« ガンダムグッズあれこれ パンフレット「機動戦士ガンダムⅡ 哀 戦士編」 | トップページ | MS-06 ザク 「カート・ラズウェル/ロビン・ブラッドジョー搭乗機進行具合⑦」 »

2007年3月24日 (土)

「ヤマネ工房製 1/144ジムカスタム」

 (まずは愚痴)
 最近愚痴の多い三十路工廠です・・・・。今回は何かって?・・・・・。今回は・・・。

Bクラブのヒルドルブで現用米軍のデザートカラー塗装でチェーンカーテン装備を製作しようと思っていた矢先にヤマタクさんにHJ誌で先を越された事ですよ~(泣)私がこのプランを考えていた事は知っている方もいらっしゃるはずなので、信じていただけるとは思いますが、辛いなあ・・・。とはいえ、ヤマタクさんのはどちらかと言えばメルカバ系のサンドカラーなので私は現用米軍のサンドカラーで塗装したいと思います(^^

■そして本題「ヤマネ工房製 1/144ジムカスタム」

Epsnbaningu9

 私のマブダチであり良き強敵(友と読む)ヤマネ工房さんがHGUCのジムクウェルベースにジムカスタムを製作しました。私が人様の作品を記事にするなんて珍しいでしょ?なぜか?もの凄い完成度なものでして気がついたら記事にしていました。

 意外とクウェルベースでジムカスタムを製作されている方が少ないですよね?理由は簡単、同じようで全然違う機体だからなんです。モデラーの方なら良く分かると思います。雑誌、ネットで1/144のジムカスタムをいろいろと見てきましたがピカイチの完成度ではないでしょうか。仮にこの形状でジムカスタムがHGUCで発売したとしても全く違和感の無い仕上がりだと断言します。彼が友人だからとヨイショしているわけではありません。「良いものは良い」のです。

付属されているサウス・バニングも1/35スケールでスクラッチ。バニングの塗装はオール筆、しかもほぼラッカー(!)筆塗装がメッチャ上手い彼ならではの技術ですね。フィギュアの付属が定番化してきた彼の技術がドンドン上がっているのが私は怖い(^^;)

ジムカスタム本体のエアブラシ塗装もMGのようなカラーではなく本編等で見られる色合いを完璧に再現していますね。彼のココまでのこだわりは本当に頭が下がるばかり。

今回は私も強い刺激を頂いたような気がします。私もザクの製作頑張らないと!!

■もっとこのジムカスタムを見たい方はこちら!
  「ヤマネ工房」
http://yamanekoubou.gozaru.jp/index.html

|

« ガンダムグッズあれこれ パンフレット「機動戦士ガンダムⅡ 哀 戦士編」 | トップページ | MS-06 ザク 「カート・ラズウェル/ロビン・ブラッドジョー搭乗機進行具合⑦」 »

コメント

凄いですなあ♪ヘイズルの時もクウェルに、って考えた人多いでしょうね♪たしかに、クウェルとカスタムは比べると全く違いますね~

投稿: ガトーノリス | 2007年3月24日 (土) 18:43

今、見て・・いや、魅てきましたよ(笑)
もうすごいね!!
質感があって、ただの色換えではないですね。(当たり前か。ぼくには当たり前ではないですが。汗)

投稿: オーバードライブ | 2007年3月24日 (土) 19:24

すごいとしかいえないw
まさかヤマネさんが筆塗装だったとは。初耳です。

ここの記事に載ったからには発売してもらいたいなぁー(笑)

投稿: グレミー・トド | 2007年3月24日 (土) 20:14

>ガトーノリス様

さすがガトーノリスさん!良くお気づきで。
クウェルと同じようで全く違うんですよね!本当に凄い完成度ですよね!細部までの丁寧な工作に私もかなり刺激を受けました(^^

投稿: 三十路工廠 | 2007年3月24日 (土) 20:22

>オーバードライブ様

その通りなんです!塗装のエアブラシの質感が絶妙なんですよね~。自分の個性が色で出せる方はなかなかいないでしょうね!独特の質感を持った作品は本当に素晴らしいものですね(^^)

投稿: 三十路工廠 | 2007年3月24日 (土) 20:24

>グレミー・トド様

本当に素晴らしい作品ですよね。私も今回は強い刺激を頂きました!

ちなみに私の文章力が不足したせいで誤解を招いてしまいましたが、筆塗りはバニングのフィギュアのことですね。(今は文章を訂正しました)ジムカスタム本体は0.3mmのエアブラシをメインに使用しています(^^)
でもヤマネさんは筆塗装も凄腕の持ち主なんです!うらやましいですね~。

投稿: 三十路工廠 | 2007年3月24日 (土) 20:28

ひょ~~  これは! カコイイ!
ジムカスタムは量産機である「ジム」という枠の内で最もジムっぽくないMSだと私は思っています。なんかこう、そのあたりが見える(というよりは匂う)ような印象を受けますね~。
是非ホンモノを手にとって見たい限りです。

投稿: 伊勢守 | 2007年3月25日 (日) 00:17

凄ぇ~!のひと言です!!

私が同じこと考えても素直に違うパーツ換えること考える
だけだと思います。

写真でこれだけ存在感あるので実物はさぞ圧巻だろうなぁ!

投稿: SYON | 2007年3月25日 (日) 00:47

いやぁ~すばらしいですねwたしかに自分も見た中で最高の出来だと思います
バニング大尉もよくできてますね

投稿: シュバルツ | 2007年3月25日 (日) 10:33

いやぁ~すばらしいですねwたしかに自分も見た中で最高の出来だと思います
バニング大尉もよくできてますね

投稿: シュバルツ | 2007年3月25日 (日) 10:33

ヤマネ工房さんは結構前から覗かせてもらってるんですが相変わらずスゴイですね~。ヒルドルブ(現用米軍のサンドカラー)頑張ってください。

投稿: CROOK | 2007年3月25日 (日) 12:39

すごいですね!HGUCで発売されたのかと思いました!w!

本日、ジムストライカー&ジム(寒冷地仕様)塗装にはいったのですが、すごく士気が高まりました!(ストレート組みですけど!w!)勉強させてもらいま~す!

投稿: ☆の鼓動は愛 | 2007年3月25日 (日) 17:41

「ジムカス作る!」と意気込んでいたヒトも結構いましたが・・・今は「沈黙中」といったところでしょうか?

投稿: Yura KAMENEV | 2007年3月26日 (月) 11:45

>SYON様

SYONさんほどの技術のお持ちの方ならこのジムカスタムの精度の高さを理解していただけると思います(^^)
私も最初に見た瞬間やられた!と思いましたからね~。
色使いも独特でいい感じですよね!

投稿: 三十路工廠 | 2007年3月26日 (月) 19:24

>シュバルツ様

ジムカスタム本体もさすがの完成度ですが付属のバニングもこれまた手が込んでいて頭が下がるばかりの完成度ですよね~(^^
私も今まで見た1/144ジムカスタムの中で最高の完成度だと思います!

投稿: 三十路工廠 | 2007年3月26日 (月) 19:27

>CROOK様

あの方は過去の作品も素晴らしいですが、回を重ねるごとに技術が向上しているんですよね~。私も見習わないと(汗)

ヒルドルブ応援ありがとうございます!今年中には製作したいと思っています・・・その前にザクが・・・。

投稿: 三十路工廠 | 2007年3月26日 (月) 19:33

>☆の鼓動は愛様

HGUCで商品化されたものといっても全く違和感が無いところがさすがの完成度ですよね!いかにも「改造しました」的な部分が見えないのはやはり上手な証拠なのでしょうね、うらやましいです・・・。

二体同時進行ですか!頑張ってください!完成してブログで公開したら拝見させてください(^^

投稿: 三十路工廠 | 2007年3月26日 (月) 19:36

>Yura KAMENEV様

やはりクウェルと同じようで同じでないのでしょうね!いざ製作したら難しいでしょうね・・・。私もこのプランはなかなか取り組めない自分がいます(泣)

私のほうは、まだザクも満足に進んでいないので辛いです(TT

投稿: 三十路工廠 | 2007年3月26日 (月) 19:39

皆様にお褒めのコメントを頂き大変嬉しいです。
有難う御座います!
こうして書き込みをするのも何だか照れくさい物です。三十路工廠さんをはじめ多くの方へ良い意味での刺激になれば私も嬉しく思います。
そう言う私自身も常日頃、三十路工廠さんには強い刺激を頂いておりますからね!
これからもお互いにガンプラ道を突き進みましょう!
工廠さん本当にありがとね!

投稿: ヤマネ工房 | 2007年3月27日 (火) 01:58

>ヤマネ工房様

もの凄い反響でしたね!私も驚いています(^^)
私も今回のジムカスタムを拝見してガンダム熱が少しづつ戻りつつあります(笑)私もおちおちしていられないですね!負けずにザクの進行進めないと!お互いにガンプラ道の頂点目指して頑張りましょう!(笑)

投稿: 三十路工廠 | 2007年3月27日 (火) 08:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167986/14371406

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヤマネ工房製 1/144ジムカスタム」:

« ガンダムグッズあれこれ パンフレット「機動戦士ガンダムⅡ 哀 戦士編」 | トップページ | MS-06 ザク 「カート・ラズウェル/ロビン・ブラッドジョー搭乗機進行具合⑦」 »