« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月28日 (水)

MS-06 ザク 「カート・ラズウェル/ロビン・ブラッドジョー搭乗機進行具合④」

 最近模型制作のなまけ気味の三十路工廠です・・・・。

別館の更新をいたしました。
http://misojikousyou.cocolog-wbs.com/maniamisoji/

■ザクの進行具合

Rimg0079

 実は今日は久しぶりに気合を入れて製作しました。アルテコ盛ったまんまの画像でお恥ずかしいですが細かな改修が画像から伝われば幸いです。

 本当に地味な改修を繰り返してきました・・・。なので外見はそれほど変化がないようですが結構いじっているんですよ??(本当だってば~!)もうスジ彫りなんか大嫌いなのに踏ん張りましたよ・・・・。

 改修点は頭部はモノアイレールを削って狭めパイプ基部の形状変更、スジ彫りの追加、モノアイガードの形状変更、頭部の後はめ加工です。

 胴体はCGのイメージを尊重してアルテコで形状変更、わざと角ばった形状に修正しています。そしてモールドの追加、腰アーマーは左右独立可動化。旧ザクを使用していないのでフンドシ部の加工を追加。腰サイドアーマーの形状をちょこっとだRimg0080け形状変更。フンドシ部にバーニアの追加等。

腕部は手首カバーを市販パーツを加工して製作、肘部の丸モールドはHGザクから流用、アルテコで細部を調整しています。右肩に追加の装甲版、ちょっとしたおしゃれ??シールド基部にカバーの追加、スパイクはB3グフより流用、加工しています。

脚部はスジ彫りの追加、後はめ加工、フレア部のうすうす攻撃程度。

ランドセルはジオノグラフィを参考にHGUCザクのランドセルをベースに製作した程度です。(本当にジオノのまんま、バーニアの形状もかなり近いです)

 目標としている「ちょっとだけ強そうなザク」に近づいていると思うのですがどうでしょう??

(おまけの画像です(^^;)

Rimg0081_1 

 PCの上には未製作の作品がいっぱい・・・。

 良く見ると「ダイビングビートル」が!!気になりますか??気になります?気になってよ~・・。ダイビングビートルはいずれ別館で。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2007年2月25日 (日)

復活!&1周年!

久しぶりの更新でございます。私の身近で不幸がありまして暫くブログをお休みしていました。今では私のほうも落ち着きまして久しぶりにブログの更新をいたしました。なかなか心の傷と言うものは癒えないものですね。今日からはいつも通りに進行したいと思います。

■別館もよろしくお願いいたします。(本日更新いたしました)
http://misojikousyou.cocolog-wbs.com/maniamisoji/

■1周年!!

Rimg0077

 ま~私の様な不精な人間がブログを開設して1年間でこんなに製作したものだなあ~。やはり皆様に見ていただいているので変なものは見せられないと言う気持ちが強いです。おかげでいろいろな作品を制作することが出来ました。

 この1年間でなんと127000hit!さらに別館、展示室を合わせるとなんと270000hit!!個人のブログでここまでヒット数を達成したのは皆様のおかげだと思っております。皆様に感謝です。そしてこれからも「ジオニック三十路工廠」をよろしくお願いします。

 このブログを始めていろいろな方と仲良くなりました。最初に仲良くなったヤマネ工房さん、ギレンさん、を始め皆様と仲良くなれたこと、コンテストデビューしたこと、MS in the MUDコンテストを通じてもいろいろな方と仲良くなりました。さらにZIG・ZAGさん主催の「ヅダ限定コンペ」を通してさらに皆様と仲良くなれたこと、オラザク初参加した事、などなど・・・・。いろいろなことが楽しめた1年でした。

 ある意味の伝説も生まれました(笑)

「三十路工廠が製作するとキット化する!!」

 まずは05年12月に発売したBクラブ製の「ヅダ」を製作した時。今まで見たBクラブ製で最低の出来のヅダをプロポーション大改修、無可動なのでフル可動化までしてたったの半年の6月にHGUCでヅダが発売してしまいました・・・・・。

 そしてまさか発売するとは思わなかった「EMS-04」フランツのヅダ。まさか改造パーツが発売するなんて・・・・。とはいえこのキットはBクラブのパーツより気にいっているので気にはしていませんが。

 そして3度目の悪夢が・・・・。ヒルドルブがEXモデル化・・・・。しかもBクラブ製の約1/3の価格で。しかも変形するし・・・・。私はまだいいですが塗済みの20000円のタンク形態のヒルドルブを購入された方は本当にかわいそう・・・・。私は両方の形態をBクラブで所有しているので意地でもEXモデルのヒルドルブは買いません!!

 しかも??オッゴ??・・・。はあ・・・・。試作写真を見る限り良く出来ていますね。これは買おう♪オッゴに関してはオラザクで高評価を頂いたので嬉しい思い出です。

 さらに追い討ちをかけるようにシュトゥッツアー??Bクラブ??Bクラブはなるべく買わないようにしよう・・・。腹が立つ・・・・。

 ここまで発売が重なるなんて、バ○ダイやポ○ーの方がこのサイトをチェックしているんじゃないのか??なんて思うことも(笑)

 今は1/144で「ジムスナイパーⅡ ホワイトディンゴ仕様」、「ゲム・カモフ」、「プロトタイプガンダムMK2」あたりを製作予定ですが正直怖い・・・・。

 な、なにはともあれいろいろと楽しい(?)思い出がいっぱいの1年間でした。2周年、3周年と続くと良いですね。これからもこの様なサイトですがよろしくお願いいたします(^^;

| | コメント (30)

2007年2月18日 (日)

お知らせ

 数日間の間、諸事情によりブログの更新、コメントの返信等をお休みいたします。コメント等につきましては、数日後に順次返信いたします。ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

                                     三十路工廠

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年2月17日 (土)

展示室更新その2!(予定??)

 PCが異様に重くなっていたのでブログの更新が遅れてしまいました・・・・(泣)

■別館もよろしくお願いします(^^;
http://misojikousyou.cocolog-wbs.com/maniamisoji/

■今回の展示室更新はまたもや連邦シリーズ!!

Rimg0021_1

 以前画像の公開をしたのですが、写真を撮りなおして再掲載です。展示室には実はまだ掲載していないのでこれを機会に展示室に更新したいと思います。

 おなじみの「ジャック・ザ・ハロウィン」の2機とランチです。今では激レアのこのキット、私は新宿で偶然発見して購入しました(4000円もしましたが・・・)

■RGM-79 ジム 「ジャック・ベアード搭乗機」

Rimg0014_2

 まずはジャック機。一番の特徴はやはり背中のハイパーバズーカでしょうね。これはポリパーツで取り外しを可能にしています。バズーカラックはジャンクパーツで、ハイパーバズーカはHGUCガンダムから、ランドセルはFGガンダムからです。

 特徴的な部隊マーキングは本来は左肩とシールドですが、特別機のイメージを出すべく腰アーマーに貼り付けています。

 そしてCGのイメージを尊重して、ドぎつい位の黒立ち上げのグラデーション、あとはいつもどおりの「三十路フィニッシュ!」でございます(^^

 ハイパーバズーカの詳細などは展示室に背面を撮影した画像がありますのでそちらをみていただけると幸いです。

■RGM-79 ジム 「アダム・スティングレイ搭乗機」

Rimg0017_1

 そしてアダム機。

 一番特徴的なのがやはりビームサーベルが二本なところ。ここはFGガンダムのランドセルに交換した程度。

 その他の改修はジャック機と同様です。

 あまり大きな声では言えませんが、結構エナメル割れが・・・・・(泣)かなり派手にウォッシングを施したのが原因でしょうね(TT

 しかしこうして同じものを2機製作するのはなかなか面倒ですよね・・・。まだジムですからいいものを。

■そしてランチ。

Rimg0020

 ある意味これがメインと言っても過言でないセット。あとは普通にジムが2体入っているだけですものね・・・。しかし下手くそだなあ・・・(^^;

 横側の扉の番号は実際に富士急ハイランドのアトラクションで乗るランチに書かれていたので、市販シールで対応しました。(どうでもいいこだわりですね)

■そして番外編 NRX-044 アッシマー 「ブラン・ブルターク搭乗機」

Rimg0025_7

 正直意外と思います・・・・。現に私は「Z」に登場したMSで魅力を感じるのはコレとガンダムマーク2、ガルバルディ、マラサイ程度のものです。

 まさかコレが発売するとは思わないじゃないですか。なので発売と同時に製作したような気がします。

 しかも私らしくなく黒立ち上げは無し、濃い色に一段薄くした色をグラデーションしています。「Z系は黒立ち上げは似合いません)

 一応ブランはティターンズではなく連邦軍所属なので「EFSF」の文字を08ボールのデカールから使用。(EFFの方が良かったかな?)一回変形させてしまったので色がはげるはげる(泣)

 またもや私らしくない、または大昔に製作したキットを公開してしまいました(ハズカシイ!)次回はザクの進行具合を公開できたらいいなあ・・・・(^^;

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2007年2月12日 (月)

展示室更新!

 今日こそザクを製作しようと張り切っていたのですが・・・。気がついたら過去の作品の写真の取り直しをしていました(^^;

「別の顔」もよろしくお願いします。
http://misojikousyou.cocolog-wbs.com/maniamisoji/

■今回更新予定の過去の作品

Rimg0006_1

 まずは「RX-79[G] ガンダムEz-8」。思えば私が最後に製作した「ガンダム系」はコレかな??たしか6~7年ほど前に製作したものと思います。後にシール等を追加で貼り付けたものと思います。

 今よりドライブラシが上手いような・・・・。まあ、気のせいでしょう(^^;

 改修点・・・・・無し!!(笑)だってもともと完成度が高いキットなんだもん・・・・。

 塗装・・大昔に製作した作品のレシピなんて覚えていませんよ~。

 しかしEZ8はなんか・・・こう・・・。ガンダムらしくないところがいいんですよね。この機体は好き嫌いがハッキリ分かれますが私はこの機体、好きですよ。

■RX-77-2「ガンキャノン」

Rimg0009

 またもや「私らしくない」作品。

 これもHGUCでガンキャノンが発売されたばかりの時に製作したので7~8年前に製作したのかな?(たしか1999年発売だったと思うので)

 改修点・・・・コレも無し!!完成度高いもん・・・。いじる必要がないでしょ~。

 塗装・・・・全て缶スプレーのみ(一部筆塗り)

 記念すべきHGUC第一号なんですよね。たしかにメーカーの新しい基準HGUCに対する気迫と言うのが伝わってきます。ガンキャノンは今の目で見ても問題のないキットですよね?

■RX-75「ガンタンク」

Rimg0012

 三度「三十路工廠らしくない」モビルスーツです。

改修点・・・・・聞くの?素組みです。いじりようがないでしょう~。

 塗装・・・・缶スプレーで(一部筆)

 今見るとハズカシイキャタピラの汚し・・・・。しかもキャノンがカイだからってガンタンクに「109」のシール。ベタ~ですね(^^;

 しかもアンテナの安全対策のパーツを加工していないし・・・・・・。

 と、まあ私が6~7年前に製作したなつかしい~作品を展示室に追加予定です。 

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2007年2月 9日 (金)

ガンダムグッズあれこれ DVD「機動戦士ガンダムDVD-BOX2」

 先日もザクを製作しようとしたら友人に借りた「機甲猟兵メロウリンク」のDVD-BOXに夢中になってしまい全く進行していません(泣)

別館もよろしくお願いします。
http://misojikousyou.cocolog-wbs.com/maniamisoji/

■今さら感がありますが今回は「機動戦士ガンダムDVD-BOX2」の紹介。

Img222

 やっと発売したDVD-BOXの後半です。パッケージはBOX1が連邦マークの白(銀)を基調としたいわゆる「ガンダム」をイメージしたものに対してこちらは赤でジオンマークで「赤い彗星」をイメージとしたパッケージになっております。こうした小さな配慮が嬉しいですよね。

 内容としては第25話「オデッサの激戦」から最終話の「脱出」まで収録されています。一応全て見たのですが、久しぶりに見たのでところどころ忘れている箇所もありました。正直ソロモン攻略戦以降はイマイチな印象が。話によると安彦氏が当時病気か何かで参加が出来なかった事が作画のレベルの低下を招いたと聞いたことがありますが、先入観無しで見てもちょっと・・・。「めぐりあい宇宙」では作画を7割新作カットにした気持ちも分かりますね(^^;

そしてバックで流れる音楽の効果と言うのは大きいなあと思いました。スレッガーが戦死した後のミライさんがアムロに話しかけるシーンで流れる「いまはおやすみ」が、またぴったり。思わず涙が・・・。涙もろいのは歳を取った証拠・・・・って誰がおやじじゃ~!!(一人ノリつっこみ??)
 その分ラストシーンはイマイチ。どうしても体が「めぐりあい」のBGMを求めてしまうのでしょうね。そしてエンドロールで「ビギニング」。映画版に慣れすぎたのかなあ・・・・。

Img223

 そして中身はこんな感じ。とうとうカイやハヤトはまだしも、ブライトさんもココには描かれなかったようです。裏側が大河原氏のイラストなのですがシャアのゲルググを見て違和感が・・・。あっ!「MS-14A」と書いてある!?・・・・って、大河原さん、もっと調べてよ・・・・。と言うことで私の中ではこのイラストは量産型の中隊長機と言うことにいたしました(笑)

 特典としては64Pの解説書と36Pの記録全集が付属ですが、正直31800円は高いような気がします。DVD-BOX1が37800円で全てそろえるのには相当な金額がかかります。たしかに画面の傷等の修正のおかげで綺麗な画像でした。ザブングルのBOXとは比較になりません。あれはDVDで出したのになんで何の修正もしていないの??(笑)

 こちらは「一応」初回限定生産品らしいですがバン○イビジュアルさんお得意の「反響が多いので再販決定!」とかいって再販してしまうのでしょうね・・・・。無理してその時に購入した人の気持ちを考えて欲しいものです。例に挙げるとしたら、私、サザンオールスターズがメッチャ好きで、生まれも茅ヶ崎市だったり(今はぜ~んぜん違うところに住んでいますが)サザンの限定物は絶対に追加生産しないそうです。理由は桑田佳祐さんが「最初の生産分を買ってくれたファンに申し訳がない」というもの。特にベストアルバム「すいか」が有名ですが、追加生産をすれば間違いなく売れる内容にもかかわらず、あえて追加生産をしなかったそうです。現在は新曲を出すたびにアナログ盤を同時に発売するのですがコレがまた枚数が少ない。私ですら「この青い空、みどり」のアナログは当時購入できずいまだに中古で探している状況なのです・・・・って「ガンダム」の話じゃないじゃん!この話はいずれ別館で(笑)

| | コメント (16)

2007年2月 6日 (火)

MS-06 ザク 「カート・ラズウェル/ロビン・ブラッドジョー搭乗機進行具合③」

 とうとうオッゴがEXモデルで発売してしまうようですね・・・。オッゴ発売でがっくりしているのは私含めて数人でしょうが・・・。最近模型の情熱が少し薄れてきている三十路工廠です(泣)こうなったら本当にゲム・カモフでも作ろうかな??

別館を更新いたしました。
http://misojikousyou.cocolog-wbs.com/maniamisoji/

■気を取り直してザクの進行具合

Rimg0036

 あまり変化がない?そんなことは・・・ないと思いますよ(汗)コクピットの中央をCGのイメージで尖らせています。

 あとは・・・。ふんどし周辺をより細かく修正した程度です(^^; 
 

 なんせ頭部が破損してしまいまして(!)修正に相当時間がかかってしまい本体に手を加える時間がなくなってしまいました。

■そして背面

Rimg0035_1

 実はランドセルに時間をかけていました。CGを見るとザクF2の様な形状でしたので、FGかHGのランドセルを使用したかったのですが仕方がなくHGUCのランドセルをベースにF2風(あくまでも風ですよ?風)に修正しました。サフを吹けばらしくは見えると思うのですが・・・・。

 形状はジオノグラフィを参考にいたしました。なかなかF2風に見えると思うのですがどうでしょう?

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2007年2月 3日 (土)

MS-06 ザク 「カート・ラズウェル/ロビン・ブラッドジョー搭乗機進行具合②」

部屋の掃除を久しぶりに行い、ガンプラモードに突入!・・・・・・って、もうこんな時間なのね(^^;
好きなことをしている時は時間が進むのが早いですね。

 別館の更新をいたしました。
http://misojikousyou.cocolog-wbs.com/maniamisoji/

■ザクの進行具合です

Rimg0031

 前回公開した画像の状態があまりにも気に入らなくて結局手を加えるはめに(泣)

 前回の画像と比べると細かい部分が修正されているのが分かるかと思います。一番気になっていたのが胸部。ゲームのザクのようなポリゴン的な直線のデザインに変更。ヵなり露骨に尖らせています。

 さらにフロント腰アーマーの左右独自可動のデザインがどうも引っかかったので、考えた結果、友人の「ヤマネ工房」様のケン・ビーダーシュタットのザクを参考にデザイン変更。いい感じに仕上がっていると思います。(ヤマネさん、参考にさせていただきました!)
 

 スカート自体もやすり等でデザイン変更、小さな改修ですが効果は大きいと思います。

腕には腕カバーを市販バーニアパーツで製作、シールド基部にもカバーを仕込んでいます。意外とココ、目立つんですよね~。

Rimg0033_3

    今さらな気がしますが一応頭部と脚部の後はめの画像を(^^; 
 

 意外とこうした画像って模型雑誌には文章でしか掲載されていなかったりするじゃないですか?なのでこの画像でたとえ1人でも参考になれば嬉しいですね。(実は頭部の後はめは初めてだったりする・・・・。面倒くさいですが簡単ですよ!効果も大きいです)

Rimg0034_3

 脚部です。私の場合は腿のポリパーツを先に腿にはめて、関節カバーの上面を一部加工している程度です。一番簡単な方法だとは思いますが・・・。どうなんでしょうね?

脚部にもスジ彫りが入っています。かなり締まった印象になっていると思います。

Rimg0032_2

 そしていつ製作するか分からなくなってきたヅダ(笑)との2ショット。

 ザクに適度なモールドを追加しているのでヅダと並べても違和感がないと思います。

 ザクもなかなかいい感じになってきた・・・・・ってそういえばもう一体製作するんだった・・・・。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »