« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月30日 (日)

ガンダムグッズあれこれ

いつもながら三十路工廠の私物であれこれ言うコーナーです。

 今回は「機動戦士ガンダム 問戦士 DX」の紹介を。

Img170

 久しぶりにゲームソフトを購入しました。定価はおそらく4800円くらいなのでしょうね?私が購入した価格は4200円くらいだったかな?本当は中古で欲しかったのですが、さすがに発売したばかりなので中古を見かけませんね。私はこのゲームをアーケードでプレイした事が無いので、非常に楽しみでした。しかし購入するも今月は予算の問題で購入を見送ろうと思ったのですが、我が家のもう製作する予定のなさそうなHGUCのキットを売ってそのお金で購入しようと思いました。中にはサイコガンダムなどもあり、それなりの金額になったので購入を決意。しかしその売った店がゲームショップなのですが、電話でプラモデルの買取を買取の話を聞こうと思ったところ「業者さんですか?」と疑われてしまい、少し頭にきていたので、電話では仕事柄低姿勢で話をしていたのですが、店の店員にプラモを渡す時にはでかい態度を取ってやりました。格好もわざと威嚇するような格好で。すると店の店員は態度を一変。もの凄い低姿勢。こうゆうの一番頭にくるんですよね!もちろんこの店ではこのゲームは購入しませんでした。そして別のゲーム店で購入。さっそくプレイしようと思ったら、PSP本体のバッテリーが切れていたので充電しようと思ったら充電器が無い・・・。やっとの事で充電器を発見したのでさっそくプレイをしようと思ったら、アップデートしてくださいの文字が。「面倒くさいなあ・・・。」仕方なくアップデートしようと思ったら「電池残量がたりません」ですって。仕方なくバッテリーの補充を待つ事に。結局次の日は仕事なのに実際にゲームをプレイできたのが夜中の2時半。初日はゲームをしたかも覚えていません・・・。

 結局次の日にゲームを楽しみました。そうそう、カバーは「トニーたけざき」氏ですね。さすがに安彦氏は書いてはくれないか・・・。でも内容的にはトニー氏の方がぴったりでしょうからコレはこれでいいですよね。さっそくアーケードモードをプレイ。1年戦争を体験しながら先に進んでいくモードですが、キャラがしゃべるしゃべる。ナレーションが永井一郎氏でないのが少し残念。ちなみに大塚明夫氏が担当しているのでなんかサターンのブルー3部作をしているみたい・・・。肝心の問題は簡単なものからマニアックなものまであるのですが、出題問題によって全く分からない作品があるときは困りました。対ビグザム戦では「F91、V、G、W、ターンA、SEED」あたりの問題ばかりでさっぱり分からなくて結局7~8回コンテニューしてしまいました・・・。「ファースト、0080、0083、08小隊」はかなり自信があるのに・・・。とはいえ、ジェネレーターの推力なんていわれても分からないよ・・・。あと年表の問題も苦手・・・。さすがに家庭用ゲームなので好きなジャンルが選べるモードもあり。ジオンキャラも選択可能。

 問題は簡単なので
○○戦士ガンダムの○○の中は?など(笑)

 普通の問題では
ベルファスト基地を襲撃したゴッグはエリア○○から進入した?など。

 難しい問題では
 機動戦士ガンダムで安彦良和氏が担当した回は何回?など。

 ガンダム関係だけで約8000問用意されているようです。携帯ゲームでは十分ですね。個人的にはコインランドリーで衣類を洗っている最中にいい時間つぶしができるゲームを購入できたのは嬉しいですね(^^

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2006年7月28日 (金)

ガンプラグッズあれこれ

 皆様はもう手に入れたのでしょうか?

「HGUC ガンダム試作2号機 サイサリス」を。

Img169

 私もやっと購入いたしました。いつもの通り重箱の隅をつつく勢いで(?)キットの記事を書き込みたいと思います(^^;

 まず箱を開けて目に入ったのが台座。GP01フルバーニアンと対決のシーンを再現する為に封入されているのですがこれもいいけど「フルバーニアンの閉じたダクトもナントカできなかったの?」(何度もいう・・・)とはいえ、対決台座、いい感じです。二体をスタンドに乗せてニヤニヤ喜ぶ私が想像できる・・・。

 そして全体のバンダイサン自慢の「レーザー加工」によるモールドのシャープさといったら感涙ものですな・・・。とはいえ金型にはヘタリが付き物ですから購入を検討している方は初回ロッドの購入を考えましょう。

 これは「非塗装派」の為の発言ですがもう少し本体色がサンド系でも良かったのでは?GFFまで行かなくてももう少しサンド系が強い方がいいかも。

 胴体は前作の1/144が胴長に対して今回のHGUCは胴体が短すぎるような・・・。気持ち胴体を長くすればさらにいいかも。

 サイドのバインダーは展開可能。前作のあの忌まわしき1/144は展開させるのに苦労をした記憶が蘇りました。しかしどうもこのスカスカ感が気になるという方もおられるのではないでしょうか。(私はあまり気になりませんが)

 最近のHGUCに共通する事なのですが「後はめ加工」が非常にしづらいですよね?

 とはいえ、間違いなく「傑作」の部類に入る「HGUC GP02Aサイサリス」。「なんだよ、花言葉なんかつけちゃって(笑)(ルンガ沖砲撃戦ですな・・・。)」と思う方も一度は内容を見て見るのもいいかもしれませんね。

 友達の「ヤマネ工房」さんのGP02Aが完成間近のようなので、ヤマネさんの完成品の画像を見て「GP02Aカッコいいなあ」と思いながら、自分のGP02Aの未製作キットを在庫の山にそっと置いておく事にします。しばらくは製作する機会がないので、人様の完成品の画像を拝見するだけで十分ですね^^; いつかは製作してみたいですね~。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年7月26日 (水)

「EMS-04 ヅダ フランツ機進行具合②」

 久しぶりの「EMS-04 ヅダ フランツ機」の記事の更新ですね♪
何もしていないわけではないのですよ・・・?

 写真の方を公開いたします!・・・・????P1010157

 きましたきました・・・。今サムソントレーラーに運ばれて・・・・ってあれっ?何でサムソントレーラーがあるの??

 そうなんです・・・。実は息抜きでサムソントレーラーを製作していました(笑)EXモデルは1時間程度で大体形が見えてくるのがいいですよね。とはいえ車輪のパーティングラインの修正が大変ですが・・・。旧ドイツのⅣ号戦車の転輪を思い出しました(泣)

 ヅダも進行していますよ!?ゆっくり手を抜かずに製作したから胸部と腰周りのパテの形状出しが上手くいきました。P1010158 (腰周りはまだ半分程度ですが)

自分ではかなりシャープな造型が出来たと思うのですが皆様の目にはどう映ったのでしょうか?不安です・・・。

 正直腰周りは楽勝と思っていました・・・。しかしそれは甘かったです・・・。腰周りのアーマーの形状が大変・・・。なんとかここまで形状を出す事に成功しました(失敗の繰り返しですが)

しかし改めて私にはエポパテとアルテコは手放せないものだなあと痛感いたしました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年7月24日 (月)

25000ヒット突破!!とガンダムグッズあれこれ

 25000ヒット達成!!わ~いわ~い!皆様に感謝です!今年の2月から始めて5ヶ月間で25000ヒットなんて想像もしていなかったですね。今後とも「ジオニック三十路工廠」どうぞよろしくお願いします~(^^;
皆様は丑の日には鰻は食べたでしょうか?私は・・・・。仕事柄どうもあまり気が進みません。(魚屋なものでして・・・)

それとはま~ったく関係ありませんが「ガンダムグッズあれこれ」です。しかしどれだけグッズ(私物)の紹介をしてきたのだろう・・・。まだまだグッズはたくさんあるのでネタに困る事はありませんね。

今回はCOSPAの「地球連邦軍ジャケット」の紹介を。

P1010156

 アルビオン隊が着用していたおなじみのジャケットです。正直普通のジャンバーと見間違えると思います。それゆえ私は普通にコレを着てバイクにまたがりアルビオンのクルーを気取っていたものです(心の中ではバニング大尉、階級章も大尉の階級章をつけていました。)よ~くみるとたしかに連邦軍の制服と同じデザインなんですよね。一回コレを着て模型屋さんにいったらこっそり誰かが「コスプレ?」と言っていてそれからバイクに乗るときだけ着ることにしました・・・。今では車がメインなので部屋のお飾り化しています。

胸部辺りにワッペンが二つ。「アルビオン隊」のワッペン、「UNT SPACY」のワッペン。UNT・・の方は個人の名前は入っていません。その上に光るのは「モビルスーツ章」これは別売なんです。コレの話はまた後日・・・。そして気になるお値段が24800円!!(高い!)でも欲しくて買っちゃいました・・・。そうです。私は本当に「ガンダム馬鹿」ですね・・・。当時はコレ着てウッドランドの迷彩ズボン(BDU)を着てバイクに乗って遊んでいたものです(^^;

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年7月22日 (土)

三十路工廠展示室更新予定!

 三十路工廠展示室に「ザクⅡF型」、「ザクⅡF2型」を更新予定です。

P1010112 ○ザクF型(1/144 HGUC製)

 このザクは数年前にスクラッチで「1/144スキウレ」を製作したときに搭載するためのザクとして製作いたしました。あまり変わったことはしていなく、モノアイのスリットを狭めた事以外は特に手を加えていません。強いて言えばエアブラシを使用していないこと。缶スプレーで全て塗装いたしました。

 そしていつもどおりジッポオイルでウォッシング、ドライブラシ、粉末パステルで全体のトーンを調整して終了です。汚しはやりすぎると「汚し」ではなく「汚い」作品になってしまうのでいつも注意しているものです。

自作シールでランドセルに「MS-06F ZEONIC」と貼ってみました。(簡単で面白いので当時ははまりましたね♪)

 ヨモギ色と言うよりは(この言い方古い?)マスターグレード版のザクの配色に近いかな?手にMMP-78を持たしているのはこのザクのZMC-38Ⅲ(ザクマシンガン)はオッゴに使用してしまったからです・・・。大好きなザクなので今のレベルでもう一度製作したいですね(^^

P1010113_1ザクⅡF2「A.O.Z登場版」
(1/144 HGUC量産型ザク改造)

 これも数年前に製作したものです。AOZに登場するF型ベースのF2ザクです。(要はもどき)AOZの作例で「F型ベースでどこまでF2型に見せられるか?」みたいな記事を見て「けっこうF2にみえるじゃん」と思い作例の工程そのままに製作。結構F2に見えますよね?使用キットはHGUCザク、HGグフカスタム、HGUCグフ・・・あと2種類ほど使用したような・・・。塗装はいつもどおり黒立ち上げのグラデーション、ウォッシング、ドライブラシ、エナメルで錆のただれ、チッピングの表現、粉末パステルでトーンの調整をして完成です。

 個人的には結構気にいっているF2もどき。シールドにはジオン残党軍のイメージで「ZEON ALIVE!!」かっこいい~。ダメージ表現は少し派手にして見ましたがどうでしょうか?作品に対するコメント等頂けると嬉しいです!

 この二点は近いうちに展示室に掲載予定です。

 

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2006年7月20日 (木)

HGUC「ガンダム試作2号機」明日発売!(一部で・・)

 21日(金)に遂にHGUC「ガンダム試作2号機」が発売されるようですね~。早いところですと明日には店頭に並んでいる事でしょう。

 しかしどういう訳か「機動戦士ガンダム」が好きなのに「ガンダム系」のモビルスーツに魅力を感じないんですよね。陸戦ガンダムとEz-8は大好きですが。やはり私は「ミリタリー路線重視」なんですよね。しかし!GP02Aは素直に好き♪ガンダムっぽくないからでしょうね~。なんでもGP01Fbと展示可能なスタンドが付属するらしいんですよね。それもいいがフルバーニアンの胸部の閉じたパーツも付けろ!!とか思いませんか?当時から納得いかなかったんですよね・・・。なぜ閉じた胸部バーニア(ダクト?)のパーツが付属されていないんだろうって。コアファイターⅡつける前に胸部パーツくらい付けろっての!・・・・・・・・・・・はあはあ・・・・。

 とにかく遂にあの駄作キット1/144GP02Aから15年ほどたった今、遂に納得できるGP02Aが発売される事は大きいですよね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年7月18日 (火)

ガンダムグッズあれこれ

 いつもながら三十路工廠の私物であれこれ言うコーナーです。

今回はCOSPAより発売している(現在発売しているか知りません・・・。)「地球連邦軍階級章セット」の紹介を。

P1010106  内容的には二等兵から大将までの階級章のセットです。木製のケースに入っていてかなり豪華な仕上がり。ケースの後ろには紐が付いているので壁にかけることが出来ます。

 ピンズとは違い、ネジ式なので学校のつめえりの制服の学年章を取って取り付けることも(笑)ちなみに私はアルビオン隊のジャケット(0083でウラキとかが着ていた青色のジャケットありましたよね?)に大尉の階級章をつけてサウス・バニングを気取ってバイクに乗っていたものです(^^;

ちなみに価格はたしか10500円。安いか高いかはこれは個人ではっきり分かれるアイテムかもしれません。私は・・・。当時は高いかなあと思いましたが今では「買ってよかった」と思っています。購入したのはもう数年前ですね。なんと言っても高級感があります。お部屋にさりげなく壁にかけておくと「コイツ・・・相当のマニアだな・・・。」と思わせたり(笑)。皆さんもアルビオンのジャケットに付けて(ただ、ジャケットが24800円もするんですよね・・・。やはり数年前に購入してしまいましたが)アルビオンの誰かになりきるか、コスパの連邦軍の制服に大尉の階級章に付けて「大尉の制服しかなかったのか?」とアナベル・ガトーを気取って見てはいかがでしょうか(笑)

P1010107  もう時効の話だろうと思うのですが、新○のコスパにこれを購入しようと買いに行った時に、おへそ丸出しの女性の店員さんが・・はあはあ・・・(最近コレばっかり(^^;・・・)私に「ありがとうございます~!!今日お客さんがコレを買ってくれなかったら売り上げかなり危なかったですよ~!と言っていました。もう時効だよね?

 それから雑談で盛り上がり「キシリアってまだ24歳なんだよね~、シン・マツナガも24歳には見えないよね」なんて話をして盛り上がったのを思い出しました。全く私は女性の店員さんにすぐ声をかけてお話をしてしまう悪い癖があるようですね・・・。

 この日はさらに「モビルスーツ章」も購入しました。ウラキがチンピラに絡まれた時に「デラーズフリートにやられちまうぜ・・。」と言われた後に指ではじいていたやつですね。それの紹介はいずれ・・・。たしか私の彼女にもむりやりカバンに付けさせたものです(笑)

そして三十路工廠展示室の更新!の予定・・。P1010139

 ジムスナイパー(08版)と量産型ガンタンクの更新予定です。両方ともいつもながらのウォッシング、ドライブラシと三十路フィニッシュのオンパレードです。特にガンタンクは得意のAFV風に仕上げています。ジムスナイパーはイメージはチャーチル・クロコダイルかクロムウェルのイメージの配色で。 あっ、スナイパーも1/144HGをストレート組みです

 ガンタンクは1/144のレジンキャスト製です。購入してから5年くらい放置プレイの末やっと組み上げました。砲身がかなり曲がっていて修正が大変な事・・・。しかしながらいつキット化するかもわからない機体なので完成した時は嬉しさが大きかったですね。

P1010136

 

この二体は共に数年前に製作したものですが、コメント等頂けると嬉しいですのでどんどんコメント欄に書き込んでくださいね!

 この二体は数日の間に展示室に掲載予定です!

あと展示室の「EMS-10 ヅダ Bクラブ製」の写真を取り直しました!!せっかくあの問題のガレキをカッコよく大改造したので丁寧に写真を取り直しました。HGUCには負けるけど・・・。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年7月16日 (日)

「EMS-04 ヅダ フランツ機進行具合①」

 前回の記事でフランツ君のヅダの写真を掲載したのですが(大まかな胸部の形状出しの写真)、今回はその胸部の細部を修正した写真を掲載します(^^

P1010104_1

 何にも変わっていない様に見える・・・?そんなことは無いのですよ?(汗)

 分かっていただける方は分かると思うのですが細部の修正をかなりいじくりました。パーツとパーツのフィット感、エッジを出したりと・・・・。こんなので4時間ほどが経過してしまいました(泣)しかし微調整の努力の甲斐もあり前回の写真の物とは比較にならないほど精度が高くなりました。(とはいえ私の腕ではコレが限界)とはいえ、こういった小さな事の積み重ねが作品のグレードを高くするのかな?

 少しづつですが「EMS-04」してきましたね~。問題は肩ですね・・・。1個製作したらレジンで複製するのが一番ですかね?EMS-04に改造する際に難しいのは胸部と肩部くらいなので、肩は気合を入れて製作したいと思います!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月14日 (金)

「EMS-04 ヅダ」 製作開始!

 フランツ~~~~~~!!!!!!!・・・・。

HGUCヅダの製作を開始いたしました・・・・・・・・・。

 ・・・・・・・嘘です(笑)・・・・・・・・。

 本当にひねくれ物で普通に「EMS-10 ヅダ」を製作すればいいのに、これは性格、いや、病気なのでしょうね(笑)「EMS-04 ヅダ フランツ搭乗機」の製作を開始いたしました!P1010102_2

 頭部と胸部の製作に着手しました。頭部はモノアイレールの形状の修正とモノアイガードを取り付けた程度。ザクⅡ→旧ザクに改造する事ができればさほど難しい部分ではないと思います。

 問題の胸部。初めはプラパーツの胸部にパテを盛り込みながら製作していたのですがどうもしっくりこない・・・・・。

 なので結局エポパテ、アルテコで一から製作することに。エポパテでブロックを製作してリューターで大まかな形状を出し彫刻刀で細部の製作、アルテコで微妙なエッジを出してみました。自分ではいい感じかな?と思うのですが友達のヤマネ工房さんに見ていただいたところ、「バッチリ」と言っていただいたのでこの形状で次の作業に進みたいと思います(^^

 この胸部は漫画本を参考に(ていうか、それしか立体画がない!)しているのですが、資料画と漫画本編の形状が結構まちまちなところがあるので、いいところをつまんで製作いたしました。(おいしい所取り??)

 この作品はZIG・ZAG様の「ヅダ限定コンペ」に参加予定です!
http://members.at.infoseek.co.jp/MS06D/EMS-10ZUDAHCOMPETITION.htm

今年はまさに「一人イグルー祭り」状態・・・。普通に完成度の高い「EMS-10」を製作すればいいじゃない・・。

 「だが・・・。違うんだなあ・・・。なんか・・・こう・・・、自分だけの模型を制作しているって気がしねぇ。(ケリィさん!?)」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月12日 (水)

ガンダムグッズあれこれ

 ここ二日間の間にコメントを書き込んだのに反映されないトラブルがあったと思います。「ココログ」さんの方でメンテナンスを実施していたようでコメントの書き込みができない状況のようでした・・・。ご迷惑をおかけして申し訳ございません・・・。でもココログはこんなのばっかりですよね・・・。いつもブログの記事を更新する時妙に重いし・・・。今はそのメンテナンスのおかげ(と言うかメンテナンスして当然、いままでこの様な状況をほったらかしにしてきたココログに問題あり!)で今までよりは更新が楽になりました(^^;

 これからもどんどんコメントを頂けると幸いです!皆様のコメントがブログの更新を頑張るぞ!と励みになります。本当ですよ~。

 久しぶりに「ガンダムグッズあれこれ」ですね~。今回は「機動戦士ガンダム第08MS小隊 ④DVD版」の紹介を三十路流にちまちまと・・・・。

Img168  前回からずいぶん間が空いてしまいましたが(泣)08小隊ファイナルな訳ですよ。内容的には「震える山(前編)」、「震える山(後編)」、「ラスト・リゾート」の三本ですね。ミリタリーテイストあふれる内容は陸戦馬鹿の私にはググッときます。カレン機の現地回収の陸戦ジムの頭部付き「ジム頭」、防衛隊のドムのザクマシンガン(MS戦記のブラウン軍曹を思い出すのは私だけ?思い出した方がいらっしゃったらあなたはそれなりの年齢ですね・・・。私もそれなりの年齢でございますよ)、そして量産型ガンタンク!使用用途があくまでも自走砲的な扱いがカッコいい!そう言えば以前に製作したBクラブ製のガレキがあるのでいずれ公開したいと思います。あのキットはできがいいのですがキャタピラの後部の隙間が気になって・・・。レジンの収縮の問題なのかな?かなりここだけ手間がかかった記憶が・・・。そしてB3グフ!グフには「職業軍人オヤジ」が良く似合います。私は「シャア・アズナブル」があまり好きではなく(シャアのファンゴメンネ!)、こうした職業軍人キャラの方が好きですね!まさに漢を感じる訳ですよ!こういうオヤジになりたい・・・。無理か。B3グフが煙からドシドシ歩いて来るシーンは何回見てもシビれます。BGMの「Ⅶ」もぴったり!車の中で良く聴いています(^^

 最終話に登場のジムスナイパーのビームの演出がいかにも「ありそう」な描写が良いですよね。最近ではMSiglooのクーベルメのビームが連邦艦隊に発射するシーンなどにもいえますよね。なんかミリタリー的なことばかり・・・。そういえば嫌な佐官「イーサン・ライヤー」も個人的には良いキャラしていると思います。作品には憎まれあり。だから主役が引き立つのでしょうね~。石橋蓮司(字合ってるかな?)みたいに。良い悪役ですよね。
あと前から気になっていたのですがエンディングの「二人の未来に」のピアノソロがかかるじゃないですか?あれはCD化しているのですかね?通常バージョンよりもいいと思うのですが・・・。いつもあのシーンで泣いてしまう自分がいるんですよね・・・・。だれか教えてください!

 これは個人的な意見ですが・・。ラスト・リゾート・・・・。必要だったと思いますか?個人的にはどうも・・・。せっかく感動していたのになんか興ざめ・・・。

 いつもながら本編には99パーセント触れないままのDVD紹介(紹介なのか!?)でしたが、結局のところ08小隊はミリタリーテイストが重要だという事ですかな?個人的な見解ですが・・・・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月10日 (月)

展示室更新告知!

 私のブログで連邦軍のモビルスーツを挙げていないのですが、別に製作しないわけではないのです(笑)私の以前製作した中から少しづつ更新していきたいと思います。

 その中の一つ、HG版陸戦型ジムを展示室に更新する前に画像を掲載いたします(^^P1010096

 一応「機動戦士ガンダム ガンダム戦記 lost war chronicles 」のラリー機のつもりです。あっ・・・。思いっきり「EFF」じゃなく「EFSF」になっている・・・。まあ雰囲気ですから・・・。

数年前に製作したものなので少しお見せするのはお恥ずかしいのですが、塗装が気に入っているのであえて掲載いたしました。基本的に素組みです。塗装は黒立ち上げのグラデーション塗装、ハイライトにクリアーオレンジを使用して全体を調整。いつも通りウォッシング、ドライブラシ、粉末パステル、スス、焼けの表現を入れ完成です。HG版の陸戦型ジムは今の目で見ても良い品ですよね。(せめて左のマニピュレーター位はBクラブ製を付ければ良かったかな?)

P1010099

 唯一手を加えた部分がロケットランチャーのグリップ部分をミサイルランチャーのグリップに置き換え肩にロケットランチャーをせおう事が出来るように手をくわえた程度ですね。意外と違和感無いでしょ?

 やはり08系のモビルスーツにはウェザリングが良く似合いますね。この作品は次世代のガンダムファンのナー総帥様のコンテストにエントリーいたしております。ガンプラ兄貴たいちょーさんも陸戦ガンダムで参加されているので私も陸戦ジムで仲良く参加いたしました(^^

とはいえ、さすがたいちょーさんはやはり製作お上手ですね・・・。まあ08モビルスーツつながりという事で。

ナー総帥様のガンプラコンテストはこちら!
http://www.geocities.jp/nasousui/GC.htm

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月 8日 (土)

「MS in the MUD ガンプラサブメカコンテスト」結果発表!

 ガンプラ兄貴たいちょー様が運営されている「MS in the MUD ガンプラサブメカコンテスト」の結果が発表されました!

 結果は・・・・・・・。

  金賞を頂きました!!!(^0^)

 正直ビックリしました・・・。前回同様に皆様のレベルが非常に高く今回は危ないかな・・・・。なんて思っていたのですが幸運で金賞を頂きました!素直に嬉しいです。私以外に平助さん、きこりさんと入賞された方々の作品を見ると私よりレベルが高いと思います。今回も参加された皆さん全員レベルの高い作品達が一同に揃い非常に楽しいコンテストとなりました。

 次回の「MS in the MUDコンテスト」は「0083~AOZ限定」の予定だそうです。(1/144限定)

 エントリーできる模型で発売されている機種を考えて見ましょう。

○0083~AOZ限定

○プラモデル1/144

ゼフィランサス、サイサリス、ステイメン、デンドロビウム 、ガーベラテトラ、ゲルググマリーネ、ゲルググマリーネシーマカスタム、ドムトローペン、ドムトローペンサンドブラウン、パワードジム、リックドムⅡ、ヘイズル改、アドバンズド・ヘイズル、ジムⅡ

○ガレージキット等(現在入手できそうなもの、ほとんどが当時の絶版品なので)

ザメル(最近再販しましたね)、ヘイズル、ジム改高機動型

と、なりますが・・・。私の性格だと改造でF2ザクかドラッツェ、ザメル・・・・・(HGUCで発売したらいやだしなあ・・・)かなあ・・・。時間の都合でトローペンあたりかも?

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年7月 6日 (木)

ガンダムグッズあれこれ

 いつもながら三十路工廠の私物であれこれ言うコーナーです。

先日、我が家に我らが大将「シーマ・ガラハウ」様のフィギュアが届きました!!
 シーマ様最高っす!!・・・はあはあ・・・・(;´д`)

 (今回のブログは終始こんなノリです)P1010093

 Bクラブの塗装済み完成品です。まさか「ヒロイン」でシーマ様が発売するとは誰が思っただろう・・・・。またトラ柄のいすがいいじゃありませんか。そのせいでかなり重いです。足に落とさないようにご注意を。完成品なのでどうしても顔がイマイチにていない部分があるので自分でエナメルで修正してみたところ、これがいい感じになったのです・・・・。が、何か足りない・・・。シーマ様は顔のしわが(笑)特徴の一つなのにしわが足りないので追加。(軽くね)まあ、大人の魅力ってやつですな。しかしシーマ様ってホント大きな女性なんですね・・・。大女・・・。でもシーマ様良いんだよな~。ガンダムキャラで一番好きですな。1年位前にボー○スの秋葉原店で展示品を(たしかC3 2002の限定品)譲ってくれと言って丁重に断られた記憶が蘇りました・・・(泣)しかしこうして手元にあるので今ではいい思い出??私はこのシーマ様のフィギュアをパソコンの横に置P1010094いています。たとえ彼女が遊びに来ようが隠しません(笑)むしろ説明してやります。(1時間くらい・・・。迷惑だろうな・・。)この姿勢のシーマ様に「なんだい・・・。情けないねぇ・・・。」と、言われて見たい!・・・。はあはあ・・・。(;´д`)(笑)

 ・・・今日こればっかし・・・・(^^;

 そしておまけ(?)のリリーマルレーンが付属しています。が・・・。画像は掲載していません。だって1/3500スケールなんて興味ないですもの(笑)シーマ様だけで15000円くらいに出来なかったのかなあ・・・。

 この製品、そういえば発売日が過ぎてもなかなか届かなかったのでララビットのオペレーターに聞いて見たら「シーマ様ですね?少々お待ちください」と。商品名を「シーマP1010095様」と言うオペレーターのお姉さんはガンダム好きなんだなあと思いなんとなく許せてしまいました(^^

 最近フィギュアがどんどん発売されているようですがメガハウスから8月発売の「アイナ・サハリン」も予約してしまいました(笑)

でもあのアイナはかなりエロいですよね・・・・。完全に趣味に走っているような・・・・。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006年7月 4日 (火)

「オッゴ」、「キュイ」製作工程

 製作工程と申しましても、実際のところほとんどが現物あわせなので大した事は申し上げられませんが(笑)出来る限りで製作工程を・・・。

○MP-02A「オッゴ」製作内容

P1010086  スクラッチをする際、私は図面をひくほど器用ではないので、現物あわせで製作を進行しています。(定規位は使いますよ?)まずは本体の筒状のパーツですが、プラパーツではなかなか見かけないんですよね・・・。それで木材のパイプ状のものをホームセンターで必用分を切ってもらい、木材にプラペーパーを巻きつけて擬似プラ筒の完成です。本体(機関部?)は基本的にプラ板の箱組み。前面の溶接跡はリューターで。本体後部のゆるいカーブ状の部分はプラペーパーで。ここは大変で何回も修正いたしました・・・。筒状のボディの放熱フィン状のパーツは筒パーツに「結束バンド」を巻きつけ1mmずつずらしながら結束バンドに合わせてスジ彫り。100本近くスジ彫りしています・・・。センサー類はプラ材、ジャンクパーツ、エポパテ等です。接続はポリキャップで。おかげで可動します。筒状のパーツを塞ぐ両サイドの丸状のパーツはコンパスカッターで切り出し、その切り出したプラ板の上に一回り小さい丸をコンパスカッターで切り出して接着。段差をアルテコで処理してゆるいアールをP1010081 演出。バーニアは市販パーツ。アームはプラ材メインの工作・・・・。なのですがプラ板箱組み、バキューム、いろいろ試したのですがどうしてもゆるいカーブ状の形状が再現できず困り果てていた頃、私の職場のポップケース(スーパーマーケット勤務なもので、こういったものはいろいろあるんですよ)の受けの部分がぴったりじゃないですか!!てなわけで1枚許可を頂き譲ってもらう事に。そしたらどんぴしゃ!なわけなのですよ!そしてアームの回転軸は100円ショップでおなじみの「結束バンド」です。くるっと巻いて瞬着でぴたり。モールドも入っていい感じです。ザクマシンガンはHGUCのものにマウントをそれらしく工作。 後部のスリット状(前回の記事の画像を参照)はプラ板の箱組みに何枚かのプラ板を組み込んだだけです・・・が、これ、かなり調整に困りました。オマケで製作した対艦ロケットもほぼプラ材。接続に事務用の磁石を使用しました。結果90パーセントはプラ板工作です。上手い下手は別として、プラ板があれば大抵のものが製作できるんだなあと痛感。いい勉強になりました・・・。

○オッゴ塗装

 本体は黒立ち上げ(ミッドナイトブルー7・ブラウン系3の割合)を吹き、土草色6・ホワイト4・ニュートラルグレー極少量(だったかな?)でグラデ塗装。かなりきつめのグラデ塗装です。igloo物はこの方が似合うとおもいます。ウォッシングをエナメルのブラック4・レッドブラウン6程度の割合でジッポオイルでウォッシングをしています。そしてドライブラシで粉末にしたパステルで全体のトーンを統一して最後にスス、焼けの表現を加え完成です。

○キュイ工程P1010090_1

 こちらは元もとの出来が良いので素組みです。機関砲のバレル基部をピンバイスで広げた程度です。皆様は離型剤落としはどの様なものを使用していますか?私はついこの間まで中性洗剤とクレンザーの混同といういわば王道の方法でした。最近は市販のブレーキクリーナーを使用しています。これ良く落ちますよ~。とはいえおススメしませんが。レジンが極まれに溶けると聞いた事があります。でも落ちるんだなあ・・・。

塗装はオッゴとほぼ同じで、本体色にクリアーオレンジを加えた物を使用しています。しかしキュイのような物まで発売してくれるBクラブさんにはホント頭が下がります。自分で製作する手間を考えれば3150円は決して高くないと私は思います。

この両作品は「三十路工廠展示室」に追加してあります!お時間のある方はそちらもどうぞ!
http://misojikousyou.cocolog-wbs.com/photos/zeonma/index.html

この両作品がエントリーしているたいちょー様の「MS in the MUD」コンテストはこちら!
http://one-year-war.hp.infoseek.co.jp/2nd_Entry.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 2日 (日)

MP-02A 「オッゴ」完成!!(と、もう一つ)

 遂に・・・・。「MP-02A オッゴ」が完成いたしました!!!

 本当はもう少し早めに更新をしたかったのですが、仕事がなかなか終わらず今の時間になってしまいました・・。申し訳ございません(泣)


長かった・・・・。精魂尽き果てましたが皆様の励ましのお言葉を頂き完成することができました!!本当の話、皆様の励ましの言葉がなければ完成は無かったと思います。皆様に感謝です!!

 そして肝心の「オッゴ」の画像です! P1010079_3 まずは正面です。

 全体のシルエットの特徴は捉えていると思います(^^
 
 中央のセンサーは可動式です。

P1010080_2

画像ですと分かりづらいのですが、機体上面にある放熱フィンはかなり細かくスジ彫りをしています。

P1010083

それらしくオマケで対艦ロケットを製作したのですが、なかなか気に入っています。ちなみに取り付け方法は事務用の磁石でガッチリと付いていて簡単にははずれません。でっち上げ工作で製作した対艦ロケットですが気にいっています。

P1010085

そして今回の目玉!アームの展開!!差し替え式ではありますが、アームの展開を実現いたしました!!これが無ければオッゴじゃないでしょ~。市販のポリパーツを使用しているのでかなり動きますよ♪

P1010087

同スケールの三機です。

これがやりたかった・・・。

おそらくこの三機が模型で一度に揃う画像はあまり無いと自負しています。(しかもどれもプラモデルじゃないし・・・。)

P1010090

実はもう一つ製作していました。

Bクラブ製の「キュイ」を製作していました。オッゴが目立ちすぎているせいで、オマケで製作したのかな?と思われがちですが、このキット・・・。かなり完成度が高いのでストレート組みで製作いたしました。

 まだまだ画像、コメントはあるのですが、それは次回と展示室の更新に合わせて塗装、製作記事を掲載したいと思います!!

 完成してホントによかった~!!「宇宙で一番大切な機体ですから・・・・。」(iglooネタですな・・・。)

 この2作品は、たいちょー様が運営されている「MS in the MUD ガンプラサブメカコンテスト」にエントリーをしています。

「MS in the MUD ガンプラサブメカコンテスト」
http://one-year-war.hp.infoseek.co.jp/2nd_Entry.htm

 

| | コメント (19) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »