2011年2月12日 (土)

第320回 figma対応 M3A1短機関銃完成!

本館でジェットモグラ完成しています。他にも「fg」の方でも更新しておりますのでご興味のある方は見ていただけると嬉しいです。
http://misojikousyou.cocolog-wbs.com/blog/2011/02/post-8d69.html

 

Rimg0040

Rimg0041

本館のジェットモグラに続きこちらでもグリーズガンの完成です。

サイズはfigma企画に合わせて約1/12スケール。両手で持たせるには星村眞姫那があるとポーズが容易となります。言い換えるとマキナの手首パーツが無いと厳しいと言う難点も。右手よりむしろ左手の形状の問題なんですよね。

本体はプラ材、エポキシパテ主体での製作、配色はネイビーブルーを黒下地に少し明るめのグレーでグラデーション塗装。墨いれはエナメルのフラットブラック+レッドブラウンをライターオイルで割った物を使用しています。

実は当初、剥がれ防止の為にモデルガンの塗料を使用していましたが結構本体側に色移りしてしまうので結局模型塗料で塗る事に。コート材を何層も吹くと色移りは大幅に軽減されました。

実銃のM3短機関銃は第2次大戦から使用されてきた短機関銃でグリスを塗る工具に似ていることから「グリースガン」と呼ばれる。コストと製造工程の多いトンプソンの穴を埋めるべくプレスと溶接を主体としたコストダウンと大量生産が目的であり、相当数が使用されました。朝鮮戦争、ベトナムでも使用され現在でも陸上自衛隊では極小数が使用されています。

 

Rimg00415

実物は5センチ以下のかなり小さい物ですができるだけグリースガンの特徴を入れるべく努力はしています。

色合いで何となく材質は分かるかと。

 

Rimg0042

ボルト兼コッキングハンドルは別パーツで再現、コッキングする際に使用する2箇所の穴も忘れない。

その上部のカバーもモールドを再現。

 

Rimg0043

なかなか実銃の雰囲気は再現されているかと思います。

マガジン下部のパーツも別パーツ。

 

Rimg0044

リアサイトは強度を考えABS樹脂を削りだしました。その周辺の溶接後はプラ材をリューターで加工しています。

 

Rimg0048

せっかくfigma用に製作したグリースガンですから持たせましょう。

製作当初はマキナ用に製作していたのですが勿論マキナ以外でも楽しめます。

 

Rimg0046

マシンガンは両手で持ってこそ格好良い。

 

Rimg0047

少しだけオーバースケールだったかな?

ですが違和感は殆ど感じないかと思います。

 

Rimg0055

手首さえ流用すれば他のfigmaにも持たせることが可能です。

まずは光陽院学園ハルヒと。

 

Rimg0050

あずにゃんと。おおっ、似合う!

実は他のfigmaと比較すると胸のサイズの問題か、非常に両手で持たせやすかったり(;´Д`)

表情も良く似合うポイントですね♪

 

Rimg0051

デューク東郷と。

胸板が厚いので少し苦しいですが持たせられないことは無さそうです。多少大きく作ったグリースガンが丁度良く見えますね。

 

Rimg0053

真鍋和と。

こんなポリスなら捕まりたい??冗談ですよ(;´Д`)

 

Rimg0054

似合うなあ~☆

 

Rimg0049

数ある銃器の中でグリースガンを製作した理由としては、まずマキナの武器がイングラムM11だけと言うのもと思った事。化け物相手に38口径弾なんて威力不足すぎやしないかい?ならMAC10があるじゃんかって?同じイングラムじゃあつまらないでしょ。

次に機関銃ときたらセーラー服、セーラー服ときたら機関銃だろうと(汗

グリースガンの外観は子供が描く「ザ・機関銃」の形をしていてどの様なキャラにもある程度似合うと言う事。形状も単純だし複製すればよかったのかもしれませんね・・

 

Rimg0045

製品で立体化されているfigmaの付属品での銃器といえば朝比奈みくるのデザートイーグル10インチ、マキナのイングラムM11、カナンのPX4ストーム、アインのコルトパイソン、ゴルゴ13のM16A2、M36程度。
しかもデザートイーグルは癖が強いしPX4はODフレームでこれまた癖の強い。M16A2なんかゴルゴカスタムですからなお使いづらい。汎用度が高いのはイングラムとコルトパイソン、M36位?そういう意味でもミサカに付属のF2000やバレットM82は楽しみですね~。

なので汎用度の高いグリースガンを作りました。個人的にはおおむね満足です。

今現在は調子に乗ってM202ロケットランチャー(コマンドーでシュワちゃんが使っていたやつ)、81ミリ迫撃砲、M1トンプソンを製作しています。どれが最初に完成するのやら・・

 

| | コメント (12)

2010年11月21日 (日)

第308回 figma対応 M3A1短機関銃製作具合②

 

■放置プレイを解消しよう

Rimg0039

随分長い間放置してしまいましたfigma用に製作していたグリースガン。

前回からblogの更新数にしますと150回以上前だった事には自分でも驚きを隠せません( ̄□ ̄;

ちなみに前回のグリースガンの記事はこちら
http://misojikousyou.cocolog-wbs.com/maniamisoji/2009/05/142-figmam3a1-0.html

 

Rimg0040

画像を見ると前回より大きく印象が変わった部分はストックでしょう。1ミリのピアノ線を使用したのですが固い固い・・・

圧倒的に格好良くなったのですが問題発生!いざfigmaに持たせるとストックが邪魔して腰だめで構える事が出来ないのです。それでは意味が無いと思い苦労して取り付けたストックは泣く泣く取り外すハメに。

グリップはfigmaに取り付ける際付けやすいようにやや小さめに製作しています。滑り止めは持たせると見えなくなるのでオミット。

バレルの長さを若干縮小しました。

 

Rimg0041

あいかわらずチッコイです。5センチありません(;´Д`)

 

Rimg0042

結局ストックは取り外し両手で格好良く持たせる事を優先しました。

マシンガンは両手で持たせるのが格好良い♪

 

Rimg0042_2

参考までに実銃のM3A1グリースガン。

こうして見ると結構良い線いってるでしょ?

 

Rimg0043

リアサイトは当初エバーグリーンのプラ材を使用していましたが強度に問題があり2回破損しているのでABS樹脂のランナーを削りこんで形状を作っています。

 

Rimg0044

スリング固定の金具を削り込んで小さくしました。

 

Rimg0045

か・い・か・ん(笑

 

Rimg0049

撮影中にマキナの髪パーツが破損しました・・・

すぐに修正して今は元通りです。プラリペアで固定したので簡単には折れないでしょう。マキナはもう1個未開封品があるにはあるのですが勿体無くて(^^;

 

Rimg0046

アクション!

あっ・・後ろ髪パーツの修正前の画像ですね(゚ロ゚屮)屮

 

Rimg0047

勿論マキナ以外にも取り付け可能です。

塗装後はいろいろなキャラに持たせたいと思います。

 

Rimg0050

こうしたポーズはスリングがあるともっと良いのでしょうね。

 

Rimg0048

もの凄く久しぶりに引っ張り出したグリースガン。

次回更新の際は完成画像を掲載したいと思います。

 

| | コメント (8)

2009年5月 1日 (金)

第142回  figma対応 M3A1短機関銃製作具合①

 先日公開したfigma星村真姫那、動かして楽しすぎる個人的に好きなfigmaシリーズNO.1となり、お化粧では無いですけど何かオプションパーツを製作したいと思いまして考えたあげく両手で保持するタイプの小火器が良いと思いM3A1グリースガンを製作する事にいたしました(^^

■1/12の小火器製作!

Rimg0295

 早くもここまで形が出来てきました。前回チラリと画像を添付した状態よりも進行していると思います。

 しかしなぜM3A1かと言いますと30歳以上のオジサンでしたらお分かりかと思いますが「セーラー服」と言ったら「機関銃」な訳ですよ(笑)もちろん薬師丸ひろこさんのバージョンと言う事で機関銃はM3A1な訳です。映画で使用していたのはプロップなのでバレルが異常に長いですが今回は実銃寄りに製作する事に。

 余談ですがTVシリーズの原田知世さんのverはXM177E2、長澤まさみさんのverはMP40でしたね。

Rimg0297

 まずは左側。

 スリング金具は市販パーツを小さく加工をしたもの、バレルはランナー、ピンバイスで開口、その他の殆どはプラ材をメインにスクラッチしています。(トリガーの黒い瞬着がそのままなのがなんか生々しい)

 マガジンキャッチもそれなりですが製作しています。

Rimg0298

 右側。

 バレル基部と本体上面にはオーバーな位溶接跡をつけています。ボルトカバーは手間が一つ増えますが開けた状態で製作、 カバー内側のプレートも小さいですがしっかり製作しています。各所のモールド等はできるだけ製作していますが凹凸はサイズ的に無視しています。

Grease_gun_1959

 拾い画像ですが実銃のM3A1です。比較すると良い線行ってるでしょ?

Rimg0296

 10円玉との比較画像。想像よりも小さい事が分かります。

 実銃のサイズが57センチで、今回製作したミニチュアが4.8センチ。ほぼ1/12です。原寸比較していないのに!・・・偶然ですけどね(^^;

Rimg0292

 構えるとこの様な感じ。ガチハマリ!ちょっとバレルが太いかなと思いますが、グリースガンは意外と大きいんです。ハドソンのモデルガンを持っている方が見たら良く理解していただけるかと。それに45口径だしコレ位オーバーでも良いかな?

Rimg0293

 ボルト内部も再現。プラパイプ内にランナーで製作したボルトを仕込みコッキングハンドルの役割になる2箇所の穴も再現!ちなみにリアサイトは実際に覗く事ができ、フロントサイトと照準を合わせることが出来ます。この細かさが伝わると良いなあ・・・。

Rimg0294

 正面から。

 リアサイトの穴が開いているのが分かると思います。マガジン下にもリブがあるので再現。

Rimg0291

 ここまで大体7,8時間程度。やはり短機関銃は腰だめで構えさせるのが格好良い!

 あと2、3回で完成できたら良いなあ~。

 あっ、あと写真の撮影方法変えてみたのですが、どうでしょうか??

| | コメント (0)