« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月28日 (金)

ホビージャパン08年5月号

 各サイト様でHGUCザクFZのお話が盛り上がっております。当然私のブログでも盛り上げていきたいと思います(^^

■ホビージャパン08年5月号

Img331

 表紙はHGUC大本命νガンダム!立体化すると中々バランスが取りづらい出渕デザインを上手にアレンジして再現されております。腰部を延長されているようでHGUC的なバランスが取れた良作キットだと言えるでしょう。しかも本体は完全後はめ式、合わせ目知らずで頭部はスライド加工の本領を発揮された意欲作!マラサイ以降から次のステップに移行した印象を受けました。これだけべた褒めですが私は購入予定がありません(笑)~UC0093あたりはもう感心が無いものでして・・・もちろん最高にカッコイイと思いますけどね。

 内容もνガンダムメインでHowto記事もνガンダム。これだけ凄いνガンダムを弄るところなんてあるの?とは思いますがやはりプロの方の記事は参考になります。

 MGはザクver2.0のF型とマインレイヤー。マインレイヤーは当時のMSVを意識した色合いでグッとくるものがあります。ふと思ったことがマインレイヤーのランドセルはver1.0の方がお似合いと思ってきましたが、いざ作例を拝見すると2.0も悪くない、いや、むしろこちらの方が・・・なんて思ったり。さらにお遊びで「ガンダムセンチュリー」に掲載されている長時間行動ランドセルをスクラッチされていました。こうした遊び心は楽しいですね。

 そしてバンダイの岸山氏のインタビューとMSV意識調査アンケート。マインレイヤーが当たれば意識調査も反映されるかな?意識調査の1位は当然のごとくジョニー・ライデンの06R2。意外に2位がザク・デザートタイプ。もちろん私も好きな機種ですが2位になるとは意外。3位のドズル専用ザク、7位のガルマ専用ザクは魅力的ですが個人的にはF型(S型、FS型)色が強すぎて商品化としてはあまり魅力ではないかな?

 ガンプラ新製品はMGは武者ガンダム、量産型ゲルググ、HGUCはザクFZ型あたり。武者ガンダムはあまり注目されていませんがインテリア感覚なら結構いいような気が。量産型ゲルググは武器に変化をつけたようでグレネードランチャーは言いのですがバイポットは正直必要かなあ・・・。ガンマニアの私としては正直・・・う~ん・・・。
 そして私的に本命ザクFZ!旧キットで付属されなかったヒートホークが付属!とはいえ少し小さいかな?気になる方は大昔のBクラブのジム寒冷地仕様のオマケで付属されていたホワイトメタル製の大型のFZ用ヒートホークを探すのも手かと。写真はEDENで削られた形状なので少し細身に感じるがテストショットが公開されればきっと満足できるFZが見ることが出来ると思います、多分。

 Img332

 そして個人的に注目したのがメガハウス製の1/8ランバ・ラル。日本では男性のフィギュアは受けが悪いのでほとんど商品化することが無いそうですがこれは嬉しい!この調子でエースパイロットを商品化してほしい気持ちです。

 そして小さく掲載されていたので気が付いた方は意外と少ないのでは?「機動戦士ガンダムMS IGLOO2 重力戦線」の製作が決定とのこと!今回は連邦サイドとなりますが、ジオニストばかりのスタッフ陣どの様に表現していくのかが楽しみです。内容的には「地上戦!地上戦!」そりゃあもう大興奮でしょう~。近藤氏の漫画、XBOX360の「オペレーション・トロイ」的な展開を期待しています。RX78系は正直必要ないと思うのは私だけかな?

■公式サイト「機動戦士ガンダムMS IGLOO2 重力戦線」
http://www.msigloo2.net/

 MSIGLOOといえば「ローソン限定販売」のはずだったDVD版の1年戦争秘録が通常販売されるそうです。おかしくないか!?UMDやレンタルが普通に登場したときでさえ頭にきたのに遂にDVD!当時はMSIGLOOはローソン限定で前払い制で購入するものでした。少ない小遣いでやっとの思いで購入した事を思い出し・・・。正直限定で釣っておいて通常販売をするなんて卑怯だよ!

 

 以前から気になっていた「ハロカプ」の投票フィギュア。結局面白みの無い結果。欲しいのは正直アナベル・ガトーだけかなあ・・・。逆襲のシャアのアムロなんて欲しいの?今さらアイナなんて欲しいの?欲しいの?そうなんだ・・・。(誰と話しているんだ?(笑

 

 GFFやジオノ系はまずはガンダムエクシア。テストショットなのに頭部の塗装が酷い・・・。なんか貧弱な印象を受けます。これならHGを購入した方が満足できると思うのですが・・・。安いし。それよりも注目したいのがサイコガンダムMK2がGFF化!前回のサイコガンダムの高い完成度を見た後なので自然と期待が高鳴ります。正直サイコガンダムより悪役面で好き。今から楽しみです。

 そしてR3ウォーカーギャリア!模型誌3誌比較してHJ誌の更井さんの作例が一番素晴らしいのでHJを購入いたしました。盛り上げてきたのはMG誌なのに記事はあまりグッとくる物が無かったなあ~、岡氏の作例なので相当期待したのですが。写真を拝見する限り完璧なウォーカーギャリアと言えるでしょう。早くR3ウォーカーギャリア発売してほしい!

 ボトムズ関連はライトスコープドッグとベルゼルガ・イミテイト。素直にイイ!イミテイトのシールドが少し小さいかな?でもいい!
 とはいえやはり本命はバンダイ1/20でまさかのファッティーの開発が進行しているとの事!とりあえずは数点の光硬化樹脂の試作が数点掲載されていましたが良いものを期待しています。当然陸戦型も視野に入れているんですよね?バンダイさん。

 やはり個人的にはHGUCザクFZとファッティーが特に気になりました。後は特に・・・。逆襲のシャアが好きだったらもう少し違う視点で見ることが出来たのでしょうが・・・。でもサザビーは商品化されたら素直に欲しい!(OD系かデザート系で塗装してしまうでしょうけど・・・。)

| | コメント (16)

2008年3月23日 (日)

速報!ザクFZ型HGUC発売決定!

 友人の話によると5月にHGUCでザクFZ型が発売されるそうです!以前付属されていなかったヒートホークが付属されるとか。しかし若干ヒートホークが小さいのでBクラブのホワイトメタル製を持っている方は移植した方がいいかな?頭部はA、B型各種付属されるそうです。 

 MGは武者ガンダムとか。意外な路線ですよね~、こうなったら茂合の竜も発売か!?(笑)・・・・いいんだよ・・・分かる人だけ笑ってくれれば・・・・。

 なにはともあれ嬉しい情報ですね!

先日UPした記事「サイケガンダム~逆襲のフォウ~」の記事の方もよろしくお願いしますm(_ _)m

| | コメント (12)

2008年3月22日 (土)

CD 「サイケガンダム~逆襲のフォウ~」

 ゲルググの方はシールドの作成が終わりました。あとはビームライフルだけとなりまして、もうすぐ塗装に入れそうです(^^;

■知ってる?「サイケガンダム~逆襲のフォウ~」

Img326

 10代の方は知らないかも?99年に発売された故・池田貴族氏のプロデュース「サイケガンダム~逆襲のフォウ~」。当時としては珍しいガンダム系のリミックス・アルバムでした。

 表紙は北爪宏幸氏の書き下ろし。鮎川麻弥さん・森口博子さん・新井正人さん・ひろえ純さんとZ、ZZ時代の主題歌を飾った方々が再収録した(ここが大きい)アルバムです。

 全編曲は池田貴族氏、「翔べ!ガンダム」のみ池田鴻氏が他界されているので池田貴族さんが歌っています。しかも曲間には島津冴子さんが再収録!やっぱフォウは島津さんだよね(^^

 久しぶりに聞いた感想としてはイイっ!大胆なリメイクをしているのに、しっかりと原曲の良さを残していると言いますかファンの心理を理解しているなあと痛感。流石は私が好感が持てる数少ないガンダム好き芸能人かなあと。本当に池田貴族さんが亡くなった事は今でも残念です。曲調のノリも良いので車で聞くのもいいかもしれません。現在では残念ながら絶版状態ですが中古で見つけたら購入を検討するのもいいかもしれませんね(^^

| | コメント (10)

2008年3月16日 (日)

MS-14G ゲルググ陸戦型「ケン・ビーダーシュタット搭乗機進行具合⑬」

 今日は久しぶりに某有名模型店にて店員さんであるSSDDさんと模型話で盛り上がりました。忙しい中お話に付き合ってくれて楽しい時間でありました。またお話しましょう(^^)

■本体はほぼ終了!あとは装備品!

Rimg0099

 ようやく本体の処理が終わりました。最近の私の手の遅さを考えればかなり上出来かな??

 趣味なのでまずは深く考えず一気に製作することを第一に考え製作いたしましたところ思った以上に進行してひと安心。

 いつもながら、まずは「ギレンの野望」アングルで。このアングル好きなんだなあ~、私(^^;

Rimg0100

 そして背面。

 ランドセルもほとんど終わり細かい気泡を埋めて大体終了です。

 やはり背面に大きな特徴がある機体なのでB型と違う魅力が現れていれば嬉しいですね(^^)

 今回はスカート後部の二段に角度が入っている部分はモールドを合わせて活かす方向で。違和感は無いと思います。

Rimg0101

 頭部の形状の変更と胸部のボリュームアップによりこの辺の角度の撮影がかなりカッコイイと思うのは私だけでしょうか?

 あとはライフルとシールド!・・・・とはいえ私は装備品はどうも面倒でして・・・・(汗)

| | コメント (13)

2008年3月 7日 (金)

模型誌4月号3誌比較!とMSV再販!&MSV再販延期!

■久しぶりのMSV再販!

 まずはご存知の方も多いかと思いますが3月に1/144のMSVが再販決定のニュース。私のブログを見ていただいている様な方は間違いなくビッグニュースですね(笑)私も結構ストックを所有しているのですが、ついついまた頼んでしまう始末です(^^;)(しかも今回は合計で20個以上!06Rは6個予約してしまいました)

しかし・・・・・・・・・・・・。

■MSV再販4月に延期!(泣)

 つい10日ほど前に某有名模型店の店員さんからメールを頂きまして「MSVは4月に延期です」と・・・。バンダイホビーサイトの出荷予定表に記されていないので「あれっ?」と思った方は多いはず。4月まで待ちましょう。

 余談ですが今回の再販でジョニー・ライデンのB型ゲルググ・06R2が再販の対照になっておりませんでした。もしかしたらHGUCでの発売もあるかも!?だとしたら私としては複雑ですな~(;´Д`)

■模型誌比較!まずはHJから

Img323

 まずはホビージャパンから。今回はDVD-BOXの発売に合わせて宇宙戦艦ヤマトが表紙となっております。DVDよりもオマケの1/700ヤマトに集中しているところが模型誌らしさと言うところでしょうか。しかし今回は異例の新規の1/700キットがDVDに付属されると言う事でファンにはかなりのビッグニュースとなっているようです。かなりのアレンジが施されていて興味が無い私にはカッコイイとは思う反面、昔からのファンの方が見たら「この表現は違う」など色々ありそうなキットです。「ガンダムは大河原版が最高!」と同じ事だと思います。やはり昔からヤマト好きの方には複雑な気持ちになるのでしょうね。私がヤマト好きだったらそう思うかも。しかも庵野氏監修ですよね?好き嫌いが分かれそう(^^;

 巻頭はやはり06R1Aver2.0。数個作例がありましたが私好みは林氏の作例。(P14~18)ZMC38Ⅲのアウターバレル周辺もMSVデザインに修正されておりました。小さな事ですがモノアイが赤なのがMSV感がプラスされて良い感じ。いつもながら06Rは丁寧なHOWto記事も掲載されております。 
 G系に関しては06R意外は宇宙世紀から離れたものがほとんどで特に気になるものもなし。でもセイラマスオ氏のエールストライクは良い!

 そして個人的に毎チェックしている「ボトムズ」関連はWAVE製スコープドッグ「ペールゼン・ファイルズ版」、B社ベース「スコープドッグ リーマン機」。B社製ももちろん素晴らしい出来ですが、タカラ1/24SAKの血統を継いだWAVEのスコタコは良い感じですね。

■今回はDVD付だ!電撃HM

Img322

 表紙は「ガンダムアストレイ ブルーフレームサード」。私にはさっぱり(^^;

 なんといっても電撃さんは川口名人のHowtoDVDが付属されている事かと。内容的には基本的な部分がほとんどですが、なかなか動くプロの技術を見る機会と言うのは無いでしょうから見ていて非常に楽しかったです。こうした初心者を置いていかない配慮は電撃さんの好きなところです。

 とはいえ本の方はHJ誌以上に私の興味が湧かないガンダムばかり。ティエレンも最初は良いかと思いましたが変てこな色のバリエーションなどを見ているとおなか一杯状態。流石に飽きました。

 そしてボトムズ関連はヤマザキ軍曹によるWAVE製の「スコープドッグ ペールゼン~ver」。前回のチャビィーと言い独特の質感がいい感じ。溶接跡が過剰な気もしますが「見る模型」としてはアリな気がします。でもこの方のレビューを見ていると何時も思うのですが態度が大きいような気が・・・。WAVEのボトムズ物には欠かせない方と言うのは分かるのですが・・。こういうキャラなのかもしれませんね(^^
 そして秘かに楽しみな「GOGO35MAX!」。今回はバーコフ分隊の5機。ただ素直にカッコよかった。
 アクティックギアによるクメンの終盤のダイオラマが良かった!けどスタンディングタートルは市場でも品薄状態。こんなに贅沢に使って・・・な~んて思っている方もいたりして(笑)

■わが道を行くMG誌、今回はズバリMSV!

Img321

 MG誌の表紙は私には、どストレート「MSV」の三文字が!しかも表紙が旧1/144の06R1A。当然即買いです。

 やはりMSVと切り離せないのが伝説本「ガンダムセンチュリー 宇宙翔ける戦士達」の当時の編集長のインタビューが掲載されています。MSVが模型化されたことに複雑な心境を語ってくれております。読み応えあり。

 MSV記事の本文はあさのまさひこ氏が担当。そこには当時の我ら世代が思わず共感する文面がぎっしり。「ガンダムセンチュリー」、「How to build gundam 」、「コミックボンボン」、「ストリームベース」、「MS-X」等思わずうなずくキーワードが多数含まれており読んでいる私もかなり共感してしまいました。
 とはいえ過去を振り返るだけでなく作例も多数。岡氏による06R1AからR2への改造記事、旧キットへのオマージュを込めた1/144の06Rの作例など。
 一番気に入ったのがマスターグレードの1.0の06Rを使用しての作例。個人的にも思っていたのですが実は1.0の方が大河原氏の画稿に近いんですよね。2.0はどうも消化不良が・・・。特に頭。本誌でも取り上げられておりますが「ストリームベース頭」がかなり重要かな?胸部とスネの長さも重要。百聞は一見にしかず、まずはMG誌の36P~40Pを見てください。きっと同世代の方は納得していただけると思います。

 そしてMG誌と言えばR3ウォーカーギャリア。テストショットを拝見した限りでは完璧なレベル!カッコ悪いのにカッコイイ!(お気持ち分かりますよね?)長い間待って良かったと思える一品ですね。私は絶対に買います。

■各誌共通の記事

 HGUCでの発売となるνガンダム。合わせ目処理が完全に不要と言うバンダイさんの技術が凝縮された一品。間違いなくノンストレスな品になるでしょう。とはいえ模型を作っていると言うか立体パズルを製作しているようで味気ない気もするのも事実。とはいえ今までメーカー側があえて手を加えるパーツを準備した構成も宿題を出されているようでそれもイヤ。複雑ですが気軽に製作できるようになった次世代HGUCは賞賛に値すると思います。逆襲のシャアは興味が薄いので多分買わないけど(^^;

 ハイコンプロのグフカスタムが結構話題になっているようですね。でも吸盤はいるか??・・・う~ん・・・でもちょっとした遊び心も必要かもしれませんね?となるとメーカーさんには量産型ガンタンクを発売してもらわないといけませんね??HGUCの発売はしてほしくないなあ・・・Bクラブ製持っているし(汗)

 MIAのヘイズル改を見たのですが彩色見本と肝心の商品があまりにも違いすぎて驚きました。模型誌の見本を見てカッコイイから通販で購入したらあまりに出来が違いすぎて愕然とした方もいるかもしれませんね??

 HGUCの色換え、マーキング追加のG3ガンダム、シャア専用リックドムも非塗装派には待ってましたのアイテムでしょうね。

 ver2.0のマインレイヤーが掲載されておりましたがあの機雷散布ランドセルはver1.0の方が似合う気がするなあ~。でも出してくれるだけでも感謝かな?

 そしてジャンボグレードの1/35Zガンダムは圧巻の一言!イッチョンチョン派の私は購入はしませんが大きいもの好きにはたまらないアイテムの誕生でしょうね。

 本で言えば「MS ERA」が半分の価格で再販されるようです。これは買いだなあ~。そして以前記事で取り上げましたが「ガンダム フォトグラフィーエレメント」がお手軽価格になって再販されるようです。ちょっとショック・・・。

 ゲームではガンダム無双がスペシャル仕様になりPS2で登場・・・ですがPS2でガンダム無双の発売、しかも追加要素付きで。本当にPS3って危ないんじゃないの??とはいえメタルギアソリッド4やバイオハザード5が発売が控えているのでそちらに期待かな?

 総評としては今回は購入して本当に良かったなあと思えたのはMG誌だけ。もちろん何時もながら「私個人の主観」なので、あとは一度各誌をチェックしていただくのが一番かと思います。

 

| | コメント (20)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »