« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月25日 (金)

MSV再販!(と雑談)

 1年以上ゆっくり製作しているMS-14G「ゲルググ ケン・ビーダーシュタット搭乗機」をカテゴリーで纏めました。お時間のある方は見ていただけると嬉しいです(^^)
「ゲルググG型製作記」

http://misojikousyou.cocolog-wbs.com/blog/14/index.html

■祝!MSV再販!

080425_143225

 某有名模型店にて予約していたMSVのキットを取りに行きました。その数21個!R1A以外は所有しているのですがストックがないと不安なものでして・・・。店員さんであるSSDDさんも驚いた位でした(^^;

 手前のジョニー・ライデンのゲルググB型は中古で入荷したものを私の為にとっておいていただき格安で譲っていただきました。何時もながらSSDDさんには感謝の一言です。またお話しましょう(^^)

 今回のMSVの再販はどうも虫食い状態の再販ですが、やはり06R2型とゲルググB型はHGUCで発売される可能性が高いのかな?水中用ザクやジムスナイパー、グフ飛行試験型も今回の再販に含まれていませんでしたね、ジムスナイパーはともかく、水中用ザクやグフ飛行試験型なんてHGUCの再販の可能性なんて低そうだし・・・。Z版の再販の関係??でしたらジムキャノンやザクキャノン、ザクタンクなどは??人気機種から再販なのかなあ・・・。模型店の店員さんに聞いたところ06Rとザクタンクがやはり人気があるようですね、分かる気がする。なにはともあれ4月に再販と言うのが嬉しい、来月以降ですと値上がりの可能性が高いですからね~、便乗して今までの在庫も値上げする店舗が出てきそうですし(^^;

■ここからは雑談です

 080422_151318_2

 ゲルググG型の試作ビームライフルの複製第1号が出来上がりました。パーツは全4パーツ、バレルとハンドガード部、フォアグリップ、本体、スコープです。気泡が目立ちますが形状はいい感じかな?これでガトー専用ゲルググにも流用できる(^^

 今は何個か複製を済ませ形状の良い物を選んで使用することに。カービンタイプやレイルシステムを利用してグレネードランチャーなどを付けるのもいいかもしれません。

 この画像を数人の方に先にお見せしたのですが皆様嬉しいお言葉を頂き自信がつきました。声援って勇気が出ますね!

 「機動戦士ガンダムMS igloo~一年戦争秘録~」のDVDが一般販売されると言う事で、バンダイビジュアルさんに「ローソン限定ではなかったのですか?」と電話で聞いたところ、しばらく返事は無く・・・・・・返ってきた言葉が「当時はローソンさんの独占販売でした」と。まあこの電話で対応してくれた方には罪は無いのですが「限定」で釣っておいて後に通常販売するなんてフェアでは無いですよね。一番ガンダムを支えてきた世代を粗末にするなんて・・・。こんな商売しているとみんな離れて行きますよ、バンダイビジュアルさん。

 HJ誌でHGUCのザクFZ型のテストショットを見ましたがHGUCのラインに会わせた絶妙なアレンジだと思います。個人的には○。2個は購入しないと!以前購入したBクラブ製の大型ヒートホークも用意しておかないと(^^

 ゲルググG型の製作が終わったらイルマリ・ユーティライネンのR1かホワイトディンゴのジムスナイパー2を製作しようと思ったのですが・・・・なんか無性にデュバルのヅダが作りたくなっています(汗)どれが最初がいいかなあ??



| | コメント (22)

2008年4月20日 (日)

「MS-14G ゲルググ陸戦型「ケン・ビーダーシュタット搭乗機進行具合⑭」

 今日、仕事着で帰宅している途中子供に声をかけられ「魚の臭いがする」と言われてしまいました・・・。仕事柄仕方が無い??

■次は完成か!?ゲルググG型

Rimg0112

 遂に塗装直前まで来ましたゲルググG型。本体にいたっては殆ど改造らしい事もしていないのにここまで1年以上が経過してしまいました。ガンプラの完成品は去年の4月に完成した修羅の双星の2体以来です。引っ張りすぎだって(笑)

 やはり頭部の印象がかなり異なる事がお分かりいただけるかと思います。削り込みのみですが雰囲気がガラリと変わるから不思議です。削り込んだ後にモノアイ上部のニ本ラインを復活させるのに結構苦労いたしました・・・。

 

 Rimg0113_2

 

 リアビュー。

 一番苦労したランドセル(今風ならバックパックか?)ですが苦労した割には納得していない部分も多々あるのですが形状は上手くいってますよね?

 大き目のバーニアもこのランドセルの特徴ですね。

 

Rimg0114_2

 

 装備一覧。

 ゲルググG型の特長とも言うべき試作ビームライフル、シールド、ランドセル。試作ライフルはあえて形状の難しいガトー専用ゲルググが装備しているタイプを選択、コミック版を選択いたしました。 ライフル良い感じでしょ!?

 シールド、ランドセルはガンダム戦記のPS2版、シールドは形状に少しだけアレンジをしております。コミック、戦場の絆版ならランドセルはB型と同様のもので良いのですがそこはヒネクレ物の私らしいと言いますか・・・(^^;

 さりげなくMMP-78マシンガンも用意してあるところが細かい!?

 

Rimg0111

 サフ前のビームライフル。素材が何となく分かるかと思います。正直苦労しましたよ・・・(涙)

 ゲルググのマニュピレーターそのままですとライフルを持たせられないのでゲルググの人差し指を短く加工するか若干調整したHGUCザク2の人差し指のパーツを流用して加工するかしないと装備できなかったり。初めはゲルググのマニュピレーターを加工したのですが強度を考え人差し指のみHGUCシャア専用ザク2から流用、調整しております。ちなみにこの試作ライフルはガトー専用ゲルググを製作するときの為にシリコンで型を取っている最中です。

 次は「MS-14G ゲルググ陸戦型「ケン・ビーダーシュタット搭乗機進行具合⑭」と言うタイトルではなく「MS-14G ゲルググ陸戦型「ケン・ビーダーシュタット搭乗機完成!」と言うタイトルで行きたいものですね(^^;

 

| | コメント (16)

2008年4月15日 (火)

PS3 「機動戦士ガンダム ターゲットインサイト」

 ゲルググG型のビームライフルの大半の製作は終了いたしました。あとは通販で頼んだ「ほいくねんど」待ちとなります。(複製にはこのねんどが一番使いやすいんだなあ~)

 余談ですが本日私の誕生日だったり・・・年齢は聞かないでください(^^;

■矢○永○もビックリ!(笑)のブルーレイの力を見た!Img336

 PS3ソフト「ガンダム ターゲットインサイト」でございます。今までPS3にそれほど関心も無く気にもとめていなかったのですが、このゲームはどうしても気になってしまいまして本体と同時に購入してしまいました。ミリタリー精神と1年戦争、特に地上戦が好きな方は注目しないわけが無いと思われるこのゲーム。内容はいかに!?

 ゲームとしては本編はPS2「機動戦士ガンダム戦記」、全体の世界観はDC「機動戦士ガンダム コロニーの落ちた地で・・・」と言ったところですか。もろ私のストライクゾーン(^^;

Rimg0108

 MS-06F/Jザク2の画像。この高レベルのモビルスーツが自分で動かせると言うのは驚き!少し前までは想像もできない世界でした。

 全身に施されたバトルダメージ、汚れの表現、何処にもポリゴン落ちの跡も見られないこの高画質がムービーではなく自分の手で自由自在に動かせるとは・・・。このブログを見ていただいている方にはお気づきかと思いますが、模型の製作にも参考になりますよね!・・・でもオプションでモビルスーツの観覧モードが無いのです。なんで!?まさに矢○永○さんでしたら「もったいない」と言ってしまう所か。

 

Rimg0109

  

 90mmMMP-80マシンガンを撃つ!撃つ!マズルフラッシュが反射するザクのボディ、MMP-80から排出される排莢は鳥肌物です。これでデュアルショック対応なら言う事ないのですが・・・。非常に惜しい。

  

 Rimg0106
 

 MS-07B-3グフカスタム。どうですか!この下からのアングルの圧倒的存在感!エースの風格漂うモビルスーツ・・・・・ですがゲームではあまり使えないんだよなあ~。

 良く見ると胸部に「MS-07B-3」の文字が。他のモビルスーツにも表示されておりますがさりげないところがカッコイイ。

   

Rimg0107

 

 ガトリングシールドの発射シーン。

 ポンポンと排出される排莢がもうたまりません。ガンマニアだから!?

   

 Rimg0110_2

 

 

 MS-06J/Fのリアビュー。ゲーム画面でこの重量感!素晴らしいの一言。

   

 Rimg0104

 

 ハンガーの画面。この画面でモビルスーツのカスタマイズを施していきます。ステージが進むにつれて難易度が上がるわけですが、それを補うのはこのカスタマイズ。従来のモビルスーツを強化する事によりノーマルの陸戦型ガンダムよりフルチューンしたジムの方が使えたりします。こういう仕様凄く好き。攻撃力、武装強化、局地戦対応に本体のカスタマズを施す、「自分だけのモビルスーツ感」が良いですよね。

 ゲーム全体の感想はモビルスーツの動きがやや鈍重なのですがそれは逆にリアリティを感じるのでアリ。カスタマイズで本体を密林対応、砂漠対応、水中チューン、防御力強化型などがあるのですが、ザクや旧ザク、ゲルググなどは防御力強化を施すとシャアやランバ・ラルカラーに変化するのが非常に残念。自分だけのモビルスーツ感が非常に薄れます。(好きな方には良いのでしょうが)

 DCのガンダムやPS2のガンダム戦記の様に僚機が2機部下として就くのですが1年戦争関連のキャラクターが部下として使用できるのが面白い。(グラフィックは無く文字のみですが、この世界観にはむしろその方が正しいと思う)

 オペレーター等の声も英語になり一気に雰囲気が高くなっております。まあガンダムの世界は英語がメインの共通語のようですし(例外も結構ありますが)これはこれでありかと。

 連邦サイドとジオンサイドがあるのですがジオン側のほうがやや難易度が高いようです。ビーム兵器と副兵装が充実している連邦のモビルスーツの方が有利!?

 個人的には90点位かな?私個人としたら、しばらくは他のソフトは購入しなくても良さそうな気がします(^^)

| | コメント (21)

2008年4月 8日 (火)

M.S.ERA機動戦士ガンダム戦場写真集普及版

 久しぶりの更新でございます。世間ではHGUCサザビー、HGUCザクFZ、1/144MSVの再販と嬉しいニュースが多いようです。

■この本を知らないガンダムマニアはニセモノだ!(笑)

Img333

 帯の文字は少し大袈裟な気もしますが(笑)それだけ有名な本と言う事でしょう。ガンダムマニアの間ではあまりに有名なM.S.ERA。価格がかなり抑えられて普及版として再登場です。

 「ガンダム0080ポケットの中の戦争」のエンディングの画像等などは全てこの中に収録されており、さらにスタッフであった出渕裕氏らの監修の下戦場写真集と言う形で非常にハイクオリティなイラストが多数収録されております。

 当時版と主に違うところは英語表記が日本語表記に修正された事が大きいかと。あとはハードカバーではないので非常に読みやすくなったかな?

 模型で展開されているUCハードグラフの一部やキリング中佐の末路などナカナカ読んでいてニヤリとさせられる部分も多いかと。個人的に好きなカットは「ワインとジオン将校」。地球のワインを物色するジオンの将校のカット。あとは「司令到着」かな?
掲載写真(イラスト)は104点で非常に読み応えがありますので、模型を製作している方は参考になるかもしれませんね??価格の方は当時版が3500円だったのに対して普及版は1500円!頑張ったなあメディアワークスさん。同時発売で模型とCGの融合「ガンダムフォトグラフィーエレメント」も1500円で再発売されたので両方チェックするのもいいのかもしれません。資料的価値は高いですよ!ガ○ダム芸人ならともかく(笑)ガンダムマニアを自負される方はこの本は知らないと少しまずいかも??

| | コメント (14)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »