« 機動戦士ガンダム MS IGLOO完全設定資料集 | トップページ | ホビージャパン7月号/電撃ホビーマガジン7月号 »

2007年5月18日 (金)

コミック「プラモ狂四郎①」

 プロトタイプガンダムMkⅡがなかなか進みません・・・。今はふくらはぎのバーニアのユニットを複製中です(^^;

■通なら当時のコミックで揃えるべし!?

Img260

 おそらく今の年齢で30才から40才くらいの方が夢中になったと思います「プラモ狂四郎」。若い方にも名前と「パーフェクトガンダム」、「レッドウォーリア」、「武者ガンダム」はご存知だと思います。今回からとぎれとぎれですが若い方にも理解しやすく当時のウンチクなどを入れて解説をしたいと思います(^^;

 「プラモ狂四郎」は当時の私の青春だった!!

 早速ですがプラモ狂四郎①のお話を。愛蔵版、文庫版と言うのは私は興味が無く当時の状態のものを揃えてこそコレクターと自負しています。なので私は当時のもので全巻所有しています!しかも1巻意外は全て初版!!(自慢)

 久しぶりに読み直しました。ちなみに昭和57年の本の様です。ページを開くと小学校、名前は万代小学校(笑)主人公の京田四郎は小学生の5年3組。そして友人のお金持ちの健とキー坊。学校が終わると同時に健が「急げ!今日はGアーマーの発売日だぞ!」と。当時のガンプラ人気を反映したコメント。でも健とキー坊は学校の掃除当番、四郎に先を越され購入できず。Gアーマーがきっかけで模型店「クラフト・マン」の前で大喧嘩!(笑)お店のマスター倉田さんが「プラモの腕で競ったらどうなんだ?店の二階にプラモファンの部屋を作ったんだ」と土曜日の夕方にクラフト・マンの二回で勝負をすることに。そして当日集合して四郎たちは驚く!なんと自分達が製作したプラモデルが大スクリーンで命を吹き込まれたかの様に動き回るのだ!もちろん開始のお約束は「いきま~す」もとい「シュミレーション・ゴー!!」だ!

 健の1/144シャア専用ザクは倉田さんの娘みどりちゃんに「さすがは丸山(健)君、注意書きまで綺麗に出来てるわ」と。そう、当時は手書きでコーション系のマーキングを書いていた時代、デカールが今ほど広がっていない時代なのです。私も真似て面相筆でよくコーション系のマーキングを書いたっけなあ・・・。キー坊は1/1200ムサイ、四郎は1/144ガンダムとGファイターそしてシュミレーション・ゴー!!大スクリーンの宇宙に映る自分の製作したガンダムに驚く四郎、シュミレーションはイメージの世界なので四郎はアムロの格好をしてプラモのガンダムのコクピットに搭乗しているのです。プラモからは弾が!ビームが!健のザクのマシンガンをシールドで受ける四郎、しかし接着が甘いのかパーツがいとも簡単に外れてしまった!こうした自分が製作した内容がシュミレーションで反映すると言う「リアル志向」は当時の我々を引き寄せたのです。四郎のピンチにGファイターで駆けつけるみどりちゃん!

 馬鹿め!ガンダムはGファイターにまたがれないんだ!!」と健。

そう、1/144ガンダムは股関節が開かないのでGファイターにまたがれない!四郎のピンチ!しかし!Gファイターにまたがる四郎のガンダム!股関節のパーツを旧ザクやリックドムのパーツに交換したので股関節が開くのだ!!反撃に出る四郎、

 「1/144ザクの欠点はここだ!!」と後ろからとび蹴りをする四郎!そう、1/144ザクは足首が曲がらない!そのまま倒れてばらばらになるザク!四郎は初勝利する!シュミレーションが終わって自分のプラモを見ると、シュミレーションと同じ部分が破損している!そう、このシュミレーションはその状況に応じて破損箇所まで再現するシステムなのです。仲直りする四郎と健。

 と・・まあ1話はこんな感じなんですね?とはいえこの1巻は4話収録、あの糸ハンダでおなじみのプラモ帝国エンペラーの山根も3話で登場!なのですが、この調子ですとかなり長文になりそうなので・・・。当時はグフのヒードロッドを糸ハンダで再現するのが流行でした。たびたび連勝する四郎は毎回ガンダムを使用するので「ガンダム坊や」と呼ばれる事も。

 ガンプラの長所と短所を取り入れた内容は当時のガンプラモデラーを熱狂させました。私も少ない小遣いで毎回発売する「プラモ狂四郎」を購入するのがが楽しみな少年でした。機会があったら2巻以降も特集したいと思います(^^

|

« 機動戦士ガンダム MS IGLOO完全設定資料集 | トップページ | ホビージャパン7月号/電撃ホビーマガジン7月号 »

コメント

はじめましてSSDDと申します。
三十路工廠さまリンクありがとうございます。
m(_ _)m
プラモ狂四郎はいいですよね!自分も持ってますョ!
また機会がありましたら熱く語りましょう!
山根が作ったスプリング入りグフ好きなSSDDでした。
ではでは…

投稿: SSDD | 2007年5月18日 (金) 23:25

一度でいいからみて見たい、
三十路工廠製MSと山根工房製MSのシミュレーション!!
歌丸です。

投稿: 三十路軍曹 | 2007年5月18日 (金) 23:59

持ってまっす!!
もちろん当時買ったやつで全15巻!(そのうち3巻がなぜか2冊!?)そして「新プラモ狂四郎」全3巻も…!!
なにせガキの頃に買った物で何回も読んでいるので状態はボロボロですが、今やプラモ作りのバイブルなので本棚に大切に保存してますよ!
ちなみに当時レッドウォーリア改造に挑戦して断念…。
好きなのはフルアーマーザクでした。

話が尽きないので2巻以降も特集希望します!!

投稿: SYON | 2007年5月19日 (土) 00:02

 自分は「ガンダム野郎(ボーイ)」世代ですが、自分もかなり
読みました。残念ながら全部は手に入らずいまだに完結しませんorz
愛蔵版+KCコミックの混合・・・知らない話多すぎ・・・orz
「だれか、マスターのリーゼントDOM作ってください。」>orz

追伸 三十路工廠さん、ウイルスチェックしたほうがいいですよ
   フィッシング詐欺の警告が出ます。

投稿: 七氏 | 2007年5月19日 (土) 02:06

余りに懐かしい漫画のタイトル…私は雑誌連載で当時見ていましたよ!!
「サッキー竹田のパーフェクトジオング」なんていうのや、「魔改造」というのがあったアレですよね!!ストリームベースという皆さんも出ていましたね…

投稿: ssn_chicago | 2007年5月19日 (土) 02:22

>SSDD様

 こちらこそこれからもよろしくお願いします(^^)v
 
スプリング入りのグフはまさに狂四郎に見た目で判断する悪い癖を指摘した時のあのグフですね!やはり私達世代は「山根アキラ=グフ」のイメージですよね(^^

投稿: 三十路工廠 | 2007年5月19日 (土) 08:14

>軍曹様

 対戦!・・・見せかけにとらわれすぎる私が負けそうな気がしますね(笑)

投稿: 三十路工廠 | 2007年5月19日 (土) 08:15

>SYON様

 レッドウォーリアは私もプロトタイプガンダムで挑戦した記憶があります(^^)なかなか上手くいったのですが結局塗装はせずで・・・。

 ジオン少年隊のフルアーマーザクは実は私も一度は製作してみたいと思っているんです、とはいえHJ誌で上原みゆき氏が完璧なフルアーマーザクを製作されていたので私のほうは、いまひとつ自信が・・・(TT

投稿: 三十路工廠 | 2007年5月19日 (土) 08:19

>七氏様

 たしかに今から単行本でそろえるのはなかなか厳しいものがありますね~。

 >ウィルスチェック

 一応心配なので最新バージョンのウィルス対策ソフトで調べてみました。感染はないそうです。ご心配をおかけいたしました(^^
 ちなみにブログの方は「ココログ」さんの管理ですのでウィルスのほうは問題は無いと思います、私のほうでコメント記入時にスパム防止の為にパスワードのほうの設定をしたのでもしかしたらそちらのほうの事かもしれませんね?ウィルスのほうは問題ありませんのでご安心を(^^)

投稿: 三十路工廠 | 2007年5月19日 (土) 08:24

>ssn chicago 様

 私も当時コミックボンボンで夢中でした(^^
サッキー竹田のPジオングや南郷の魔改造のプロペラ機など斬新なものが多く当時作品に引き寄せられた魅力が何となく分かるような気がしますね(^^

投稿: 三十路工廠 | 2007年5月19日 (土) 08:28

なぜか僕は読んでませんでした・・・
ってか、少年時代はヲタク要素はなく、元気なワンパク坊やでしたから(爆)
今となっては、読んでなかったのが不思議なくらいですが(笑)

投稿: オーバードライブ | 2007年5月19日 (土) 21:12

私は漫画というものを読み始めたのが昭和59年ごろでした。
本(活字)ばっかり読んでる子供でしたね~。
今も同じようなもんですが。

投稿: 伊勢守 | 2007年5月19日 (土) 22:14

私もボンボン派でコミックは当時友人のを見てたので全然買う気がなかったです。というよりそこまでこずかいが持たなかったですね(笑
肝心のプラモも買わなきゃいけなかったし(^^;
ストリームベースのガンプラ改造のページとか作例とかに心躍らせてたもんですなぁ・・・。
コミックはその後愛蔵版をちょこちょこ買い足したぐらいですかね。

投稿: ZIG・ZAG | 2007年5月20日 (日) 08:11

体育祭が昨日あったので、見にこれませんでした・・・^^;
プラモ狂四郎!読みたいんですけど、なかなか、見つかりません^^;

投稿: ナー総帥 | 2007年5月20日 (日) 15:16

プラモ狂四郎の連載は私が小6の時でした!
なんといっても一番の衝撃的だったのは、パーフェクトガンダムですね~
その後も個性的なモデルを数多く輩出した1st世代のガンプラ好きにとっては、なくてはならない名作コミックですね!

パガンがMG化されるときコンビニに総集編コミックが置いてあったので、よく立ち読みしてましたね~

投稿: シン・マツ | 2007年5月21日 (月) 17:29

>オーバードライブ様

ドライブさんの様な猛者が読んでいないと言うのは意外でした(^^;
今からでも決して遅くは無いです、機会があったら読むことをおススメしますよ!(^^)/

 「プラモ狂四郎」の良いところはガンダムだけでなくその時その時の流行にあわせている要素が強くスコープドッグやらエルガイムやらダンバインなどあらゆるメカが満載のところですね!

投稿: 三十路工廠 | 2007年5月21日 (月) 20:03

>伊勢守様

さすが活字マニア!(笑)漫画本を読み始めたのは意外と遅めのようですね?今まで知りませんでした(^^;

 

投稿: 三十路工廠 | 2007年5月21日 (月) 20:05

>ZIG・ZAG様

そうですね、私も狂四郎の発売の時は外のものを全て我慢して購入していたのを思い出します。なので意外にもいまだに購入した事のないファースト系のプラモもあったりなんです(^^;

 コミックボンボンの作例は私も心を躍らせ下手くそなりに真似て製作したのを覚えていますね~。当時は憧れでしたからね(^^)

投稿: 三十路工廠 | 2007年5月21日 (月) 20:08

>ナー総帥様

 たしかにKCコミック版は状況的に厳しいと思いますね(泣)
愛蔵版で探すと意外とあるのかな?どうなんでしょうね~?コミック的には13巻までは面白かったですね、14、15巻は正直イマイチでした・・(^^;

投稿: 三十路工廠 | 2007年5月21日 (月) 20:10

>シン・マツ様

 私もMSVでパーフェクトガンダムの1/144が発売した時は感動しましたね~、少しお金持ちの子は1/100を持っていたりしましたよね?
 
 当時のガンプラの盛り上がりに最も貢献したコミックと言っても過言ではないでしょうね、今で言いますとケロロ軍曹がその位置ですかね?

投稿: 三十路工廠 | 2007年5月21日 (月) 20:13

おおっ!熱い記事に涙が止まりません。
傑作ボタンを20回押しました【ヤフログじゃないか、、^^;】
2巻以降も激しく希望いたします!!

投稿: ken5man | 2007年5月21日 (月) 22:21

>ken5man様

そんなに喜んでいただくと私も嬉しいです!(^^)/
本当に2巻以降の分も記事にしちゃおうかなあ・・・(^^;
私個人としてはレッドウォーリアが大好きでして単行本で言いますと8巻の阿野世清四郎のトリプルドムと対戦するシーンが好きだったりします。レッドウォーリアが少しだけ作りたくなってきました(笑)私がレッドウォーリアを製作するなら間違いなくガンキャリアーの製作も必要ですかね??(笑)

投稿: 三十路工廠 | 2007年5月21日 (月) 23:33

お話とおりにリンク工事完了いたしました。
遅くなってしまい大変申し訳ございません
m(_ _)m

以前バヌダイ社がシミュレーションマシーン(詳細をコミックボンボン誌などで発表後…お流れw)を造る!といってました。ボタンを叩くだけのお子様設計でした。ずいぶん前のホビーショウで発表してたのですが……

投稿: SSDD | 2007年5月21日 (月) 23:53

>SSDD様

ホビーショーお疲れ様でした(^^
今回もいろいろな新作の発表があったようで今から新作たちの発売が楽しみですね♪
 シミュレーションマシンは実現してほしかったですね(泣)四郎、健、キー坊、山根のフィギュアつきで再現されたら個人的にはアクティックギアのジオラマシリーズより、よっぽど嬉しいですね~(^^

投稿: 三十路工廠 | 2007年5月22日 (火) 00:52

私は当時の漫画知らないのですが、知ってたらもっとはまってたでしょうね♪今は情報収集がラクでいいですよね~♪

投稿: ガトーノリス | 2007年5月22日 (火) 09:03

追加情報
Zeonography 高機動型ザクセット(8190円、8月)
・ロバード・ギリアム、ギャビー・ハザード、エリオット・レムの3機セット
EXTENDED MS IN ACTION!! 初回限定 高機動型ゲルググ ジョニー・ライデン機(2100円、7月)
EXTENDED MS IN ACTION!! 初回限定 ゲルググキャノン(2100円、7月)

P.S.プロトタイプMK2が進まないということですが、モチベーション向上のためにPC98版ゲーム「AOP」と「ROZ」のMK2の画像と機体説明送りましょうか?
ご希望であれば、三十路さんのメールアドレスは知らないのでヤマネさんの方にメールを送ります。

投稿: asa0804(ヤマネ工房情報部) | 2007年5月22日 (火) 17:59

>ガトーノリス様

私も最近読み直しているのですが、今読んでも面白いですね、やはり当時熱狂的にハマった物と言うのは今の目で見ても面白いと言う事なんでしょうね(^^

投稿: 三十路工廠 | 2007年5月23日 (水) 20:51

>asa0804(ヤマネ工房情報部)様

>ジオノ

こちらはあみあみで発見しましたがR2型が3体入っているのは壮観な眺めでしょうね(^^)やはりレムの試作ビームライフルは新金型で製作するんですかね??

 そうなんですよ・・・。最近模型のモチベーションが低下していまして(わが家に35MAXの新作が届いたせいもあるのですが)今はビームライフルの製作でつまっています・・・。画像は非常に興味がありますね!お手数でなければ画像送信をお願いをしたいのですがよろしいでしょうか?(^^

投稿: 三十路工廠 | 2007年5月23日 (水) 20:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 機動戦士ガンダム MS IGLOO完全設定資料集 | トップページ | ホビージャパン7月号/電撃ホビーマガジン7月号 »