« MS-07B3 ランス・ガーフィールド専用機進行具合③ | トップページ | 雑記など »

2011年4月 2日 (土)

雑記など

 

雑記などをつらつらと・・

 

■まずは模型関連

Toygdm1363

まずはご存知の方も多いHGUCドライセン。袖付きのユニコーンverとしての参戦となります。

1/144ドライセンは旧キットも完成度は高い方だったのですがHGUC化された事によりさらに昇華されています。個人的には頭部と膝関節の表現が特に評価できるかと。

久しぶりのドム系と言う事で非常に期待の高い一品ですね、価格は税込みで2100円。

余談ですが私がドライセンを製作したのは中学1年の頃でして、デザートイエローで全体を塗装して旧ドイツの車両デカールを貼り付けたのを思い出します。袖付きだってナチスの制服を意識しているのは明白ですしあながち間違った方向性でもなかったのかも?あの頃は楽しかったなあ。

発売時期は5月となっております。

 

■遂に登場、ジムキャノンⅡ

Toygdm1369_01

同じくHGUCで遂にジムキャノン2が発売されます。0083系としてはF2ザク並に心待ちにしていた方も多かったのではないでしょうか。

形状試作を見る限りマッシブな外観を上手に再現されているかと思います。両肩のビームキャノンは下部を見るとギアの造型が施されていたり、ビームサーベル収納、抜刀まで再現されているようです。

価格は想像していたよりも安く1470円(税込み)。やはりキースとアデルの両機をそろえるのはデフォかも?

発売時期は6月となっております。

 

■ヤマネ工房さんの新作が更新されています

Epsnsinanju01_2

Epsnsinanju02

ヤマネ工房さんの新作はHGUCシナンジュ。

まず目に付くのが塗装技術の高さ。ついついやりがちなスポーツカーの表現を廃し、劇中のイメージを尊重した仕上がりが素晴らしく重厚感も伝わるほど。マスターグレードと見間違えてしまう様です。

今回もデカールの使用は皆無。1/144であり、袖付きの機体特有の金色のモールドがより活きるには正解だと思う。
ドデカく機体番号や所属等を斜めに入れたりするのは論外、せっかくの金色の装飾のインパクトが薄れてしまいますからね。なので塗装のごまかしが一切効かない状況ですが見事なまでに完成させています。何時もながら見事です。

 

Epsnsinanju08_2

今回もフィギュアの製作をされていました。

複雑な造型のフル・フロンタルですが見事に仕上げています。とても1/35スケールとは思えない!

原型には以前スクラッチしたシャアを芯にしているとか。いろいろな意味でこの人わかってるなあと。シャア好きの彼だからこその表現でしょうか。

フィギュアの製作に1ヶ月かかったとか・・お疲れさんです(;´Д`)

■ヤマネ工房
http://yamanekoubou.gozaru.jp/index.html

 

■DVD-BOXが新価格で

51xwq19til__sl500_aa300_

G-SELECTIONと題して初回限定生産ですが低価格で発売されるようです。

その中でも個人的に進めたいのはMsiglooのBOXかと。「一年戦争秘録」、「黙示録0079」、「重力戦線」の全9話が収録されて価格は税込み12600円とかなりお買い得です。

その中でもお勧めするポイントは2点あり、確かではないですが情報を見る限りではディスク3枚に収録されており1話ごとに面倒なディスクチェンジをしないで済む事。

もう一つはご存知の方は知っている一年戦争秘録の3巻分は今まではDVDですとローソンでしか購入できず現在は絶版なのですが、今回DVDとして初収録となります。
当初はDVD版の発売予定はありませんとか公表していたと思ったがUMD版、BD版、レンタルと変化球でドンドン出す始末で遂にDVD版も収録される事に。

これからMSiglooを見ようかと思っている方にはお勧めの品かと思います。

 

■別館のご報告

Rimg0026

別館ではスクラッチで1/12サイズでM1A1トンプソン短機関銃を製作しています。ご覧の通り99%流用パーツはなくプラ材のみでの製作です。

 

Rimg0029_2

こんなに小さいんです(;´Д`)

ガンダム以外にも模型に興味のある方は別館のほうにもどうぞ。

■三十路工廠の別の顔
http://misojikousyou.cocolog-wbs.com/maniamisoji/2011/03/328figmam1a1-aa.html

 

 

|

« MS-07B3 ランス・ガーフィールド専用機進行具合③ | トップページ | 雑記など »

コメント

 こんばんは。(笑)

 楽しみな新作が続々ですね。(笑)
 個人的にはジムキャノンⅡが嬉しいです。

 ヤマネさん、いつもながら素晴らしい作品ですね。見とれちゃいます。(笑)
 と、言いつつ 三十路さんの短機関銃のスクラッチ!? こちらも凄すぎです。(笑)

投稿: トム | 2011年4月 2日 (土) 19:55

ドライセンは旧キットも秀作でしたね!腕のビームキャノン・ギミックが逸品だったな~と今でも覚えてます。
ジムキャノンⅡは「やっと!」という感じですね!量産型ガンキャノンから作らなくて良かった(笑)


シナンジュは塗装の際には参考になります。イグルーはディスクチェンジの手間が省けたところが一番重宝するところかも・・・。
プラ板製の機関銃、小さいですね!細かい物好きな私にはたまりません!!

投稿: SYON | 2011年4月 4日 (月) 07:53

>トムさん

ジムキャノン2は嬉しい誤算ですね〜、遂に出たか!といった感じですね(^^)

ヤマネ兄貴の基本に忠実ながら個人の持ち味がしっかりと出ている所が流石ですね〜。

別館の短機関銃は今は更に進んでいます。サイズ的にはイチヨンヨンの武器位ですね♪
一度手が動き出すと楽しくて楽しくて・・

投稿: 三十路工廠 | 2011年4月 4日 (月) 14:23

>SYONさん

ドライセンは旧キットの完成度も高く、HGUC化は後回しにされる印象がありましたので意外性に驚くばかりです。
ユニコーンに感謝ですね(^^)V

ジムキャノン2の商品化は遂に来たかと喜んでいる方も多いでしょうね〜、私もその一人です♪

ヤマネ兄貴のシナンジュの正統派の塗装はコーションマーク一つ無いのに存在感の高さを感じますね〜。

イグルーの再販DVDの最大の魅力はディスクチェンジのもどかしさから解放される事なんですよね〜、正直買い直そうかと考えちゃいましたから(汗)

プラ板工作は不思議と不思議な中毒性がありますよね??時間が過ぎるのが早い早い(^^;)

投稿: 三十路工廠 | 2011年4月 4日 (月) 14:32

ジムキャノンⅡ★☆★
0083の機体はみんなカッチョイイな~♪

先日、BSでやってたユニコーンの特番観ました☆
シナンジュ、作例ではイマイチと思ってたけど、動いたらカッチョ良かった~~
んで、ヤマネさんのシナンジュはなんでこんなカッチョイイの?
プラモや完成品トイでは、いつも脚が長すぎて、バランスおかしく見えたんだけど・・・
塗装も確かにスポーツカー系に奔りますよね!?自分でも、きっとそうです。
もう思考回路というか天性のセンスが違うんですかね~☆

投稿: オーバードライブ | 2011年4月 5日 (火) 23:07

>オーバードライブさん

ジムキャノン2は遂に出るか!と模型誌を見ながら一人で頷いていました(笑)

ヤマネ兄貴のシナンジュの手堅い表現の中にある強い個性は本人しか出せない味でしょうね〜♪

投稿: 三十路工廠 | 2011年4月 7日 (木) 01:10

お晩なりました。

ジムキャノンⅡたのしみですよね~
キャノンスキーな私は本当に待ちどうしかったです。
早く6月にならないかな~♪

別館も楽しませていただきました、どんな物を手がけても本当に上手い!只々感心するばかりです。


投稿: こしょう | 2011年4月14日 (木) 21:21

>こしょうさん

ジムキャノン2は楽しみですね~♪
早くジムカスタムと並べたいものですね!

>別館
嬉しいお言葉ありがとうございます☆
別館の銃器はようやくサフ吹き状態になったのですが傷が出るわ出るわでして・・(;´Д`)

今は平行してfigmaサイズのスネークの頭部の製作をチマチマと製作していますよ~、おかげでグフカスタムが進まなくて・・・。

投稿: 三十路工廠 | 2011年4月17日 (日) 08:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MS-07B3 ランス・ガーフィールド専用機進行具合③ | トップページ | 雑記など »