« 見てみぬフリ在庫「Bクラブ MS-15KG ギャンクリーガー編」 | トップページ | 攻略本「ファミ通版 機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で・・・コンプリートガイド」 »

2007年11月13日 (火)

ホビージャパン07年12月号(G系)

 先日左の人差し指を仕事中に怪我をしてしまい(包丁を使用する仕事なので)模型に影響がでているのが辛いところです・・・・。(仕事の影響はあまり気にしていない??)

 ■遅ればせながら「HJ誌07年12月号」

Img297

 巻頭はガンダム00の特集となっております。36Pガンダム00一色です。私も機会があれば視聴しようと思うのですがどうにも「泥臭い」ロボット物が好きな私は見ようと思わないんですよね・・・。だからダグラム・ボトムズが大好きなのかもしれません。なので気が向いた時にでも見ようと思います。私もエクシアとヴァーチェはいいかも??と思っております(^^

 08年1月にリ・ガズィがHGUCで発売されるようですね、全体のラインはケチの付けようの無い出来です。とはいえ私が着目したのは平手の出来が今までよりも自然な形状だなあと変なところに感心してしまう三十路工廠です(^^;

 購入する事は無いですがマスターグレードのサザビーのメタリックは圧巻の一言!専用機はメタリックが良く似合います。高級スポーツカーの様な流線型のサザビーにはこうしたコーティングが良く似合うようです。その横に参考出品のνガンダムが掲載されていましたが、このサザビーを購入される方ならコーティング版のνガンダムも欲しいのかもしれませんね??また、このサザビーに付属されている水転写式デカールはメタリック調にされたもの。メーカーさんもよく理解されている好キットかなと感心してしまったりです。

 小説展開のユニコーンガンダムはメーカーさんが商品化すると言う英断に驚いています。まだまだ未知数の機体を商品化すると言うのは決断に勇気がいる事だと思うので評価できる事だと思います。私は買いませんが・・・。むしろ小さく掲載されているアクションベース1クリア版の方が欲しかったり(*^-^*)

 そしてヤクト・ドーガ。電撃版の作例と比較したのですが今回はHJ誌のほうが好き。(電撃さんの今回の記事で惹かれたのは哀・戦士のイラストの立体再現のディオラマです)私の周りで「三十路工廠の製作したヤクト・ドーガが見たい」と言っていただき嬉しいのですが、この時代のMSは素直にカッコイイとは思うのですが制作意欲がイマイチ湧かないんですよね(;´Д`)

 作例は今回はなんといってもデザートゲルググ!!またマイナーな所を攻めていますね~、ver2.0のゲルググを使用されているのでガッチリとした印象のデザートゲルググは新鮮すら感じます。最近松田竜氏の作例が少し楽しみな私です。
 さらにガンダムクライシス版のタコザクが素晴らしい事。これは通常のタコザクうを製作されるときに参考になる事は間違いないと思います。

 UCHGのサイクロプス隊セットはヤマタク氏の塗装状態を見て完成度の高さに思わず「欲しい」・・・モードに突入した私(笑)今までは私的に余計なザクの頭やら陸戦型ガンダムの腕やら付属されるよりよっぽど魅力的な軽機動車が付属されているところがイイ!(決してジープと言ってはいけない。)

 ソフトバンク社のシャア携帯が掲載されていますが最初は欲しいと思いましたが、良く考えるとかなり邪魔な事に気が付いたのでスルー(笑)アイデアはかなり評価できますけどね。充電器(?)はやはりUCHGのデザインが反映されているのかな?そんな印象です。個人的には遂に発売目前の当時のオリジナル音声版の初代ガンダム劇場版3部作のDVDの方が欲しいかな?

 個人的に少し気になったのは初期のGFFの二点(フルアーマーガンダム、パーフェクトガンダム)がリニューアルされて発売される事。内部フレームの採用で動きも楽しめるGFFが登場と言うことですね。本体はABSを重視したことによりカッチリした印象は精悍な印象があります。何気にデザインも細かく変更されており好印象。また当時の様にタンボ印刷ミスの「パーフケットガンダム」などの印刷ミスは勘弁ですよ??私が所有しているGFFパーフェクトガンダムは初回製造のパーフケットガンダムです(笑)

 こうして新製品を見ていると「欲しい!」と感じるのはUCHGのサイクロプス隊位かな?

 

 

 

|

« 見てみぬフリ在庫「Bクラブ MS-15KG ギャンクリーガー編」 | トップページ | 攻略本「ファミ通版 機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で・・・コンプリートガイド」 »

コメント

指の怪我は大丈夫ですか?商売道具は大事になさってください。ところで、ホビージャパンも変わりましたよね。自分は1983年から購読してます。当時を知ってる方はご存知と思いますが、当時は必ずともG系特集ではありませんでした。AFVやSF映画、戦争映画のワンシーンのフルスクラッチ
などなど、いまよりかなり硬派な内容でした。作り方もいまのように親切じゃなかったし、ここまでは教えるけど、ここから先は自分の技術と想像力でね。みたいな。三十路さんの次世代ガンダムにあまり感情移入できないのも同世代として良くわかります。自分でも食わず嫌いはいかんとは思うのだすが。

投稿: ちろすけG | 2007年11月14日 (水) 11:04

お怪我大丈夫ですか?不運続きの男、☆の鼓動です!w!


僕が今回一番気になったのは、4ページ目の広告、『あかないフタを、あけてみる?』Mr.キャップオーファーですね!w!これは絶対ほしいです!

やはり『OO』すごい力の入れようですね!HG&1/100のエクシア買ってしまいましたが・・・

シャア専用携帯の値段にびっくりですね!!10万円で5000個限定!分割払いシステムまで設置されてました!ちょっと手が出ませんでした!

投稿: ☆の鼓動は愛 | 2007年11月14日 (水) 13:59

>ちろすけG様

 指の方はおかげ様でなんとか縫う事無く済む事が出来ました。ご心配をおかけしてしまい申し訳ございません(^^;

 HJ誌は70年代はAFVやカーモデルなどが目立ちましたよね、やはりガンプラブームの80年代からガンダム系が目立つようになってきましたよね。なのでボトムズやヤマトやF1カーなどが表紙を飾っているのを見ると妙に斬新な印象を受けてしまいます(^^)

 ガンダム00は周りではなかなか評判も良く私もト○ザらス等で映像を見かけると今のTVアニメはOVA並みに綺麗な映像だなあと感心してしまうばかりです。

投稿: 三十路工廠 | 2007年11月14日 (水) 19:13

>☆の鼓動は愛様

 指の方はおかげ様でなんとか模型に支障が少ない状態ですむ事が出来ました。ご心配をおかけして申し訳ございません(^^;

 Mr.キャップオーファーは私も購入いたしましたよ~、今度別館で記事に掲載する予定ですので購入を検討されているようでしたら参考になれば幸いです。結果から言いますと、600円台でアレはかなりいい!ですよ(^^

 エクシアは私もHGを購入しようか少し迷っています・・・。TV見たことは無いのですが、何となく製作してみたいなあなんて思ったりです。

 シャア携帯10万ですか!?・・・私なら同じ10万を使うとするならDMZを全て揃えちゃいますね~(笑)

投稿: 三十路工廠 | 2007年11月14日 (水) 19:19

ガンダム00もユニコーンも、どうも興味がわきません(汗)
”ガンダム”って銘打たなければ、普通にカッコイイロボのアニメとして見れたかもしれないけど・・・

GFF期待しまくりです!ガンダム完成品には興味なかったんですけどね~。これは特別です!♪

ま、でもやっぱり一番は手作りのガンプラだと思いますけどね(プレッシャー懸けてる訳じゃないよ。笑)

投稿: オーバードライブ | 2007年11月15日 (木) 00:33

毎号の模型誌感想楽しみにしてます!
今月はHJ,DHMの表紙のあまりのクリソツさに店頭で戸惑ってしまう自分がいました(笑)

記事は個人的にはエクシアの簡単改造の参考にするくらいで両誌とも見所はさほどなかったかと思います。ただ純粋にDHM発オリジナルエクシア(パーツが付録になるらしい)は通常のよりカッコイイかなと思ったくらいで…。
新製品ではユニコーンは私的には好きなので購入予定。コレの売れ方次第では他のMSの商品化にも響いていくだろうし(そちらが目的?)

あとは☆の鼓動は愛さんのようにMr.キャップオーファーはビビッと来ましたね(笑)!

投稿: SYON | 2007年11月15日 (木) 08:21

>オーバードライブ様

 そうなんですよね、「ガンダム」の名前を使用しなければ普通に楽しい作品もあると思うんです。例えばGガンダムはガンダムとして見なければ結構おもしろいですよ~私にしては意外かも?友人に借りて見たのですがガンダムと考えなければ楽しい作品です(^^;

 
 今回の1/144GFFの二種の出来次第では私も購入して集めてしまいそうでして・・・(汗)完成品も最近の物は完成度の高さに驚かされますが、やはり自分で製作した作品と言うのはなんか不思議と重みがあるんですよね~、エルガイム製作頑張ってください!\(^o^)/

 
 

投稿: 三十路工廠 | 2007年11月15日 (木) 19:34

>SYON様

 嬉しいお言葉ありがとうございます(*^-^*)
ここ数ヶ月間の模型誌の勢いはSYONさんのおっしゃるとおりいま一つな気がしますね~。とはいえ今月号は別館のお話になってしまいますがバウンティドッグと電撃の35MAX改造のベルゼルガイミテイトは良かったですよね~、イミテイトは本当に欲しいです(^^)

 電撃誌はおまけがいろいろと付属しますよね、私ももう少し早く気づいていれば「よつば」のオマケが欲しかったです(笑)どの電撃誌に付属していたのかははっきり分からないのですが、全ては入念な調べとタイミングと言うことなんですかね~??

 Mr.キャップオーファーは正直いいですよ!面白い位にぴたりとハマるキャップと工具のカッチリ具合に少し感動を覚えたほどです(^^

投稿: 三十路工廠 | 2007年11月15日 (木) 19:41

HJ誌は2000年9月号の「機械獣大決戦」とか「AFV風仕上げ」みたいな特集はもうしないんでしょうか。
自分のような新参者には逆に新鮮な記事だったんですが(古本屋で購入(^^;
あと近所で唯一モデルグラフィックスが置いてあった本屋が潰れてしまって残念・・・。

投稿: CROOK | 2007年11月15日 (木) 21:48

>crook様

 私もその号は所有していますよ!特に機械獣大決戦は最近ではなかなか見ることの出来ない楽しい内容でしたよね(^^

 モデルグラフィックス誌は「わが道を行く」的な姿勢が好感が持てますよね、私も参考になる記事があれば速攻購入しています(^^)

投稿: 三十路工廠 | 2007年11月18日 (日) 19:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 見てみぬフリ在庫「Bクラブ MS-15KG ギャンクリーガー編」 | トップページ | 攻略本「ファミ通版 機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で・・・コンプリートガイド」 »