« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月10日 (木)

ジェットモグラ 狂四郎仕様完成!

 

Rimg0005

ようやく完成したジェットモグラ。当初はユーティライネンのザクの息抜きのつもりが大掛かりなリハビリとなってしまいました。

その分一つずつの作業に時間をかける事が出来たので塗装とウェザリングは2日程度で終わる位集中したし楽しむ事も出来ました。

このblogを見ていただいている方には説明は不要かと思いますが、今回製作したジェットモグラはコミックボンボンで連載されていた「プラモ狂四郎」3巻にて登場したキットでした。私の様な30代中盤から40代前半の方ですとなにかと記憶に残っているのではないでしょうか。サンダーバードは知らなくともジェットモグラは知っていたり。私もその一人です。

 

Rimg0006

キットは元々イマイ製の物をアオシマが引き継ぎ発売されているものです。モールドが追加されたり中々細かな作りなのですがそれでもまだ大味なので間延びしている部分に情報を少しばかり追加して目に見える情報量を増やす方向にいたしました。

 

Rimg0014_2

今回はドリル部以外の部分にはチッピングを施しました。

チッピングの上からウォッシングを追加して違和感を軽減させています。

 

Rimg0009

Rimg0007

狂四郎仕様と言いつつ相違点は狂四郎デカールのみ。

狂四郎マークに関しては当初はマスターグレードのパーフェクトガンダムに付属の物を使うはずだったのですが、3種類用意されているのにもかかわらず丁度良いサイズが無い。

悩んだあげくPCに取り込んでインクジェット対応のタトゥーシールを使って丁度良いサイズを製作しなおしました。ドライブラシをかけて違和感を軽減させていますがまだ浮いている気がします。本体の汚し具合とのギャップが大きいからなのでしょうね(;´Д`)

 

Rimg0012

本体後部の排熱プレートは設定どおり2番機の物を取り付けています。

 

Rimg0011

流用パーツを埋め込み車幅灯の様な表現を追加、タンク的なモールドの後部に市販パーツのバーニアを追加してディテールアップ。

 

Rimg0015

エバーグリーンのプラ材で間延びした空間を埋めています。言われないとどれがそのパーツか分からないくらいでしょ?

 

Rimg0010

履帯の泥汚れはエナメルのバフでウォッシングした後、アクリルで溶いた粉末パステルを塗って不要な部分を拭き取ります。本体履帯周りは強めに汚しをかけています。

 

Rimg0016

クローラーの正面がスカスカなのでエバーグリーンのプラ材と市販パーツで密度を増します。大した事はしていないですが効果は絶大です。

 

Rimg0017

後部にも同じ表現。

ちなみにクローラー上部レイル先端の形状を変更しています。

 

Rimg0018

上部にある赤色灯は付属の物が余りにも酷いので3ミリランナーを加工したものに変更しています。

 

Rimg0008

塗装に関してはドリル部は最初に塗装されていたアルミ系のカラーを落とし黒下地をした後にシルバー塗装、シルバーは下地に黒を吹くだけで重厚感が違います。

基本黒下地はネイビーブルー、イエロー系はキャラクターイエロー+ホワイト、クローラーのブルーはキャラクターブルー+ホワイト、履帯はネイビーブルーのままです。

様はその辺にある塗料を使用しただけだったり(^^;

イエロー系の上からクリアーオレンジでシャドウを吹き重量感を追加しています。

ウォッシングはエナメルのフラットブラック+レッドブラウン。比率はレッドブラウンを6、フラットブラック4の割合でブラウンをやや強調しています。

 

Rimg0022

本体とクローラーは設定どおり分離可能です。

 

Rimg0019

Rimg0021

Rimg0020

地中射出体制。

 

Rimg0023

1/144の61式戦車との比較。

ジェットモグラは1/72です。

 

Rimg0013

ジェットモグラのキットを購入したのは随分前の事でしたが押入れの肥やしにならないで本当に良かった・・

たまには改造から離れて純粋にキットを楽しむのも良いですね。ようやく模型リハビリも終え次のキットに取り掛かれそうです。

次はランス・ガーフィールドのB3グフです。やる気出てきた!

 

Rimg0024

おまけ。

ジェットモグラ初登場の単行本3巻と(*^-^)

 

| | コメント (14)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »