2009年3月19日 (木)

プライズフィギュア「機動戦士ガンダム0083カードビルダー レイコ&キャサリン」

久しぶりの更新でございます(最近こればっか)。別に体調が悪かったとかでもなく(本当はバイオハザード5にのめりこんでいたからと言うのは秘密)元気でございますのでご安心を??

アメトークを久しぶりに見たら「ガンダム芸人」と呼ばれている元U-Turnの土田さんがガンダムの本を出すそうですね、私は絶対買わないけど(ごめんなさい・・ガンダム芸人と呼ばれている方たちが苦手なもので・・)品川さんみたいに後から付けたような知識よりはマシでしょうけど。



■出来の良いプライズ!

Rimg0166

前回の「機動戦士ガンダム0079カードビルダー秘書フィギュア」のプライズ品は過去の記事に掲載しておりますのでそちらの方を。

今回は前作とは外観の印象自体が大きく変更されております。ちなみにスケールは1/8。


Rimg0167

まずは「レイコ・ホリンジャー」。

前回のアムロ・レイのコスプレに続く今回は0083と言う事でコウ・ウラキを意識したデザインになっております。

腰のベルト周辺は別パーツ。


Rimg0169

後姿。

前作よりもスマートな感じに纏められています。背中には「0083」の文字が。これはいらなかったんじゃないかな?


Rimg0168

バストアップ。

スマートな体形に過剰な位のバスト(;´Д`) ハアハア

今回は衣類が成形色で纏め上げているので少し安い印象があります。その他はタンポ印刷をメインにしているので綺麗に印刷、塗装されています。どうせタンポ印刷を使用するのなら肩のトリントン基地のワッペンも細かく再現して欲しかった。欲張り?

Rimg0170

お次はキャサリン・ブリッツェン。

こちらも印象が前回より大きく異なります。前作がシャア・アズナブルのコスプレに対して今回はアナベル・ガトーを意識したデザインになっております。


Rimg0172

後姿。

やはり0083の文字が。個人的にはマイナスポイントですがプライズならそれ程気にならない?

透明のスカートは別パーツです。



Rimg0171

バストアップ。

胸部のデザインはしっかり少佐になっております。何気にバックルが0083基準なのが細かい。

両方ともキャラクターデザインは吉崎観音氏。



Rimg0173

この商品は1年ほど前のものですが、中古屋等で1体1000円程度でしたらお買い得かなと思います。

プライズ品と言う事もあり原価は800円以下と言うのは間違いないでしょうから(クレーンゲームはゲームセンターでは運試し的な扱いだそうで法律で原価の上限が決まっているそうです)1000円程度が妥当かな?なかなか良く出来ていますよ(^^

| | コメント (8)

2009年3月 3日 (火)

CD 「GUNDAM SINGLE HISTORYⅡ」

■ドワッジG型が面白い位進んでいます。実際は記事よりも進んでいたりです(^^
 http://misojikousyou.cocolog-wbs.com/blog/2009/02/ms-09g-b241.html

■3周年記事を更新しています。
 http://misojikousyou.cocolog-wbs.com/blog/2009/02/post-8d40.html



本来ですとドワッジの進行具合を更新しようと思ったのですが、ここしばらく模型関連が続いてしまったので(模型主体のブログではあるんですけどね)今回は久しぶりにグッズの記事を更新したいと思います。グッズ紹介もこのブログの特色みたいなものですし(^^;

■美味しいところだけ集めましたCD第二弾!
Img390

ガンダムマニア定番の「GUNDAM SINGLE HISTORY」の第2弾となるCD。第一弾は「機動戦士ガンダム」「機動戦士ガンダム劇場版 1~3」「機動戦士Zガンダム」「機動戦士ガンダムZZ」のOP、EDが収録されているスーパーベスト的な内容で周りは皆持っていました。その王道シリーズの第2弾となります。発売元はお馴染みキングレコード。第一弾のCDは以前記事にしたので割愛させていただきます。

内容としては「機動戦士ガンダム0080ポケットの中の戦争」、「機動戦士Vガンダム」、「機動武闘伝Gガンダム」、「機動戦士ガンダムF91」等。

個人的には宇宙世紀年数が0083以降は余り興味が無いので、やはり0080関連が目玉になると思います。0080関連は椎名恵さんが歌う「いつか空に届いて」、「遠い記憶」の2曲が収録されています。言わずと知れた名曲。「遠い~」は何時聞いても目に涙を溜めてしまいます。

0080関連だと言うのに、ちょっと詳しい方はお気づきだとは思いますが、林原めぐみさんが歌う「夜明けのシューティングスター」が収録されていないのです。スターチャイルド系のCDなのに。OVA本編しか見たことの無い方は知らない方も多いかもしれません。

「夜明けのシューティングスター」はOVA本編では使用されていなく、当時は販促用のビデオクリップのみの収録でした。たしかピンクのテープだったような・・・そこまで知っていればマニア!しかし今ではDVDの特典に当時のビデオクリップと曲が収録されているのでご存知の方も増えてきたかもしれません。「夜明けのシューティングスター」の収録のCDが気になる方は0080のサウンドトラックvol.2か林原めぐみさんのCDをチェックすると良いでしょう、名曲です。

もう一つの嬉しいオマケは戸田恵子さんが歌う「いまはおやすみ」、「永遠にアムロ」が収録。「いまは~」はセリフなしver、「永遠に~」は戸田恵子さんの美声のおかげで素晴らしい仕上がり、凄く好きです。

様子を見て「機動戦士ガンダム第08MS小隊」等の音源をを含む「GUMDAM SINGLE HISTORY3」とウンチクを近日中に更新したいと思います(^^;

| | コメント (2)

2009年1月26日 (月)

DVD 「機動戦士ガンダムMS IGLOO2重力戦線② 「陸の王者、前へ!」

遂に発売いたしました「機動戦士ガンダムMSigloo2 陸の王者、前へ!」。最新作を画像多めで速攻レビューしていきたいと思います。最新レビューなので・・・↓

※注意!ここからは「ネタバレ」を含む要素が多々掲載しています。先に内容を知りたくない方、まだ視聴されていない方は視聴されてから記事を読むことをおススメいたします。



■今回は61式が主役!

Img385

ついホワイトオーガーのザクに目が行きがちですが、今回の主役は61式5型主力MBT!誰が61式が主役の公式映像が見れる日が来るなんて想像したでしょうか。前置きはこの辺で早速本編の方を。

Rimg0107

ヨーロッパ戦線の地球連邦軍第44機械化混成連隊に配属となったレイバン・スラー軍曹。連隊小隊指揮官のヤンデル中尉のドライバーとして配属されるのだが、隊員達に死神と一緒とは付いていないと言われ困惑気味の様子。

Rimg0108

挨拶など必要無いとヤンデル中尉。配属されて直ぐに61式5型のドライバーを任されるはめに。しかしエンストを起こしてしまいエンジンがかからない。エンストを起こしていると進言するのだが・・・

Rimg0109

ヤンデル中尉は61式がスラー軍曹の事を気に入ればエンジンはかかると無理難題。なんとかエンジンがかかり即演習に合流。相手の61式に突っ込ませたりとかなり無謀とも取れる支持の連発にスラー中尉はヤケ気味。

Rimg0110

「死神様のお出ましだ!」と相手側のチーム。

Rimg0111

しかし無鉄砲なヤンデル中尉の技術は素晴らしく1両、また1両と相手側の61式にブルーのペイント弾を浴びせていく。連装砲を生かして1回の射撃で2両に命中させる荒業も。

Rimg0112

演習も終わりようやくお互いの顔を合わせるヤンデルとスラー。ヤンデルの顔の傷と義足は白きザク「ホワイトオーガー」に傷つけられたもの。自分に付いている死神は奴を倒さないと癒えないと思い続けている。ヤンデルはスラーに

「もしもだ・・・その死神が見えたらどんな面をしているのか俺は見たい、必ず教えてくれ」と。

ちなみにヤンデルの声はベテランの磯部勉氏。

Rimg0114

ドーバー海峡に追い込まれた連邦軍を包囲するジオン軍。しかし連邦軍も策を講じ公国軍主力のノイエン・ビッター大佐(当時)率いる地上機甲師団はあらかじめ用意されたおとりに集中、モビルスーツを主力に振り分けたとの事。そこで手薄になった公国軍に反撃をすると言うものだった。

Rimg0115

しかしヤンデルの61式がエンジントラブル。

「やはりな・・・こちらヤンデル、機関不調に付き出撃できず!俺の61はモビルスーツが相手で無ければご機嫌斜めな様で」

出撃を拒否、結局作戦には参加せず。

Rimg0116

その頃本隊は空き巣同然の公国軍に対し総攻撃、圧勝に思えたが・・・

Rimg0117

連邦軍の策を予測していた公国軍はモビルスーツを展開、次々と撃破されていく61式、連邦軍は全体の半数の部隊を失う結果に。

Rimg0118

Rimg0119

公国軍のプロパガンタ放送。そこには今作戦で多大な戦果を挙げた宿敵「ホワイトオーガー」の姿が!作戦に参加しなかったヤンデルは放送を見て怒りをあらわにする。

Rimg0120

今回も出ました!嫌な上官ミケーレ・コレマッタ少佐(笑)

スラーはコレマッタにヤンデル中尉は私怨で動いているので命令に服従するのは困難と上告。しかしながら話をヤンデルに聞かれていたことと、部隊の半数を失った事もあり意見は受け入れられず。さらにヤンデル提案の「策」をコレマッタに進言したところ採用され既に偽情報を公国軍に流したとの事。直ぐに作戦行動を開始するはめに。

偽情報の内容は連邦軍の高官が視察に来るというもの。しかしヤンデルは初めからホワイトオーガーがその様な策にかかるとは思っていないのを承知で待ち伏せする事に。

Rimg0121

偽情報に気づいているホワイトオーガーことスネル大尉。

「俺のふるさと・・・満月が赤い、ふふふ・・・俺には分かる、これは罠だ!目標には敵はいやしない。俺の運命を変える敵は途中で待ち伏せている」(大塚明夫さんの声ですよ!)

Rimg0122

待ち伏せしているヤンデル小隊。ヤンデルとスラーが会話するのだが、自分の命が後どれ位持つのかの様な事を臭わせる発言をしたら・・・

Rimg0123

スラーはヤンデルの背後の死神を見てしまってたことに気づくヤンデルは激怒。しかし会話をするうちにヤンデルは故郷は戦場となり戻る場所が無いと。ホワイトオーガーもそうなのではないかと。

Rimg0124

待ち伏せを承知で進行するホワイトオーガーのザク達。

「俺には分かる、本当の敵の僅かな息遣いが聞こえる・・・その体内の血がたぎらせんとして!」

Rimg0125

攻撃を開始するヤンデル隊。

Rimg0126

「やはりいたか!踏み潰してくれる!」

Rimg0127

ホワイトオーガーに次々と撃破されていく61式。

Rimg0128

ヤンデル隊も負けじと焼夷弾など多彩な砲弾を使用しつつザクを1機撃破!

Rimg0129

「残り2つ・・・・!」とスネル大尉。

既に6両撃破されているヤンデル隊。

Rimg0131

Rimg0132

「スモーク!全て撃ちつくせ!」

スモークディスチャージャーを発射するヤンデル隊。視界を奪われるザク。

Rimg0133

視界の悪い中撃破されるザクJ型。

Rimg0134

「後は奴だけ!!」

こんなにも61式がカッコよく見えることが今までにあったでしょうか??凄くカッコイイ!

Rimg0135

なんとか61式を8両全て撃破しかスネル大尉・・・・だが・・・・・

Rimg0136

そこへヤンデルの61式がホワイトオーガーに砲撃!8両編成と思い込んでいたスネル大尉に反して臨時で追加された車両を含め実は9両だった。

「戦車2個小隊は確かに撃破したはず・・・」とスネル大尉

「ふははははは!悪かったな、臨時編成で実は9両だったのさ、てめえらこそ戦場にモビルスーツなんてものを持ち込みやがって!」とヤンデル中尉

Rimg0137

撃破されたホワイトオーガー。

Rimg0138

「ふふふふふ・・・、俺こそが勝者だ!これで・・・これで全ての呪縛から解き放たれる!俺は生まれ変わるんだ!」とヤンデル中尉。

しかし・・・・

Rimg0139

ヤンデルの背後には死神が!

Rimg0142

ヤンデルの61式の背後にジオンの対戦車砲が!

Rimg0141

対戦車砲により撃破されるヤンデルの61式。結局ヤンデルもスネルも死神からの呪縛から解放される事は無かった。

Rimg0143

炎上するヤンデルの61式。生存者を確認する公国軍兵士。

Rimg0144

物陰に隠れ助かったレイバン・スラー軍曹。

「私は生き残った、時代の証言者として死神から置き去りにされたのかもしれない。・・・実は、ヤンデル中尉同様に自分も帰る故郷など無いのだが・・・。」

「果たして陸の王者は、ライオンは、プライドを取り戻したのだろうか?この時期を境として地球連邦軍は息を拭き返したのだが・・・」

物語はここで終わりエンドロールへ。主題歌が流れ死神、ダイジェストが流れるのだが凄く悲しい。

Rimg0145

最終話の予告が流れるのですがどうやらガンタンクが主役のようです。

「RTX-440、陸戦強襲型ガンタンク。220mmキャノン砲1門、全高13.7m、未来への進化を断ち切られたお前にはこの機体が相応しい、機動戦士ガンダムMSigloo2重力戦線、第3話、オデッサ、鉄の嵐!」

メッチャ作りたいですよ!このガンタンク!軍事マニアの私の心を揺さぶられました。いつか絶対つくろっと!

総評としてはある程度は予想通りでしたが「遠吠えは落日に染まった」に近い印象でしたが、理屈はどうでも良く素直に面白かった!死神対死神の心躍らされる熱い展開には余計な言葉は要らない。メカ物は何だかんだ言っても戦闘シーンが華と言う事ですね。ホント面白かった!数回視聴すると主題歌と本編が頭の中で融合して凄く感動してしまいます。主題歌も今回のほうが良いなあ。

とにかく面白かった!次回も期待大です(^^

| | コメント (20)

2009年1月20日 (火)

CD 「PLACES IN THE HEART」

久しぶりにブログの更新をしようとしたら全て消えてしまいました・・・。気を取り直して更新したいと思います(泣



■公式サイトにてネットラジオで公開されていたiglooのラジオが公式サイトにて期間限定で復活いたしました。全2回ですが各10分程度なので丁度聞きやすい程度かと思います。

第一回

今西隆志監督、長沢美樹さん、サンライズ佐々木氏、漫画家・徳光康之氏

ベテランの長沢さんがラジオで「ウジ虫!」、「野良犬以下」、「パイロットは私だ」を披露。長沢さんの素の声ってどちらかと言うとモーリン・キタムラに近いですかね?

第二回

今西隆志監督、音楽担当・大橋恵さん、サンライズ佐々木氏、漫画家・徳光康之氏

iglooを大きく支えているのは大橋さんの音源と言っても過言ではないので視聴する価値あり。

公式サイト
http://www.msigloo.net/



■「機動戦士ガンダムMSigloo重力戦線 陸の王者、前へ!」のOVが公開されていました。視聴した感じでは「遠吠えは落日に染まった」の印象を強く受けるので前作よりも期待が持てます。

公式サイト
http://www.msigloo2.net/



■宇宙世紀物で久しぶりの男性主題歌

Img383_4

ここ数年の日本の音楽業界は女性アーティストに押され気味ですが、アニメの主題歌も例外ではないかと思います。その中での宇宙世紀物の主題歌で男性が歌う、しかもiglooで。最初は少し不安な部分もありましたが、PVの映像のバックで流れる主題歌、そしてCDを聞いてその心配は全くなくなりました。

MSiglooの世界観は内容はもとより、主題歌、BGMとの一体感が一つになり、独特の世界観を表現していると言っても過言ではないかと思います。今回も例に漏れず珠玉のバラード、やってくれました。ちなみに主題歌を歌うのは柿島伸次氏。

あとはDVD/BDが1月23日発売なので主題歌を聞きながら今か今かと楽しみな日々でございます(^^;




| | コメント (10)

2008年12月 5日 (金)

CDドラマ 「機動戦士ガンダム 第08MS小隊 ひとつひとつの歯車」

■前回の記事にてデュバルのヅダがようやく完成いたしました。何時もチェックしていただいている方はもちろん、特に何時もコメントをしていただいている方には本当に感謝の一言です。「次も頑張ろう」と言う気になりますね(^^

 HGUC「EMS-10 デュバル搭乗機」
 http://misojikousyou.cocolog-wbs.com/blog/2008/11/ems-101-3708.html


■08小隊好きを自負される方は聞いてて当然?

Img368

 「機動戦士ガンダム 第08MS小隊REPORT.2 ひとつひとつの歯車」は1996年に発売された08小隊のCDドラマ第2弾です。(第1弾は所要時間3時間23分)

 内容としては中立国家のサイド6の戦場ジャーナリスト「ネスカ・コールマン(CV.林原めぐみ)」が戦地取材の為にコジマ大隊に同道している。取材中に同僚を亡くし、本人は第08MS小隊に救出される。反戦意識が強いネスカは戦争の悲惨さ、平和の尊さを訴えようとするが08小隊と行動を共にしていくうちに甘い考えは打ち消され戦争の現実を知っていく事になる。

Ms08team02

 08小隊の隊員にインタビューするネスカ。

 インタビューで求めている事と現実と直視している隊員のギャップが聞いていて面白い。聞き方では「非戦闘国家の人間に地球の現状の何がわかるんだ?理想ばかり並べやがって」的に聞こえる。



Img369

 こちらもCDドラマのジャケットから。

 おそらくラスト周辺のイラストかと思われます。このCDドラマの特徴としてはCDドラマ兼サウンドトラックである事。ドラマパートは総合で20分無いのですが、それでも本編をより面白く視聴したいのでしたらCDドラマは間違いなく外せないものかと思われます。0083のCDドラマ程の充実感はありませんが、田中公平氏の重厚なBGMは素晴らしいものがあります。余談ですが田中公平さんは「究極超人あ~る」の音源も製作されているようですね、チョッと以外。


Img370

 やはり作品の世界観を広げたいのでしたらCDドラマは外せない物だと思います。聞くと「あれっ?」と思った方もいらっしゃると思いますが解説によると4話と5話の間の内容との事ですが、一部は6話と7話の間になるはず。

 あと良く聞く事で「震える山(前編)」のノリスがグフカスタムで鬼人の如く08小隊と対決をするシーンで流れていた「Ⅶ」は残念ながら収録されておりません。今ではなぜか生産されていない「レコーディット・イン・プラハ」に収録されています。


| | コメント (6)

2008年11月 5日 (水)

CD igloo2 1話主題歌 「Mr.Lonely Heart」

■別館更新いたしました。
  http://misojikousyou.cocolog-wbs.com/maniamisoji/2008/11/98-6129.html

■igloo2サウンドトラック記事
  http://misojikousyou.cocolog-wbs.com/blog/2008/10/ms-igloo2-983c.html



 「ねえ、Mr.Lonely Heart

  閉ざされた瞳に 今、何が見えますか

 ああ、永久のようで 一瞬の光に

 焼かれた生命よ」

 (機動戦士ガンダム MS IGLOO2 「あの死神を撃て!」主題歌より)

Img361

 DVD(またはBD)発売と同時に発売された第1話主題歌「Mr.Lonely Heart」。前作同様珠玉のバラードに仕上がっております。iglooは、こうでありたい。気になったのは「第1話主題歌」と記されている点。2、3話に関してはそのつど主題歌が変わると言う事なのかな?

 気をつける点はもう一つあり、前回の記事でも掲載した事なのですがこの主題歌はサウンドトラックに収録されていない点。音源を全て揃えるとなると両方購入しないといけない罠。財布には優しくないですな、とはいえシングルCD何枚も出された後にサントラに全て収録されるよりはマシなのか?

 

 今回もなかなか聞き応えのある主題歌で個人的には満足。早速着うたもMr.Lonely Heartに変更した私です。2話、3話の主題歌も個人的にはバラードが良いと思います。まさかテクノやトランスやラップは100パーセントないでしょうから安心ですけどね(^^;

 

  

| | コメント (4)

2008年10月29日 (水)

CD 「機動戦士ガンダム MS IGLOO2 重力戦線 オリジナルサウンドトラック」

■前回の記事「DVD 機動戦士ガンダム MS IGLOO2 重力戦線① あの死神を撃て!」速攻レビューしております。
 http://misojikousyou.cocolog-wbs.com/blog/2008/10/dvdms-igloo2-72.html

■別館にて記事を更新しております。
 http://misojikousyou.cocolog-wbs.com/maniamisoji/2008/10/96-1-2905.html

■今回は発売が早かった(笑)サウンドトラック

Img362_2

 前作とは違いDVD1巻の発売と同時にサウンドトラック、主題歌が発売されました。気合が入っているような入っていないようなigloo2ですが 早速内容の解説などを。

 1枚目の画像は「特装版」と呼ばれるもの。紙のジャケットに2枚のCDが入っております。ちなみに通常版は1枚組。その差は??

Img363

 まずは1枚目。通常版と同じくigloo2のサントラ。

Img364

 そしてもう一枚・・・「機動戦士ガンダムMS igloo」のサントラが付属。内容を確認したところ以前発売されたものと全く同内容。前作のサントラを所有している方は要注意!どちらも所有していない方は特装版の方がかなりお買い得。(私は・・・聞かないでください)

 とはいえ「俺はiglooが好きなんだ!!」と言う方はファンの証としてあえて特装版を購入するのも手かもしれませんね??価格も500円しか変わらないし。

 音楽は前作同様、大橋恵さん。なので独特の世界を表現する重厚な音源は今回も、もちろん健在!模型の作成時にぜひ流してください。販売元はビクターさんなのでいきなり市場から消えてしまう可能性も無いとは言えないので本当に欲しい方は購入は急いだ方がいいかも?

 そして肝心の主題歌「Mr.Lonely Heart」ですが、このサウンドトラックには収録されておりません!主題歌は今のところシングルCDのみですのでご注意を!CDシングルの方は近いうちに記事にいたします(^^

| | コメント (6)

2008年10月25日 (土)

DVD 「機動戦士ガンダムMS IGLOO2 重力戦線① あの死神を撃て!」

 遂に発売された「機動戦士ガンダムMS IGLOO2」第1話。もう視聴された方も多いのではないのでしょうか?

Rimg0023

 まずはパッケージから。初回限定版はこの様な全巻収納可能なボックス仕様となっております。前作同様嬉しい仕様。

 注意!ここから先の記事は核心に触れる記事「ネタバレ」です。これから視聴される方やまだ内容を知りたくない方はこの先の記事を読まない事をオススメします




Rimg0026

 物語はキシリア・ザビの演説と共に第一次降下作戦から始まります。目の前に現れた18メートル級モビルスーツ「ザク」の前には連邦軍は対抗策も無くただ逃げるしかない状況。余談ではありますが一瞬見えるジオン軍の戦車はもしかしてM1戦車!?MSVの知識の深い方でしたらお分かりかもしれません(違うかもしれないけど)

Rimg0027

 場所は変わり今回の主人公ベン・バーバリー中尉(右)と大隊指揮官のミケーレ・コレマッタ少佐(左)。バーバリーは少佐に新兵を連れて50キロ先に迷い込んだザクの足止め、掃討を命じられる。この少佐がイヤミな奴でナカッハ・ナカトの様なキャラ。今西作品と言う事で似たようなキャラを出していたりして。同じ少佐だし(^^;

Rimg0028

 ザクの足止めをするべく進行するバーバリー率いる小隊。ジープで仮眠をしているバーバリーの夢の中に現れる女の「死神」。

 「やっと見つけた・・・バーバリーを見つけた」

 と、死神。今回(今作?)のキーポイントとなる「死神」の存在。初めて視聴した時はこの地点では何が何だか。死神の声優は井上喜久子さん。そしてバーバリーのジープに同乗しているルイスの声が檜山さん。アイナとシローの声優さんがこうした形で競演、面白いです。

Rimg0029

 移動中に大きな穴を発見。この辺では良い石が取れる為石切り場が多いようだ。

Rimg0030

 ザクハンター(対MS特技兵小隊)に唯一与えられた戦力、対MS重誘導弾「M-101A3 リジーナ」。

Rimg0031

 報告では3機のはずだったザクが2機しかいなく疑問に思うバーバリー。そこへ友軍のトラックが逃げてくるのだがザクの餌食に。

Rimg0033

 吹き飛ばされたトラックから逃げる連邦兵とそれを追うザク。リジーナの発射準備が完了している対MS特技兵小隊員はバーバリーに発射許可を求める。が、有効射程内に入っていないと拒否。連邦兵はザクに無残にも踏み潰され目をそむけるバーバリー。有効射程に入ったザクを前に

 「距離は十分、あいつのおかげだな・・・。」とバーバリー。

 巨大兵器を手にしているジオン兵が連邦兵を踏み潰すシーンはモビルスーツと言う強大な兵器に搭乗して強くなったと思わせる心理的な描写としては良い演出だなあと思う。(Zガンダムでもありましたね)

Rimg0034

 初弾は外すものの二発目は命中!ザクを1機撃破する。

Rimg0037 Rimg0038

 もう1機のザクの乱射になす術も無く撃破される小隊。マシンガンで撃たれる者、ヒートホークで溶断される者、ザクの圧倒的な存在感に仲間の命が散っていく。

Rimg0039 Rimg0040

 仲間の敵を撃つべくM72トラックにリジーナを搭載し特攻をかけるルイス曹長。が08小隊のトップ機に搭載されていたような対人地雷で体中を穴だらけにされてしまう。それをあざ笑うザクのパイロット。

 Rimg0042

 只一人生き残ったバーバリー。リジーナを引きずりザクの正面へ。

 「ここをどこだと思っていやがるんだ!俺達の地球だぞ!!」

 照準器を覗くとまたもや死神が。幻なのか、それとも・・・。

Rimg0043

 本体の重量で石切り場に落ちて身動きが取れないザクをリジーナで仕留めるバーバリー。これで終わった・・・。しかし報告ではザクは3機・・・。

Rimg0044 Rimg0046

 石切り場を利用して(かな?)隠れていたザクが目の前に!逃げ道はない。拳銃を抜いて明らかにザクには効果が無いと分かっていながら拳銃を発射するバーバリー。するとザクの背後に死神が!

Rimg0045

 ザクと死神に向かって叫びながら拳銃を撃つバーバリー。物語はここで終わる。公式記録(エンドロール)ではこの日に戦死したと記録が記されてエンディング。

 エンディングテーマは横田はるなさんで「Mr.Lonely Heart」。IGLOOの世界観に非常にマッチした印象で良かった。

 結局報われないラストは前作同様。連邦視点からのIGLOOと言うことで拒否反応を起こしている方も多いかもしれませんが「機動戦士ガンダム」シリーズは基本元々連邦軍視点作品が大半な訳ですしその様な理由で視聴しないのはもったいない!この作品には白いモビルスーツやニュータイプとは無縁ですが、最近のTVシリーズの様な綺麗な作品も良いですが、たまにはこうした血と汗、硝煙と泥に塗れた作品も良いかと思います。なかなか面白かった!次回は61式戦車がメインの内容のようです。次回も期待!

 今西作品と言う事でミリタリー要素を大きく期待していましたがリジーナの運用方法や特技兵をサポートするべく分隊支援機関銃を装備した兵士が脇にいたりと拘りを感じさせました。個人的にはザクがマスターグレードのver.2.0をモデルにしているのが少し残念。とはいえ直ぐに慣れるものでしょう。

 UCHGとの関連性が強い為か、どうも宣伝にも見えないこともないですが内容的には良かったのでこれはこれでアリ。

 そして最大の謎の「死神」。今回だけの登場なら正直要らない。死神が登場しなくてもストーリーに影響が無いから。この死神が次回に関連性があるのならそれはそれで楽しみです。期待してますよ、今西さん。

総評的には噛めば噛むほど面白さが出てくるスルメの様な作品。私は3回視聴して段々魅力が伝わってきました。ここにはニュータイプも英雄はいない、一兵士達が大局を支えていた。そんな映像です。1年戦争好きならぜひ!

| | コメント (9)

2008年10月16日 (木)

エコプラ キャラホビ2008会場限定「FG RX-78-2 ガンダム」

 

■修羅の双星更新されております。
 http://misojikousyou.cocolog-wbs.com/blog/2008/10/-0612-4922.html

 去る8月「キャラホビ2008」で会場限定で先着で配布されたバンダイさんのFG「エコプラ」。私は当日は行けなかったので友人にお土産として頂きました(^^

Img356

 まずはランナー。本来ですと完全に一枚のランナーなのですが中央から割れてしまいました。キャラホビ当日の11時からの無料配布だったようでエコロジーを考えたメーカーさんの次のステップと言いますか一歩先の考え方を一枚のランナーから伺えます。

 材質も特に問題無さそうで普通に製作する事が出来そうです。特に配布される時には袋や箱に入っているわけではなく(エコの意味がなくなってしまいますからね)このままのむき出し状態で配布されていたようです。

Img357

 「非売品」の文字が輝かしい(笑)取扱説明書。

 何かと大会社ゆえに叩かれてしまう印象があるバンダイさんですが、こうした環境等の取り組みなどは素直に評価できるものと思います。いつか全ての模型がエコ素材になる日が来るかもしれませんね??

 このエコプラはこうしたイベント等以外にもバンダイさんの工場の見学などでも配布されていると聞きました。関東からならそれほど遠い場所でもないので、いつか見学してみたいものです(^^

| | コメント (8)

2008年9月 2日 (火)

機動戦士ガンダム MSイグルー2~重力戦線~発売前情報②

 発売まであと2ヶ月となって「機動戦士ガンダムMSigloo2~重力戦線~」。公式サイト等でその詳細が少しづつ明らかになり待ち遠しいものですね。

Msigloo2

 公式サイトにてPV第2弾が公開されていました。1分前後程度でしたが戦場の生々しい雰囲気が良く伝わります。

 また、主題歌も決定しているようで前作同様落ち着いた感のあるバラード調がiglooの世界観にマッチした印象です。

 関連企画として「月間ガンダムエース」にてigloo2の連載漫画もスタートの事。これも楽しみ。

 公式サイト
 http://www.msigloo2.net/

Bn

 それとドットアニメさんでは数量限定でセット購入者限定で特典として特製のバンダナが2枚付属との事でしたがデザインが更新されていました。シンプルで凄く良い!予約してよかった~。

 でも個人的には「EFGF」の表記は認めたくないんだよなあ・・・。「EFF」で良いと思ってしまうのは私だけかな?確かにEFGF表記の方が陸軍らしさが出ていてそれはそれで良いのでしょうが、デザイン的に纏まりがないといいますか、多分私の中のもの凄く細かい変なコダワリが邪魔しているのでしょうね(^^;)

 .ANIME「機動戦士ガンダムMSigloo2~重力戦線~」ブルーレイ版
 http://www.dot-anime.com/mall/shop/next?EcLogicName=catalog.detail&item_no=BDOT-0074

 .ANIME「機動戦士ガンダムMSigloo2~重力戦線~」DVD版
 http://www.dot-anime.com/mall/shop?EcLogicName=catalog.detail&item_no=BDOT-0073

 世間的にどれだけigloo2が盛り上がっているかイマイチ掴めないですが、ガンダム00人気に隠れてしまっている印象も強い今作。TVの新作として幅広い層に人気のダブルオーに対して「大人が見るガンダム」のiglooシリーズ。我らオッサンは十分に楽しめそう。

 また情報が分かり次第ブログにて更新して行きたいと思います。

 

 

| | コメント (12)

より以前の記事一覧