« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月27日 (水)

ジオノグラフィ「ジオング/パーフェクトジオング」

 24日に「ワンダーフェスティバル」が開催されていましたが、私は友人が会場に行くとの事でいろいろと買い物をお願いしてしまいました。35MAX武器セットをはじめ、いろいろと・・・。あと余談ですが今月の模型誌はモデルグラフィックスが一番良かったと思うのは世代的に私がオジサンな証拠!?(ちなみに表紙はモロ「MSV」でした)

■迫力の1/144!ジオノで遂に登場!

Rimg0083

 遂に発売いたしましたジオング。大型モデルで1年戦争関連といったら私が注目しない訳がありません。

 まずはジオングから。台座を使用するかランディングギアを使用するか選択式。私はランディングギアを使用しているのですがコレを考えた方は頭がいいですね、しかしながら取り付けにはかなり注意も必要でして力の入れ具合を間違えるとスカート部の引き出し式のボールジョイントが割れるのでかなり注意が必要です。なのでドライヤーなどで暖めてゆるくしてからの方が間違いは無いと思います。すでに私は一箇所折りました(泣)こうなったら説明書にドライヤーを使用してくださいとか書いた方がいいのでは?とメーカーさんに突っ込みを入れたくなるような気持ちです。とはいえプロポーションは文句なし!メッチャカッコイイです。

Rimg0080




 頭部は取り外し可能。アンテナがシャープなのは好感が持てる反面、非常に折れやすいと思われるので注意が必要です。

 後部にはHGUCでは再現されていない(よね?)コクピットのハッチがモールドされています。

Rimg0081



 説明書には書いていませんが(本当に不十分な説明書でした)頭部カバーを取り、わずかですがモノアイが可動します。そしてあいかわらずモノアイが非稼動状態に見えてしまうほど暗いです。

 余談ですが造型面などは今回は問題ありませんが購入する時には頭部は良く見て比較した方が良いかと思います。特にモノアイガード周辺、耳に当たるバーニア部の赤と黄色の塗装のはみ出しはチェックした方が良いかと。私は5個ほど調べて一番状態の良いものを購入いたしました。

Rimg0084




 サイコミュ展開を再現するケーブルが付属しています。が、当然腕の重量を支える力は無く浮かせた状態を再現するには何かしら台座の様なものが必要かと思います。腕部の肘は引き出し式の関節になっており形状を考えればまずまず可動するほうかな?

Rimg0078


 そして真打、パーフェクトジオングです。とにかくデカイ。マスターグレードで既に1/100が発売されていますが、それとはまた違う感動があります。

 普段よりも控えめなタンポ印刷が個人的には良い感じ。なお、肘、膝アーマーは取り外しが可能です。

Rimg0079

 背面。とにかく凄いボリューム。なので持ち上げる時は上半身を持つとかなりの重量の下半身がすっぽ抜けて非常に危険なので注意が必要です。

 今回は形状が形状なので接地性はかなりのもの。少し揺らした程度では倒れないかな?

Rimg0085

 「プラモ狂四郎」でおなじみのサーベルが特別に付属されています。分かってるジャン!バンダイさん。

 実用性はどうだか分かりませんが嬉しい配慮ですよね。

Rimg0086

 1/144量産型ザクと。

 その存在感が良く分かると思います。




Rimg0087

 オマケ。この文字を読んで喜んだあなたは間違いなく30歳以上だ!(笑)

 しかし厳密にはサッキー竹田のパーフェクトジオングはプラモ狂四郎4巻で登場するのですがあのジオングはドムの足をつけている天満太郎と同様の機体なので実はちょっと違っていたり。とはいえプラモ狂四郎の影響でMSVに制式に採用されたデザインと言うのはなんだか不思議な気分でもあります。これで06Rを3機とゲルググキャノンを2機用意したら完璧!?

 造型やエッジの立ち具合、塗装などはここ最近のGFFやジオノグラフィと比較するとかなり良い線かと思います。たたしジオングが発売してしまった事により外の1年戦争アイテムが打ち止めになるのでは?と心配です。なかなか満足な完成品トイでした(^^

| | コメント (27)

2008年2月19日 (火)

祝!30万hit突破!&MS-14Gゲルググ ケン・ビーダーシュタット搭乗機進行具合⑫

 気がつけば約二年、おかげ様で30万hit突破いたしました。ブログを開設した当初はここまでご支持をいただけるとは想像もしておりませんでした。これから先も偏った記事ではございますがよろしくお願いいたしますm(_ _)m

■そしてゲルググG型ですが

Rimg0144

 左腕のバルカン砲を製作いたしました。結局流用パーツとプラ板等での簡単工作、一時はアレックスから流用しようと最高の手抜きをしようと思ったのですが、私が想像している以上に大きかったのでやはり簡単とはいえ自作する事に。それでもややオーバースケールですが雰囲気出ているかな?

 過去にも説明しているのですがバルカンが左腕なのはゲーム(機動戦士ガンダム戦記)にてサブ武器のグレネードランチャーを射出する際に右腕から発射されていたのでバルカンは左腕にいたしました。同じゲルググG型でもヴィッシュのゲルググでしたら右腕にした方が良いかな?



Rimg0143

 そして全身です。良い感じ(*^-^*)

 バルカンの形状はアレックスの形状を参考に。この形状が一番シンプルかな?M134バルカンみたいのも考えましたがやはりこの方が1/144には合っているような気がします。

 少しづつではありますが、確実に進行しているゲルググ。もう製作開始して1年以上が経過してしまいました・・・。しかしこうして装備が充実してくるとカッコいいなあ(^^

 次回の記事はこのブログ開設以来初のGFF、ジオノ系を予定です。(ジオノ、GFFには辛口なんだよなあ・・・でも今回購入したもの達はどれもそれなりによかった気がします)

 ■ フレームモデル フルアーマーガンダム

 ■ フレームモデル パーフェクトガンダム

 ■ パーフェクトジオング

 のいずれかの記事の予定です(^^

| | コメント (19)

2008年2月13日 (水)

MS-14G ゲルググ陸戦型「ケン・ビーダーシュタット搭乗機進行具合⑪」

 PSP版「機動戦士ガンダムギレンの野望 アクシズの脅威」をプレイしているのですが、次から次へと侵攻してくる連邦軍を見て本当に200ユニット上限なのか?と疑ったりジオンでプレイしていたら連邦軍にラコックがいたり・・・。(太陽の牙ダグラムのラコックは連邦軍なんだけどね)じっくり好きなユニットを揃えたい私にはあまりに侵攻が多すぎるゲームバランスが苦痛です。正直個人的にはハズレではないのか?と思ってしまう内容です。PS2版やろうかなあ・・・。

■少しづつですが進行しています

Rimg0140

 


 
サフを吹きながらチマチマと進んでいます。こうして非武装のゲルググを見ていると、ティータイムズのミャオ君のゲルググを思い出しません?私だけか??












Rimg0141




 別角度から。


 弄った頭部がG型の印象に合っているような気がします。肩のダクトはゲルググマリーネからの流用ですが薄くすることにより違和感を軽減しています。









Rimg0142


 背部。


 ランドセルはあいかわらずチマチマ攻撃、今回はリアスカートは弄らず妙な段もスジ彫りの追加で違和感が無いとは思います(^^






 次は左腕のバルカンを製作予定です。普通でしたらバルカンは右だと思いますがゲームでは右にグレネードを装備していたので、あえて左にバルカンを追加しようと思います。バルカンはプラ板、真鍮パイプ(1.6mm)、流用パーツでテキトーに組み上げようかと思います(^^;)

| | コメント (14)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »