうでしょう??
 私もWWEを何年か見ていると、普通の体格の女性より、少し鍛え上げられた体の女性の方がグッとくるようになってしまった気がする・・・。ボディビルダーとかじゃないですよ?ちょっと筋肉質な位のかな?まあ、人それぞれでしょうから(^^ 

 そんなWWEのDIVA(女子部門)の写真集。ドルで6ドル99セント、カナダドルで9ドル99セント。日本では・・・。やめておきましょう・・・。(約1500円~2000円位)。今回の表紙はファンの投票によって決められたのですが、みんな考えるのは同じ(?)なのか、私も含めてこの表紙に決定したようです。(この表紙今までのDIVAマガジンで最高かも)内容はランジェリースペシャル(おお)新人が目立つ今回の内容。向こうのDIVA(女子レスラー)は皆さん美人なんですが、技術が伴っていないのが現状のようです。数年前はモーリー・ホーリー、ゲイル・キム、アイボリーなど実力派がいたのですが・・・。意外と気になったのが「ジリアン・ホール」正直綺麗。笑顔が素敵(*^-^*)収録ではあんな役回りだが、笑顔は正直なかなかいいっすよ~。実際凄くいい人なんだそうですよ?ヒール役の方って、プライベートはいい人が多いですよね。

 ここからは、模型話。Bクラブ製の「ヅダ」の進行具合。

 P1010019なんとかHGUC化のニュースの傷も癒え(笑)再び製作開始。今日塗装に入ろうと思ったのですが、ど~にも肩の円筒状のパーツの甘さが気になって仕方がないのです。仕方なくエバーグリーンのパイプと市販パーツで新規製作。たいした作業ではないですが、こういう積み重ねで作品の完成度が上がるんですよね。このパーツ、ヅダの特徴の一つでもあるので、やや長めに 製作しています。そしてスタンドを使用しての「この歴史の真実は・・何人たりとも消P1010018せない・・・そうだな・・・・フランツ。( 漫画版)」ごっこ(笑)なにげにこのミニMSスタンドいいですよ?イエローサブマリン製。500円というのも大きな魅力。今までのスタンドはMG、1/6フィギュアなど割と大型作品が対象でしたが、このミニMSスタンドはHGUCクラスを対象にしているのでおすすめです。しかも台座は小物入れになっており、マニュピレーターなど紛失しやすいものが収納できる優れもの!おススP1010020メです。

 塗装状態で旧ザクと並べられるのはあと2~3日後かなぁ・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年4月27日 (木)

MSイグルー~黙示録0079~1巻発売!!

 いつもながら、三十路工廠の私物を小出しに紹介してあれこれ言うコーナーです(^^

今回はネタバレ注意!!(機動戦士ガンダムMSigloo~黙示録0079~1巻をみようと思ってまだ見ていない方は一度DVDを見てからのほうがいいですよ!)

Img125皆さんはもうご覧になったでしょうか?そうです。今月26日発売の「機動戦士ガンダムMSigloo~黙示録0079~1巻」の事です(^^

 私、三十路工廠も先日見ることが出来ました(次の日出勤の為、5時半に家を出なければいけないのに、宅配便が指定時刻30分オーバー。結局11時過ぎに見る羽目に・・・。せっかく品物があるのに見ないで仕事に行ったら絶対仕事が手に付かないですしね。)

 ここからネタバレ含みます!!(まだ内容を知りたくない方は今日のブログはDVDを見てからのほうがいいですよ!!)

 とはいえ、そんなに内容は書きません(笑)いくらかネタバレがありますが見た方に内容書いても仕方がないので(^^

 まずはゼーゴッグ。設定がいいですね。海で使用される事がなくなった役割の無いズゴッグを試験に利用する・・・。ズゴッグがなんか悲しい表情に見えてしまうのは私だけ?何かで読んだのですがゼーゴッグの「ゼー」はドイツ語で「SEA」(海)だそうです。0080系のMS辺りからドイツ語を引用する事が多くなりましたね。「ケンプファー」「イエーガー」「ヅヴァイ」「クリーガー」「ゲム」「カモフ」などなど・・・・。 

 しかし30分もので3パターンの兵装が登場するのもめずらしいですよね?なかなか楽しめましたが。海兵隊員のヴェルナー・ホルバインの声が堀内賢雄!二枚目キャラにぴったり!いい選択ですな~。今回は「あれっ?泣けないな・・・(私はもの凄く涙もろい人なのです。)」と、思っていたら!最後にマイの言葉!!

「彼にとって、おじいさんは海で死んだ・・・・・・。それでいいじゃないですか。」

 やられた!すっかり涙目(笑)さらに追い討ちをかけるようにモニクの言葉!!

「海は見えたか・・・?海兵・・・。」

 もう大泣き!(笑)ほんと涙もろいんですよ~。未だに、劇場版めぐりあい宇宙の「わかってくれるよね?ララァにはいつでも会いに行けるのだから・・・」で20年以上泣ける特技(?)を持っているので(^-^)

 08小隊のスナイパーのビーム表現といい、今回のビーム表現といい、「本来ビーム兵器のダメージ表現って、あのように溶断するのかな~なんて。説得力ありました。

 おまけの資料も重要。1/144のゼーゴッグのスクラッチを検討しているので。(検討ですよ?)しかし1/144エーギルのスクラッチと、どちらを製作しようか考え中・・・。のんべんだらりの性格なのでいつ完成するか・・・。(たいちょ-さん、サブメカコンテストにゼーゴッグ出せなかったら御免なさい・・・。外のサブメカもスタンバイしているので2作品は参加します)心の中ではエーギルにやや傾きつつあるのです・・・。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年4月26日 (水)

ガンダムグッズあれこれ

   いつもながら三十路工廠の私物を小出しにあれこれ言うコーナーです(^^

 今回は「ガンダム エンブレムコレクション」のお話を。

Img124 この本ってあんまり大体的に宣伝しなかったから持っている方は意外と少ないのではないでしょうか?私も偶然ホビージャパン誌に小さく掲載されているのを発見したので、この本の存在を知りました。

 パッケージはビデオケースのようなものに薄い本が一冊(MS大図鑑位、厚さは半分位)。発売元は講談社。2002年の発売のこの本は現在生産はされていないようです。なんといってもこの本の魅力は223種類ものエンブレムとマーキングが掲載されている事。自作でマーキング製作される方にはのどから手が出そうになる本だと思います。

 私が購入した理由はなんと言ってもMSV!!!のマーキングがぎっしり!
 こりゃあ買いだなと思い、新宿まで買いに行ったものです。MSVだけでも50種類ほどありますし。デカール化していないマーキングがかなり掲載されているのも大きな魅力ですね。模型制作には役に立つかも?

 Img123おまけにはスレッガー・ロウのマーキングのエンブレムの刺繍のワッペンが付属。いまでは有名になったこのマークもこの本から登場したようです。(多分そのような話を聞いたので)

 もし古本屋さんで安く見かけたら、購入を検討してみてはいかがでしょう?アマゾンでは新品はないので、中古はあるようですが・・・。(当時は2000円でした。)なんかこういう状況って、以前の「戦略戦術大図鑑」を思い出してしまいます。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月25日 (火)

6000ヒット達成!と進行具合

 私もブログを始めてから2ヶ月半、おかげさまで6000ヒットを達成いたしました(^-^)v
皆様のおかげで一日200~300件ほどのアクセス件数があり「いろんな方々が見てくれているんだなぁ」と感謝感激です!

 そして今製作しているプラモは「グフ飛行試験型」

ヤマネ工房様とたいちょー様の影響を受け製作開始。ベテランのお二人の作例をじっくり見ながら改造箇所を考える・・・。(ヤマネさん、たいちょーさん、お二人の飛行試験型の作例とても参考になります。)思ったより大変かも(汗)

 P1010016_1 写真の状況が今現在の状況です。まだ大まかに切り出しただけなので、パテの気泡の処理もほとんどしていない状況です。胸部パーツの成形が上手くいかないので、胴体パーツからカッターノコで切ってコクピット周りを加工しやすくしています。モノアイは可動式。(グフはこの加工楽ですね)せっかくなので、今回はレジンで複製して、いろいろなバリエーションを製作できるようにしようかな~と思います。飛行試験型はもちろん、フェンリル隊のA型グフ、プロトグフなど幅が広がるでしょうしね(^^

 同じく製作している「ヅダ」。サーフェイサーを吹き終え、あとは塗装のみ。塗装が一番楽しいので、2~3日で完成するとは思うのですが・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年4月24日 (月)

ガンダムグッズあれこれ

「ガンダムグッズあれこれ」Img120

いつもながら三十路工廠の私物を小出しにあれこれ言うコーナーです。

今回は角川書店の「機動戦士ガンダム・宇宙、閃光の果てに・・・」の3巻の初回限定版のお話を。

内容はifもので、「もしもルースが戦死していなかったら・・・。」的な内容ですね。詳し くは単行本を読んでください(おい)

いつもながら「初回限定版」の単語に弱い三十路工廠ですが(笑)今回の初回版のおまけは、

    ミウ・タキザワフィギュア、ミウ・タキザワキーホルダー、台座(こんなの特典の欄に書かなくてもいいと思いますが(笑)

なんでも、この「ミウ・タキザワ」のモデルって釈由美子さんらしいですよ?でもミウ・タキザワのほうが少しポッチャリしてるかな?個人的には少しポッチャリしているほうがいいかな?(;´д`)はあはあ・・・。

Img121_1個人的にはこの物語の「マレット・サンギーヌ」いいキャラだと思うんですよ~。最後は危ない薬で精神向上しておかしくなっちゃうキャラだけど・・・

 思わずBクラブ製のアクトザク購入してしまった位ですから。なかなかいいキットでしたよ?しかしムクのパーツがメインのレジンでは市販のポリキャップだと耐久性が厳しいので、(すぐに緩くなってしまうので)瞬間接着剤などでキツく修正したほうがいいのかもしれませんね。いつか「マレット隊」全機製作したいですね。

少し話しが脱線してしまいましたが、全体的に面白い内容ですし、おまけの完成度も高いので、本屋で発見したら購入を検討してもいいかもしれませんよ?

しかし、予約限定のはずのこのシリーズ(ガンダムエースの限定本)はなんで普通に本屋の店頭で販売してるんでしょう?本屋が余分に発注しているんでしょうけど。本屋さんに初回本を取りに行くときに馬鹿らしくなってしまいます・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年4月23日 (日)

ガンダムグッズあれこれ

 いつもながら三十路工廠の私物を小出しに紹介してあれこれ言うコーナーです(^^

 今回は「機動戦士ガンダム外伝設定資料集」のお話を。

 Img119この本は、 1997年発行(ソフトバンク社)のセがサターン版ソフト、「sidestory-the-bluedestiny」の公式資料集です。当時、サターンソフトで3部作になっていたあれですね。三部作もので、あの内容の薄さなのに当時各4800円はなかなか痛い出費ですよね。(私は中古で500円位で購入しましたが)。

内容的にはゲームのデータ、各話のCG(当時は十分なCGだったのかな?)、MSの資料、「EXAMシステムの真実」、製作の裏話等収録されているのですが、正直内容は薄いです。(本はそこそこ大きいですが。アイドル写真集位。変な例え・・・・。)しかし「EXAMシステムの真実」ではその後のモルモット隊の詳細等の内容など、興味のある話などを収録。製作の裏話などでは「当初はブルーとイフリート改は機体に青と白が使用されていたが当時のCG技術では白い部分が間接を曲げたときにポリゴンが抜けてしまうなどのエピソードなど、割と興味がある内容もあったり。しかしながら、この内容の薄さで当時1600円は痛いと思う。(そこそこのHGUCシリーズ買えちゃうよ?)とはいえ、意外とブルーの資料って見る機会がないので、プラモを製作する立場から見たらそれだけで価値があるかな?アマゾンで検索してみたのですが、もう生産されていない本のようです。(中古の表示もなし)今はカトキ系のデザインが多い中、大河原邦夫氏の表紙が斬新なこの資料集。中古で見かけたら購入を検討してみてはいかがでしょうか?(ただしあくまでもコレクターアイテムで。資料的価値は低いです)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月22日 (土)

HGUCヅダ発売決定!!

  HGUCヅダ6月発売らしい!!・・・・。っていっても私は素直に喜べないんですよ・・。(泣)すいません。今日は愚痴が多い内容です(笑)

 普段から私のブログを見ていただいてる方はもうご存知だと思いますが、私はBクラブ製のヅダを大改造して製作している最中なんですよ(T-T)嬉しいんですよ?ホントに。でも・・・。バンダイさん(ポピーさん)も、もう少しBクラブの高額キットを買ってしまった人のことを考えてほしいですよね~。しかもあの出来の悪いレジンをですよ?私は1万5千円出して購入してしまったのに・・・。これからはレジンの購入は慎重にしないとね・・。

 まさかヅダがHGUCで発売されるとは思ってもなかったので二度ショック・・。

 Keroro2_1 個人的にヅダが発売されないと思っていた理由は、

 ○バンダイさん自慢の「塗装しなくても組み上げるだけで設定どおりの配色」でスプリッター迷彩が障害になる事。

 ○機体中の白のラインがシール再現が難しい事

 ○ひじ関節の再現(設定みてると、どう考えてもあまり曲がるようには見えないので)

 ○シールドのスライド機構

 などの理由で、発売はまだ先だろうと思い、レジンのヅダを製作していたのですが、写真を見る限りでは、妥協してるな・・・。と思ったのが正直な意見。ひじには思いっきり切り欠きがあり可動を実現している。間接カバーが入っているが、個人的にはヅダには不向きだと思う。シールドのスライド機構は見た限りでは外の溝より一段低く作られているようです。う~ん・・・。

 とはいえ、HGUCでヅダが発売されるのは正直うれしいんですけどね(^^
私が製作しているヅダはホビージャパン誌に掲載された上原みゆき氏のヅダを参考にしているので(あのヅダは凄くかっこいい!!)いいかな?なんて思ったりします。2,3、予備機が揃えやすくなったしね(^^)やはりバンダイさんに感謝。

 なんか今日の記事は愚痴になってしまいましたね・・・。ゴメンナサイ(T-T)でも自分が改造しているものが商品化してしまうことほどモデラーにとって辛いこともないんです・・・。
でも、ヅダの発売はやっぱり嬉しい!!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

ガンダムグッズあれこれ

 いつもながら三十路工廠の私物を小出しに紹介していくコーナーです(^^

 今回は、若き日の戸田恵子さんが歌う「いまはおやすみ/永遠にアムロ」のレコードのお話で。

Img116 この曲はたしかテレビでは「恐怖!機動ビグザム」の終盤かなんかでかかっていた曲でしたよね?スレッガーが戦死してみんなで泣いているシーンかなんかで。関係ないですがスレッガーの声は個人的には劇場版の井上真樹夫さんのほうが好き。(ルパン三世の五右衛門の声)

この曲個人的には戸田さんの抜群の歌唱力も相まって名曲なんですが、途中のセリフが未だに少し寒い(笑)「カツ・レツ・キッカ・・・あなたたちは真のニュータイプかもしれない」・・・・。臭いです・・・。でもいい歌なんだよな~。

 B面はご存知「永遠にアムロ」の戸田恵子さんのバージョン。意外とレアだと思いこのレコードのありがたみを味わっていたら、なんと・・・・ガンダムシングルヒストリーⅡに入っちゃってるじゃありませんか!!!・・・やはりレコードはただのコレクションアイテムでしかないのね・・・。それではみなさん、ご一緒に!「ゆめ~それはゆめ~ゆ~め~~~」(^^

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月20日 (木)

5000ヒット突破!!と進行具合

 気がつけば、5000ヒットも突破していたんですね~。びっくりです!!(^^ヾ
うれしいな~っという事でジオニック三十路工廠を毎日チェツクしよう!!(笑)

ゆっくり進行している「ヅダ」ですが、なんとか自分の納得する形になってきたので、この辺で次の作業に入りたいと思います(^-^)

○改修ポイント

○胸部上側のモールド(なんでこんな重要な部分のモールドが抜けてるんだろう・・・。)

○頭部のアゴのシャープ化(これが一番重要な作業かも)

○後頭部のボリュームアップ

○アンテナ下部のモノアイガード(?)の貫通化(ここがムクなのにはびっくり!)

○アンテナのシャープ化

○モノアイ内部の作りこみ(モノアイレールって言うのかな?)

○フル可動化(一番大変な作業でした・・・。でも、素立ちの見た目が驚くほど変わります!)

○出○穴を二段モールド化(細いピンバイスで穴を開けさらに一段大きいピンバイスで周りを軽くえぐる。意外と効果あり。)

P1010014○腕、脚の関節部で取り付け位置の変更でバランスの見直し

○モールドの彫りなおし(7割くらい彫りなおしたかなぁ・・・。)

○ヒートホークを真鍮線で脚のマウントに取り付け可能に

○シールドのスライド化はさすがに無理なので、真鍮線で二箇所に固定できるように変更

 

なんか改修だらけですね・・・。(最近のBクラブのレP1010013ジンとは思えない)去年の12月に購入してやっとここまで形にできたので満足(^-^)
 たいちょーさんに頂いたヅダは予備機にするか、赤い彗星カラーで(!!)塗装するか考え中です・・・。

デュバル少佐とツーショット??どうみてもケロロ軍曹にしか見えない。ていうかケロロ軍曹(笑)モノアイレールの彫りこみ見えるでしょうか?早く塗装したいな~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月17日 (月)

劇場版はビデオだね~。

 先日、久々に「機動戦士ガンダムⅠ 劇場版」を見ましたが、やはりDVD改悪版とは比較にならない位ビデオ版の方が良い事を改めて痛感(^^)

  やはり、あのときの感動をDVDで見ようとレンタルで借りたが最後・・・。「なんじゃこりゃあ???」ビームライフルの音、タイミング、声優さんの声の変化(これはしかたないが、あのときの感動が無い!)声優さんなんかまるで同窓会のノリですよ??あれしか見たことが無い方は十分なんでしょうけど、やはり基本はビデオの方が良いようです。めぐりあい宇宙なんかエンディングの「ビギニング」が「めぐりあい」にすり替わっていたような・・・。信じられない。なので、久しぶりにビデオ版で劇場版ガンダムを見たのですが、「感動!この声、この音こそ劇場版よ!!」何十回と見ているはずなのに「おれはなんでこんなに泣けるんだろう?」30歳をとっくに過ぎた私のようなおじさんを何回も感動させるガンダム劇場版。最高です。万が一DVDでしか見たことの無い方がいらっしゃったら一度ビデオ版のほうも見ることをおすすめしますよ?人によって取り方が違うのでなんとも言えない部分がありますが・・。

「HGUC化希望MSアンケート」もよろしくお願いします(^^
http://misojikousyou.cocolog-wbs.com/blog/2006/04/post_1.html

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年4月16日 (日)

「HGUC化希望MS」

 先日、「ガンダム戦線」のギレンさんのサイトで、ガンダム・カードビルダーのヒロインキャラのアンケートを拝見して、「面白い企画だな~」と思い私もちょっとやってみたくなったので、みなさんからアンケートを取ってみたいと思います(^^)

 題して、「HGUC化希望MSアンケート!!」(わ~い、ぱちぱちぱち。)

 いまだ発売していないモビルスーツの中から、あなたはどのMSを商品化してほしいか?皆さんの声が聞きたいのでぜひコメント欄にコメントしてください!!(別にここでコメントしても何にも反映されないですが、ガンプラ同志と熱く語るにはいい題材かな?)

 ○今回は一年戦争~0083までで。コメント欄にあなたがHGUC化してほしいMSのベスト3とその理由をコメント欄に記入してください。みなさん、どんどんコメントしてくださいね。ぜんぜんコメントが無いと悲しいので・・・(T-T)

 ちなみに私は、

1位・・・・・ザクⅡF2
 カトキザクの1/144・・・。そろそろほしいかな・・。ドラッツェに改造するのにもいいし。

2位・・・・・06Rシリーズ
 バリエーションも豊富だし、R型は人気がありますから・・。バンダイさん、そろそろ出さない?

3位・・・・・ゲルググ
 ベストな状態のゲルググを制作したい!!ゲルググは立体化が難しいMSらしいですよ?

皆さんもどんどんコメントしよ~!!(笑)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年4月15日 (土)

「WWE新作CD発売!!」

   「我々は3年待ったのだ・・・。」

 そうなんです。久々にWWEのCDが発売されるようなんですね(^^)噂レベルでは「フォーザブル・エントリー2」の発売がささやかれていましたけど、こうして現実になったので嬉しい限りです。

 

タイトルは「WWE wreckless intent」。前作「フォーザブル・エントリー」からはや4年。同じようなノリノリのテイストで制作されたCDのようです。

○収録されるスーパースターのテーマを見てみましょう(^-^)

○バティスタ(このテーマ超かっこいいですよね)
○ランディ・オートン(この曲、とあるルートで持っていたりします。)
○コーチ(笑)
○ビッグショー(新作かな?)
○キャンディス(最近プッシュされていますね。プレイボーイのカバーガールもしたし)
○トリー・ウィルソン(新作?)
○カリート(新作?)
○RVD(新作?)
○マーク・ヘンリー(う~ん・・・。)
○マリア(何気に人気ありますよね)
○レイ・ミステリオ(ブヤカ・619ですよね。このテーマめっチャ好き!!)
○HHH

 あと何曲かPPVのテーマが収録されるようですけど、エディ・ゲレロのテーマも収録してほしかった。いや、分かるんですよ?このCDのテイストに合っていないのは。でも・・・。収録してほしかったなぁ。

 前回の「フォーザブル・エントリー」がかなり完成度の高いCDだったので、前回のCDとどうしても比較してしまうのは仕方ないのかなぁ・・。でもまだ聞いていないので(おい)発売したらゆっくり聞いて比較してみたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月14日 (金)

「ガンダムグッズあれこれ」

 いつもながら三十路工廠の私物であれこれ言うコーナーです(^^

Img115このパンフレットは1998年に公開された映画「機動戦士ガンダム第08MS小隊 ミラーズ・リポート」のものです。(もっとも、本編は「新○動○記ガンダム○、エ○ド○ス○ル○」なんでしょうけど・・・・。)

 内容的には7話、8話の間でプラスアルファと言った所なんでしょう。私が映画館に見に行ったら間違いなく08小隊だけ見て映画館を後にするでしょう(笑)パンフの内容は08小隊だけで約20ページ。ガンダム○のほうがページ数多いんだよね・・・。しかしもう一方のfガンダム○のパンフの内容を見たら・・・。登場人物がみんな美男美女!!こんな世界あるわけねーだろって!!映画は美男美女ばかりでなく、周りを支えるその他の役者に支えられていると思いますが・・。 

しかも映画の関連グッズの一覧表を見たら・・・。08小隊のグッズが一つもない!!どういう人をターゲットにしているのかはわかりますが。こんな事をいう、新しいものを取り入れることが出来ない私はおじさんなんですかねぇ・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年4月13日 (木)

「ガンダムなつかしレコード」

いつもながら三十路工廠の私物であれこれ言うコーナーです。

最近ブログ内が完全に「プラモサイト化」してきているので(笑)久しぶりにガンダムグッズのお話を(^^)

「機動戦士ガンダム劇場版」主題歌「砂のImg114 十字架」、B面にイメージソング、「スターチルドレン」のレコード。歌を歌うのは、やしきたかじん。作曲が谷村新司。アニメとは思えない組み合わせ。(笑)今の十代はやしきたかじんが歌を歌っていたなんて知らないんだろうな~。

 「砂の十字架」は今まで「ガンダム」の子供っぽいイメージを完全に払拭させた曲として有名ですが、「スターチルドレン」って、本編のどの辺で収録さあれていたっけ?なんて思いませんでしたか?当時、私も何度も見て確認しました。かかってないんですよね~。要はイメージソングなんですよね・・・。「おお~空よ~ゆ~らめく~こど~お~♪」何気にこの歌好きです。

このレコードは行くとこ行くとそれなりの値段で販売してるんだろうな~。しかし、CDならよりいい音で聞けるでしょうし、いまさらレコードなんて・・・。でも、レコードマニアはジャケットの大きさに味があるといいますよね。後は・・・。コレクションアイテムかなぁ。全体的に暗いというか重い歌。でもガンダムにぴったりなんだよなぁ。なんだかんだいっても初代の劇場版3部作の曲が一番いいですね。最近のSEEDとかは、おじさんついていけないなあ・・・・・・・。

今回の記事は「ワード」で別のパソコンからコピーしたのですが、どうやら問題ないようですね。文字化けとかしてなければいいのですが・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月11日 (火)

「進行具合」

 P1010007最近ガンプラの話ばかり続いてしまい、ガンプラに興味の無い方、ゴメンナサイ・・・。と、いっといて今日もガンプラの話なんだな~(笑)

 今日は仕事も休みだったので、せっかくだからこの機会に去年購入したBクラブ製の「ヅダ」を製作することに(^^)このヅダがまた出来が悪いんだ・・・。もってる方はご存知だとは思いますが。

P1010003 始めたのが夜中の2時ごろ ・・・。頭部を改修してモノアイレールを掘り込んで、フル可動化、脚の長さの調節等・・・。なんかやることいっぱいあるなぁ・・・。胸部なんか設定にあるモールドが丸々抜けてましたからね(笑)

しかし苦労の甲斐もあり、見本写真とは比べ物にならな P1010004_1位良くなりました(^^ホント大変だった・・。しかし、こうして1/144旧ザクと一緒に並べられるのは一種の贅沢ですな~。(HGUCで旧ザク発売しちゃいますが)ヅダのスマートさ、高機動なイメージが出せたと思うので成功ですかね? しかし作業が終了したのが午後7時。この間、一睡もしてないんですよ~・・・。

 おそらくHGUCでヅダはまだまだ出る気配も無いので、 P1010010_1こうして立体物が目の前にあると嬉しいですね。

igloo関連でヒルドルブと一緒に撮影。やっぱイグルー物はカッコいいですね~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月 8日 (土)

「MS in the MUD」コンテスト結果まであと1時間位・・・。

 たいちょーさんの主催する「MS in the MUD ガンプラコンテスト」の結果発表まであと1時間位でしょうか・・・。しかし、結果はどうなっているんだろう・・・。みなさん上手な方ばかりですので・・・。緊張しちゃいますね(^^)今回のコンテストを通じて、いろいろな方と共通の話題で盛り上がれたのが一番嬉しいですね。

たいちょーさんの主催する「MS in the MUD ガンプラコンテスト」
http://one-year-war.hp.infoseek.co.jp/index.htm

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年4月 7日 (金)

ガンダムグッズあれこれ

 いつも通り三十路工廠の私物であれこれ言うコーナーです(^^)

今回は先日購入したB-CLUB製「ホバートラック」のお話で(^^)

 いまさらなぜホバートラックを・・・。と思いでしょうがせっかく購入したのでブログのネタにしたかっただけなのです(笑)Img113 思い切り値札ついちゃってるし・・・。

おそらくこの商品も「08サブメカセット」の一部手を加えて再販したものでしょう。しかし、私はこの商品の購入をいつも考えてしまうのです・・・。数年前にモビルスーツ・イン・アクションのガンダムEz8のおまけでホバートラックが付属していたのでホバートラック欲しさにEz8購入。わりと良くできているのでガレキ版は別にいいかな~なんて思ったり。しかし、しょせん完成品。愛着が湧かないんですよね・・・。私のような未熟者だって自分で作ったほうが断然思い込みがあるものです!(あ、今いいこと言った・・。)てな訳で今回購入して中身を調べたら・・・・「買ってよかった!!」このシャープな造型、バルカン砲のバレルにはしっかり穴が開いてるし(ガンマニア的にはここ重要)。

 明日は休みだしサクッと61式と同時進行で製作しようかな~?でも手は抜きませんよ(^^サブメカ大好きだし♪・・・・。そりゃあ陸戦型ガンダムとならべたいでしょ~(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 6日 (木)

ガンダムグッズあれこれ

 いつも通り三十路工廠の私物であれこれ言うコーナーです(^^)

 今回は以前に購入したB-CLUB製の「61式戦車」でお話を。

Img112B-CLUB製の61式戦車です。以前「08小隊サブメカセット」のうちの一つだった61式戦車を単品販売したものです。内容は以前の61式にモールド追加。本体にロープのモールド、リベット穴、砲塔周りの手すり状のパーツ、アップリケアーマー(米軍のM60A3のようなやつ)機体前面に工具箱のようなモールド等、かなり手が加えてあるようです。これなら前に08セット購入した方でももう一台買おうかな・・・。な~んて思っちゃったりもします。しかしファーストガンダム時の61式の面影は影も形もないですね。これはこれでかっこいいですが。

今回なぜいまさら61式?なんて思うでしょうが、なんか作りたくなってきたんですね(笑)これなら2日程度で完成できそうだし。なんといってもこんなちっちゃな戦車がMG並みの価格なので作ってあげないと押入れの肥やしになってしまう可能性があるからです・・・。

 しかしながら、こういったサブメカをぜひGM、陸戦GMといっしょに並べてみたいと思ってしまうのは絶対私だけではないはずだ!!(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月 5日 (水)

3000アクセス突破!!とガンダムグッズあれこれ

 おかげさまで3000ヒット達成しました!!わ~いわ~い(^^)

 ガンダム、WWEネタではや1ヶ月・・・。こんなに早く3000ヒットまで達成してしまうとは・・・。いろいろな方に見ていただいてるんだな~と思わず感動(^^

ガンダムネタメインで飛ばしますのでよろしくおねがいします。

 Img111

 最近ヤマネ工房さんと、たいちょーさんの間でグフのフライト系がもりあがっているようで、私もお二人の見事な作品を拝見していたら「グフ作りたい・・・。」と思い思わずグフ飛行試験型を購入してしまいました(^^)ZMSVの再販のおかげで入手ができたのは運が良かったです。(でも、なぜか二体購入してしまった・・・。)

 当時はそれなりに良い出来のキットかな~と思ったのですが今見ると・・・・。ちょっとキツイかな?でも流用できるパーツは極力流用する方向で製作していこうと思います。

 

しかし、ヤマネさん、たいちょーさんはホントに改造上手いなぁ~。うらやましいですね。私も出来る限り頑張って製作したいと思います(^^)でも私はのんびりさんなのでいつ完成するのやら・・・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月 4日 (火)

ガンダムグッズあれこれ

   つい先日、EXモデルの「マゼラ・アタック」を購入したので今回はマゼラ・アタックで(^^)

 いやあ~でましたね~。マゼラ・アタック。すでに購入された方もいらっしゃると思いますが、EXマゼラ・アタック・・・・。ホントにかっこいいですね(^^

 Img110_1内容はノーマルカラー、デザートカラーの2台セット。(2台セットってめずらしいかな?08VSセットは機種が違うし、1/144ボールはもう一つは1/250だし)しかし・・・・。こんな小さなキットにこの情報量の量ときたら・・・・。すみ入れでもしたらグンとリアル感が上がるでしょう。EXムサイ、EXマゼラン、EXサラミスに通じるものがありますね。スライド金型おそるべし!!スライド金型はもはやEXモデルの標準となりつつありますね。デンドロビウムも一部スライド金型を採用していますよね。主砲だって1パーツで製作しているのにちゃんと砲塔のバレル先端穴があいてるし・・・。凄い。

 ノーマルカラーには排気管、デザートカラーにはスモークディスチャージャーが付属。スモークディスチャージャーが付属なのは非常にうれしいですが、取り付け位置がマゼラ・ベースなんですよね。個人的には現用戦車みたいに砲塔の脇あたりに付けたいところかな?(ロシアのT-80のような。あれはつけすぎですね。)

 サイズは旧サイズより一回り小さいみたい。HGUCザクを使用してザクタンクを製作する方は特に注意が必要かも?おまけのマゼラ・トップ砲も二個付属しているのは嬉しいところ。マゼラ・トップ砲目当てでガルマザクを購入する必要もなくなりましたね。噂によるとガルマザクはあまり生産ラインに乗らないらしく意外と店頭で見かけないようですね。それからと言うもの量産ザクを製作する時でさえガルマザクを購入する癖がついてしまって・・・・。(あっ、でもマゼラ・アタックのほうが高いんですよね・・・。)

 おまけの歩兵の出来の良さはなんなんだ???わずか13ミリの中にそれぞれのドラマが見える・・・。たしか1/144の歩兵って初めて付属したのってザクタンクですよね?2体入ってるやつ。あとはず~っと後になってEz-8のシローかな?(HGUCのガンタンクのパイロットはパーツ扱い)

 キャタピラはゴムじゃありませんよ??奥さ~ン!!プラ製だから形状がリアルリアル。たるみまで再現してる・・・。ドラゴン製の戦車かと思った(笑)塗装も楽ですしね♪

 とにかくケチの付けようのないEXマゼラ・アタック。ただ、個人的には1台でも十分な方だっているでしょうから、一台1600円位で出せなかったのでしょうか?(金型のコストを考えると仕方ないのかな・・・・。)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年4月 3日 (月)

YMT-05 ヒルドルブ完成!!

 遂にコンテスト参加作品の「YMT-05 ヒルドルブ」を完成させる事ができました!!(^^)わーいわーい♪

 完成写真です。さらに見ていただける方は「三十路工廠展示室」をどうぞ。P1000917

 なんとか1ヶ月で完成ができたヒルドルブ。ソンネン少佐もさぞ喜んでる事でしょう(笑)実は当初の予定の3月31日を3日過ぎてしまって、たいちょーさんにはご迷惑をおかけしてしまいました(汗)しかし、コンテストのおかげでヒルドルブが押入れの肥やしにならなくてホントによかった・・・。コンテストに感謝です。しかし、このヒルドルブ、皆様の目にはどの様に見えるでしょうか?結果は4/10ですので、今からドキドキしている三十路工廠でした。

三十路工廠も参加しているコンテスト!! 
「MS in the MUD」コンテスト

http://one-year-war.hp.infoseek.co.jp/contest.htm

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年4月 1日 (土)

「MS in the MUD」コンテスト参加作品製作

 たいちょーさんの主催する「MS in the MUD」コンテスト、三十路工廠の参加作品「YMT-05 ヒルドルブ」の途中写真です(^^ P1000885

 やっとグラデーション塗装も終わり、あとは三十路工廠のちょっとだけ得意分野のウォッシング、ドライブラシでウェザリングをこの上にしたいと思います(^^ 
 (一応1/35MMが得意分野なんで)

 テスト機、しかも1回しか戦闘していない機体がそんなに汚れるわけがないでしょうが、キャタピラは汚してなんぼ!(笑)雰囲気重視でいきたいと思います。

塗装方法、色の混色、ウェザリング法などは落ち着いてから別館で特集したいと思います(^-^)v

たいちょーさんの主催する「MS in the MUD」ガンプラコンテスト
http://one-year-war.hp.infoseek.co.jp/contest.htm

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »