« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月27日 (金)

アメトーク 3回目のガンダム芸人

いろいろなジャンルでトークを盛り上げる「アメトーク」。今回はご存知ガンダム芸人です。

今回で3回目、2回目はVS越中芸人でしたが(笑

今回は3回目だって!(越中つながりで)

■リアルタイム更新なので雑な文面なのは勘弁(;´Д`)

竹若さんのホワイトベース内の移動シーン、小学生の頃良くやったなあ~と共感。

土田さんの作品解説でガンダム0083を「ゼロゼロハチサン」と言っていましたが、私は「ダブルオーエイティスリー」と言いますので人それぞれだなあと。どちらの呼び方が良いのかはどうでも良いとして。どちらも正しいと思いますが私のほうが少数派?

お台場ガンダムの1/60スケールが8万円で受注生産されることを放送で初めて知りました。8万か・・・ガンダム芸人の方たちは高くないと言っていますが流石は芸能人だなあと痛感。

タムラ中尉(料理長)が作った塩味が薄い弁当が売られていた話は吹きました(;´Д`)

土田さんが大まかな解説のときにスペースコロニーを7個作ったと・・・コロニー自体はもっとあるでしょ~。それ以外は分かりやすい解説で初めて聞いた人にも分かりやすい内容でした。

ライセンスの方が言っていたのですが子供の頃はどうしてもアムロとシャアに目が行きがち~と言っていましたが私は子供の頃からアムロとシャアには興味を持っていませんでした。現にガンダムとシャア専用ザクのガンプラは当時ですら購入したのは最後のほうだったし。ちなみに初めて購入したガンプラは1/144ジムでした。

土田さんがブライトさんの「殴ってなぜ悪いか」のポーズを再現、やはり小学生の頃真似したっけなあ~と思い出します。

名場面セレクトがシャアとドレンの会話シーンと言うのが笑えた。テレビだと32話「強行突破作戦」かな?映画版ならめぐりあい宇宙の冒頭ですかね?

ライセンスの人が一番格好良いガンダムキャラはスレッガーと。分かる気がするけど私の場合は何だかんだ言ってアナベル・ガトーあたりかなあ。初代限定ならスレッガーかランバ・ラルはテッパンか。

品川さんの名場面セレクトは36話「恐怖!機動ビグザム!」から。ドズルの声が郷里大輔さんでスレッガーの声が玄田哲章さんだったのでテレビ版。て言うかGファイターの地点でテレビ版か(^^;

クワトロ大尉の「これが若さか」はやはり笑いの対象になっちゃうんでしょうね~。

ガンダム芸人のお宝グッズ紹介は土田さんの芸能人のコネでしか手に入らなさそうなアイテム以外は意外と市場で手に入る物で好感が持てました。

名場面シーンとガンダム芸人のコラージュのコーナー。個人的にはランバ・ラルの自害のシーンとか格好良いなあなんて思っていたら竹若さんが同じチョイス!想像ですが多分この人は本当にガンダム詳しいんだろうなあ~。

ラストはHGUCが100体登場で芸人が各々と名場面の再現で幕を閉じます。ヘイズルやフライルーもありましたがは目に入っていないんだろうなあ。

以前より軽い気持ちで見たので思ったより楽しく見ることが出来ました。

けどなんだろう?この違和感。アメトークのDVDは一通り所有しているのですがガンダム芸人の回は見ていないし・・・。

あと誤解されるとアレですが土田さんは嫌いじゃないです。最近はむしろ好きな芸人さんですかね?ガンダム話をしている土田さんが今ひとつ好きになれないだけです・・。

超速攻レビュー?でしたm(_ _)m

| | コメント (11)

2009年11月22日 (日)

作業停滞と雑談

 

最近本館の方を全然更新していませんでした。

 新たに就職した業務に体が慣れていなく模型の製作をする気になれないのが本音だったりです。ですが、今月の8日から更新していなくてもhit数が1日500~800と落ちていないのが凄く嬉しくそれにお答えする為にもブログの更新をしなくては!なんて思う毎日です。

 今はですね~、ユーティライネンのザクはあいかわらず脚部をチマチマ製作しています。06Rは脚が重要ですからね。

 それと強襲型ガンタンクの製作をしています。まだ画像に出せるレベルではありませんが。この様子ですとガレキどころかEXモデルでも発売が危ういと思い製作を始めたのですがネットを調べると結構製作している方が多いんですね~しかもみなさん上手だし。

 最近購入したガンダム関連と言えば新しい所ではガンダム7号機を購入。店頭で15パーセント引きの物をさらに27パーセント引きというので余り好きではない機種ですがアーマー無しで製作したいと思い一応購入いたしました。

 中古ではベタですが久しぶりにマスターグレードを購入、パーフェクトガンダムの中古が2000円と半額だったのと以前自分で狂四郎の単行本のレビューをした勢いもあったのでしょう。しかし良く出来ているんですね~、通常のビームライフルがあったらもっと嬉しかったのですが。

 更新ネタは幾らでもあるのですがガンダム以外なら何でもUPできると言う理由でどうしても別館ばかり更新してしまいます。それもfigmaばっか。

 作りかけのケンプファーや陸戦型ガンダム、サラミスなどもあるのですが本音はHGUCのジムかザクをストレートでカッコ良く作りたい!あとジムキャノンのアフリカ戦線仕様も作りたいかな?

雑談ついででダラダラ行きますがユニコーンは結局OVAなのですか?1年戦争系は必ず購入するけど今回はレンタルで見るだけで十分かな。それよりもボトムズの新作のほうが・・別館ネタですね。

 今月のHJ誌を見ました。あらゆる年代の機種が掲載されていて久しぶりに面白かったです。特に更井さんのグフ重装型は流石の一言!
 このブログで良く言う事なのですがモビルスーツに機体番号や企業メーカーのデカールがデカデカとF1カーみたいに貼られているのが嫌いでして(量産機でなければひとつの表現法だと思うのでアリかと思う。余り好きではないけど)そうした手法とは無縁で正攻法の作例なのにしっかりと作風があるところが素晴らしいんですよね。

 未だにPS3のガンダム戦記をプレイしていません。まさかPS3本体が購入して1年と2ヶ月で故障してしまうなんて考えてもいませんでしたから。ソニーさんに電話で聞いたところ修理には9975円かかるとの事です。冗談で良く話すソニータイマーってホントにあるんじゃないの?なんて疑いの目で見てしまうくらい。 

 しかも嫌なタイミングで新型発売!個人的には新型を見た瞬間安っぽいと思っていましたが現物を見るとそんなことも無く良いデザインです。今使用しているPS3より性能が高くて安いのですから修理は馬鹿らしいし中古で売りに行くと買取がたったの1万円!値崩れが酷すぎる・・・。とても修理をする気にはなれずあいかわらずPS2ばかりで遊んでいます。隣に置いてあるPS3が寂しすぎるよ(;´Д`)

 しかもPS3本体のデータを初期化すれば直る事もあるというので全て初期化しちゃったよ。メタルギアソリッドやバイオハザード5の完璧なまでに育て上げたデータが全て消えました( ´_ゝ`)

 そういえば今週の木曜日のアメトーークは久しぶりのガンダム芸人特集でしたっけね?冷やかし半分でみよっと。番組上仕方が無いのでしょうけどまたTVシリーズの話だけなのですかね?
 以前に拝見した時に1/12ガンダムを自慢していたけどそんなに1/12シリーズって欲しいものなんですかね?正直HGUC量産型ザクとどちらかくれると言われたら迷わずHGUC頂いておきますけどね。大きい、高いアイテムを持っていると逆にミーハーな気が・・・もし持ってる人いたらゴメンなさい。同じ理由でベタな名台詞とか書いてあるTシャツとかも寒い。

どうでも良いことばかり書いて申し訳ないです・・・次は06Rの進行した画像を更新します・゚・(ノД`)・゚・。

| | コメント (8)

2009年11月 8日 (日)

MS-06R-1「イルマリ・ユーティライネン専用機進行具合④」

 

■まだまだ改修

Rimg0116

胸部の形状を前回よりさらに変更しています。

ボリューム過多すぎたのを調整と同時に角度の変更で旧MSVのR型やマインレイヤーを思い出す感じになったかと。

もう少し改修します。

 

Rimg0117

R1型の一番の鬼門である足周りの改修を始めました。

ホントこの加工嫌い!加工中の画像なので汚いですが・・・。

この様なチビチビ更新でスマン!

| | コメント (12)

2009年11月 4日 (水)

MS-06R-1「イルマリ・ユーティライネン専用機進行具合③」

最近指の怪我が多いです。バッティングセンターで爪を割り、火傷したりピラニアソーを使用中に手元が滑って指を軽く切っちゃったりでとにかくツイテないです・・。

■前回の記事「コミック プラモ狂四郎③」
 ジェットモグラの勇姿!プラモデル持ってるから別館で作ろうかな?
 http://misojikousyou.cocolog-wbs.com/blog/2009/10/post-a8b9.html

 

■久しぶりに進めました

Rimg0164

久しぶりに作業いたしました。

前回の状態から今回の形状出しまで大体4時間ほど(エポキシパテの硬化時間は除く)、とにかく立った状態で確認したかったのでバリ処理すらされていないパーツもあったり。

 

Rimg0165

右のハンドパーツは懐かしのコトブキヤ製の「てっちゃん」。ホワイトメタル製で加工がし易くデザインナイフで切る事ができます。20年程前に購入した分が残っていたので軸を短くしてHGUC量産型ザクのボール部を移植しています。

あとより握りを自然に見せる為にてっちゃんの指を1本1本切り分けています。

 

Rimg0167

なぜてっちゃんを使用するかと言いますと右腕を垂直に下ろした状態でハンドパーツの握り具合の角度でヒートサーベルが斜めになるようにしたい為です。素立ちのシルエットが数段格好良くなっていると自負しています。

ヒートサーベル自体はB3グフのものですが、コレをベースに形状変更する予定です。

 

Rimg0166

胸部は06Rと言う事で古臭いと思われそうですが形状変更、あと私にしては珍しくボリュームアップしています。チョッとやり過ぎた気もしたけどヒートサーベルのインパクトに対抗するには丁度良いのかもしれません。

やはりこの形状のほうが良いなあ~、MSVをリアルに体験した世代にはたまりません(^^;

 

Rimg0168

足が付くと急に力強く見えるから不思議です。

脚部は修羅の双星のR型を製作した時と同様に製作していたのですが今回は旧ザクのパーツを使用していないので若干修正して使用しています。

マスキングテープがとりあえず組んだと言わんばかりですね(;´Д`)

今回で06Rは3機目で正直辛いですが他とは違うインパクトのある機体なので少しテンション上がってきた!

| | コメント (14)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »