« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月19日 (土)

MS-07B3 ランス・ガーフィールド専用機進行具合③

 

Rimg0016

大差の無い画像が続き申し訳ない・・

何度も記載してしまいますが元のキットの完成度が高いので細かな改修を少しづつ掲載していきたいと思います。

これが完成したらユーティライネンのザクを進めたいなあ・・

 

Rimg0018

旧ザク同様、クチバシ奥のラインが気になるので瞬間接着剤で埋めました。

モノアイのモールドも削り落としました。

 

Rimg0019

動力パイプの前側を切るだけで後ハメ加工が可能です。

アンテナも前側にV字上に薄く加工しております。単に薄くするとバランスがねえ・・。

 

Rimg0017

脚部フレア周辺を薄々攻撃。

個人的には防御力を損なうような表現は如何な物かと思いましたが修羅の双星のF型以降考えも変わり今回も施す事に。

玩具っぽさが抜けて可動範囲も広がるので一石二鳥と言うわけですね。

 

 

| | コメント (8)

2011年3月16日 (水)

MS-07B3 ランス・ガーフィールド専用機進行具合②

東日本大災害から数日が経過しました。被災地の事を考えるとブログの更新も躊躇ってしまいましたが、こうして普通にブログを更新したり模型を製作できると言う事のありがたさを感じつつようやくの更新です。

 

Rimg0001

前回同様HGUCグフカスタムの素材自体はとても良いので今回も細かな改修です。

 

Rimg0006

Rimg0007_2

コミック「ギレン暗殺計画」を読むと頭部にメンテナンス用のハッチが描かれているカットと描かれていないカットが存在します。

グフ系には似合うとは思えなかったのですがいざ追加してみると格好良い。

何気に頭部のモールド追加って微妙なカーブがあるので難しいですね・・

 

Rimg0002_3 

両肩のスパイクは前回改修したのですが左右のバランスがいまひとつだったので調整しました。

もう少し調整の必要がありそうです。

 

Rimg0003_2

HGUCグフカスタムの問題点でもある左の前腕の突起。今回はネオジム磁石で対応しました。塗装してしまえば元の状態よりは数段見栄えが良くなるはずです。

 

Rimg0005

問題なく装着できました。

ポリパーツと比較すれば外れやすいですが大きな支障は無いようです。

 

Rimg0008

後は目立つ場所と言えばフレア周辺の薄々攻撃程度でしょうか。

ガトリングシールドは今回は活躍の場が無いので別館で考えている所がありまして・・・

 

 

| | コメント (10)

2011年3月10日 (木)

MS-07B3 ランス・ガーフィールド専用機進行具合①

 

Rimg0001

完成度の高さで評価の高いHGUCのB3グフ。

ノリスのグフも魅力的ですが、ここはヒネクレ者の私らしくギレン暗殺計画に登場するランス・ガーフィールドの専用機で進めたいと思います。

HGUCのグフカスタム自体は素晴らしく不満は殆ど無い位。フレアの薄々攻撃とスパイクの形状変更、スパイク内側の軸を削った程度です。

 

Rimg0002

外観のシルエットはほぼパーフェクトの出来。手を入れる部分なんて殆ど無いでしょう。

ヴァイスローゼの機体はネットで調べると結構製作されている方も多く、差異を出すにはウェザリングかなあと。先日製作したジェットモグラの様な感じで製作しようかと思います。

 

Rimg0003

旧HGで問題視された胸部内側のスカスカ具合も解消されています。

フロントアーマーの可動はかなり割り切っているのですが上手い具合に動力パイプで隠れるので違和感がありません。ここまで計算されているのには驚きです。

 

Rimg0004

どうしても何とかしたかったスパイクの形状は根元の角度を削って変更した後エポキシパテで内側になだらかな形状に。

そのままですとバイキングが被っている鉄帽みたいですし・・かと言って旧キットのスパイクを流用すると大きすぎて全体のバランスが崩れるので絶対にしてはいけない。

頭部にはメンテナンス用のハッチのラインを追加予定です。今の所はボールペンでアタリを付けているだけ。

スパイクアーマーの内側の軸を削り落とすとスパイク側が本体に被さる様になりグフらしさが向上します。

 

Rimg0005

更に驚いたのが合わせ目処理の少なさ。

スパイクアーマー、脚部フレア後部、肩パーツ程度ではないでしょうか。それ以外はラインで上手に表現されています。

 

Rimg0006

左前腕の凸パーツは35ミリ3連ガトリングを接続させるのに必要なパーツですがどうしても気になる。せめて武装側に付いていたらまだ気にならないのだが・・。

ネオジム磁石でも仕込んだ方が良いのかもしれませんね。

 

肝心のマーキングは友人であるヤマネ工房さんにアルプス製のデカールを頂いているのでありがたく活用したいと思います。今回もモグラ同様塗装重視なのでサクッと表面処理を済ませたいと思います♪

| | コメント (8)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »