2009年10月26日 (月)

コミック「プラモ狂四郎③」

まずは別館「三十路工廠の別の顔」がおかげさまで200回を迎えることが出来ました。200回記念と言う事で記事の内容はnifty投票で決定したDMZのラビドリードッグとなります。

■「別館第200回 DMZ ラビドリードッグ」
 http://misojikousyou.cocolog-wbs.com/maniamisoji/2009/10/200dmz-faa7.html

何気にこの本館も60万hitを突破していました。嬉しい限りです\(^o^)/

 

■ジェットモグラと言えば水戸会長!?

Img422

今回は第3巻です。内容は当時の単行本しか所有していないので当時のストーリーに沿っていきます。

この巻の主役は間違いなくジェットモグラでしょう。狂四郎世代にはジェットモグラはサンダーバードではなくプラモ狂四郎なんですよね。

 

■3対1!

2巻からの続きなのですが3対1で、更にコアファイターで戦わなくてはならなくなった四郎、旅館に戻り対抗策を仲間と話すのだが・・

「Gアーマーなら」

「機動性ならコアブースターだ」

「しかしキットがあればの話だけどね」

そう、この地点ではコアブースターは発売されたばかり、それ程都合よく手に入るはずも無かったのだが・・

Img423

クラフトマンのマスター、倉田さんが手にしていたものはコアブースター!もしもの時に合宿に持ってきていたのだ!タイミング良すぎるぜ!(笑

 

一緒に持ってきていたピースコン(エアブラシとコンプレッサーの事ね)の助けもありコアブースターの製作に間に合う四郎。

 

■可変翼で対抗!

Img424

一方対する太陽模型店のキットは足立は1/144リックドム、小岩は1/550ブラウ・ブロ、山根はXウイングで四郎の挑戦を受ける!

シミュレーションが開始され頭部が回転しないドム系のキットの弱点を克服した改造をしている足立のドムと有線ビーム砲を誘導式に改良してある小岩のブラウ・ブロ相手に垂直尾翼に損傷を受けてしまう四郎のコア・ブースター。

しかしチームワークの悪さが災い、有線ビーム砲がリックドムに絡みつき動きが取れなくなる!(笑)
このチャンスを見逃すはずも無く小岩と足立を撃破!あとは山根だけ!

圧倒的なスピードと可変翼の旋回性の高さで四郎のコアブースターを圧倒する山根のXウイング!しかも垂直尾翼の損傷で思うように動かないコアブースターに乗る四郎は絶体絶命!

そこで四郎は一か八かXウイングの脇に付き可変翼にブースターを挟ませ機動力を奪い脱出したコアファイターで山根のXウイングを撃破!

「どんなもんだい!洋物なんて目じゃないぜ!」

 

■アッグガイ対アッグガイ!

四郎がクラフトマンで出合ったライダースーツを纏った美女、後に一度敗北をした景山の姉藤美と言う事が分かり対戦することに。

3対3と言う事で四郎側は四郎と健、そして太陽模型店の山根の3人。ここから四郎と山根は仲間となる。

四郎率いるアニメ軍は四郎が1/144マゼラ・アタック、健が1/100クラブタイプ、山根が1/72クラブガンナー。

一方対するスケール軍は藤美が1/12モトクロス(武装付き)、景山が1/35T-62、長谷川が1/35ゲパルト。

■気の強いお姉さん

Img425

シミュレーションが開始されると早速四郎は藤美にマゼラベースのキャタピラを破壊される。

四郎「兄弟揃ってキャタピラを狙うとは!」

しかし四郎に目が行き過ぎたか健のクラブタイプの攻撃を受けてバイクは大破!手榴弾でクラブタイプの腰のガソリンタンクを破壊、健を退けて逃げる藤美。

マゼラトップで移動中の四郎を砲撃する景山のT-62、マゼラトップを破壊!四郎は間一髪で脱出!あやうくスケール軍の用意した電熱線に落ちるところだった、間一髪。

そこへ山根のデザートガンナーが。

山根「健はおまえのアッグガイを取りにいっている」

との事。その時に健のクラブタイプが撃破された事を知る四郎、手ごわい相手と悟る。

景山を探す山根の前にT-62とゲパルトが!すかさず主砲を発射する山根、長谷川のゲパルトを撃破!

すかさず照準を景山に!しかし砲弾を弾きやすいソ連戦車には効かず足にスプリングを仕込んだデザートガンナーでT-62の真上に飛び込む!下部のハッチから手榴弾を入れる山根、T-62もろとも爆発した。

ようやく健から1/144アッグガイが到着、四郎はアッグガイに搭乗するが・・

藤美が1/100アッグガイで待ち受ける!スケール軍のはずなのに!(汗

1/100の大サイズを生かした攻撃で四郎を圧倒する!

藤美「キットのままに作ってもムチが3段階に動くのよ!」

その言葉に四郎は

「待てよ、ムチはキットのままと言っていたな」

■山根直伝の!

Img426

山根直伝の糸ハンダのムチで大反撃!藤美のアッグガイを撃破!アニメ軍の勝利!

四郎「どんなもんだい、山根から教わった糸ハンダの威力は。プラスチックと訳が違うぜ」

■新たな挑戦者

公園で変わった移動模型店を発見するキー坊。古い模型を進める店主の解説に付いて行けずいつのまにかいなくなるキー坊。

クラフトマンに足を運んだキー坊はおかしな模型店がいると皆に報告、それを笑う四郎たちを横目に心当たりがありそうな倉田マスター。

そこへ大量のミリタリーモデルの注文を取りに来た学生3人組、四郎を挑発して対戦を要求、それを受ける四郎だがシミュレーションゲーマーである蔵井達にかなう訳がないないと協力をしない健。それを聞いて協力するみどりちゃん!(爆

 

■気合十分すぎる格好(汗

Img427

シミュレーション当日、四郎は当時より完成度の高いGMを改造した1/100ガンダム、みどりちゃんは1/100GM。

対する蔵井達はハセガワの1/72カール砲、フジミ1/76メインのナチスドイツ軍団。

巧みな戦術を駆使してカール砲でみどりちゃんのジムを撃破!怒りに燃える四郎はビームジャベリンを抜き戦車軍団相手に大暴れ!しかしその隙にみどりちゃんがさらわれ冷静さを欠く四郎、1/76の歩兵達が四郎のガンダムにしがみつく。

しがみついた兵隊を払おうと必死のガンダムにカール砲の照準が向いて今発射される時!蔵井達のデータが多すぎてエラーが起き四郎は九死に一生を得る。ゲーム再開は後日に持ち越された。

ゲーム内とは言え捕虜となってしまったみどりちゃんを救いたいのにどうする事も出来ない四郎。に現れる謎の模型店のおじいさん。今の四郎に必要とされている物はこれだと差し出したキットが!

■ジェットモグラだった

Img428

プラモ代は四郎のサンバイザーを預かりこれをプラモ代としておくとおじいさん。

四郎「ありがとう!おれ、絶対勝って見せるよ!」

おじいさん「よし!約束じゃ!」

帰り道に健とキー坊に出会う。みどりちゃんが捕虜になってしまった事に反省をして協力する事となり、3対3で再度蔵井達に対戦を挑む!

そして再ゲーム当日、今回は大将にマーキングを施し勝敗がハッキリするようにルール変更して再度シミュレーションが始まる。お互いに大将の機種を知らないせいか蔵井はどうせ四郎の機体はガンダムだろうと罵倒する。まさかジェットモグラとも知らずに(笑

蔵井達は敵の戦車の影を3両見つけ戦車軍団を向かわせる。しかしその影は戦車ではなく健の1/48テキーラガンナースペシャル(両脇のスペースに砲等が搭載されたもの)だった!まさに動く要塞!

健「1/76なんか目じゃないぜ!」

健のテキーラガンナーは1/48と言う巨体と言う事もあり戦車軍団を圧倒するも兵隊軍団がしがみつき、インテークに火炎放射器を射出されてしまい炎上してしまうテキーラガンナー。

健「こっちもガルシア隊を製作しておくべきだった」 私もそう思います(^^;

そこへ蔵井の本陣にガンダムが!あっけなく撃破されるガンダム!しかしこのガンダムはパーティングラインすら処理されていない囮でその隙にキー坊がみどりちゃんを救出!シミュレーションゲーマーが裏をかかれてしまった。

そこへ四郎の機体が到着!

■噂のジェットモグラ!

Img429

大将マークを付けたジェットモグラ(余談ですが狂四郎マークはこの機種が最初かと思います。私もいつかジェットモグラを作ろうかと思っているので頂き物の狂四郎マークは大切に保管しています。)

モーターライズで強化したジェットモグラは蔵井の戦車軍団を粉砕!あとは大将だけ!そこへ大将マークを付けたタミヤの1/35キングタイガーが四郎の後ろに!

88mm砲を付き付けられた四郎だが後退も出来るジェットモグラをキングタイガーにぶつけ隙ができたその時地中にもぐる。

真下から蔵井のキングタイガー目掛けてドリルで粉砕!四郎の勝利!

ゲームが終わりすぐにおじいさんにサンバイザーを返してもらおうと公園に行く四郎、しかしおじいさんは次の町にいってしまったがバイザーと手紙が置いてあった。ジェットモグラをプレゼントする事とまた会える事を楽しみにしていると記載されていた。

倉田マスターに日本最大の模型問屋の会長である水戸広右衛門であることを知らされて第3巻は終わります。

 

何かと印象深い第3巻で当時子供心に格好良いと思ったジェットモグラ、何時か狂四郎マークを貼り作ってみたいものです。次の4巻はいよいよサッキー竹田の登場ですがいつの更新になることやらです・・。

一応amazonさんのリンクを貼り付けました。現行版では2巻に今回の内容が掲載されていると思います。

| | コメント (12)

2009年6月 3日 (水)

コミック「プラモ狂四郎②」

■「映像化してほしいガンダム作品は?」と言う投票を貼り付けています。かなりの方の清き一票を入れていただき凄く嬉しく思います。中間結果は今のところは投票してくれた方だけの特権と言う事で(笑)次の記事で締め切ろうと思います。次のお題も決まり(今回より投票数が減りそうな内容ですが・・・)皆様と投票を見ながら「なるほど~」とか「私ならこっちだなあ」思ったりするのが凄く楽しいです(^^)
(投票は終了しました)

■数々のライバルが登場の2巻!

Img403

 個人的に好きな「プラモ狂四郎」の2巻。表紙の通り私が所有するコミックは全て当時物で初回本だったりします(チョッと自慢)

 2巻の魅力は無敵を誇る狂四郎に新たな宿敵がゾクゾク登場するところと初めての敗北を経験するところでしょうね。

Img404

 天満太郎の「足つきジオング」!

 狂四郎の評判を聞きつけ対戦を望んできた忍びの者の血を引く天満家の三男の天満太郎。四郎の1/100リアルタイプガンダムを相手に1/100ドムの脚を移植した1/144ジオング!

 四郎のガンダムは1/100の弱点である腰部をパテで改修してありそれを知って集中的に狙う太郎。なんと彼は前日に四郎の家の部屋の屋根裏に忍び込んで弱点を知っていたのだ!(笑)間違いなく犯罪だろ!

 ジオングの金属製のアンテナに四郎のガンダムの胴体が崩れた時、胴体の内部から1/550ガンダムが登場!ジオングのコクピットを一突きして勝利します。

 当時はコレを読んだ時に「足つきジオング作りて~」とか思ったものです。このジオングやサッキー竹田のジオングの影響で数年後にMSVで1/250スケールで発売されると言う当時としては珍しいコミック発の商品化だったりします(発売までたどり着いたのはプラモ狂四郎の影響が大きいと思いますが、発祥は違うかもしれません)

Img405

 後に協力し合う天満兄弟。初登場の時は彼らの持ち込んだ「地獄のディオラマ」を舞台に戦う事になる。

 五郎太のザクキャノンはここで初登場。この地点ではMSVのキットは発売されていないので1/144量産型ザクを1ヶ月かけて改造した物で挑んでいる。

 対山根アキラ戦以来の四郎と健のお馴染みコンビは地獄のディオラマに翻弄されながら辛くも勝利する。

 ザクキャノンや、ザクデザートタイプ、ミサイルポッド搭載のアッグなど商品化されていない物で対戦を挑んできたこの回は当時の自分には凄くワクワクさせられたのを覚えています。

 

Img406

 出ました!プラモ狂四郎屈指の名シーン!

 初のスケールモデラーの影山陽との対戦の1ページ。クラフトマンでマゼラアタックとクラブガンナーを眺めて「クラブガンナーも良いけど、戦車はやっぱりキャタピラの方が良いや」と四郎。それを「冗談言っちゃあ困るぜ、そんな物は戦車じゃない」と喧嘩を仕掛ける影山。結局四郎と健の二人と影山の対戦が始まるのだが・・・

 影山はかなりの実力を持ったモデラーでモーターライズされた(シミュレーション内ではモーターライズされたキットは出力が3倍に跳ね上がる)1/35タイガーⅠ戦車を自在に操り健のクラブガンナーを撃破する。

 四郎もマゼラ・ベースを破壊されるがマゼラ・トップで脱出!アニメモデルを知らない影山は空を飛ぶ砲塔に驚きつつも撃破される。

 共にかろうじて脱出した四郎と健はマゼラトップの砲を取り外し手動でタイガーの接着が甘い部分に狙いを付けて撃破する・・・・・のだが。

 ボロボロになったマゼラアタックとクラブガンナーをマスターに見せられ「これで勝ったと言えるのか」と言われ初めて敗北を喫してしまう。

 でも・・・マスターも意地悪ですよね?だったらマゼラトップが撃破された地点でシミュレーションを終了すれば良いのに(^^;

 やっぱり「アニメモデルだって立派なプラモデルだ!」は名言ですね!以前入会していた飛行機主体のサークルで「普段はなに作っているの?」と言われ「ガンプラ」と答えたら一気に興味を無くし軽視するような印象で見られ二年で脱退したのを思い出します。なのでサークルにいたときは飛行機をクソ真面目に作って「アニメモデラーだってコレ位できますけど?」と意地になって作っていたのを思い出します。スケールだろうがアニメだろうが「プラモデル」には違いはないと思います。

Img407

 山根アキラとの2度目の対決!F-14対F-15!

 太陽模型店の「プラモ帝国エンペラー」との共同合宿でのシミュレーション。マスターに基礎をもう一度叩き込めと言われスケールモデルを製作する事に。当時最強と言われたF-15イーグル戦闘機に興味を持った四郎は今まで以上に集中して製作を始める。

 3回戦に分かれた対戦はキー坊、健は破れ大将同士の対戦で偶然出た「木の葉落とし」により勝利するが、偶然落ちてきた大岩に潰されるF-15のキット!(笑)

 最終決戦を控え手持ちのキットが無くなった四郎はポケットから1/100コアファイターで戦いを望むが条件を出され3体1で戦うハメに、次の日の対戦までに対策を講じないといけないのだが・・・・

 と言ったとこまでが大まかな流れですね。懐かしいと思う方も多いでしょうね。30歳~40歳あたりは特に馴染みの深いものでしょうから(^^

 当時のガンプラブームが衰退しなかったのはプラモ狂四郎の影響も多少なりとも(結構?)あったのは事実で様々なモビルスーツが後に商品化されていくのです。

 おそらく1年ぶりくらいに狂四郎の記事を記載しましたが様子を見て3巻の記事を更新できたら良いなあと思っています。まとまりの無い文面で申し訳ないです。

一応アマゾンのリンクを貼りましたが愛蔵版か文庫本なのでご注意を。

| | コメント (16)

2007年5月18日 (金)

コミック「プラモ狂四郎①」

 プロトタイプガンダムMkⅡがなかなか進みません・・・。今はふくらはぎのバーニアのユニットを複製中です(^^;

■通なら当時のコミックで揃えるべし!?

Img260

 おそらく今の年齢で30才から40才くらいの方が夢中になったと思います「プラモ狂四郎」。若い方にも名前と「パーフェクトガンダム」、「レッドウォーリア」、「武者ガンダム」はご存知だと思います。今回からとぎれとぎれですが若い方にも理解しやすく当時のウンチクなどを入れて解説をしたいと思います(^^;

 「プラモ狂四郎」は当時の私の青春だった!!

 早速ですがプラモ狂四郎①のお話を。愛蔵版、文庫版と言うのは私は興味が無く当時の状態のものを揃えてこそコレクターと自負しています。なので私は当時のもので全巻所有しています!しかも1巻意外は全て初版!!(自慢)

 久しぶりに読み直しました。ちなみに昭和57年の本の様です。ページを開くと小学校、名前は万代小学校(笑)主人公の京田四郎は小学生の5年3組。そして友人のお金持ちの健とキー坊。学校が終わると同時に健が「急げ!今日はGアーマーの発売日だぞ!」と。当時のガンプラ人気を反映したコメント。でも健とキー坊は学校の掃除当番、四郎に先を越され購入できず。Gアーマーがきっかけで模型店「クラフト・マン」の前で大喧嘩!(笑)お店のマスター倉田さんが「プラモの腕で競ったらどうなんだ?店の二階にプラモファンの部屋を作ったんだ」と土曜日の夕方にクラフト・マンの二回で勝負をすることに。そして当日集合して四郎たちは驚く!なんと自分達が製作したプラモデルが大スクリーンで命を吹き込まれたかの様に動き回るのだ!もちろん開始のお約束は「いきま~す」もとい「シュミレーション・ゴー!!」だ!

 健の1/144シャア専用ザクは倉田さんの娘みどりちゃんに「さすがは丸山(健)君、注意書きまで綺麗に出来てるわ」と。そう、当時は手書きでコーション系のマーキングを書いていた時代、デカールが今ほど広がっていない時代なのです。私も真似て面相筆でよくコーション系のマーキングを書いたっけなあ・・・。キー坊は1/1200ムサイ、四郎は1/144ガンダムとGファイターそしてシュミレーション・ゴー!!大スクリーンの宇宙に映る自分の製作したガンダムに驚く四郎、シュミレーションはイメージの世界なので四郎はアムロの格好をしてプラモのガンダムのコクピットに搭乗しているのです。プラモからは弾が!ビームが!健のザクのマシンガンをシールドで受ける四郎、しかし接着が甘いのかパーツがいとも簡単に外れてしまった!こうした自分が製作した内容がシュミレーションで反映すると言う「リアル志向」は当時の我々を引き寄せたのです。四郎のピンチにGファイターで駆けつけるみどりちゃん!

 馬鹿め!ガンダムはGファイターにまたがれないんだ!!」と健。

そう、1/144ガンダムは股関節が開かないのでGファイターにまたがれない!四郎のピンチ!しかし!Gファイターにまたがる四郎のガンダム!股関節のパーツを旧ザクやリックドムのパーツに交換したので股関節が開くのだ!!反撃に出る四郎、

 「1/144ザクの欠点はここだ!!」と後ろからとび蹴りをする四郎!そう、1/144ザクは足首が曲がらない!そのまま倒れてばらばらになるザク!四郎は初勝利する!シュミレーションが終わって自分のプラモを見ると、シュミレーションと同じ部分が破損している!そう、このシュミレーションはその状況に応じて破損箇所まで再現するシステムなのです。仲直りする四郎と健。

 と・・まあ1話はこんな感じなんですね?とはいえこの1巻は4話収録、あの糸ハンダでおなじみのプラモ帝国エンペラーの山根も3話で登場!なのですが、この調子ですとかなり長文になりそうなので・・・。当時はグフのヒードロッドを糸ハンダで再現するのが流行でした。たびたび連勝する四郎は毎回ガンダムを使用するので「ガンダム坊や」と呼ばれる事も。

 ガンプラの長所と短所を取り入れた内容は当時のガンプラモデラーを熱狂させました。私も少ない小遣いで毎回発売する「プラモ狂四郎」を購入するのがが楽しみな少年でした。機会があったら2巻以降も特集したいと思います(^^

| | コメント (28)