2010年3月30日 (火)

第265回「35MAX スコープドッグアサルト・レーンカスタム」

久しぶりにボトムズ関連の記事となります(誰だ!珍しいとか言っている人は!)

 

■フォークト隊の鉄騎兵

Rimg0233_2

「装甲騎兵ボトムズ コマンドフォークト」よりスコープドッグアサルトです。

発売が大幅に延期になりようやく発売された35MAXですが価格が8190円と言うのは高すぎる・・。ですがこうして発売されただけでも評価するべきなのでしょうか。ちょっとした超合金魂買えちゃうじゃん(^^;

販売はマックスファクトリー、現在ではfigmaに力を入れていますが35MAXも忘れないで~。

 

Rimg0234

リアから。

各所に装備されたパイルバンカーの杭が凶暴的で良い感じ。35MAXらしく全塗装された本体は成形色を生かしたトイより一段上の高級感さえ与えます。

 

Rimg0235

ライトスコープドッグから小型化された頭部。

頭部の小型化により全体のラインがタカラ1/24SAKに近づいたような気がします。

ターレットは回転こそ無いですが左右に可動します。ガンメタルの塗り訳がきれい。

 

Rimg0238

肘は二重関節。ここまで可動してしまいます。

肩関節は最近の35MAXに付属されているボールジョイント型に変更、銃器を両手で持たせる時には重宝します。

 

Rimg0236

リーマン機等で見る事の出来る電磁式のパイルバンカーが付属。

ストックされている杭を取り付けることが可能。

 

Rimg0237

差し替えで射出状態も再現可能。

最も凶暴なスコープドッグに相応しい装備です。

 

Rimg0239

脚部ユニットは差し替え無しで展開可能。

ちょっとした事だけど可動トイには効果が大きい。

 

Rimg0240

ショートタイプのマシンガンはマガジンが連装式。リロードが容易な形状はレーン機の特徴の一つ。

 

Rimg0241

新規肩関節のおかげで両手持ちも可能です。

 

Rimg0242

水中潜行装備が付属。

ここはフォークト機のターボカスタムが良く似合う。

 

Rimg0243

コマンドフォークト最終回の様な画像で。

 

Rimg0245

コマンドフォークト隊集合!

この画像の6体とカスタムパーツで4万円以上かかっていたり(^^;

ブログ開設当初にレーン機、フォークト機をレビューして3年越しで集合画像を掲載する事が出来てほっとひと安心。

ケスウリ中佐の陸戦型ファッティーやチャビィーが発売してくれれば嬉しいのですがfigmaに主力を投入している今、それも叶わぬ夢なのだろうか。

| | コメント (6)

2010年1月18日 (月)

第244回「DVD 装甲騎兵ボトムズ ペールゼンファイルズ劇場版」

間隔を空けてしまいましたが次回は「ex:rideヴィンテージバイク&figma編」を更新します。数多くの画像を絞るのが大変でしたがそれでも画像多めなのであらゆるキャラとの組み合わせを見ていただけると嬉しいです。

 

■相違点を中心に

Vmmovie

今さらながらPF劇場版です。

パッケージは塩山紀生さんによるものでOVA版と比較して違和感は生じません。当時新宿の劇場で視聴した時はDVDの購入予定はありませんでしたが中古で格安で発見、OVA版は全て所有していますが劇場版も購入。

 

Rimg0280_3

劇場版の一番の注目すべき点は間違いなく冒頭のヨラン・ペールゼンとレッドショルダーの映像でしょう。

不規則に稼動しているターボカスタムがペールゼンの両脇に整列し・・

 

Rimg0281

一斉に敬礼の意味合いで射出されるアームパンチ!

鳥肌ものです(;´Д`)

 

Rimg0282

OVAではコチャックが打ち損じたファッティーが砲台を起動させるシーンは全員が打ち損じた事に変更されています。

 

Rimg0283

死の谷から戻ってきた5人。

BGMに「バイバイブラザー」、結構流れに合っていて好感が持てます。

キリコとゴダンが狙撃されるシーンやガレアデのPR液の貯蔵タンクの爆発、コチャックがガレアデ司令官と副官を射殺するシーン等はカット。

 

Rimg0284

ダウン・バーストでのワップ少尉とのやりとりは丸々カット!

正直凄く残念ですが本編と余り関係が無いと言えば仕方が無い。

 

Rimg0285

終盤のISSのターボカスタムの突入シーンに合わせ「鉄のララバイ」が流れ盛り上がりに貢献していますが、この後2回も流れるので少しやりすぎた印象が。

 

Rimg0288

エンディングの映像は新作カット。BGMには再収録された「炎のさだめ」が。

始めは「なんだこりゃ?」と思えた新録版の炎のさだめですが聞きなれると結構悪くないかも。

スタッフロール時のBGMは「いつもあなたが」のイントロ。TVシリーズで良く流れていましたね。

 

6時間の映像を2時間まで編集されているので当然ダイジェスト版の間隔は否めませんが結構普通に見れてしまいます。少なくとも0083劇場版の数倍は違和感は感じませんでした(まああれは前半丸々カットだし)

ただし残念なのがキリコの人並み外れた回復力に驚くシーンがカットされていて情報不足感は否めない。

改めて感じたのはキリコだけ敵ATを攻撃する際にフルオートではなく指切りバーストで確実に仕留めていく描写はまさに「戦う為の機械」の様で格好良すぎ!

ツギハギの映像を再編集したBGMの効果で上手く繋がっている印象を受けました。OVAの様にあえてTVシリーズの音源を使用しなかったのが良い方向に働いたのかもしれない。あとOVA版での中だるみな部分を絶妙な加減で編集してあり非常に見やすい感じに仕上がっています。

今回はDVD版ですがBD版にはサウンドトラック等特典が付属しているのでお好みで購入するのも良いかもしれません。

| | コメント (2)

2009年12月11日 (金)

第231回「装甲騎兵ボトムズ リアルトイコレクション」

マックスファクトリーさんのfigmaブログにてちびトロさんの作品が掲載されていました。何時もながら流石です。

久しぶりに本館更新しました~(汗
http://misojikousyou.cocolog-wbs.com/blog/2009/12/ver20-4c75.html

 

■ボトムズ玩具を眺めるだけで楽しい方に

Img436

ボトムズ玩具を一纏めで見たい!

今のところはこの別冊がベストではないでしょうか。メディアワークス社から発売されている本書はそんな欲張りな貴方にピッタリ!

この本の良いところは現在入手可能のアイテムから当時物まで掲載されている点です。とは言えリアルトイ限定なので掲載されていないアイテムもあるかと思います。

■掲載内容(膨大なので大変ですが・・・)

■アクティックギア

スコープドッグ・スコープドッグ(メルキアカラー)・ブルーティッシュドッグ・スコープドッグ(ラウンドムーバー)・スコープドッグRSC・ベルゼルガ・ダイビングビートル・ファッティー・ターボカスタム(キリコ機)・マーシィドッグ・ターボカスタム(サンサ戦キリコ機)・ファッティー地上用A型・ファッティー地上用B型・スコープドッグ(メルキアカラー・ラウンドムーバー)・ATフライ&スコープドッグ・ATフライ&ダイビングビートル・ミッションクメン・ザ・ラストレッドショルダー・バニシングクエント・リーマンスカッド・ビッグキャリー&ターボカスタム・リベンジオブレッドショルダー・アッセンブルトルーパーズ・ケイオススペース・シコープドッグ(ウド戦仕様)・レッドショルダースペシャルエディションスコープドッグ・レッドショルダー&ザックセット・スコープドッグ(オドン調査隊)・レッドショルダースペシャルエディション スコープドッグターボカスタム・トイザラス配布AGジオラマ

■デュアルモデルツヴァイ

スコープドッグ・ストライクドッグ・スコープドッグ マテリアルバージョン・スコープドッグSA

■ミクロアクションシリーズ

キリコ・キュービィー・フィアナ&ヂヂリウムカプセル・イプシロン・キリコ・キュービィー特殊任務班仕様・機甲猟兵メロウリンク&軍用バイク・メロウリンク(DVD特典)

■KTフィギュアコレクション

スコープドッグ・ブルーティッシュドッグ・スコープドッグ(メルキアカラー)・ベルゼルガ・レッドショルダーワンフェス限定モデル2点・装甲騎兵ボトムズコレクションケース

■KTフィギュアコレクションDX

装甲騎兵ボトムズ2体セット・ブルーティッシュドッグ(ワンフェス限定)

■タカラ マイクロワールド

スコープドッグレッドショルダーカスタム&ガージム・ダイビングビートル&ATフライ・ファッティー&ATキャリー・ブラッドサッカー&アストラッド・ラビドリードッグ&フラットキャリー・スコープドッグ(ボトムズフェア2限定)

リバイバルデュアルモデル

スコープドッグIN OUTER SPACE・ブルーティッシュドッグ・スコープドッグレッドショルダーカスタム

■YAMATO

スコープドッグ(原寸大写真アリ)・スコープドッグ(メルキアカラー)・キリコ・キュービィー・スコープドッグ対応ウェポンパーツvol.1・スコープドッグ対応パラシュートザック装備・スコープドッグ対応ラウンドムーバー装備・スコープドッグ対応ウェポンパーツvol.2・オドン戦キリコ機(DVD-BOX限定)・ッスコープドッグ&ラウンドムーバー宇宙戦仕様・スコープドッグレッドショルダー・ストロングバックス・ブルーティッシュドッグ

■35MAX

スコープドッグ・スタンディングトータス・スコープドッグターボカスタム・ブラッドサッカー・ストライクドッグ・スタンディングタートル・ブルーティッシュドッグ・スコープドッグレッドショルダーカスタム・スコープドッグライトカスタム&エクルビス

■シーエムズ

ベルゼルガBTS・ゼルベリオス・ベルゼルガSE・シャドウフレア・カラミティドッグレッドver・カラミティドッググリーンver・デスメッセンジャー・パイロットセット・ベルゼルガSE(宮沢模型限定)・ゼルベリオス(宮沢模型限定)・シャドウフレア(宮沢模型限定)・ブルーナイトウェザリングver・カラミティドッグ(宮沢模型限定)

■ワンコインフィギュアシリーズ 青のベルゼルガ物語

ベルゼルガBTS・ゼルベリオス・テスタロッサ・シャドウフレア・ファニーデビル・デスメッセンジャー

■ワンコインフィギュアシリーズ 青のベルゼルガ物語~第2章~

ベルゼルガスーパーエクスキューション・ウォリアー1・カラミティドッグ・レグジオネータ・オクトバ・ライジングトータス

■その他アイテム

WAVE/キリコ&フィアナ・インスパイア/ヘルメットキーホルダー

■デュアルモデル

スコープドッグ・ブルーティッシュドッグ・スコープドッグレッドショルダーカスタム

■ジョイントモデル

完全武装スコープドッグ・宇宙戦用スナッピングタートル

■ATコレクション

スコープドッグ

■塩ビ人形

装甲騎兵ボトムズ

■完全プラタイプ

スコープドッグ・ブルーティッシュドッグ

■ゲーム版デュアルモデル

スコープドッグ(青の騎士ベルゼルガ物語パーフェクトソルジャーBOX限定版)・レッドショルダーカスタムキリコバージョン(ウド・クメン編パーフェクトソルジャーBOX限定版)・スラッシュドッグ(パーフェクトソルジャーBOX3限定版)

・・・・・疲れた・・・・・・・。

とかなりの掲載数で正直全て揃えるのは不可能に近いので、本でしたら見るだけですが一通り見ることが出来ると言うのはありがたい話。

あと各社の担当者の対談が読んでいて面白い、この頃のメーカーの裏話も知ることが出来たりと興味深い内容になっています。

| | コメント (8)

2009年10月27日 (火)

第202回「35MAX スコープドッグ・ボックメッサー搭乗機

久しぶりに連続記事です(^^;

前回の記事「第201回 ペプシ 小豆」
 独特の味わいのフレーバーシリーズ、今回は?
 http://misojikousyou.cocolog-wbs.com/maniamisoji/2009/10/201azuki-64d0.html

 

■艦船ハンターの専用機!

Rimg0133

35MAXのボックメッサー大尉の機体です。

コマンドフォークト隊の35MAXの記事を初めて出したのがレーンカスタムなのですが、なんと07年6月!2年以上経過してようやく最後の機体の記事となりました。長かったー(汗

なぜかと言いますと35MAX程度のサイズですと小さい背景一つで撮影が出来るのですが、この機種の場合は武器のサイズが尋常ではないのでなかなか撮影する機会がありませんでした。固めの撮影しやすい背景を購入したのでようやく記事にする事が出来ました。

 

Rimg0134

俯瞰で。

機体の説明を軽く。

コマンドフォークト隊のボックメッサー大尉の機体。威力は高いが扱いが難しく倉庫送りになった試作型の対AT大型ライフルを装備し遠距離から確実に獲物を仕留める。通産100隻以上の艦船を撃破(ATに換算すると300機以上)してきた歴戦の猛者である。

 

Rimg0135

Rimg0136

対AT試作ライフルの衝撃に絶える為にスペードが背面に装備されている。

勿論展開可能でインパクトに貢献しています。

 

Rimg0137

射撃姿勢。

圧倒的な迫力はこの機種ならでは!一撃でATを無効化するのにに十分なインパクト。

とはいえ実は背面のスペードとアンチ・マテリアル・キャノン以外は普通のスコープドッグと大差なかったりします。

言うまでも無く綺麗なマーキングと塗装は全塗装で高級感があり35MAXならでは。頭部の大きさが気になるのも35MAXならでは。格好良いんだけど撮影となると頭部の大きさが際立ってしまいます(泣

そのままですとこの構えが出来ないので付属の肩のボールジョイントを組み込みます。

 

Rimg0138

近距離の防衛用にペンタトルーパーを装備。

今さらですがこの機種は単体で発売されていません。ノルデンカスタムと武器セットを購入しないとこの機種に変換することが出来ないので注意が必要です。

 

Rimg0139

ゼトラ機と同様後方支援型ですが役割が分担されているところにコマンドフォークト隊の魅力があるのかと思います。後はスコープドッグアサルトですが近いうちにでも。

6機集合した画像も近日更新いたします。

| | コメント (4)

2009年10月24日 (土)

第200回 「DMZ ラビドリードッグ」

1週間ほどブログの方を離れていました。今回で200回目を迎え改めて自分の趣味の濃さに呆れる反面、何時もROMってくれる方々、そして特に常連様に感謝です。これを機に長らくコメントされていなかった方や新たにコメントしてみようと思っている方がいるならば嬉しい限りです。

何気に本館が60万hit越えているのにビックリ!

■バックナンバー 第199回、第198回

■第199回「ねんどろいどぷち THE IDOLMASTERステージ01ゴシックプリンセスver.」
 http://misojikousyou.cocolog-wbs.com/maniamisoji/2009/10/199the-idolmste.html

■第198回「一番くじプレミアム らき☆すた×マクロスFきゅんキャラ」
 http://misojikousyou.cocolog-wbs.com/maniamisoji/2009/10/198-612f.html

■投票ありがとうございました

前回までの記事に貼り付けていたnifty投票にて今回の記事が決まると言う物だったのですがDMZラビドリードッグが半数以上を占めたので今回の記事は1/18ラビタコに決定いたしました・・が!

■まずはお詫びの4コマからどうぞ(汗

Rimg0166

と・・言う訳で今回の記事のラビドリードッグは武器のショットがありません。ゴメンナサイ。どっかにあるはずなんだけどなあ~。

 

■キリコの最初で最後の専用機!

Rimg0144

DMZのラビドリードッグです。

サイズは1/18でミクロマンが搭乗するのに丁度良いサイズで再現されています。ストライクドッグ、ラウンドムーバー付きと来て次はブルタコかと言われていたのですがまさかラビタコが発表された時には驚きを隠せませんでした。

 

Rimg0145

大スケールならではの迫力が伝わるリアビュー。

「タカラ造型」でのラビドリードッグはおそらくこれが初。H級の重厚感が表現されていてバランスは良いと思います。

しかしながら以前ストライクドッグで指摘していた肩ブロックが小さすぎるのは今回も同じでした。全体が良いだけに凄く勿体無い。

 

Rimg0146

メインのレンズの奥に見える丸いモールド(ダボ)がメカらしさを演出していて良い感じ。個人的に凄く好きな部分です。

両脇のアンテナは軟質樹脂のグレーの物と硬質素材のシルバーの物が付属。画像はシルバーを付けています。何気に黒のパーツの上にシルバーを吹いているので玩具っぽくない所が良い。

 

Rimg0147

メンテ用のハッチは開閉式。

サイドのライトはクリアーパーツで表現。

何時もながら全体にはウェザリング、マーキングの印刷が施されています。個人的には余り好きではないのですが、玩具として見るとこれはこれでアリかと思える。

 

Rimg0148

バイザーは開閉式。余談ですが頭部は90度横に回すと取り外しが可能です。

 

Rimg0149

レンズ部は左右に可動、表現の幅が広がります。

少し硬いかな?と思いますが個体差もあるかもしれません。

 

Rimg0150

コクピットのハッチは開閉式。

ここにキリコを搭乗できると思うだけでワクワクしてきます。これだから男の子(オッサン)向けの玩具は楽しいです。操縦桿は可動式です。

 

Rimg0151

アームパンチはスプリング式でボタンを押すと「バシーン!」と前方に展開します。凄く楽しくYAMATO製より優れていると思う。

握りこぶしは以前トイザらスでDMZキャンペーンをしていた時に購入者に無料で配られたもの(でもストライクドッグ用なのは見なかったことに。両方もらったんだけどね)

 

Rimg0153

ストライクドック以上の迫力のクローは上2本がなんと金属製!しかも後退させてパンチをする事が出来ちゃったり。

 

Rimg0154

下側のクローを移動させると機銃が展開します。

ニョキッと出てくる表現は小さい事ですが嬉しい配慮です。

 

Rimg0155

爆雷を装備したミッションパック。

爆雷は8個付属で塗装がアンテナと同様渋い仕上がり。

上側から4個づつ入れてスイッチを押すと1個づつコロコロと転がるギミック付き。何気に楽しいです。

 

Rimg0157

サンドトリッパーは指で回すことが出来ます。

それ程快適に回せるわけでもないのですが動くと動かないでは大違いです。エアブラシでの砂の表現が良い感じ。

 

Rimg0156

降着状態。

ボトムズ系の楽しみの一つですね。

「大きな塊感」がとにかく凄くYAMATO製のスコープドッグに迫る勢いです。

 

Rimg0158

今回もミクロマンのキリコが付属されています。

 

 

Rimg0159

今回はバイザーが透明パーツになっているのですがかなり濁っています。

とはいえ、このスケールではこれくらいの方が良いのかもしれませんね。

 

Rimg0160

「クエントver.」と言われている悪巧み顔のキリコヘッドが付属しているのですが・・

正直誰??的な出来に涙。

せめてHJ誌付属の1/24キリコ位の出来なら文句もなかったのですが・・。

 

Rimg0161

キリコ自体はミクロマンシリーズなので良く動いてポーズもしっかり決まります。

 

Rimg0162

キリコは搭乗可能。

H級のせいかとっても乗せ易いです。

 

Rimg0163

こうした遊びが出来るのもボトムズ系玩具ならでは。

 

Rimg0164

本編では鬼神の如く活躍を見せるラビドリードッグ。圧倒的存在感は他のATと比較出来ない位。

関節の緩さや降着ギミックが妙に硬かったりと不満な点もありますがそれを補う位のボリュームが最高ですよ!

今回改めてDMZを手にしましたが、以前結構批判的に掲載してしまったストライクドッグも今見るとナカナカのもの。年月は印象を変えますね(^^

 

■おまけ

Rimg0165_2

YAMATOのキリコと。

少し画像を弄っただけですが格好良い!

 

 

| | コメント (14)

2009年7月14日 (火)

第167回 コミック「装甲騎兵ボトムズ-CRIMSON EYES-」

気が付いたらボトムズ関連の記事が今年の4月から更新されていない事に気づき(約30回ぶり位!)「これはいけない」と思い最近購入した物を更新いたします。

■これはれっきとした「ボトムズ」だ!

Img412

秋田書店が展開しているchampion RED誌。女性の肌の露出が多めな雑誌で有名ですが、その様な雑誌にて装甲騎兵ボトムズ外伝がスタートいたしました。(現在は終了していると思います)

正直なところ雑誌が雑誌なので期待はしていませんでしたが読んでみるとこれがなかなか面白い、しっかり最低野郎の心を掴んでいる気がします。

 

Img414

主人公の少女「レッカ・バロウ」は爆弾が仕込まれた首輪を付けられた状態でボトムズ山と呼ばれた反政府軍の砦に逃げ延びるところから物語りは始まります。

舞台は惑星グラビウス、軍事政権と反政府組織の内戦が絶えない場所。

レッカに爆弾を仕込んだのは政府軍のレキセル少佐で大統領の命により戦災孤児に爆弾機能の付いた首輪を付け解放させ保護されて安心したところに吹き飛ばすと言った非人道的な任務を受けている。

その様な中、バララント系列の政府軍に攻撃されるボトムズ山、レッカは首輪を付けたまま調整の済んでいないドッグ系ATに登場してこれを退ける・・・

と、いったところが第一話。

2話以降は大統領の兄を殺す為に大闘技会「グランデュエロ」の参加権を得るためにバトリングに参加したり首都へ移動中の軍用列車にヂヂリウムを強奪する為強襲を仕掛けるパープルベアを主とした盗賊集団「ゴードベア」に迎撃をかけるために政府軍のグランドファッティーに搭乗して退けた所にクエント製のH級ATがレッカの前に立ちふさがる・・・

 

Img413

ベルゼルガに搭乗しているのは女クエント人のハラリヤ。

女性のクエント人のアイデアというのは盲点でした。しゃべり方がシャッコと同じ様で面白い(^^;

復讐劇、バトリング、装甲列車に盗賊の急襲と言う事で「機構猟兵メロウリンク」を連想いたしました。しかしながら最低野郎ブログのZIG・ZAGさんのブログにて「青の騎士 ベルゼルガ物語」にも近いと聞き、さすがと感心すると共に確かにブルーナイトのほうが世界観が近いかなあと納得いたしました。

結果論から言いますと、絵だけで偏見を持っていた自分が恥ずかしかったです。しっかりと「ボトムズ」しているのでご安心を。昨年のボトムズフィーバーも終わり展開が少ない中こうしたアイテムは嬉しい限りです。ちなみに2巻(最終巻?)は今月17日発売予定です。

 

■どうでもいい事ですが(汗

41oe3zqzwil__ss400__2 

コレが明日手元に届くので少し楽しみです(汗)

38センチらしいので何処に置いたらいいのやら・・・。

| | コメント (4)

2009年4月 4日 (土)

第137回 CD「Due Marines e un generale 」

本館にて同じ題材として「GUNDAM SINGLE HISTORYⅢ」の記事を掲載しています。宇宙世紀の主題歌、エンディング曲のコンプリートの手助け程度の情報はあるとと思います。要チェック!
■CD「GUNDAM SINGLE HISTORYⅢ」
 http://misojikousyou.cocolog-wbs.com/blog/2009/04/cd-gundam-singl.html

■ドワッジG型製作記⑤
 http://misojikousyou.cocolog-wbs.com/blog/2009/04/ms-09g-45aa.html



■幻のレッドショルダーマーチはこの中に!

Img392

最低野郎の中でも最も支持の高い音源の一つではないでしょうか。一昨年あたりにようやく発掘されたいわゆる「レッドショルダーマーチ」、元の音源は昔の映画のサウンドトラックにあった事は記憶に新しいと思います。

「レッドショルダーマーチ」と最低野郎の間で言われていた音源は「装甲騎兵ボトムズ」、「装甲騎兵ボトムズ-野望のルーツ-」にて使用されており、各種サウンドトラックに収録されていなく当時使用された音源も高橋良輔氏いわくテレビ東京にあった音源を適当に使用したなんて話もあったそうです。

しかし発見する人はいるものですね、まさか60年代のイタリア映画のサウンドトラックに収録されていようとは。

肝心の曲は2曲目に2分ちょっと収録されています。野望のルーツではほぼ全て流れていましたね。余談ですが6曲目は「機動戦士ガンダム」においてギレンの演説シーンにてBGMとして使用されました。

しかしながらCDの方は今現在20000円前後の価格が付いており入手は困難。ですが、幸いにもitunesにて150円程度で発売されていますので物に拘らない方はダウンロードも良いかもしれませんね。

でもコレクターはCDの音源を欲しくなるものなんですよね(^^;

| | コメント (4)

2009年3月12日 (木)

第133回 YAMATO「1/12 スコープドッグ宇宙戦仕様withラウンドムーバー」 後編

先日別館記事4連発を実施したばかりなので数日間間を空けてしまいましたが、その間に撮影が厄介な「あれ」の画像を編集しておりました(^^;

今回の記事はzig・zagさんの運営する「ボトキチブログ」を拝見いたしまして「うちも重い腰を上げて1/12の記事を更新しないと」と思い私の勝手で連動企画をしてしまおうと言う便乗計画と言うのはナイショでほったらかしだったYAMATOの1/12ラウンドムーバーの後編の記事を更新したいと思います。(zigさんすんませ~ん(汗



■置くとこに困るぞ(笑)ラウンドムーバー!

Rimg0014

昨年の11月に更新した100回記念の記事から放置プレイ状態だった「1/12 スコープドッグ宇宙戦仕様withラウンドムーバー」。今回はラウンドムーバーに重点を置いて進行したいと思います。

■前編の記事はこちら!
 
http://misojikousyou.cocolog-wbs.com/maniamisoji/2008/11/100yamato112wit.html



Rimg0015

このセットに付属のラウンドムーバー。

4箇所に設置されたバーニアは球体部のみ申し訳程度に可動します。


Rimg0016

本体同様一部ハッチを開ける事ができます。通常見えることの無いパーツですがしっかりと塗装されていて好印象。


Rimg0017

裏側はこの様な感じ。


Rimg0018

降着状態の際にラウンドムーバーが本体に干渉しない様にザックのフックを固定したままパーツが丸ごと下に可動する仕組み。本体に装着すると全く見えないこの部分も可動させると内部メカが。参りました。


Rimg0019

取り付けるとこの様な感じに。

高さは35センチ程度、横幅は20センチ以上とかなりスペースを必要としますがその存在感は1/12シリーズ最大級のものとなります。


Rimg0020

前面から。

余談ですが撮影の際、個体差もあるのでしょうが関節はゆるゆる、ちょっと動かすだけでパーツはポロポロ、腹が立って仕方がありませんでした。ターボカスタムでは完全に改善されております。


Rimg0025

降着状態。

先ほど記載した通りラウンドムーバーの内側が可動するので本体に干渉することはありません。


Rimg0023

別売りの「キリコ・キュービィー」を搭乗させることも出来ます。ボトムズ系の最大の遊び方ですね、だから35MAXは失敗しちゃったのかな・・・、個人的には好きなんだけどなあ。

搭乗させる理由から若干小サイズにされているキリコなので窮屈な事も無く搭乗する事が出来ます。


Rimg0029

本編1話に搭乗したソーセージ爆弾が2個付属。スコープドッグの腰に装備可能。



■恒例となりました?「さあ!遊ぼう!」

Rimg0024

マーシィドッグでは無いですが別売りの「フィアナ」と組み合わせ。フィアナの首がもっと可動すれば雰囲気が出るのですが髪の毛が邪魔でこれ以上は無理でした。この教訓がfigmaシリーズに活かされているのですかね?


Rimg0027

1/12スケールと言う事で結構聞かれる「figmaは1/12スコタコに搭乗できるのか?」の問いに答えてみました。

サイズ的にfigmaの基準となる(と思う)涼宮ハルヒ。問題なく搭乗しているように見えますが脚をペダル付近で交差させてなんとか乗れる位か。ハッチは閉めることが出来ました。見事に団長仕様?

「ただのアーマードトルーパーには興味ありません!」と言っているとか言っていないとか・・・。


Rimg0028

リボルテックのよつばは簡単に乗りました。

「でっかいロボットなー」


Rimg0026

ようやくブログ上に掲載できた1/12スコタコ。これがボークスの1/8やホンキートークの1/6だとどうなってしまうんだろう?

総評としては動かして遊ぶなら間違いなくDMZ、どっしりひとつ存在感のある物を置きたいのならYAMATO製。個人的にはDMZの方がオススメかも。しかしYAMATO版の原型はお馴染み「日本一の最低野郎」事野本憲一氏。形状は言うまでも無く素晴らしいものに仕上がっています。ターボカスタムはさらに進化しているのでターボカスタムがお勧め?とはいえ問屋の放出品が目立っているので当時の価格は25800円ですが最近では8000円程度で購入できる場所もあるようです。


■追加画像

Rimg0030

ラウンドムーバーのこの部分も内部再現が施されていました(^^;

  

| | コメント (12)

2009年3月 3日 (火)

第128回 CD「装甲騎兵ボトムズ TV版総音楽集」

■本館の方もサウンドトラックの記事を更新しております。
 http://misojikousyou.cocolog-wbs.com/blog/2009/03/cd-gundam-sin-1.html



■「乾節」を体で味わいたい方に!

Img391

塩山紀生氏のジャケットが良い感じの「装甲騎兵ボトムズ TV版総音楽集」。数枚に分けて発売されていたものの集大成版といったところでしょうか。纏まっている分こちらのCDの方がお買い得ですね。

音源は当然ながら乾裕樹氏全開の内容。「ウド」、「クメン」、「サンサ」、「クエント」に加えTETSU氏が歌う「炎のさだめ」、「いつもあなたが」は当然ながらココナ役の声優である川浪葉子さんが歌う「たのまれグッバイ」も収録。

とはいえ「総音楽集」と言ってもレッドショルダーマーチは収録されていなく(原曲は1960年代のイタリア映画の音源でCDなどはかなりプレミアが付いていますね)さらにCMのアイキャッチ「ブリッジ・コネクション」や予告で流れたBGMなどが収録されていないのが少し残念ですが、ウド、クメンあたりの音源はどれも良いんですよね、言葉に表現できないのですがあれが「ボトムズ」だと。

余談ですがOVAの音楽集が7500円位で発売予定なのですが、発売日が未だに未定ですし、本当に発売するのかな?ペールゼン・ファイルズは主題歌がランティスだし、メロウリンクはバップだし、その辺の収録はどうなるのでしょうね?

| | コメント (6)

2009年1月31日 (土)

第122回 35MAX「スコープドッグ ゼトラ搭乗機」

コマンドフォークトも残すところ2機!(スコープドッグアサルトが昨日到着しちゃったけどね)



■狙撃と機動射撃の天才!

Rimg0154

コマンドフォークト隊の長距離の狙撃と中距離の機動射撃を得意とするゼトラ機です。

このゼトラ機もボルク機同様単品販売はされておらず、ウェポンセットとノルデンカスタムが必要となります。

Rimg0155

リアから。

意外にもターレット以外の相違点はないせいか、後ろから見た印象は通常のスコープドッグとほぼ同じ。

Rimg0156

大きな特徴としては長距離と中距離に重点を置いたレンズガード付きのターレットでしょうか。このパーツしか変化が無いのにもかかわらず本体の印象がガラリと変わるのですから面白い。

Rimg0157

もう一つの特徴としてはロングレンジ対応のスナイパーライフルですね。とはいえ機関部はGAT-22を使用していると言う事はヘヴィマシンガンの信頼性の高さを裏付けるという事でしょうか。実銃の世界で言う所のヘッケラー&コック(コッホ)社のシリーズなどがそうでしょうね、アサルトライフルベースベースに分隊支援機関銃から狙撃銃まで対応できるという意味では同じですね。

Rimg0153

狙撃体制。

膝が二重関節なのでかなり曲がるのですが脛裏の防護板が邪魔で可動範囲が限られるので取り外してからポーズを取らしています。

スコープを覗いていないのはライフルからターレットに配線を通じてスコープの画像を転送している設定。配線はリード線で再現されています。

Rimg0152

総評としては何時も同じことですが35MAXならではの全塗装は高級感と言う意味でもYAMATO製の1/12スコープドッグでもかなわないと思います。他種のボトムズ玩具よりもストレスが少なくポーズを付けて遊べることが嬉しいかと。

残り1体!・・・一番撮影が辛い機種が残っています(^^;

| | コメント (2)

より以前の記事一覧