« MS-14G ゲルググ陸戦型「ケン・ビーダーシュタット搭乗機進行具合③」 | トップページ | ホビージャパン9月号 »

2007年7月23日 (月)

MS-14G ゲルググ陸戦型「ケン・ビーダーシュタット搭乗機進行具合④」

 最近は寝る前に参考書として「機動戦士ガンダム戦記~lost war chronicles~完全版」を読む毎日です。イメージトレーニングは大切ですよね(^^

■とりあえず全身をパパッと組んでみました

Rimg0200

 う~ん、やはりゲルググはカッコいいですね!

 ちなみに本体は前回の記事の頭部の加工、カスペンのゲルググの時に使った工作で肩関節の丸い部分のパーツの下の軸があたる部分を削って可動範囲を拡大させ肩アーマーがいかり肩状態のまま腕を内側に可動させ素立ち状態をより良くする方法を使用している程度。素立ち状態が凄くカッコいいんですよ~。その効果は隣の画像を見ていただけると分かると思います。素組みではゲルググはこうはいかない、簡単な加工で大きな効果!模型誌でもしていなかった工作、簡単ですよ~。

Rimg0201

 試作ビームライフルと。サイズが絶妙でしょ!?

 スクラッチするにあたりゲーム版のデザインのほうが絶対にラクなのですがあえてこちらのコミック版(ガトーゲルググと同形状)を採用!

 この形状でしたらガトーゲルググをいつか製作するときに流用できますからね ~( ̄ー ̄)ニヤリ

 本当はビームライフルはもっとモールドが入っているのですが画像ですと分かりづらいですね、残念。しかしながらストックの軸が少し細いようなのでもう少し太く改修したいと思います。

(実はライフルがいつもこちら側の向きなのは反対側はまだほとんど何もしていないと言うのは秘密だ)

|

« MS-14G ゲルググ陸戦型「ケン・ビーダーシュタット搭乗機進行具合③」 | トップページ | ホビージャパン9月号 »

コメント

いつもの新作情報

HGUC ヤクトドーガ(ギュネイ機) 2100円 10月
GFF#0036 FM フルアーマーガンダム 11月
GFF#0037 FM パーフェクトガンダム 12月
初期にリリースされたアイテムをリファイン、新規インナーフレームにより可動域が大幅に拡大とのこと

書き忘れ情報
アーケードゲーム「スピリッツ オブ ジオン」バージョンアップ(今秋予定)
ttp://journal.mycom.co.jp/news/2007/06/20/039/

いつものジンクスでゲルググが完成し途端にHGUCで発売しそうな。
でも発売するとしたら「戦場の絆」版なのでB型パックの機体になると思うので大丈夫でしょう。


コミックボンボンの休刊は今年の11月(12月号)で来春に中学生向けマンガ誌「月刊少年ライバル」を刊行予定。
ttp://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20070717ij01.htm

投稿: asa0804(ヤマネ工房情報部) | 2007年7月23日 (月) 23:39

ゲルググと言えばやはりこの厳つい肩ですよね!w!ビームライフルもいいですねぇ~!このペースで頑張ってくださぁ~い!w!

僕もとうとう、池田さんのナレーターのDVDに釣られMGシャア専用ゲルググ買ってしまいました!MGを順番に紹介するのですが、シャア&クワトロ専用のMSの時の『名台詞』がよかったです!w!

投稿: ☆の鼓動は愛 | 2007年7月24日 (火) 13:46

HGUCは機体毎の「工作のツボ」を発見すると一箇所弄るだけでも効果大な場合があるのも醍醐味です!

投稿: Yura KAMENEV | 2007年7月24日 (火) 17:19

ゲルググはあまり好きではなかったのですが、カスペン見て好きになりました!
僕もいつか作りたいな~~。

投稿: オーバードライブ | 2007年7月24日 (火) 17:42

>asa0804(ヤマネ工房情報部)様

遂にHGUCで逆襲のシャアシリーズが展開するようですね!?個人的には特に感心の薄い「逆襲のシャア」ですが、ヤクト・ドーガは欲しいですね!GFFの初期の商品をリニューアルとはバンダイさんも柔軟な姿勢ですよね(^^

「スピリッツ~」は私も情報は手に入れていました。実は「スピリッツ~」のディレクターさんが私の「修羅の双星」の2機を見て「感動した!
」と記載してくれたのを見て感動しましたね~(^^)


 ジンクス!・・・今回はゲームと被らない武器類の組み合わせなので少し安心していたりします。でも商品化されたら・・・悲しいですね(^^;)

 コミックボンボンも長い歴史に幕を閉じたのですね、とはいえ新しい風を入れるのにはこうしたこともあるのでしょうね。

投稿: 三十路工廠 | 2007年7月24日 (火) 20:05

>☆の鼓動は愛様

 ゲルググのシルエットを決定付けるのはこのいかり肩ですよね!なのでこの工作はいかり肩なのに腕を胴体に寄せる事ができる簡単で効果絶大、オススメですよ(^^

MGゲルググ私もお店で見かけました、とはいえMGは私には製作する根性がないのでスルーしました(TT

投稿: 三十路工廠 | 2007年7月24日 (火) 20:12

>Yura KAMENEV 様

 嬉しいお言葉ありがとうございます(^^)

カーメネフさんのおっしゃるとおりで、HGUCシリーズはツボを押さえた改修を一つするだけで効果がはっきり出ますよね~。

 今日はこれからミドルシールドの制作に入ります。工作が軌道に乗ると楽しいですよね(^^

投稿: 三十路工廠 | 2007年7月24日 (火) 20:18

>オーバードライブ様

実は私もゲルググが好きになったのはカスペンのゲルググを映像で見てからなんですよ(^^)意外かもしれませんが本当にザクキチなものでして、ゲルググはあまり目に入らなかったといった方がいいのかもしれませんね~。今回はバリバリの陸戦仕様で作りますよ!

投稿: 三十路工廠 | 2007年7月24日 (火) 20:22

B-CLUBの情報が更新されました。
9月の新作はブルー1号機用HDM(1890円)のみ、再販アイテムはなし。
ttp://bandai-hobby.net/b_club/20070725bnews.pdf

HJを立ち読みしました。
ブルー3号機にはクウェルと同じくライフル用の左手が付くそうです。

キャラホビのマーケットPRO(8/19)で「MS-14G 陸戦型ゲルググを販売するディーラがあります。(他に「MS-06RP 試作型高起動型ザク」、「AMX-117L ガズL」立ち読みなのでうろ覚え)
去年MS3体(旧ザク、水中型ザク、グフ試作実験機)を販売した所だったと記憶しています。

HobbySpace 零
ttp://zelo.co.jp/

投稿: asa0804(ヤマネ工房情報部) | 2007年7月25日 (水) 23:30

ゲルググ......なんという秀逸なデザインなんだ....と改めて思わされました!
三十路工廠さんも、ヤマネさんも、このゲルググの一番カッコイイ作り方を知っている.....やっぱセンスがダンチです(言い回し古ッ)

プラモの改造について、詳しくわからないながらも、一番感心するのは、”簡単な小改造でいかにカッコよくみせるか”っていうのがモデラーの腕の見せ所なのでは?と思います!
まあ、キットによっては、全面的に改修しなくちゃいけないものもあるとは思いますから、一概には言えないでしょうが(笑)

自分から情報提供http://www.banpresto.co.jp/japan/amuse/2007/07/44277.html
これはズダ好きの三十路さんに紹介したい一品です。 多分TJ.grosにもあると思います!

投稿: Gの遺伝子 | 2007年7月26日 (木) 13:50

工廠さんかい?
早い・・・早いよ!?
今回の製作。
この分なら来月中には完成でしょうかね?

投稿: 三十路軍曹 | 2007年7月26日 (木) 14:45

ビームライフルかっこいいですね!!ゲルググ、どのようになるのか楽しみです。このHGUCの場合、色を濃くするだけでちょっとスマートに見えたりしますよ( ̄ー ̄)ニヤリ(笑;実験済みです♪)

投稿: ガトーノリス | 2007年7月26日 (木) 15:05

お久しぶりで~す^^
学校見学とかあって忙しくてこれませんでした。
ゲルググですか~。。。
ガンダムより銃のほうにはまってるかも
PSG-1(スナイパーライフル)がほしい・・・

投稿: ナー総帥 | 2007年7月26日 (木) 15:11

>asa0804(ヤマネ工房情報部)様

 どうやら本格的にBクラブは縮小の方向にあるようですね・・・。
ある意味残念な気もしますね。

 HobbySpace 零の陸戦型ゲルググはやはりharry氏の作風が強いですよね、もう既に一つのジャンルになりつつあるような気がしますよね。あの形状がお好きな方でしたら良いアイテムかもしれませんね(^^

投稿: 三十路工廠 | 2007年7月26日 (木) 22:49

>Gの遺伝子様

 そこまでお褒めのお言葉を頂くと嬉しくなってしまいますね~(*^-^*)
 ヤマネさんが今製作しているゲルググマリーネシーマカスタムのサフ吹き状態を拝見したのですが、もの凄い立体物としての存在感に驚かされましたね!私も負けずにゲルググを製作しないと!(^^)/

 リンク先拝見いたしました。プライズ物ですね?プライズ物でヅダが立体化される時代と言うのは本当に良い時代なんだなあと感じましたね(^^)

投稿: 三十路工廠 | 2007年7月26日 (木) 22:54

>軍曹様

 そうですね~、この調子でしたらあと2週間もあれば完成しそうな気がします・・・が、休みがとにかく無いのでやはり完成は少し先になりそうですね??(笑)

投稿: 三十路工廠 | 2007年7月26日 (木) 22:56

>ガトーノリス様

 ガトノリさんのおっしゃるとおりでして、シャア専用ゲルググを製作したときよりも量産型をベースにしている時の方が不思議とスマートな印象を受けましたね(^^

投稿: 三十路工廠 | 2007年7月26日 (木) 22:57

>ナー総帥様

 私もナーさんの年齢位から「銃器」に興味が湧いてきたんですよ~。
今は掲載していませんが私のプロフィール部分にはデカデカとM249ミニミやRPG7やら掲載していたりです(笑)エアガンはハマるとお金がかかって大変な趣味なので程々が丁度いいようですよ(^^;)
 ちなみに私のエアガンはM60系を2丁、M249、RPG7が自慢の品ですね~(これだけで50万円位かかっていたり・・・・。)

 PSG-1は私も東京マルイ製を所有していますが、サバイバルゲームには少し重たすぎる事が難点ですね。ゲームで使用するのでしたらSG1あたりの方がフルセミ切り替えできますし良いかと思いますよ(^^)

投稿: 三十路工廠 | 2007年7月26日 (木) 23:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MS-14G ゲルググ陸戦型「ケン・ビーダーシュタット搭乗機進行具合③」 | トップページ | ホビージャパン9月号 »