« 「MS-14 ゲルググ ヘルベルト・フォン・カスペン専用機」進行具合⑤ | トップページ | ガンダムグッズあれこれ「Reverberation in GUNDAM」 »

2007年1月10日 (水)

MS-14 ゲルググ ヘルベルト・フォン・カスペン専用機 完成!!

                「待たせたな!!ひよっこ共!!」

 ついにカスペンのゲルググが完成しました。目標として「HGUCのラインを尊重しつつ、最小限の追加工作で本来の良さを引き出す」、自分ではうまくいったと思うのですがどうでしょう?

■まずは正面Rimg0016 

 HGUCのラインを極力尊重しているのが分かると思います。画像で分かる範囲でお話しますと全体にマスターグレードのラインを簡略化したラインを全体に入れています。あまりモールドを細かく入れすぎますと1/144スケールではうるさくなってしまうのと、次のゲルググを製作するときに同じラインで合わせないといけない部分が出てくるので極力簡単なモールドを入れています。とはいえ、私はモールドが苦手なのでこれでもかなり頑張った方ですよ??

 ちなみにモールドは、はっきりしたのが好きなのでデザインナイフ→ケガキ針→Pカッター→カッターノコ(一部エッジングノコ)の順で作成しています。

 おかげではっきりとモールドが分かると思います。

Rimg0015

 マーキングですが、CGを参考にデカールを貼り付け、その後に少しだけジオノグラフィのゲルググを参考にデカールを貼り付けています。1/144ですとどこまでデカールを貼ればいいか考えますね。貼りすぎるとスケール感が駄目になるし。トレードマークの「ドクロ」、「00」はパソコンのソフトで作成、つや消しのシールに印刷いたしました。

 両肩の白ラインとスネの白ラインは先に白を塗装してマスキングを貼り、その上から黒立ち上げ、本体色を塗装してマスキングをはがしています。良く本体になじんでるでしょ?

 腰アーマーの可動だけはどうしても許せなかったので接着いたしました。

Rimg0018_1

  装甲裏は赤系で塗装。ビームライフルのスコープは外のゲルググより少し濃いピンクなので赤+白少量で塗装。

 全体にエナメルのジャーマングレイ+レッドブラウンでウォッシング。30分ほど乾燥させてティッシュで程よく落としたら明灰白色でドライブラシ、乾燥させてデッキタンでドライブラシ、今回はパステル等は使用していません。エナメルのみの「三十路フィニッシュ!」

 お気づきの方もいらっしゃると思いますがシールドのジオンマークはパーフェクトグレードのザクのシール、胸部のマークはMGキャンペーンのシールです。今のマークと違いこの古臭さがたまりません。CGを見るとこのような感じです。(シールドのシールはヤマネ工房様に頂きました。ありがとう!)

Rimg0017

 やはり特徴的なのがランドセル。B型のランドセルそのままではないですよ!これから製作される方は要注意!私の場合はヤマネ工房様に頂いたレジンの複製のランドセル(ヤマネさん、ありがとう!)を加工して製作しています。レジンは「ムク」なので加工が楽でしたが、プラモデルベースですと少し面倒??3月にはBクラブでigloo版改造パーツが発売されるので待った方がいいかも??

 リアスカートは2mm延長。2mm以上延長すると全体のバランスが崩れそうなのでこれ以上は延長しない方が無難でしょう。あと以外に重要なのが足のスネ裏の合わせ目は消さないと目立ってしまいます。絶対に消すべきです。私の場合は一度合わせ目を消してパネルラインの部分のみ掘りなおしています。

 何気に左の二の腕に「大佐」のマークがいい感じ♪これもPCで製作しました。MGギャンのでもいいとは思うのですが黒を使用したかったので製作することに。

Rimg0013

 

 右腕周辺です。ビームライフルのトリガーは2本指に変更。ビームライフルのトリガーガード周辺もそれに合わせて加工。TV版と同じように製作すれば問題ないと思います。そして忘れがちな腕のダクト部の加工、デザインナイフでラインを入れています。そしておなじみの手首カバーをバーニアパーツで製作、かなり引き締まった印象になりますね。

 

 書き忘れましたが、肩アーマーは尖らせてありますが、何かを盛ってとがらせるよりもキットを加工して小さくならないように尖らせた方がバランスは崩れません。素組みで製作されている方にはおススメ!あとはお腹に当たる部分をTV版のように三角形状に加工いたしまいした。これ重要!

 製作した当初はお気楽工作でサクッと♪なんて思っていたのですが気がついたらかなり本気になっていました(笑)やはり思い入れのある機体はついつい手間をかけてしまいますね!あとHGUCのゲルググはHアイズを使用するよりもビームサーベルの輪切りの方が良く見えるようです。私もアドバイスを頂いて使用したらいい感じに仕上がりました。賛否両論のHGUCゲルググですが、私のゲルググを見て「HGUCのゲルググはカッコいいんだなあ」と思っていただけると非常に嬉しいです(^-^)/Rimg0021

|

« 「MS-14 ゲルググ ヘルベルト・フォン・カスペン専用機」進行具合⑤ | トップページ | ガンダムグッズあれこれ「Reverberation in GUNDAM」 »

コメント

お疲れさんです!完璧な仕上がりですね!
それでこそ我がライバルです!
これからも他を寄せ付けない位の作品を作ってください!
私もカスペン機を製作予定なので参考にさせてもらいますね!
本当に文句の付け様が無い位レベルが高い作品です。
最近、私の中で三十路さんが巧過ぎて怖い存在になりつつあります・・・(笑)

投稿: ヤマネ工房 | 2007年1月10日 (水) 05:31

完成乙です!我が方はもう少しネバってみます!

投稿: Yura KAMENEV | 2007年1月10日 (水) 15:40

圧巻です。
喜怒哀楽のどれにも当てはまらない感情ではなく
二本トリガー再現に感動しました。
今年初!三十路ワールドを展開しましたね
この調子でどんどんやっちゃってください!

1st見直したいな~

投稿: ナー総帥 | 2007年1月10日 (水) 17:42

完成しましたねついに!!
地球上の中でこのゲルググを工廠さんの次に触れたのはおそらく私でしょうか?(自慢しちゃいますた)。
ただ工廠さん!
あんな素晴らしいものを薄暗い玄関で、それもウチラ2人立ったままの状態で渡すもんだからはっきりと見れませんでしたよ。なんせ私は三十路工廠製品を何度もクラッシュしてるわけですから、恐ろしくて恐ろしくてとても持っていられませんでしたよ。
今度工廠さんとこ行ったときはちゃんと座って、なおかつテーブルの真ん中に置いた状態でじっくりと見させてください!

投稿: 三十路軍曹 | 2007年1月10日 (水) 19:05

完成おめでとうございます。
塗装、工作、どれをとっても、見所いっぱい。
いや、まさに圧巻の完成度ですね。お勉強になります(感謝。

こんなの見せられちゃうと、わしのゲルググリベンジ熱がふつふつと沸きあがってしまいます。
しかし、MGゲルググでこれぐらいかっこよくしようと思ったら、どれだけ手間がかかるのかなあ?。考えただけで寒気がしますね(泣笑。

投稿: habuo | 2007年1月10日 (水) 21:07

カッチョイイ「カスペンゲルググ」の完成お疲れ様ですm○m

自分はまだまだ「スペースランチ」で一杯一杯なので…
ジョニーゲルググはまだまだ先になりそうです^^;;;

デカールも自作される様なツワモノにケチの付け所なんかありませんねw 凄い!

投稿: 悪太夫 | 2007年1月10日 (水) 21:16

おぉー完成しましたね。
いやー当たり前ですがすごいです。どうやったらここまで出来るんだ!?って感じです。
ケロロとギロロも応援?してくれたそうですし。

俺的にゲルググはコクピット付近が特徴的だと思います。

いやーこれで量産型ゲルググとか出てくれないかなぁ

投稿: グレミー・トド | 2007年1月10日 (水) 21:19

>ヤマネ工房様

ヤマネさんの様な方にそこまで誉められたら照れますね~(^0^;
私なんてヤマネさんに比べたらまだまだですよ・・・。これからもヤマネさんの作品を参考にしつつ精進したいと思います!
「ヤマネ工房製」カスペンゲルググ!凄く見てみたいです!ヤマネさんの作品はどれも個性があり「ヤマネイズム」が画像からにじみ出ています。個性があると言うのは腕が良い証拠です。私もヤマネさんに負けないように頑張らないと!(^-^)/

投稿: 三十路工廠 | 2007年1月10日 (水) 22:33

>Yura KAMENEV 様

私も何だかんだで2ヶ月かかってしまいました・・・。もっともあのリックドム製作していたので一時中断していましたが(^^;
カーメネフさんの個性バリバリのゲルググは毎回更新が楽しみです!モチベーションの高さがうらやましいですね!

投稿: 三十路工廠 | 2007年1月10日 (水) 22:37

>ナー総帥様

やはりカスペンのゲルググを製作するなら「二本指トリガー」は再現したいところですね!
なんとかゲルググは完成しましたが、今度はコレのオマケ?を製作予定です(^^

投稿: 三十路工廠 | 2007年1月10日 (水) 22:38

>軍曹様

いつもながら熱いコメントありがとうございます!昨日はどうしても玄関でしかお見せできませんでしたが(笑)今度遊ぶ時にはテーブルでゆっくりと見てあげてください!関係の無い話ですが久しぶりにカラオケでも行きたいですね~(^^;

投稿: 三十路工廠 | 2007年1月10日 (水) 22:41

>habuo様

なんとか完成しました(^^;
ほとんど素組みなのに思ったより時間がかかってしまいまして・・・。
マスターグレードでカスペンのゲルググを製作したらHGUCとはまた違う表現でいいかもしれませんね!しかもhabuoさんの高い工作力、塗装力で再現されたら、さぞ素晴らしいでしょうね!

投稿: 三十路工廠 | 2007年1月10日 (水) 22:44

>悪太夫様

何とか完成いたしました(^^
今回は自分でも理想としていた配色が出来たので満足しています♪
なかなかこの色あいが難しいんですよ~。大変でした・・・・(泣)

悪太夫さんはランチを製作されているのですね?最近プラ板工作に、はまっているようですね~。だんだんと形が見えてくるプラ板工作は本当に楽しいですよね。悪太夫さんが製作するランチの完成画像を拝見するのが楽しみです(^-^

投稿: 三十路工廠 | 2007年1月10日 (水) 22:52

>グレミー・トド様

お褒めの言葉ありがとうございます(^^
なんとか完成いたしました・・・。意外とカスペンのゲルググは製作される方が今のところは少ないので、まさに「おいしいネタ」なわけです。実はこれにもう一つ「オマケ」を製作する予定です。

量産型ゲルググは非常に楽しみですよね!間違いなく発売するでしょうからね~。

投稿: 三十路工廠 | 2007年1月10日 (水) 22:57

完成ですね!すごくかっこいいです!僕もゲルググ2機購入したので、素直にシャア専用と「ソロモンの悪夢」専用なんかいいかなと思案中です!

オッゴとの2ショットめちゃいけてますね!

投稿: ☆の鼓動は愛 | 2007年1月10日 (水) 23:35

完成お疲れ様です♪

それほど大きく弄っておられないのに、キットのままと比べると、全くの別物のようです…

当方のゲルググは週末に塗装開始できればと考え中です。

投稿: シン・マツ | 2007年1月11日 (木) 02:29

完成乙です♪
CG準拠のランドセルもバッチリ決まってますね!

投稿: ZIG・ZAG | 2007年1月11日 (木) 17:05

>☆の鼓動は愛様

なんとか完成いたしました(^^;
素組みでサクッと!なんて思っていたのに気がついたら小さいところをチマチマと改修するハメになってしまいました(汗)とはいえ小さな改修が作品に反映したので嬉しく思っています♪

シャアとガトーのゲルググを製作予定なのですね?私もガトーのゲルググはいずれは製作したいですね~(^^

投稿: 三十路工廠 | 2007年1月11日 (木) 19:15

>シン・マツ様

そうなんです、今回のゲルググは小さい部分をチマチマと改修して遊んでいました(遊んでいるつもりが気がついたら本気になってしまい2ヶ月もかかってしまうとは思いませんでした・・・・。)
ゲルググは下からのアングルがかっこいいですよね!

シン・マツさんのゲルググは適度なアレンジが効いて本当にかっこいいですよね!完成画像を拝見するのが楽しみです☆

投稿: 三十路工廠 | 2007年1月11日 (木) 19:20

>ZIG・ZAG様

新年1発目がigloo関連で完成したので嬉しいです(^^
ランドセルはB型よりもかなりすっきりしているので、結局密度を高める方法としてデカールを貼るしかありませんでした(汗)実はココに小さなコダワリがありまして、igloo内では標準装備のこのランドセルは私の頭の中では高機動型ではないので4つのバーニアを一回り小さくしているんです♪

次回製作するゲルググはケン・ビーダーシュタットのゲルググG型を製作しようと思っています☆

投稿: 三十路工廠 | 2007年1月11日 (木) 19:25

はううう~~~っ!!
もう惚れてしまいました~~。

カスペン大佐は、間違いなくガンダムで一番好きなキャラです!!

オッゴとの2ショットを見ただけで、涙が出そうになります!
感動でしたね~~。

汚しっぷりも最高です!!
あと、ダメージ痕も似合うんじゃないでしょうか?追加してみて下さい!(爆)

最後に・・・
「HGUCゲルググ、カッチョ良い~~~~!!!」

投稿: オーバードライブ | 2007年1月11日 (木) 23:28

>オーバードライブ様

やはりiglooを見てしまうとゲルググをカスペンの色で塗装してしまいますよね!?ランドセルが手に入らなくても本体の色を変えるだけでそれっぽく見えると思います(^^
実は塗装前まではダメージ痕も考えていました。でもHJ誌のHarry氏のゲルググを意識しすぎてしまうので、我慢いたしました・・・。なので製作中はHJ誌のゲルググを全く見ないで製作しました。本当は見たかったです。あの方のゲルググはもの凄くかっこいいですからね!
HGUCのゲルググは少し下から見ると、とてもかっこいいですね!(^0^)/

投稿: 三十路工廠 | 2007年1月12日 (金) 01:23

おお~いい色ですね♪この機体の色は多様な解釈が出来るので未知数でもあり面白いですよね♪今後も期待します♪

投稿: ガトーノリス | 2007年1月13日 (土) 12:39

三十路さんのゲルググを見てHGUCのゲルググを買うべきか悩んでいるグレミーですwww
買ってもカスペン色にしようか、ガトー色にするか、量産色にするか、青の部隊色にするか、そのままか悩んでます。

まぁまだ主に使うのはマーカーなので限られますがここに上げた色のどれかを再現する予定です。

ちなみに2006年のベストHGUCで1位だったドムが気になったので買いましたW
これでゲルググもそろうとジオン軍の主なMSがそろいます。

投稿: グレミー・トド | 2007年1月13日 (土) 18:46

>ガトーノリス様

この機体のグレーはどの様に塗装しようか大いに悩みました・・・。
しかし自画自賛になってしまいお恥ずかしいのですが(笑)悩んだだけあってなかなか良い色が出来たかな?と思います。本来の色に一番近いのは展示室のバストアップのゲルググの画像かと思います。今を思えばチッピングなどもした方が良かったですかね??今はケン・ビーダーシュタットのゲルググの製作をはじめました・・・・が、同じ機種が2回続くとさすがに飽きてしまうのでザクでも製作したい気分です(^^

投稿: 三十路工廠 | 2007年1月14日 (日) 19:36

>グレミー・トド様

マーカーも一昔と比べると今は種類も豊富で便利になりましたよね。マーカーで塗装しやすい色使いですとやはりカスペンかガトーカラーですかね?私の場合は小、中学生の時はタミヤのアクリルをメインに、高校生あたりからラッカー塗料、スプレー缶を使用し始めました。マーカーですとどうしても色の種類にも限界があり、筆と違い自由の範囲が狭くなる欠点があるので筆塗りもおススメしますよ?

投稿: 三十路工廠 | 2007年1月14日 (日) 19:42

初めまして、いっちゃんと申します。
カスペン大佐ゲルググに魅かれてやってまいりました。
私もこの前、カスペン機を完成させました。
地味なカラーなんですが、何故か、かっちょええですね~!(笑)
それにヅダ(もちろんデュバル機です(笑))等も作製しましたし、
志向が合うみたいなので、コンテンツを楽しく拝見させていただきました。
私はもう40過ぎのおじんなのですが、若い者たちと一緒にプラモつくりを楽しんでおります。
細々とですが、HPも運営しておりますので、よろしければ一度遊びに来てください。
PS:ゲルググはもう1機作製中です。

投稿: いっちゃん | 2007年1月15日 (月) 22:58

>いっちゃん様

はじめまして!三十路工廠でございます(^^
いろいろと見ていただいたようでありがとうございます。
いっちゃんさんもカスペンのゲルググを製作されたのですね?
あのカラーリングは不思議と魅力がありますよね!航空機のテイストが強いと言いますか・・・。実際に私も今回の塗装は300番台のオンパレードでした。
デュバルのヅダも製作されたようですね!私も製作中のHGUCヅダがあるので完成させたいと思っています。(最初に製作したHGUCヅダがプロトヅダだったもので・・・・。)
いっちゃんさんとは志向が近いようですね!後ほどHPを拝見いたします!また遊びに来てくださいね☆

投稿: 三十路工廠 | 2007年1月16日 (火) 07:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167986/13414465

この記事へのトラックバック一覧です: MS-14 ゲルググ ヘルベルト・フォン・カスペン専用機 完成!!:

« 「MS-14 ゲルググ ヘルベルト・フォン・カスペン専用機」進行具合⑤ | トップページ | ガンダムグッズあれこれ「Reverberation in GUNDAM」 »