« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月26日 (月)

DVD 「機動戦士ガンダムMS IGLOO2重力戦線② 「陸の王者、前へ!」

遂に発売いたしました「機動戦士ガンダムMSigloo2 陸の王者、前へ!」。最新作を画像多めで速攻レビューしていきたいと思います。最新レビューなので・・・↓

※注意!ここからは「ネタバレ」を含む要素が多々掲載しています。先に内容を知りたくない方、まだ視聴されていない方は視聴されてから記事を読むことをおススメいたします。



■今回は61式が主役!

Img385

ついホワイトオーガーのザクに目が行きがちですが、今回の主役は61式5型主力MBT!誰が61式が主役の公式映像が見れる日が来るなんて想像したでしょうか。前置きはこの辺で早速本編の方を。

Rimg0107

ヨーロッパ戦線の地球連邦軍第44機械化混成連隊に配属となったレイバン・スラー軍曹。連隊小隊指揮官のヤンデル中尉のドライバーとして配属されるのだが、隊員達に死神と一緒とは付いていないと言われ困惑気味の様子。

Rimg0108

挨拶など必要無いとヤンデル中尉。配属されて直ぐに61式5型のドライバーを任されるはめに。しかしエンストを起こしてしまいエンジンがかからない。エンストを起こしていると進言するのだが・・・

Rimg0109

ヤンデル中尉は61式がスラー軍曹の事を気に入ればエンジンはかかると無理難題。なんとかエンジンがかかり即演習に合流。相手の61式に突っ込ませたりとかなり無謀とも取れる支持の連発にスラー中尉はヤケ気味。

Rimg0110

「死神様のお出ましだ!」と相手側のチーム。

Rimg0111

しかし無鉄砲なヤンデル中尉の技術は素晴らしく1両、また1両と相手側の61式にブルーのペイント弾を浴びせていく。連装砲を生かして1回の射撃で2両に命中させる荒業も。

Rimg0112

演習も終わりようやくお互いの顔を合わせるヤンデルとスラー。ヤンデルの顔の傷と義足は白きザク「ホワイトオーガー」に傷つけられたもの。自分に付いている死神は奴を倒さないと癒えないと思い続けている。ヤンデルはスラーに

「もしもだ・・・その死神が見えたらどんな面をしているのか俺は見たい、必ず教えてくれ」と。

ちなみにヤンデルの声はベテランの磯部勉氏。

Rimg0114

ドーバー海峡に追い込まれた連邦軍を包囲するジオン軍。しかし連邦軍も策を講じ公国軍主力のノイエン・ビッター大佐(当時)率いる地上機甲師団はあらかじめ用意されたおとりに集中、モビルスーツを主力に振り分けたとの事。そこで手薄になった公国軍に反撃をすると言うものだった。

Rimg0115

しかしヤンデルの61式がエンジントラブル。

「やはりな・・・こちらヤンデル、機関不調に付き出撃できず!俺の61はモビルスーツが相手で無ければご機嫌斜めな様で」

出撃を拒否、結局作戦には参加せず。

Rimg0116

その頃本隊は空き巣同然の公国軍に対し総攻撃、圧勝に思えたが・・・

Rimg0117

連邦軍の策を予測していた公国軍はモビルスーツを展開、次々と撃破されていく61式、連邦軍は全体の半数の部隊を失う結果に。

Rimg0118

Rimg0119

公国軍のプロパガンタ放送。そこには今作戦で多大な戦果を挙げた宿敵「ホワイトオーガー」の姿が!作戦に参加しなかったヤンデルは放送を見て怒りをあらわにする。

Rimg0120

今回も出ました!嫌な上官ミケーレ・コレマッタ少佐(笑)

スラーはコレマッタにヤンデル中尉は私怨で動いているので命令に服従するのは困難と上告。しかしながら話をヤンデルに聞かれていたことと、部隊の半数を失った事もあり意見は受け入れられず。さらにヤンデル提案の「策」をコレマッタに進言したところ採用され既に偽情報を公国軍に流したとの事。直ぐに作戦行動を開始するはめに。

偽情報の内容は連邦軍の高官が視察に来るというもの。しかしヤンデルは初めからホワイトオーガーがその様な策にかかるとは思っていないのを承知で待ち伏せする事に。

Rimg0121

偽情報に気づいているホワイトオーガーことスネル大尉。

「俺のふるさと・・・満月が赤い、ふふふ・・・俺には分かる、これは罠だ!目標には敵はいやしない。俺の運命を変える敵は途中で待ち伏せている」(大塚明夫さんの声ですよ!)

Rimg0122

待ち伏せしているヤンデル小隊。ヤンデルとスラーが会話するのだが、自分の命が後どれ位持つのかの様な事を臭わせる発言をしたら・・・

Rimg0123

スラーはヤンデルの背後の死神を見てしまってたことに気づくヤンデルは激怒。しかし会話をするうちにヤンデルは故郷は戦場となり戻る場所が無いと。ホワイトオーガーもそうなのではないかと。

Rimg0124

待ち伏せを承知で進行するホワイトオーガーのザク達。

「俺には分かる、本当の敵の僅かな息遣いが聞こえる・・・その体内の血がたぎらせんとして!」

Rimg0125

攻撃を開始するヤンデル隊。

Rimg0126

「やはりいたか!踏み潰してくれる!」

Rimg0127

ホワイトオーガーに次々と撃破されていく61式。

Rimg0128

ヤンデル隊も負けじと焼夷弾など多彩な砲弾を使用しつつザクを1機撃破!

Rimg0129

「残り2つ・・・・!」とスネル大尉。

既に6両撃破されているヤンデル隊。

Rimg0131

Rimg0132

「スモーク!全て撃ちつくせ!」

スモークディスチャージャーを発射するヤンデル隊。視界を奪われるザク。

Rimg0133

視界の悪い中撃破されるザクJ型。

Rimg0134

「後は奴だけ!!」

こんなにも61式がカッコよく見えることが今までにあったでしょうか??凄くカッコイイ!

Rimg0135

なんとか61式を8両全て撃破しかスネル大尉・・・・だが・・・・・

Rimg0136

そこへヤンデルの61式がホワイトオーガーに砲撃!8両編成と思い込んでいたスネル大尉に反して臨時で追加された車両を含め実は9両だった。

「戦車2個小隊は確かに撃破したはず・・・」とスネル大尉

「ふははははは!悪かったな、臨時編成で実は9両だったのさ、てめえらこそ戦場にモビルスーツなんてものを持ち込みやがって!」とヤンデル中尉

Rimg0137

撃破されたホワイトオーガー。

Rimg0138

「ふふふふふ・・・、俺こそが勝者だ!これで・・・これで全ての呪縛から解き放たれる!俺は生まれ変わるんだ!」とヤンデル中尉。

しかし・・・・

Rimg0139

ヤンデルの背後には死神が!

Rimg0142

ヤンデルの61式の背後にジオンの対戦車砲が!

Rimg0141

対戦車砲により撃破されるヤンデルの61式。結局ヤンデルもスネルも死神からの呪縛から解放される事は無かった。

Rimg0143

炎上するヤンデルの61式。生存者を確認する公国軍兵士。

Rimg0144

物陰に隠れ助かったレイバン・スラー軍曹。

「私は生き残った、時代の証言者として死神から置き去りにされたのかもしれない。・・・実は、ヤンデル中尉同様に自分も帰る故郷など無いのだが・・・。」

「果たして陸の王者は、ライオンは、プライドを取り戻したのだろうか?この時期を境として地球連邦軍は息を拭き返したのだが・・・」

物語はここで終わりエンドロールへ。主題歌が流れ死神、ダイジェストが流れるのだが凄く悲しい。

Rimg0145

最終話の予告が流れるのですがどうやらガンタンクが主役のようです。

「RTX-440、陸戦強襲型ガンタンク。220mmキャノン砲1門、全高13.7m、未来への進化を断ち切られたお前にはこの機体が相応しい、機動戦士ガンダムMSigloo2重力戦線、第3話、オデッサ、鉄の嵐!」

メッチャ作りたいですよ!このガンタンク!軍事マニアの私の心を揺さぶられました。いつか絶対つくろっと!

総評としてはある程度は予想通りでしたが「遠吠えは落日に染まった」に近い印象でしたが、理屈はどうでも良く素直に面白かった!死神対死神の心躍らされる熱い展開には余計な言葉は要らない。メカ物は何だかんだ言っても戦闘シーンが華と言う事ですね。ホント面白かった!数回視聴すると主題歌と本編が頭の中で融合して凄く感動してしまいます。主題歌も今回のほうが良いなあ。

とにかく面白かった!次回も期待大です(^^

| | コメント (20)

2009年1月20日 (火)

CD 「PLACES IN THE HEART」

久しぶりにブログの更新をしようとしたら全て消えてしまいました・・・。気を取り直して更新したいと思います(泣



■公式サイトにてネットラジオで公開されていたiglooのラジオが公式サイトにて期間限定で復活いたしました。全2回ですが各10分程度なので丁度聞きやすい程度かと思います。

第一回

今西隆志監督、長沢美樹さん、サンライズ佐々木氏、漫画家・徳光康之氏

ベテランの長沢さんがラジオで「ウジ虫!」、「野良犬以下」、「パイロットは私だ」を披露。長沢さんの素の声ってどちらかと言うとモーリン・キタムラに近いですかね?

第二回

今西隆志監督、音楽担当・大橋恵さん、サンライズ佐々木氏、漫画家・徳光康之氏

iglooを大きく支えているのは大橋さんの音源と言っても過言ではないので視聴する価値あり。

公式サイト
http://www.msigloo.net/



■「機動戦士ガンダムMSigloo重力戦線 陸の王者、前へ!」のOVが公開されていました。視聴した感じでは「遠吠えは落日に染まった」の印象を強く受けるので前作よりも期待が持てます。

公式サイト
http://www.msigloo2.net/



■宇宙世紀物で久しぶりの男性主題歌

Img383_4

ここ数年の日本の音楽業界は女性アーティストに押され気味ですが、アニメの主題歌も例外ではないかと思います。その中での宇宙世紀物の主題歌で男性が歌う、しかもiglooで。最初は少し不安な部分もありましたが、PVの映像のバックで流れる主題歌、そしてCDを聞いてその心配は全くなくなりました。

MSiglooの世界観は内容はもとより、主題歌、BGMとの一体感が一つになり、独特の世界観を表現していると言っても過言ではないかと思います。今回も例に漏れず珠玉のバラード、やってくれました。ちなみに主題歌を歌うのは柿島伸次氏。

あとはDVD/BDが1月23日発売なので主題歌を聞きながら今か今かと楽しみな日々でございます(^^;




| | コメント (10)

2009年1月 8日 (木)

コミック 「VANISHING MACHINE2」

何時までも正月気分な私です・・・。



■地味ながらも読み応えあり

Img379

いきなりですが「VANISHING MACHINE2」です。「1」をすっ飛ばして「2」の記事ではありますが前作と特に繋がりも無いので問題は無いかな?

今回は物語が2作のみ。ひとつはキャリフォルニアベースに輸送する金を積んだコムサイが連邦軍の領域内の不時着を確認した公国軍第66部隊が救助、キャリフォルニアベースまでの帰還を手助けするというもの。

内容に関しては本編に触れてしまうので影響の無い範囲で。コムサイ内の金塊に目が眩んでヘリで着艦、負傷者の救助より金塊の回収を専決しようとするお偉いさんや、ザクタンクの奮闘など地味ながらも中々楽しめました。ザクタンクは近藤作品で良く見られる両サイドに装備された2連機銃の装備型、何となく旧ドイツ軍の20mm4連対空機関砲を連想してしまいますね。今回は更に120mm40口径長距離砲を搭載したモデル。正直特別デザインがいいとは思わないですが不思議とカッコイイ。

その他の登場兵器は近藤氏お得意のワッパ、ファンファン、ジオン戦闘ヘリ、米軍のブラッドレーに似た様な歩兵戦闘車など。連邦側のモビルスーツとしてはD型ジム、ジムダイバー等。

どうしてもキャラクターが弱い印象の近藤氏のコミックですが、今回は日本刀を携えている兵士がいたりと顔の画の弱さをその他の部分で補っているのが、こうした方法もありなんだなあと少し感心。この回だけでも140P以上あり読み応え十分。

もう一つは時代に取り残された弩級戦艦がジオン水陸両用モビルスーツに挑む的な内容。内容的には次の巻に続く様なので何とも言えませんがigloo向けの臭いが。

近藤氏の漫画の中でも癖の少ない作品なので読みやすい分類にはいるかと思います。近藤ファン、ミリタリー好きならオススメかと思います(^^

| | コメント (10)

2009年1月 3日 (土)

謹賀新年&HGUC改造 MS-06R1A・R2「修羅の双星専用機」進行具合⑪

明けましておめでとうございます。皆様は昨年はどの様な年だったでしょうか、私個人的にはあまり良い年では無く何をするにも心から楽しいと思えることが余りありませんでした。今年は私も皆様も良い年であると良いですね。

今後も不定期で少し辛口記事なブログではありますが見ていただいている皆様に僅かな時間でも楽しんでいただけると嬉しいです。さらに何時もコメントをしていただいている方々に本当に感謝です。ブログを更新する際に力を頂いている気分です(^^



■何時もより進行が早いぞ!

Rimg0036

1/144のHGUCと旧キットで06Rを一度でも手がけた方はご存知かと思われますがとにかく面倒くさいです。特にR1Aの面倒くささと言ったら・・・。

Rimg0037

しかも今回は修羅の双星版のR1A。ロビン・ブラッドジョー機はR1Aのくせに形状はむしろR1に近いという面倒な物。右肩を見ていただけると分かりますがなぜかR1系に多く見られるもの。しかも2本スリットに気づいたのはつい数日前。オミットしてしまおうとも思えたのですがなんか悔しいのでそれらしく製作。

本来ですとピンバイスで穴を開けてプラ板でスリッドを製作するのが理想的ですがガチガチに接着した後なのでパーツに深めにスジ彫りして上からプラ板を貼り付けて段差をつける方法で対応しています。1/144でしたら十分かな?旧キットの1/100はデカール処理だった事を考えると1000倍はいいと思うのですが・・・。

Rimg0038

リアから。一番面倒な脚の2本ずつあるパイピングの対応も済んでいるのでひと安心(少し穴がずれているのでそれは修正しないと)

それともう一つ問題が発生。R1型の形状なので簡易型燃料カードリッジからR1型のボックス状に変更しないといけないのが面倒ですね。

Rimg0039

とはいえ1機目でかなり悪戦苦闘していたとは思えないほどのスピード。1週間後位にはサフ拭き終了しているかも?ここまで来ると楽しくなってきました(^^



■友人の「ヤマネ工房」さんが更新いたしました。

Epsnvg3_2

1/144 MS-14G ヴィッシュ専用機&1/35 ヴィッシュ・ドナヒュー

Epsnbd21_3

1/144 RX-79BD-2 ブルーディスティニー2号機

何時もながらどちらも完璧なレベル!本人曰く「たいした改修はしていないよ」と言っていましたが、分かる方には分かる細かな改修の連続が自然にキットに馴染んでいるのはさすがですね。製作前に気になる部分をビデオ等で何度も何度もチェックして本来と形状が違う部分を改修する姿勢は頭が下がります。コーション系やデカールをベタベタ 貼らない姿勢は何時も参考にしています。凄く正統派なのに自分の味があるというのがヤマネ兄貴の凄いところなんだよなあ~。

■ヤマネ工房
   http://yamanekoubou.gozaru.jp/index.html

■オマケ(恥ずかしい~)

Rimg0041

大昔に製作した素組みの1/1200アプサラスⅢです。一部塗装が剥がれたりと恥ずかしい部分もありますがサイドバーの展示室に更新したいと思います。figmaの台座大活躍だなあ~。

| | コメント (24)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »