« MS-07B3 ランス・ガーフィールド専用機進行具合④ | トップページ | MS-07B3 ランス・ガーフィールド専用機進行具合⑤ »

2011年6月 1日 (水)

機動戦士ガンダム ギレンの野望 ジオン独立戦争記を振り返る

最近少し時間も出来てきたので友人から借りた「機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威V」をプレイしています。

 しかしながらどうにもアクシズの脅威も今作もプレイしたのですが個人的にはどうしても馴染めない。好戦的すぎるCPUは歴史SLG好きの私的には内政を重視しているせいか迎撃と生産に追われ、自陣が一向に整わない状態がどうにもイライラする事と毎ターン4、5箇所戦闘フェイズをこなさないといけないのはどうにも。部隊を完璧にしてから拠点を制圧するのが好きでして、歴史SLGでも内政値を完璧にしたい私の性格からしてどうにも肌に合わなかった。

 それとキャラのデザインが今までのシリーズの使いまわし、新規キャラのデザインの酷さ、文字フォントの柔らかい印象、それと逆襲のシャア以降のモビルスーツまで登場してしまうのには感情移入がどうしても出来ません。「if」を体感すると言う意味では良いのでしょうが一年戦争馬鹿としてはどうせ第2部以降はダラダラ状態なのですから一年戦争をもっと掘り下げて欲しいのです。

 人気のあった「ジオンの系譜」のシステムを再び採用しているのですが正直退化しか感じませんでした。ここは評価されていますが、セガサターン版よりも艦船ユニットを活かしきれていないこのシステムを待っていたの?どうにも疑問が・・

 そこで結局世間では評判の悪いと言われている「ジオン独立戦争記」。個人的ではありますがSLG好きの私としては最高傑作だと思います。現に私の友人には骨太SLGゲーマーが多いのですがこの作品は高く評価されています。

 

B000063x22_09__ou09_pe0_sclzzzzzzz_

確かに50万本売れた前作の後にフルリメイクを施すのは決断は必要だったかと思います。個人的には素直に拍手を送りたい。

■軍団制の導入

 各軍12軍団まで構成できるのですが、配備できる部隊が1軍団につき最大で30部隊、最小で15部隊となります。この差は階級で決まりまして大将だと30部隊、軍団長になれる最低の階級の少佐で15部隊と大きなさが生まれます。他のシリーズでは配備すらされなかったゴップ、エルラン、ワイアット、コリニー等無能で階級だけ高いキャラクターが活かされるわけです。
 他のシリーズでは使われることも無いゴップだって拠点の防御として30部隊配備させ防衛に回せますし、ユニットに搭乗させなければ指揮範囲の影響も無いから有能でも15部隊しか所有できない少佐より活躍する事も可能です。

■「策略」の導入

 攻略作戦開始前に多種の策略を使用できるのですが、策略が高いキャラがいると多くの策略の実行が可能となります。
 普段は役に立たないゴップやワイアットだって策略値が高い為に活躍できるのです。戦略フェイズでも内政時に強行内容ではありますが策略の提案を用意したりと大きな改善がされています。

■移動適正

 今回は移動に適正がありS~Cランク(だったかな?)高い方が短いターン数で目的地に到着する事が出来るのですが、モビルスーツの大半は適正が低い。そこへ艦船ユニットが重要となります。「ジオンの系譜」「アクシズの脅威」のシステムですと艦船ユニットの意味合いが大きく薄れ終盤では全く必用としなくなるほど。
 ですが「ジオン独立戦争記」では艦船ユニットはS~Bなのでそれこそコロンブス級、パプア級といった輸送艦やミデア、ファット・アンクルまでも終盤まで重要視させる事が可能となりました。個人的にはこの点が一番評価に値すると思います。

■モビルスーツの見直し

 前回「ジオンの系譜」ですと序盤のRX-78系の強さは生産制限も無く、今回では必ずしもそうではないと言う事。1機のモビルスーツだけでは大局は覆せないと言うリアリティも体感できます。ここが駄目という人も見かけますがSLGとしてはこの方が正しいのではないかと思う。
 機数制限もあり、それこそドムを大量生産して勝利すると言うサターン版の王道も通用せず主力の機種が生産できなくなったら次に有効性の高いユニットを生産せざる終えない所が良い。実際の戦争で1機種と言うのは聞いたこと無いでしょ?
 とはいえ好きなユニット、便利なユニットはもう少し生産したいと思うはず。生産中止を提言されるのですが強行して生産する事は可能です。変わりに生産中止を提言したキャラの忠誠が下がるので上手くバランスは取れている。

■キャラのデザインの一新

 「ジオンの系譜」で酷かった新キャラの酷いデザイン。サターン版のデザインと混ざるととにかく酷い物であれだけでもゲームに対する意欲がなくなります。
 「ジオン独立戦争記」ではキャラのデザインを一新、しかもかなり美麗。新キャラもMSV、戦略戦術大図鑑からの大量参加が嬉しい所。ですが、マイナーすぎるとの一部の声もありますが、そもそもギレンの野望なんてライトユーザー向きではないでしょ?

 しかしながら残念な部分も。コロニーの落ちた地で・・やブルー系のキャラが削除されてしまったのがかなり痛いのも事実。ですが個人的には08小隊よりユーリ・ケラーネとトップが追加されたのは嬉しかった♪

■残念なアニメーション

 40分以上の完全新規アニメーションが売りの一つだったのだがジオンの系譜よりも酷いのです。ジオンの系譜もサターン版の使いまわしを覗けば見てられない出来でしたが、近作は更に厳しい。アクシズの脅威の紙芝居&小杉十郎太のナレーションよりマシですが。

■ボリューム不足の指摘

 一年戦争の掘り下げを重視しているせいかボリューム不足の指摘が良くあります。とは言えユニットを完璧に配置する事に拘る私には特に不備を感じませんでした。次々と攻略される方にはやはり不足気味に感じるかもしれませんが他作の第2部以降のダラダラ感よりはオリジナルモードもある訳だしそれほどの差を感じない。

■ギャンシリーズの充実、ペズン、ジャブロー攻略モビルスーツの削除

 今作はギャンシリーズを正式化すると様々なバリエーションが展開されます。特にギャンクリーガーの格好良さは圧倒的で好きな機体として挙げる方も少なくありません。

 逆にペズン系、ジャブロー攻略モビルスーツの削除は痛い。こうした珍奇なモビルスーツもジオンの魅力なのですから。

 

中古屋に行くと数百円で購入できたりしますが、万人受けはしないですが私的には間違いなく最高傑作かと思っております。華々しさは薄いですが10年近く遊んでいます。好きなんだよな~☆

|

« MS-07B3 ランス・ガーフィールド専用機進行具合④ | トップページ | MS-07B3 ランス・ガーフィールド専用機進行具合⑤ »

コメント

 おはようございます。(笑)

 こういう頭を使ったゲーム、自分には難しくて出来ません。(笑)
 機体の生産順や、攻略手順など相当難しいんでしょね。そんな最中に、不満が出てくると相当ストレス?
 うーん、高い金額を出すのだから、その辺りはメーカーに頑張って欲しいですよね。(笑)

投稿: トム | 2011年6月 1日 (水) 08:36

はじめまして
私もこのゲームは好きです。今でも時間があれば、コツコツプレイしております。全くの同意見です。そろそろジオン独立戦争記自体をリメイクして欲しいところです。
機動戦士ガンダム戦記 Lost War Chroniclesとジオン独立戦争記は自分の中では最高傑作ではないかと思っています。
長々とすみませんでした。

投稿: けあらん | 2011年6月 1日 (水) 12:30

SLGは、あまりプレイしたこと無いのですが、なんとなく解りますね~。

僕もやれば絶対内政重視です!
ま、準備万端になってから戦闘では、勝って当たり前?なので、それを邪魔するかのごとく戦闘を仕掛けられるのはしょうがないとは思いますが。。。

SLG。嫌いではないんですけどね。
ゲームやってた頃は、他に面白い物がありすぎて、
僕にとっての新ジャンルであるSLGに手を広げられなかったって感じです。

投稿: オーバードライブ | 2011年6月 2日 (木) 01:32

こんにちは
アクシズ以後のPSP版には、内政や裏取引が無いのが不満でしたね
序盤を過ぎると、資源などが余るのですが、開発・生産以外に使い道が無い

敵性軍事産業や中立勢力への働きかけ(裏取引)などで、設計書を入手などが楽しかったのですがね

投稿: みぞやん | 2011年6月 2日 (木) 03:21

>トムさん

 ギレンの野望シリーズ未経験ですか!正直意外でした~。

 ギレンの野望で初登場、初立体化したのモビルスーツが多数登場しますので敷居の低いPS1版のジオンの系譜からプレイしてみてはどうでしょうか~♪中古ですとかなり安そうですし、模型を製作するときのモチベーションは間違いなく上がりますよ!

投稿: 三十路工廠 | 2011年6月 2日 (木) 11:27

>けあらんさん

はじめまして~♪

 同意見の方がいらっしゃって嬉しいです~☆
コツコツと進行するギレンの野望はどうにもライトユーザーの受けが悪かったようですが、純粋にSLGが好きな人には評価が高いんですよね~。
 大戦略等で見られる方式のサターン版もかなり好きですが独立戦争記の前ではかすんでしまいます。リメイク版欲しいですけどね~、世間の評判が悪いですから叶わぬ夢でもありますね・・

 私もLost War Chroniclesとジオン独立戦争記の2作は傑作だと思います!けあらんさんとは気が合いそうですね~、今後もお気軽にコメントしていただけると嬉しいです( ̄▽ ̄)

投稿: 三十路工廠 | 2011年6月 2日 (木) 11:38

>オーバードライブさん

ギレンの野望シリーズは面白いですよ♪

 特に序盤のジオンのモビルスーツの存在感と地球上での運搬の不便さを、連邦軍ではジオンの巨人に対抗するには余りに非力な戦力とガンタンクが完成した時の感動ときたら!ある意味1年戦争を実体験出来るシリーズでもありますね♪

 この作品でも当然ではありますが敵軍の進行はあるのですが、後のアクシズの脅威はそのバランスが悪すぎて酷い時には1ターン終了するのに重要拠点攻略でもないのに1時間程度経過していたり・・ゲームバランスって重要なんだなあ~と痛感しました(;´Д`)

 ギレンの野望シリーズはPS1版が分かりやすくて初めて始めるには良いと思いますよ♪

投稿: 三十路工廠 | 2011年6月 2日 (木) 11:44

>みぞやんさん

 ですね~、内政が疎かになっているのは痛かったですね~。資源ばかり余って資金が終盤まで不足していたのには正直驚きました。Vでは資源を売るシステムが追加されましたがそれでもバランスが悪い作品に感じました(;´Д`)

 裏取引と設計図入手は楽しかったですね!あれのおかげで第2部のマンネリ感がいくらか消化できましたから。
独立戦争記でも採用してほしかったシステムだと思います♪

投稿: 三十路工廠 | 2011年6月 2日 (木) 11:49

この手のゲームは次から次へと出ているようですが、新しいからって必ずしも出来が良いわけではないんですね。

普段ゲームをやらないのですが、このソフトは同じガンダム好きの友人から強く薦められ買いましたよ。楽しく感じる前に止めてしまったのが残念ですが・・・。

投稿: SYON | 2011年6月 3日 (金) 07:13

>SYONさん

サターン版のギレンの野望が発売されるまではガンダムゲームにまともな物は無いとまで言われていたんですよ〜。

ホワイトディンゴのスナイパーまで製作されていたからゲーマーかと思ってました☆

ギレンの野望の魅力は序盤のジオンのモビルスーツの存在感、連邦は序盤の劣勢からジムの生産で逆転する一年戦争を体感するところにあるんです♪

投稿: 三十路工廠 | 2011年6月 3日 (金) 22:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MS-07B3 ランス・ガーフィールド専用機進行具合④ | トップページ | MS-07B3 ランス・ガーフィールド専用機進行具合⑤ »