« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月26日 (月)

コミック「プラモ狂四郎③」

まずは別館「三十路工廠の別の顔」がおかげさまで200回を迎えることが出来ました。200回記念と言う事で記事の内容はnifty投票で決定したDMZのラビドリードッグとなります。

■「別館第200回 DMZ ラビドリードッグ」
 http://misojikousyou.cocolog-wbs.com/maniamisoji/2009/10/200dmz-faa7.html

何気にこの本館も60万hitを突破していました。嬉しい限りです\(^o^)/

 

■ジェットモグラと言えば水戸会長!?

Img422

今回は第3巻です。内容は当時の単行本しか所有していないので当時のストーリーに沿っていきます。

この巻の主役は間違いなくジェットモグラでしょう。狂四郎世代にはジェットモグラはサンダーバードではなくプラモ狂四郎なんですよね。

 

■3対1!

2巻からの続きなのですが3対1で、更にコアファイターで戦わなくてはならなくなった四郎、旅館に戻り対抗策を仲間と話すのだが・・

「Gアーマーなら」

「機動性ならコアブースターだ」

「しかしキットがあればの話だけどね」

そう、この地点ではコアブースターは発売されたばかり、それ程都合よく手に入るはずも無かったのだが・・

Img423

クラフトマンのマスター、倉田さんが手にしていたものはコアブースター!もしもの時に合宿に持ってきていたのだ!タイミング良すぎるぜ!(笑

 

一緒に持ってきていたピースコン(エアブラシとコンプレッサーの事ね)の助けもありコアブースターの製作に間に合う四郎。

 

■可変翼で対抗!

Img424

一方対する太陽模型店のキットは足立は1/144リックドム、小岩は1/550ブラウ・ブロ、山根はXウイングで四郎の挑戦を受ける!

シミュレーションが開始され頭部が回転しないドム系のキットの弱点を克服した改造をしている足立のドムと有線ビーム砲を誘導式に改良してある小岩のブラウ・ブロ相手に垂直尾翼に損傷を受けてしまう四郎のコア・ブースター。

しかしチームワークの悪さが災い、有線ビーム砲がリックドムに絡みつき動きが取れなくなる!(笑)
このチャンスを見逃すはずも無く小岩と足立を撃破!あとは山根だけ!

圧倒的なスピードと可変翼の旋回性の高さで四郎のコアブースターを圧倒する山根のXウイング!しかも垂直尾翼の損傷で思うように動かないコアブースターに乗る四郎は絶体絶命!

そこで四郎は一か八かXウイングの脇に付き可変翼にブースターを挟ませ機動力を奪い脱出したコアファイターで山根のXウイングを撃破!

「どんなもんだい!洋物なんて目じゃないぜ!」

 

■アッグガイ対アッグガイ!

四郎がクラフトマンで出合ったライダースーツを纏った美女、後に一度敗北をした景山の姉藤美と言う事が分かり対戦することに。

3対3と言う事で四郎側は四郎と健、そして太陽模型店の山根の3人。ここから四郎と山根は仲間となる。

四郎率いるアニメ軍は四郎が1/144マゼラ・アタック、健が1/100クラブタイプ、山根が1/72クラブガンナー。

一方対するスケール軍は藤美が1/12モトクロス(武装付き)、景山が1/35T-62、長谷川が1/35ゲパルト。

■気の強いお姉さん

Img425

シミュレーションが開始されると早速四郎は藤美にマゼラベースのキャタピラを破壊される。

四郎「兄弟揃ってキャタピラを狙うとは!」

しかし四郎に目が行き過ぎたか健のクラブタイプの攻撃を受けてバイクは大破!手榴弾でクラブタイプの腰のガソリンタンクを破壊、健を退けて逃げる藤美。

マゼラトップで移動中の四郎を砲撃する景山のT-62、マゼラトップを破壊!四郎は間一髪で脱出!あやうくスケール軍の用意した電熱線に落ちるところだった、間一髪。

そこへ山根のデザートガンナーが。

山根「健はおまえのアッグガイを取りにいっている」

との事。その時に健のクラブタイプが撃破された事を知る四郎、手ごわい相手と悟る。

景山を探す山根の前にT-62とゲパルトが!すかさず主砲を発射する山根、長谷川のゲパルトを撃破!

すかさず照準を景山に!しかし砲弾を弾きやすいソ連戦車には効かず足にスプリングを仕込んだデザートガンナーでT-62の真上に飛び込む!下部のハッチから手榴弾を入れる山根、T-62もろとも爆発した。

ようやく健から1/144アッグガイが到着、四郎はアッグガイに搭乗するが・・

藤美が1/100アッグガイで待ち受ける!スケール軍のはずなのに!(汗

1/100の大サイズを生かした攻撃で四郎を圧倒する!

藤美「キットのままに作ってもムチが3段階に動くのよ!」

その言葉に四郎は

「待てよ、ムチはキットのままと言っていたな」

■山根直伝の!

Img426

山根直伝の糸ハンダのムチで大反撃!藤美のアッグガイを撃破!アニメ軍の勝利!

四郎「どんなもんだい、山根から教わった糸ハンダの威力は。プラスチックと訳が違うぜ」

■新たな挑戦者

公園で変わった移動模型店を発見するキー坊。古い模型を進める店主の解説に付いて行けずいつのまにかいなくなるキー坊。

クラフトマンに足を運んだキー坊はおかしな模型店がいると皆に報告、それを笑う四郎たちを横目に心当たりがありそうな倉田マスター。

そこへ大量のミリタリーモデルの注文を取りに来た学生3人組、四郎を挑発して対戦を要求、それを受ける四郎だがシミュレーションゲーマーである蔵井達にかなう訳がないないと協力をしない健。それを聞いて協力するみどりちゃん!(爆

 

■気合十分すぎる格好(汗

Img427

シミュレーション当日、四郎は当時より完成度の高いGMを改造した1/100ガンダム、みどりちゃんは1/100GM。

対する蔵井達はハセガワの1/72カール砲、フジミ1/76メインのナチスドイツ軍団。

巧みな戦術を駆使してカール砲でみどりちゃんのジムを撃破!怒りに燃える四郎はビームジャベリンを抜き戦車軍団相手に大暴れ!しかしその隙にみどりちゃんがさらわれ冷静さを欠く四郎、1/76の歩兵達が四郎のガンダムにしがみつく。

しがみついた兵隊を払おうと必死のガンダムにカール砲の照準が向いて今発射される時!蔵井達のデータが多すぎてエラーが起き四郎は九死に一生を得る。ゲーム再開は後日に持ち越された。

ゲーム内とは言え捕虜となってしまったみどりちゃんを救いたいのにどうする事も出来ない四郎。に現れる謎の模型店のおじいさん。今の四郎に必要とされている物はこれだと差し出したキットが!

■ジェットモグラだった

Img428

プラモ代は四郎のサンバイザーを預かりこれをプラモ代としておくとおじいさん。

四郎「ありがとう!おれ、絶対勝って見せるよ!」

おじいさん「よし!約束じゃ!」

帰り道に健とキー坊に出会う。みどりちゃんが捕虜になってしまった事に反省をして協力する事となり、3対3で再度蔵井達に対戦を挑む!

そして再ゲーム当日、今回は大将にマーキングを施し勝敗がハッキリするようにルール変更して再度シミュレーションが始まる。お互いに大将の機種を知らないせいか蔵井はどうせ四郎の機体はガンダムだろうと罵倒する。まさかジェットモグラとも知らずに(笑

蔵井達は敵の戦車の影を3両見つけ戦車軍団を向かわせる。しかしその影は戦車ではなく健の1/48テキーラガンナースペシャル(両脇のスペースに砲等が搭載されたもの)だった!まさに動く要塞!

健「1/76なんか目じゃないぜ!」

健のテキーラガンナーは1/48と言う巨体と言う事もあり戦車軍団を圧倒するも兵隊軍団がしがみつき、インテークに火炎放射器を射出されてしまい炎上してしまうテキーラガンナー。

健「こっちもガルシア隊を製作しておくべきだった」 私もそう思います(^^;

そこへ蔵井の本陣にガンダムが!あっけなく撃破されるガンダム!しかしこのガンダムはパーティングラインすら処理されていない囮でその隙にキー坊がみどりちゃんを救出!シミュレーションゲーマーが裏をかかれてしまった。

そこへ四郎の機体が到着!

■噂のジェットモグラ!

Img429

大将マークを付けたジェットモグラ(余談ですが狂四郎マークはこの機種が最初かと思います。私もいつかジェットモグラを作ろうかと思っているので頂き物の狂四郎マークは大切に保管しています。)

モーターライズで強化したジェットモグラは蔵井の戦車軍団を粉砕!あとは大将だけ!そこへ大将マークを付けたタミヤの1/35キングタイガーが四郎の後ろに!

88mm砲を付き付けられた四郎だが後退も出来るジェットモグラをキングタイガーにぶつけ隙ができたその時地中にもぐる。

真下から蔵井のキングタイガー目掛けてドリルで粉砕!四郎の勝利!

ゲームが終わりすぐにおじいさんにサンバイザーを返してもらおうと公園に行く四郎、しかしおじいさんは次の町にいってしまったがバイザーと手紙が置いてあった。ジェットモグラをプレゼントする事とまた会える事を楽しみにしていると記載されていた。

倉田マスターに日本最大の模型問屋の会長である水戸広右衛門であることを知らされて第3巻は終わります。

 

何かと印象深い第3巻で当時子供心に格好良いと思ったジェットモグラ、何時か狂四郎マークを貼り作ってみたいものです。次の4巻はいよいよサッキー竹田の登場ですがいつの更新になることやらです・・。

一応amazonさんのリンクを貼り付けました。現行版では2巻に今回の内容が掲載されていると思います。

| | コメント (12)

2009年10月14日 (水)

地球連邦軍MBT 61式、61式5型完成!

まずは前回の記事にてロンメルのドワッジが完成しております。沢山のコメントありがとうございました。次回作への意欲がみなぎってくる思いです(^^)

 

■秘かに製作していた

Rimg0171

地球連邦軍主力MBT(MAIN BATTLE TANK)の61式各種です。

ドワッジの製作中に一緒に製作していましたが非常に良く出来ているのに感動してしまうほどでした。なので今回は塗装重視で製作しています。

今回はこのブログらしくいろいろなタンクと比較しながら進行したいと思います。

 

Rimg0163

まずは「第08MS小隊」以降のデザインである61式戦車。

Bクラブ製の物をほぼストレート組、機銃のマウント部のみピンバイスで穴を大きくして市販パーツを埋め込んでいます。

配色は初代を思い出させる紫で!意外とこのカラーで塗装している人っていないよね?

黒立ち上げ後にリックドムの紫にグランプリホワイトを5:5で混合させたものを基本色として吹き、エナメルのフラットブラックとレッドブラウンを5:5で混合させた物をライターオイルで薄めてウォッシング、エナメルでドライブラシ後に粉末パステルで調整、再度要所に影となる部分に黒系を吹きつけ、クリアイエローを吹きつけ砲身に多少大げさに焼けと煤の表現を入れ、半光沢、つや消しを混合した物を吹きつけ完成です。

 

 

Rimg0164

リアから。

同作品に見られるコンパクトな造型は61式そのもの。igloo基準の5型が登場してしまったのでこの形状は61式、igloo版は改修された5型と解釈しました。M48戦車とM60戦車みたいなものですかね?

 

Rimg0165

砲塔が可動。

ライトも一応塗装。こうした細かい部分は抜きの関係かプラモ版より優れています。フロントの泥除けが欠けているのは購入した時から。直す気も起きないのでそのまんま。

この色はクラブガンナーにもそのまま使えそう。

 

Rimg0166

同スケールのドラゴン社のM1戦車との比較。

全長はM1戦車の方が長いですが高さは61式の方が高いようです。

 

Rimg0167

お次はHGUCザク地上戦セットに付属の61式5型。いわゆるigloo版です。

1/144とは思えない細かなモールドとディティールは素晴らしいの一言。ここまで進化したのかと感心してしまう。

EXモデルが発表当初は61式も候補に挙げられていましたっけね、懐かしいです。

ライトはホワイトとオレンジの2種類を筆で塗装しています。単調な色合いなので良いワンポイントなので出来れば塗りたいところ。

 

Rimg0168

リアから。

塗装に関してはデザートカラーで塗装してマリオとミッチェルにしようかと思ったのですが、まずは通常カラーかと思いグレー系で塗装しています。

色はグレー系とホワイト系を5:5で混色、後は61式と同じです。

 

Rimg0169

砲塔は可動します。砲身も上下可動するのには少し驚きました。

製作から塗装まで3台で大体5時間程度かな?1日で出来てしまうので楽しいですよ。

機銃のバレル下の余計なパーツは精密ニッパーで切ると失敗が少なくて安心です。

 

Rimg0170

61式と。

全高は低くなり全長は大きくなりました。現用車両に近くなった印象が強いです。

 

Rimg0173

M1エイブラムスと。

宇宙世紀の車両は大きいですね。

 

Rimg0172

同スケールのBクラブのキュイと。

余り見られない比較かも?

 

Rimg0174

EXモデルのマゼラアタックと。

現用車両の中では大きい分類のM1戦車よりも大きい61式5型でもこの差。いかにマゼラベースが大きいか良く分かる比較です。

 

Rimg0175

Bクラブの同スケールのヒルドルブと。

流石に比較になりません(^^;

 

Rimg0176

Bクラブのガンタンク量産型と。

ヒルドルブの後ですとインパクトが薄い?

 

Rimg0177

最後はオデッサっぽく。

61式5型は綿密なディテールのおかげでウォッシングが映えます。エナメルが準備できなければガンダムマーカーでも結構良い味が出るかと思います。

結局どちらにも良い部分があるんですよね~、何はともあれ良い品である事は間違いないと思います。次は時間のあるときにホバートラックでも製作しようかな?

 

 

 

| | コメント (15)

2009年10月10日 (土)

MS-09H「デザート・ロンメル専用機」完成!

遂にロンメル中佐の赤い奴が完成しました・・・゚・(ノД`)・゚・。

■まずは軽く機体解説

 1年戦争におけるドム系統の最終型。MS-09の弱点であった行動可能時間を増設したプロペラントタンクで補ったり局地戦闘に特化させた事により総合的な性能の向上に成功、地上ではMS-14系よりも優秀と言われていた。一般的なG型、通信系と両肩に増設された推進器により運動性を高めたH型が存在する。なおH型で有名な搭乗者ではデザート・ロンメル中佐が有名である。

 しかし生産が開始されたのは大戦末期で総生産数はわずか88機に終わった。その殆どは残党兵等に使用される事になり、アフリカ解放戦線、ロンメル隊等で運用されたと言われているが定かではない。もしこの機体がオデッサ防衛線に間に合っていればオデッサはジオンのものだったとも専門家の間では言われている。

 何時もながら説明書のうろ覚えと想像で書いた物なので細かいツッコミは無しよ~。

 

■私は・・8年待ったのだ(玄田ボイスに変換して)

Rimg0154_2 

 2ヶ月ぶりに完成しましたロンメルのH型。最近全然更新されなかったのは塗装に本気を出していたからです(自分なりに・・ね)

 テーマは「敗残兵と共に8年間運用された、重厚感」。個人的には何とか表現できたかなと思っています。

 

Rimg0153

 まずは頭部ですがほぼスクラッチです。エポパテの塊からの削り出し、HGUCドムのモノアイの機関部が入るように内側をくりぬき差込用のジョイントを設けています。これさえなければドワッジは簡単な分類なのでしょうけど・・・。

 更に二本ある頭部アンテナの形状が違うのでプラ材で修正、モノアイはHアイズの2.8mmを使用しています。

 

Rimg0155

リアから。

腕部は基本HGUCドムで肩のブースター付きのパーツは旧キットから流用、くりぬきHGUCのドムの赤いパーツを加工して取り付けています。

 解説書を見ると肩の上側はハッチになっているようなので二本ラインを追加、バーニアは市販パーツで。握りこぶしはHGUCドムの数少ない出来の悪い部分なのでデザインナイフで修正しています。

左側の肩の3本スリッドは凄くモールドが甘いので貫通させました。

 

Rimg0152

真横はこの様な感じ。

胸部は旧キットとHGUCのニコイチ。接合部をエポパテ等で合わせ両肩を取り付けた際に隙間が空かないようにギリギリまで本体側を削り込みます。

スプレッドビーム周辺は旧キットベースにエポパテで形状変更、ラインの修正。

頭部脇のアンテナはプラ材等に変更。

胴体中央のダクトは旧キットをベースにパテ類で形状変更、サイドアーマーにヒートホークラックを取り付けられるように穴を開けモールドを彫ってそれっぽく。

リアスカートは旧キットがベースですがそのまま取り付けるとラインが上がりすぎて格好悪いのでパテ類で調整します。フロントアーマーは形状変更、勿論左右独立可動は維持します。リアスカートのフィンはモールドが激甘なので全て彫りなおしています。

 

Rimg0156

俯瞰で。

脚部はほぼHGUCのままですが、太腿に縦ラインを追加、両サイドのフレアにある摩訶不思議なパーツは旧キットから。

 

Rimg0150

連邦軍から接収したビームカノンを装備。

 どう見てもドム系のデザインのビームカノンはグリップ周辺を違和感が無い程度に形状変更、さらにフォアグリップは可動式に加工しています。これで両腕で持たせても違和感無くポーズを取ることが出来ます。

 ヒートサーベルは素組み、プロペラントタンクは旧キットから、モールドを彫りなおした程度です。

 

Rimg0160

 劇中でもインパクト大でしたヒートトマホーク。もちろん製作しています。HGUCザク系のヒートホークを加工して製作いたしました。簡単な様で2時間程度かかっていたり。

 あれだけ本編で使用しているのにプラモデルには付属されていません。なんで?

あと全体に3段階で処理したリューターによるダメージ痕を追加、この部分にエナメルが残ってドライブラシをかけると主張が強くなってたまりません。

 

Rimg0158

今回は塗装にかなり力を注ぎました。

まずは配色ですが

基本色1・・・レッドFS11136+白極少量+茶系少量

基本色2・・・ネービーブルー+白極少量

関節等・・・・グレーFS36118

ビームカノン・・グレーFS36118+グランプリホワイト(半々位)

タンク等・・・オレンジイエロー+クリアーオレンジ+白少量

 

汚しですが、まずはウォッシング前につや消しクリアーを吹きザラザラな表面にしたらエナメルのレッドブラウン+フラットブラックをライターオイルで薄めた物を基本色2以外の部分にウォッシング。

そしてエナメルのハルレッド+フラットブラックをライターオイルで薄めた物を基本色2の部分にウォッシング、CGの様な斑点状に拭き取ります。

乾いたらエナメルでドライブラシ、その上からパステルでドライブラシをかけます。

何時もでしたらここで終わりですが黒系で要所要所にエアブラシで吹きかけ、更に要所にクリアーオレンジを吹きかけます。やりすぎると汚くなるので頃合が難しいです。

デカールはジオンマーク1個のみ!漢仕様となっています(笑

 

Rimg0161

ポーラのG型と。

プラモデルの印象を考えるとこの2ショットは外せません。HGUC基準でこの2体が並んでいる画像って意外と少ない?

ブロックヘッドのB型とC型が並んでいるようにも見えなくは無い。

ドム好きでしたら失禁ものの2ショット!?

 

Rimg0162

ロンメル隊

カラハンのディザート・ザクと。

絶対に外してはいけない2ショットですね、何だろう、この達成感は・・・。

 

■コッソリ追加画像(笑

Rimg0149

Rimg0159

 ブログ更新時に乗せ忘れた画像2枚です。

 

 

2ヶ月がかりでようやく完成したロンメルのドワッジH型。画像から敗残兵の悲壮感等が伝われば成功かな?

せっかく塗装していたので一緒に製作した61式、61式5型は次回の記事でUPします。オマケですがかなり本気で製作していますのでそちらは次回にでも・・・。

ようやく完成したー!そして疲れたー!

 

| | コメント (18)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »