« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月31日 (土)

MS-06R-1「イルマリ・ユーティライネン専用機」進行具合⑩

久しぶりの2日連続記事となります。

 

■肘周辺の加工

Rimg0064

コミックを良く見てみると前腕はカットによってF2のままの物とF型の形状にF2の肘アーマーが取り付けられていたりと様々です。

楽な方ですとF2の前腕を流用すれば良いのですが、また悪い癖が・・

F型の前腕にF2の肘アーマーを付けた状態の方を再現したいと思います。

 

Rimg0063

後ろから。

当初はF2の位置関係で製作したらどうしても小さくなってしまい作り直す事に。肘関節の位置の関係でやや縦長に製作すると丁度良いようです。

肘のアーマーはエポキシパテの削り出しです。

肘アーマー周りを一段スジ彫りを深めに掘り別パーツ間を強調します。やり直しただけあり形状は良い感じ。

 

 

Rimg0065

全体を見るとバランスが分かると思います。両側に同じ物を作る面倒さと言ったら・・

しかし苦労しただけあってナカナカ格好良いでしょ?

| | コメント (16)

2010年7月29日 (木)

MS-06R-1「イルマリ・ユーティライネン専用機」進行具合⑨

別館の方でタカラの1/24スタンディングタートルを製作していまして気分転換には最適です。ボトムズ好きな方は別館もチェック!

■スタンディングタートル進行具合①
http://misojikousyou.cocolog-wbs.com/maniamisoji/2010/07/282124-f865.html

 

■今回は肩の改修

Rimg0057

一見何も変化が無いように見えますが肩の位置を変更しています。

普段ザクを製作する時は特に気にする部分でも無いのですが両肩がシールドになっている分、ひ弱な印象が強くなってしまう事と「太刀使い」なんて異名も付いている位ですから力強い印象を付けたいわけです。

 

Rimg0058

正面から。

肩関節の位置を数ミリ上に変更しました。たったこれだけの事ですが印象が大きく変わるから不思議です。

 

Rimg0060_2

以前製作したロビン・ブラッドジョーのR型と。

肩の位置の違いが分かるかと思います。

 

Rimg0059

以前よりもエースの風格が付いた様な気がします。この機種に限らずR型でしたら良く似合うと思う。

後は肘アーマー、シールドの固定器具、肩のモールド辺りでしょうか。少しづつ進めていかないといずれHGUCで06Rが発売しちゃったり・・なんて事にならないようにしないといけませんね(;´Д`) 

| | コメント (8)

2010年7月16日 (金)

展示室 ドワッジH型ロンメル搭乗機更新

 

Rimg0036

完成してから数ヶ月経過して今さらですがサイドバーの展示室にロンメルのドワッジを更新いたしました。

画像は全て新規に撮影したのですがどうにも今ひとつ。フィギュアばかり撮影していたせいかしら?

サイドバー内の解説文は後日追加します。

 

Rimg0044

せっかく撮影をする為に重い腰を上げたのでディザート・ザクとポーラのドワッジの画像も数枚撮影し直しました。

 

Rimg0055

Rimg0048

以前からドワッジとディザートザクの画像を交換したいと思っていたので良い機会でした。近日中にサイドバーの方に追加いたします。

 

別館のblogが20万hitを突破いたしました!何でもかんでも更新してしまう身勝手な内容にもかかわらずここまで続ける事が出来たのは皆様のおかげだと思っております。本館共々よろしくお願いいたします。

| | コメント (10)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »