« HGUC改造 MS-06R1A・R2「修羅の双星専用機」進行具合⑧ | トップページ | DVD 「機動戦士ガンダムMS IGLOO2 重力戦線① あの死神を撃て!」 »

2008年10月16日 (木)

エコプラ キャラホビ2008会場限定「FG RX-78-2 ガンダム」

 

■修羅の双星更新されております。
 http://misojikousyou.cocolog-wbs.com/blog/2008/10/-0612-4922.html

 去る8月「キャラホビ2008」で会場限定で先着で配布されたバンダイさんのFG「エコプラ」。私は当日は行けなかったので友人にお土産として頂きました(^^

Img356

 まずはランナー。本来ですと完全に一枚のランナーなのですが中央から割れてしまいました。キャラホビ当日の11時からの無料配布だったようでエコロジーを考えたメーカーさんの次のステップと言いますか一歩先の考え方を一枚のランナーから伺えます。

 材質も特に問題無さそうで普通に製作する事が出来そうです。特に配布される時には袋や箱に入っているわけではなく(エコの意味がなくなってしまいますからね)このままのむき出し状態で配布されていたようです。

Img357

 「非売品」の文字が輝かしい(笑)取扱説明書。

 何かと大会社ゆえに叩かれてしまう印象があるバンダイさんですが、こうした環境等の取り組みなどは素直に評価できるものと思います。いつか全ての模型がエコ素材になる日が来るかもしれませんね??

 このエコプラはこうしたイベント等以外にもバンダイさんの工場の見学などでも配布されていると聞きました。関東からならそれほど遠い場所でもないので、いつか見学してみたいものです(^^

|

« HGUC改造 MS-06R1A・R2「修羅の双星専用機」進行具合⑧ | トップページ | DVD 「機動戦士ガンダムMS IGLOO2 重力戦線① あの死神を撃て!」 »

コメント

先日、うちの会社で「環境教育」として、1時間ビデオを見せられたのですが、そのコント・・もといドラマ仕立てのビデオの舞台が、とある玩具メーカーって設定でした。
エコを考えていろいろな取り組みをしている話でしたね~。


実際、原材料の高騰などで、玩具メーカーに限らず、(動機はコスト削減かもしれませんが)エコにとりくんでますね。

投稿: オーバードライブ | 2008年10月16日 (木) 23:44

店頭に回収BOXとか置く等、必ず残るランナーを効率良く回収する方法を考えだして欲しいですね~

でも、リサイクルは逆にコスト高にあることが殆どなんで、ガンプラの価格が更に上がったりして・・・^^;

投稿: シン・マツ | 2008年10月17日 (金) 11:24

プラモデルがすでにエコな商品ではないですからね~(^^;
今のご時世つらいものがありますね。
創造と破壊は紙一重だと私は思っておりますww
ガンプラの現状を見ればユーザーフレンドリーに傾いたおかげでどんどんエコからは遠ざかっていくと思いますけどね。

投稿: ZIG・ZAG | 2008年10月18日 (土) 01:07

>オーバードライブ様

やはり時代の流れと言いますかリサイクル素材は模型の世界にも浸透していくのでしょうね、問題は価格でしょうか。そうしたら一つのキットを時間をかけて作る様になるから結果的には節約かもしれませんね(^-^)

投稿: 三十路工廠 | 2008年10月18日 (土) 22:56

>シン・マツ様

 回収boxを用意すると言うのは凄くいいアイデアでしょうね~、入れ歯ですらリサイクルされる時代ですから(笑)

 リサイクルの最大の欠点はコストが逆に高くなってしまうというのが辛いところですよね、メーカーさんでもランナーのサイズを2割ほど小さくしたりして努力しているのは分かるのですが模型ユーザーとしては辛い時代と言うことですね(^^;

投稿: 三十路工廠 | 2008年10月21日 (火) 07:44

>ZIG・ZAG様

 たしかに創造と破壊は紙一重!私の周りでは子供の頃作ったばかりのガンプラの中に爆竹を入れて爆破させていた友人達を思い出します・・・って、そういうことではないですよね(笑)そういえば子供の頃からせっかく購入したガンプラを破壊するなんて、本当に模型が好きだと言うわけではないんだろうなあと思ったものですね(^^;

 最近は模型離れが進んでしまっていてユーザーフレンドリーになっている反面確かにエコから遠ざかっていると言うのはなんとも皮肉なものですよね(;´Д`)

投稿: 三十路工廠 | 2008年10月21日 (火) 07:49

この趣味だと背けられない問題ですね。改造は特にパーツを余らせてしまう場合が多いし。なるべく無駄を出さない模型作り(付属武器は必ず全部作るとか…笑)を心がけて行きたいものです。

投稿: SYON | 2008年10月23日 (木) 06:48

>SYON様

 そうですね~、武器類はどうにも面倒で(笑)必要最低限の物しか製作しなかったりとありますが、価格帯もドンドン上がる事は間違い無いと思いますので一品に対しての気合の入れ方も変わるかも!といった所でしょうかね??

投稿: 三十路工廠 | 2008年10月23日 (木) 10:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« HGUC改造 MS-06R1A・R2「修羅の双星専用機」進行具合⑧ | トップページ | DVD 「機動戦士ガンダムMS IGLOO2 重力戦線① あの死神を撃て!」 »