« やったぜ!70000hit突破とEMS-10ヅダ ジャン・リュック・デュバル搭乗機進行具合③とその他もろもろ・・・。  | トップページ | リックドム・シュトゥッツアー ガブリエル・ゾラ搭乗機進行具合② »

2006年11月 2日 (木)

「MS-14 ゲルググ ヘルベルト・フォン・カスペン専用機」進行具合②と「MS in the MUD第3回コンテスト」作品製作開始!

 11月に入りました・・・。という事は・・・?たいちょーさん主催の「MS in the MUDコンテスト」の時期でございます!私も参加するのですが、今回は「ガンダム0083スターダストメモリー」、「アドバンス・オブ・ゼータ~ティターンズの旗のもとに~」の2作品のコンテストでございます。私、三十路工廠の参加作品は・・・・・・・。

「リックドム・シュトゥッツアー ガブリエル・ゾラ搭乗機」です!!(三十路工廠らしい選択でしょ?)

 (ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、一応機体解説等を。)
「リックドム・シュトッツアー」はアドバンス・オブ・ゼータに登場するジオン残党軍の機体です。限りある資源で残党軍特有の装備「ウインチユニット」等を装備した機体。外に「ゲルググ」(マリーネベース)、「ザクF2」等のシュトッツアーが存在する。

 なんでまたこのような機体を選んだか?理由はいくつかありまして。まずジオン系を製作したいのですが、ほぼ「0083系」に傾くと予想した為、「AOZ」はおそらくヘイズル系で集中する事を予想。候補としては「ビグヴィグ」、「ドラッツェ(スクラッチ)」、「0083版サラミス」、「ザメル(Bクラブ)」、「ドムトローペン(アダムスキー&ゲイリー搭乗機)」が候補でした。
 ビグヴィグはどう考えても3ヶ月はほしいところ、ドラッツェは期限までに間に合いそうに無い事、0083サラミスは苦労の割にインパクトが弱そう(笑)、ザメルは新品の半額セールで15000円で売っていたのですがお金が無くあきらめました・・・。それから定価で購入する気がおきないのです。もう一つはいつHGUCでザメルが発売するかひやひやモノだから(笑)、トローペンは安全策として考えていました・・・・・。が!やはりインパクトが欲しい・・・。当初ゲルググシュトッツアーを製作予定でしたが、我が家に本体の製作が大体済んでいるHGUCドムがあったので、時間短縮の為と、1/144で製作している方がいない事。(電撃の作例は1/60でした。)やはりインパクト十分、人様が製作しないものを製作する、ひねくれものの私らしいですね(^^;
 ちなみに画像はありません。肝心の「シュトッツアー」の部分がな~んにも手がついていない状態なので・・・。

 かわりといっては何ですが(笑)カスペンのゲルググの進行具合の画像を。

P1010304

 前回からの進行具合と言いますと、一部にマスターグレードで見られるモールドを追加。(今回は胸部、太もも)。全部真似すると1/144ではうるさくなるのでほどほどに。

 ビームライフルの指!二本指トリガーですね~。(カスペンは二本指トリガーです)合わせてトリガーガードの形状もTV版に。

 お腹の形状を変更。ここは好みですが私はTV版の三角状で。この部分は友人の「ヤマネ工房」さんからアドバイスをいただきました。少し大げさになってしまったので削りこむ必要がありますね。

 あと、このゲルググ、形状はいいのですが、いかり肩の状態で腕を内側に動かすとどうしても肩が降りてしまうのです・・・。なので肩の球状のパーツの内側の一部を削りこみ、可動の拡大とともに、いかり肩で腕を内側に動かす事が出来るように改造をしています。画像をみていただくと分かるように効果は高いです。素立ちで横広がりのシルエットから解放されるわけです(^^
 

 ゲルググがかなり進行していますが、今月中はシュトッツアーを全力で製作したいと思います。あれっ?ヅダは?と突っ込まないように(笑)

|

« やったぜ!70000hit突破とEMS-10ヅダ ジャン・リュック・デュバル搭乗機進行具合③とその他もろもろ・・・。  | トップページ | リックドム・シュトゥッツアー ガブリエル・ゾラ搭乗機進行具合② »

コメント

なるほど・・・あのパーツを少し削ればより自然でカッコ良いポーズが出来ると言うわけですね!
次の作例から私もやってみます!
ゲルググが続くので早速試さないと!

投稿: ヤマネ工房 | 2006年11月 2日 (木) 01:05

誰か!三十路工廠さんの三連覇を阻止して下さい。
リックドム・シュトッツアーときたか。

誰か?誰かおらぬか?(悪代官風に)

投稿: たいちょー | 2006年11月 2日 (木) 01:21

こんにちは!!
“シュトッツアー”…これは見たいです!!『AOZ』は小説などの型でまとまったものが確か無かったと…ということでストーリーが今ひとつ理解出来ていない面もあるのですが、“シュトッツアー”の設定は見たことがあって、「これ好き!!」と思っていました。
1/144ドム…これは気に入っていて、何機も手掛けました!!拙作ブログの“Modeling(ZEON)”に掲載しました…
ゲルググも並行していらっしゃるのですね…私も「どういう具合にしようか?」と考えてはいますが…他のことで手が塞がっていたりします…(苦笑)

投稿: ssn_chicago | 2006年11月 2日 (木) 10:48

続けてですみません…

上記で言及したドムへのリンクです…

http://blogs.yahoo.co.jp/ssn_chicago/30571497.html
http://blogs.yahoo.co.jp/ssn_chicago/33655305.html

投稿: ssn_chicago | 2006年11月 2日 (木) 10:54

>ヤマネ工房様

そうなんです!あの肩の球状のパーツの一部を削るだけで可動範囲が広がるのでシルエットが横広がりにならなくて、ポーズの幅が広がるんですよ!ただ、私の場合はそれに合わせて瞬着でポリキャップ等を少しきつめにしました。時間が経つと肩が降りてきてしまって・・・(^^;
全体の間接をきつめにすれば問題は無いはずなんですが・・・。

ヤマネさんの第二弾のゲルググの画像を拝見する時が非常に楽しみです!ディザートザクカッコイイですよ!さすがです!

投稿: 三十路工廠 | 2006年11月 2日 (木) 19:09

>たいちょー様

やはり私らしく、皆様が目をつけなさそうな穴といいますか・・・。様は私はひねくれ者かもしれませんね(^^;

今回も強者ばかりですね!自信が・・・。(泣)
でも皆様に失礼のないように「本気」で製作いたします!(^0^)/

投稿: 三十路工廠 | 2006年11月 2日 (木) 19:11

>ssn chichago様

そうなんです!「シュトッツアー」!これは意外と皆様目をつけないかなあと思い早速取り掛かるところです!しかしまたプラ板工作の嵐ですね・・・・。

ssn chicagoさんのドムは実は以前に拝見いたしました!「自分らしさ」を持った作品でもの凄く好感を持ちました。渋めの塗装がミリタリー度を高めていていい感じですね(^^

投稿: 三十路工廠 | 2006年11月 2日 (木) 19:15

シュトッツアーですか!!!!!♪♪うおおお!これまた凄い機体を!!!正直びっくりしました!!そういえばAOZのF2ザクも作ってみえましたもんね~♪「三連覇」を阻止できるよう頑張ります(笑)♪♪

投稿: ガトーノリス | 2006年11月 2日 (木) 20:50

三十路工廠さん!!ありがとうございます!!

投稿: ssn_chicago | 2006年11月 2日 (木) 21:30

「AOZ」あんまりわからんとです(汗)
ヘイズル改は、一目惚れで買い(作り)ましたが。

在庫がある「Pジム」か、やっぱりカッチョ良いと思う「ヘイズル改」か、作ってみたかった「ドム系」か・・・・
明日、プラモ屋さん行ってこようっと。

投稿: オーバードライブ | 2006年11月 3日 (金) 04:53

>ガトーノリス様

私らしい「変化球」の機体を選んでしまったような気がします・・・(^^;
いつかゾラのドムとカザックのゲルググのシュトゥッツアーを並べて見たいなあなんて思ったり・・・。手が遅い私には厳しいかもしれませんね(笑)

今回のコンテストも皆様「強者」ばかりですので気合を入れて製作したいと思います!(^0^)/

投稿: 三十路工廠 | 2006年11月 4日 (土) 01:54

>オーバードライブ様

実は私も連邦系を購入したりするのです(^^
パワードジムは私も購入いたしました。とはいえ、手の遅い私にはいつ完成することなのだろうかと・・・。ちなみに最後に連邦系を製作したのは数年前に製作した1/144Ez-8です

HGUCのドム/リックドムはかなり完成度が高いキットですよ!おススメですね~。ちなみに私は8個購入しましたが、まだ1個も完成していません(泣)

投稿: 三十路工廠 | 2006年11月 4日 (土) 01:59

とりゃぁず私もHGUCゲルググ製作開始、

めったに見せない途中画像・・・・
(と、言うよりも製作速度が速いから撮影してる暇ないだけだったりして・・・)
ヤマネさんの所に貼り付け~w

投稿: KAIEI | 2006年11月 4日 (土) 20:58

>KAIEI様

ゲルググ拝見いたしました!かなり進んでいるようですね!
赤ラインを筆で行うのですね?私には出来ません・・・。
私は最近は赤を先に塗って細いマスキングテープでライン部をマスキングして本体色を塗ってマスキングを剥がしてラインの再現をしています。筆でラインが書ける方がうらやましいです(^^
量産型のカラーで再現ですね!?いい感じですね!

投稿: 三十路工廠 | 2006年11月 4日 (土) 23:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167986/12509343

この記事へのトラックバック一覧です: 「MS-14 ゲルググ ヘルベルト・フォン・カスペン専用機」進行具合②と「MS in the MUD第3回コンテスト」作品製作開始!:

« やったぜ!70000hit突破とEMS-10ヅダ ジャン・リュック・デュバル搭乗機進行具合③とその他もろもろ・・・。  | トップページ | リックドム・シュトゥッツアー ガブリエル・ゾラ搭乗機進行具合② »