2009年10月 4日 (日)

第196回 figma「パトリシア・マーティン」完成!

ようやく難産のアレが完成しました・・・・゚・(ノД`)・゚・。

■ハイテンション留学生figma!

Rimg0794

ようやく完成しましたfigmaパティ。メーカーから発売される可能性は低そうなアニメ「らき☆すた」よりハイテンションな留学生のパトリシア・マーティンをfigmaベースに改造して製作いたしました。画像から私の「らき☆すた」愛が感じられれば成功です(笑

 

Rimg0796

なんとかアップにも耐えられる位には製作できたかと思います(汗

気がつくと意外と資料が少ないのに驚きました。もともとこのキャラは旧CDドラマで初登場、コミフェ(コミックフェスティバル)にて個人サークルと揉めている外国人がパティで、それを止めようとしたゆたかとこなたが半ば強制に自分に合うサークルを探すのを手伝わされてしまうとハイテンションなパティらしい出会いが最初だったりします。

アニメ版では16話以降に結構登場するのですが、原作では八坂こうよりも出番は少ないのです。1年生4人組の一人ではあるのに意外とマイナーで身長も高めなせいでパーツ流用も余り効かなく商品化はされづらい分類に入っています。

説明はこれ位にしてあらゆるカットを掲載します。

 

Rimg0793

Rimg0789

Rimg0790

Rimg0791_2

Rimg0792

ショートヘアのキャラですが意外と髪の毛に躍動感がありあらゆる角度から見て違和感を無くすのに苦労しました。

頭部はエポキシパテの削りだし、微調整する為に何回も何回も盛っては削るの繰り返しをいたしました。でも基本はデザインナイフ1本で大体形を作っていたり。

フェイスパーツは「高良みゆき 冬服ver.」のテレ顔を改修、口を大きく開く様にリューターで形状変更しています。

塗装は髪の毛は先にオレンジ系を吹き黄色系でグラデーション塗装。口は白+赤少量で筆塗り。眉毛はコミックやアニメですと黒なのですが違和感があったのでオレンジ+ブラウン+イエローで作った色を筆で書き込みました。

 

Rimg0797

アキバ帰りっぽく。

 

Rimg0799

パティと言ったらこの格好?髪型が違うのはご愛嬌。

 

Rimg0800

こなたとパティ。Aボーイも萌え萌えです(笑

ば~にんぐふぁいあ~♪

 

Rimg0798

何となくあちゃくらさんとシャミセン。

 

Rimg0788

イベントでガチムチ兄貴の登場に喜ぶパティ(笑

 

Rimg0790_2

パティ「OH!コナタ!そのコスプレはマサカ!」

こなた「ふっふっふっ、真のコスプレと言うのはこういうものなのだよ、パティ」

 

 

Rimg0802_2

仲良しオタク三人組。

何気にひよりの首が長すぎたので短く修正しています。あとパティも身長を高めに改修しています。設定ですと166cmのみゆきさんよりも大きくしないといけないのでバランス取りが苦労しましたがちびトロさんのアドバイスで違和感無く出来ました(^^

ちなみにパティの上半身はみゆきさん、下半身はつかさのパーツを使用しています。(みなみ用にパーツを組み合わせると偶然かこのパーツが余るのです。)

■追加画像

Rimg0134

パティにはコスプレっぽい格好が良く似合う。

 

 

■恒例のらきすた4コマ

Rimg0807

 Rimg0135

■これがやりたかった!!

Rimg0791_3

じゃ~ん!figmaで1年生集合!

もう感動です(泣)この4ショットがfigmaで見れるのは 今現在はこのブログだけ!・・・・・だと思う。

 

Rimg0789_2

最後はにゃもーと。

 

欲しいけど商品化されていないものは作る!の私らしく何とか完成いたしました。普段していない作業の連続で何度放り投げようと思いましたがなんとか形になりホッとしています。たいへんだけど楽しかった~、やはり人様が持っていない物を形にすると言うのは毎度のことながら快感です。不思議と何でも作れるんじゃないのか?と錯覚してしまうのですが、実際は技術はマダマダです・・・。なにはともあれ形にすると言うことが重要ですね。

追加した画像と4コマに気づいた人いるかな?

| | コメント (6)

2009年9月28日 (月)

第195回「figma パトリシア・マーティン製作具合④」

デザートガンナーの足の処理が面倒くさいです・・・。

 

■形はほぼまとまった

Rimg0129

ようやくここまで形が見えてきました。

製作当初は前髪の横はねはあまり強調しない方向でしたがアニメ版の印象の方が深いと判断してややオーバーに形状変更したら良い感じになったのでホッとしています。

 

Rimg0130

Rimg0131

Rimg0132

Rimg0133

気泡や段差、違和感のある部分を今ではすっかりパテの代わりに大活躍しているWAVEの黒い瞬着を盛って加工しています。

強度、気泡の少なさ、硬化スプレーと併用すれば瞬時に固まり 瞬着より固くなく非常に頼りになる黒い瞬着ですが、エポパテとの固さが違いすぎる為、細いパーツを加工するときは思わぬ力が入りポキッと折れちゃうなんてことも。

フィギュアにはアルテコの方が良いのかもしれません。

 

Rimg0134

Rimg0135

サイズはこなたは勿論、かがみよりも大きく加工しています。

いつもでしたら足パーツを切って延長するのですが、塗装を考えると胴体のジョイントに真鍮線を入れて違和感の無い程度に数mmだけ延長、ちびトロさんのブログを拝見して参考にいたしました。見本となる方がいらっしゃるとといろいろと勉強になります。

これ以上やると胴長になってパンツが丸見え状態になってしまうのでこれが限界です。

結果figmaみゆきさんと同じ位のサイズになったのでとりあえずは良いかな?

(ちなみに設定ですと、こなたが142cm、かがみが159cm、みゆきが166cm、パティが168cmなので問題はないでしょう)

 

Rimg0136

とりあえず表面処理も終わりペーパーがけ直前の状態。

 

Rimg0138

Rimg0139

Rimg0140

捨てサフを吹きます。

目に見えなかった傷や気泡が出てきました。あとはラッカーパテと流し込み接着剤を混ぜたパテで気泡を埋めていきます(これが一番嫌いな作業さ・・・)

 

Rimg0141

乾いた状態で取り付けてみます。

おおっ!良い感じ!とはいえもう少し微調整を施したいと思います。

 

■追加画像

Rimg0142

ラッカーパテを塗りました。かなりベタベタ塗りつけているので見た目が汚いのはご愛嬌。

頬横の髪の後ろ側にエポパテを追加。サフを吹いてからこういうバランスの修正って気づく物なんですよね~。

しかもサフ吹く前では全く気にならなかったのに前髪と後ろ髪の間の空間の内側がギザギザしています。これも修正しないと(;´Д`)

■さらに追加画像です

Rimg0129_2

ペーパーがけをいたしました。(何か怖い画像だな・・・。)

頭部パーツ前後の内側も修正、サフをかけて問題なさそうでしたら塗装に入ろうかと思います(ドワッジもね)

 

 

| | コメント (4)

2009年9月21日 (月)

第193回 figma「パトリシア・マーティン製作具合③」

この別館も200回まであと7回ですか~、早いモノです(^^;

 

■チマチマ進んでいます

Rimg0129

画像が暗めになっちゃいました(汗

髪のパーツのボリュームアップ、エッジをやや強調、バランスの調整をいたしました。前回よりは良くなっていると思います。

 

Rimg0130

両サイドの髪にボリュームを追加、外側を沿って後頭部に向かっていく感じでちょっとエッジを出してサンドペーパーで少し角を取ります。

奥側の髪のボリュームを少し減らした方が良さそうですね。 

 

Rimg0131

後ろ髪も始めました。

ですが、とりあえず盛って削っただけですので統一感がまだ出ていません。ここから調整を繰り返していきます。

 

Rimg0132

こなたとパティ。

早く完成した状態で並べてあげたいなあ~(*^-^*)

■追加画像です

Rimg0129

向かって右側の前髪を形状変更いたしました。バランスが取れて良い感じなのですが、もう少し外側に跳ねた形状にしようと思います。ですがこれ以上ボリュームを付けるとこの角度で見たときに違和感を覚えます。イメージはかなり近づいたと思うのですが2Dと3Dの違いを痛感しています(^^;

あと首の位置の変更と見えない箇所ですがフェイスパーツ交換を考え内側に磨耗の少ないABS製のランナーを利用して差し込む形で固定できるようにしています。

パティ製作は意地でも10/3までには完成させて(つかさ、みゆきの夏服verの発売日で付属パーツで1年生が揃うので)、figma峰岸あやのの製作をしたいとは思っているのですが・・・。

■さらに追加画像

Rimg0130

アウトラインを強調するように両サイドの髪を盛って外側に跳ねる様に調整いたしました。違い分かるかな?個人的にはいい感じとは思うのですが・・・。

| | コメント (6)

2009年8月27日 (木)

第182回 figma「パトリシア・マーティン進行具合②」

良く作品の進行具合を高める為にその映像を見るものですが製作している対象物があまり掲載されていない時は辛い物です。

 

■表情一つでグッと近づいた

Rimg0062

頭部の加工はちょくちょくしているのですが、同じ作業ばかりでも飽きる物です。気分転換に表情に手をつけることに。

一気に「パティ」らしくなってきました。造形物は何でもさじ加減一つだなあと改めて痛感(;´Д`)

 

Rimg0063

表情パーツは「figma 高良みゆき」のパーツを流用。

しかしながらそのままでは違和感があります。原作やアニメを見ていると普段の表情が他のキャラより口を大きく開けている描写が多いのでリューターで口を大型化、内側を塗装しています。

 

Rimg0064

眉毛はラッカーの筆塗り。

もう少し精度を出したいと思うので微調整をしたいと思います。旧CDドラマの様にこなたとゆたかを並べた絵は最強間違いなし!?

Rimg0063_2

フォトショップで髪パーツに色を付けてみました。オレンジ系でイエローのハイライトを施す予定です。良い感じだ~。

| | コメント (4)

2009年8月26日 (水)

第181回 figma「パトリシア・マーティン製作具合①」

■前回のfigmaハルヒチアverの記事
 http://misojikousyou.cocolog-wbs.com/maniamisoji/2009/08/180figmaver-f6a.html

■前々回のfigmaスザクの記事
 http://misojikousyou.cocolog-wbs.com/maniamisoji/2009/08/179figmawf2008-.html

 

■欲しい物は作ろう

10月に発売予定の「figma柊かがみ夏服ver」に付属されるオマケ頭部パーツが日下部みさおと言う事でパティの商品化が絶望的になってしまいました。とはいえ良く考えると旧CDドラマデビューのパティでしたらみさおの方が間違いなく人気もあるでしょうから納得しています(^^;

しかしながらパティ好きとしてはやっぱり欲しい!1年生4人並べたい!・・と言う事で製作開始しました(笑

原作派と言う事もあり形状が原作寄りになってしまっていますが他のfigmaがアニメ基準なのでボリュームアップしを主体に対応していく予定です。

とりあえずつかさの顔パーツを付けていますが結構それっぽい。原作版の瞳の色が同じだから?アニメ版しか知らない方には違和感が多いとは思います。顔に関しては口の形状変更と瞳の修正程度で対応します。

元々メカ畑の私なのでヤマネ工房さんやちびトロさんのレベルまでは行かなくてもそれらしく見えれば良いと思っているので基本形状は良い感じになったかなと思います。あとは全体的にボリュームアップですね~。

■追加画像

Rimg0064

前髪のボリュームアップ、形状変更をした画像です。

だんだん良い感じになってきた!まだまだ形状修正入りますよ!

Rimg0065

みゆきさんの顔パーツを付けてみる。

結構パティに見える!良い感じ~♪

| | コメント (2)