« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月28日 (木)

コミック「機動戦士ガンダムMSV戦記~ジョニー・ライデン」

 1979年から今でも不動の人気の機動戦士ガンダム。幾つもの外伝等が映像や書籍で発表されていますが最近では特にこの機体が異質ではないでしょうか?

■ライデンファンには不評?06R-2「フルバレット」

Img353

 知る人ぞ知る「06R-2フルバレット」。その正体はこのコミックにあります。発売元は講談社さん。「クロスボーン・ガンダム」シリーズや「バカがボールでやってくる」などでお馴染みの長谷川裕一氏の作品です。

 内容としては氏のお得意のパロディを混ぜつつシリアスなところはビシッと決める、と言った所でしょうか。ザビ家が嫌いなライデンをよそ目に家族が勝手に志願書を提出してしまうところから始まります。早く軍属を抜け出したく索敵されやすいよう、または被弾率を上げる為に機体を真紅に塗装して出撃するも手を抜かない性格のせいか高い撃墜率をマークしてドンドン昇格していくといった内容。あくまでも公式のストーリーではないので(笑)こうした本もあると思いながら読むと結構楽しめます。

 この本的にはビームライフルを装備できるモビルスーツの生産が間に合わなかった時のプランで高出力のR2型に大量の実体弾を装備させるといったもの。メカニックが「これが本当のR-2の姿なのです!」と言っているように06Rマニアを自負される方は模型で製作するのもいいかもしれませんよ?ちなみに私は製作予定に入っております。(もちろんお世辞にもかっこいいとは言えないデザインなのでデザインの変更はありそうです)

Img354

 上の画像の様にR2フルバレットではありませんが、ゲルググのジェネレーターをそのままランドセルに装備させビーム兵器を装着したR-2。意外と良い感じ?この装備も私は製作予定です。(フルバレットには本来装備していないものですがオマケで製作するのもお洒落かな?)

 あまり固く考えずに読んだのですが結構楽しめる内容でした。ですが公式にならない事を祈ります。なるわけないか(^^;

| | コメント (16)

2008年8月15日 (金)

「MS-18E ケンプファー ミハイル・カミンスキー搭乗機」製作具合①

暫らく修羅の双星の記事が続いたので息抜きを兼ねて新製品の製作に着手いたしました。

■「滅び行く者の為に・・・か。」

Rimg0047

 遂に発売いたしましたHGUCケンプファー。圧倒的な存在感は他の機種にはなかなか見られない魅力がありますね。今回は修羅の双星の合間に息抜きに製作しようと思い一気に組み上げてみました。全体のシルエットのイメージはSS版「ギレンの野望」の起動デモのCGに近い気がします。(知っている方だけでも、うなずいてやってください)

Rimg0048

 ケンプファーと言えば重装備とスラスター、バーニア類のインパクトが大きいと思われます。この機体の場合はリアビューだと良く分かりますね。リックドム2と共通のデザインのバズはモールドを上手に利用してマウントに装備できるようになっており塗装派にとっても色剥がれが少ないのは嬉しいところ。

Rimg0046

 ショットガンも肘の二重関節と肩関節の可動で両手で構える事が出来ます。やはりポンプ式のショットガンは両手で持てるのは嬉しいですね。腕に自信のある方はポンプ部を可動式にするのもありかな?なお、ショットガンのストックは取り外し可能です。
 脚部はデザイン上可動はここまでが限界ですが十分ポーズは付けられるので問題なし。

Rimg0049

 バズも肩掛けで構える事が出来ます。今となっては当たり前に思えてしまいますが凄くありがたい事。平手も非常に良く出来ていて好印象。

Rimg0050

 殆ど文句なしですが肩がちょっと大きいかな?カッコいいから良いか。シュツルムファウストは設定どおり2本付属。今回は2パーツ構成なので肉抜き穴はなし。チェーンマインも付属ですが製作中に飽きてしまい放置中。旧キットと違い裏側も再現されているので今回は手がかからなくて安心ですね。

Rimg0045

 メモリアルアクション!首関節の自由度が広いのでお馴染みのポーズだってこの通り。とっても組みやすくストレスをあまり感じない良好なキットですね。但しバーニア類の黄色が少し面倒くさそう。どうしても後はめ出来ない部分は筆塗装になっちゃうかなあ・・・。

 予定ではグロス仕上げで製作する方が大半ですから、ヒネクレ者の私は(笑)マット仕上げで汚し全開でほぼ素組みで製作したいと思います・・・・・が、オリジナリティを持たせたいので「お遊び」装備を2つ製作予定です。ガトリングガンではないですよ~。修羅の双星の合間の製作なのでゆっくり更新だとは思いますが見ていただけると嬉しいです(^^;

 「修羅の双星」の次回の更新は、ある程度進行したら纏めて記事にしたいと思います。
 

| | コメント (34)

2008年8月 7日 (木)

コスパ 「突撃機動軍Tシャツ」&MSVキット再販!

 修羅の双星製作進行しております。ゆったり更新ですが見ていただけると嬉しいです(^^;
 http://misojikousyou.cocolog-wbs.com/blog/2008/07/0612_3d65.html

 Tシャツが丁度良い季節ですね、私も以前よりガンダム系のTシャツが欲しかったのですが、どうも自分が着たい柄が存在しませんでした。露骨に名セリフが入っていたりキャラクターがプリントされたデザインは正直ミーハーな印象があって絶対に着たくなかったのですが、ようやく普段着ても違和感のなさそうなデザインの物が発売されました。

■気分は突撃機動軍!やはり黒がデフォルト?

Rimg0090_3

 
 













 

突撃機動軍と言えば一番有名なのが当然黒い三連星。シャツ左胸の突撃機動軍のマークは黒い三連星しか使用されなかったと言われていますし(今は後付の解釈が多いのでその限りではないですが)やはり突撃機動軍のシャツなのだから黒がデフォルトなのでしょうね。良く突撃機動軍のマーキングを黒い三連星のパーソナルマーキングと勘違いされている方も多い様ですが厳密には「突撃機動軍」のマーキングなので黒とモスグリーンの2色が発売されていますが問題はないですね。

 ちなみにバックプリントは無し。ナカナカシンプルなデザインで良い感じ。これが只のジオンシャツでしたら私は購入していないでしょう。余談ですが私は黒と赤が好きなので黒のこのシャツには赤系のジャージと合わせて着る機会が多いです・・・赤と黒ってなんかジョニー・ライデンチックなカラーリングですね。ジョニー・ライデンも突撃機動軍だからアリかな?(^^;

■ミリタリーファッションにはモス系?

Rimg0091

 


 









 


 

お次はモスグリーン。一気にミリタリーチックになりました。どちらかと言いますと私はこちらの方が気に入って良く着ています。私はコレにはウッドランド迷彩のBDUと一緒に来ている時が多いですね。キャラクター物のシャツの中では普通に着れるデザインが良いですね。たまに、シャツの柄に気づいて振り返る方もいたり。注目度は高いですよ(^^)

 今度個人的にカスペンTシャツを1枚作ろうか考えている私です(笑)

■またまたMSV再販!

 某模型店の店員さんのSSDDさんの情報によると08年9月にMSV再販があるそうです。内容は、

○1/144 ジムキャノン 400円

○1/144 ガンダムフルアーマー 400円

○1/144 ジムスナイパーカスタム 400円

○1/144 ザク2(多分06R1A) 500円

○1/144 ザクキャノン 500円

○1/144 ザク・デザートタイプ 500円

○1/250 パーフェクトジオング 500円

○1/144 ザクタンク 600円

○1/144 ジョニー・ライデン専用ザク2(06R2でしょうね) 600円

○1/144 パーフェクトガンダム 600円

○1/144 高速機動型ザク 600円

○1/144 Zタイプザク 600円

○1/144 ゲルググ14B 800円

○1/100 ザク2(シン・マツナガのR1Aでしょうね) 1000円

○1/100 ザクキャノン 1000円

 こうして見ると、特に光るのが1/144の06R2と14Bでしょうね。ちなみに私は06R2を4個、14Bを2個予約しました。MSVが発売されて20年以上経つと言うのに価格が当時と一緒と言うところが凄い!他のメーカーさんでしたらとっくに価格が上がっているだろうに・・・。

| | コメント (22)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »