2011年6月14日 (火)

第348回 figma対応 M1A1短機関銃完成!

 

遂に完成しましたトンプソン。最近はなかなか時間も取れず出社前に早朝モデリングしたりかなり強引でしたが、自分の予想よりも良いものが仕上がったので満足です。

 

Rimg0064

まずは各方向から。

製作記でも記載していますが、トリガー、マガジンキャッチ、セレクター、リアサイト、板バネの製作には苦労させられました。ですが情報量が多い方が見た目にも大きく反映されるようで手を抜かずに製作して正解でした。

本体は99パーセントプラ板、プラ棒。流用パーツはマズルとストックの金具の2点だけ。詳細は製作記の方でどうぞ。

塗装は深みを出す為に下地にネイビーブルー、金属部はガンメタル、木製部はブラウン系+イエロー系極少量+ホワイト+レッド系極少量。木目はエナメルでウォッシングの容量で再現したのですが画像ですと伝わりづらいですね(;´Д`)

 

Rimg0083

サイズはfigmaに準じているので違和感はありません。

この画像の方が木目が分かりやすいですね、良い感じに仕上がっています。

 

Rimg0084

以前製作したM3短機関銃と。

この2種のツーショットはぜひともしたかった!グリースガンより全体的に進歩していると思います。

 

Rimg0071

実際のサイズはこの位。

ちっちゃ~い♪

さてさて、せっかくfigma対応なんて謳っているのですから、様々なfigmaに持たせてみましょう~。

 

Rimg0067

まずはりっちゃん♪

両手で持たせる事が出来るのが絶対条件なので調整に苦労しました。手首パーツは両方ともミサカから流用しています。

当初は星村眞姫那の手首パーツを流用していたのですが塗装が剥げてしまうくらい窮屈なのでミサカのパーツが少し緩めで良い感じのようです。

 

Rimg0068

射撃姿勢だってこの通り!

「バババババ~~ンッ!」

 

 

Rimg0069

「とつげき~~っ!!」

 

 

Rimg0070

律「唯!2時の方向に敵っ!」

唯「らじゃ~っ!・・・2時の方向ってどの方向?」

 

 

Rimg0073

ゴルゴ13と。

M16以外も良く似合います。

 

 

Rimg0074

ラムちゃんと。

 

 

Rimg0075

アインと。

 

 

Rimg0076

カナンと。

 

 

Rimg0081

高坂桐乃と。

 

 

Rimg0082

志津野泉と。

オパイさんが大きすぎるのでポーズが制約されてしまいます(汗

 

 

Rimg0080

御坂美琴と。

ミサカでは無い所がポイント。ポリマーフレームのイメージが強いので。 

 

Rimg0077

ラストは真鍋和と。

以前にも組み合わせたのですが良く似合うんだよなあ~☆

 

ようやく完成したトンプソン。WWⅡ小火器の超メジャーどころなのでぜひ押さえたかったので個人的には満足です。figmaでシャーロットやルッキーニが発売されたらトンプソンは良く似合うだろうなあと。一人でも「これ欲しい!」と思える方がいたら成功ですね(^^

本当に楽しかった!自作小火器をガンラックでも製作して並べたくなってきます。

 

■次回figma小火器決定!

次回は「PPsh41」に決定!WWⅡソビエト連邦の代表的なサブマシンガンを製作予定です。まず1/12で発売される事は無いでしょうから攻めますよ!

「figmaの火器なら三十路工廠!」なんて呼ばれる時が来ると嬉しいですね~☆

 

 

| | コメント (26)

2011年6月10日 (金)

第347回 figma対応 M1A1短機関銃進行具合④

 

■前回の記事「仮面ライダー ブランクナイト」
  フィギュア王誌上通販figma! 
http://misojikousyou.cocolog-wbs.com/maniamisoji/2011/06/346figma-6b09.html

■前々回の記事「figma 高坂桐乃」
http://misojikousyou.cocolog-wbs.com/maniamisoji/2011/06/345figma-4fbf.html

 

Rimg0055

ようやくここまでこぎつけました。

まだ荒い部分も見えますがこの辺で塗装に入っちゃいたいと思います。7センチのサイズでここまでやれば十分でしょう(;´Д`)

 

Rimg0058

堂々とした腰だめでの射撃姿勢は苦労の甲斐がありました・・

ミサカの左手を使用しましたがハンドガードをしっかり握らせるのには重宝しますね。

 

Rimg0057

ここまで製作するとシカゴタイプを製作したくなってきます。ドラムマガジンとフォアグリップ、コッキングハンドルの変更にバレルのモールド等・・・・

結構改修点が多くなりそうなので断念(汗

次回の更新では完成画像を掲載できれば良いなあと思います。次はAK47でも作ろうかな?

| | コメント (8)

2011年4月11日 (月)

第331回 figma対応 M1A1短機関銃進行具合③

 

Rimg0034

Rimg0033

前回、前々回よりもさらに進みました。

正直ここまで細かく製作する予定も無かったのですがガンマニアの血が騒いでしまったのでしょうか(;´Д`)

 

Rimg0035

トリガーをようやく追加いたしました。

正直トリガーに関しては追加しようかすら悩んだのですが、密度が格段に向上したので結果的には良かったと思います。

トリガーのサイズは2ミリ以下。万力で固定しながら削り出したりガンプラから流用したり、エポパテで製作したりとあらゆる方向で試したのですがどうしても上手く行かない。

そこで、トリガーガードに水平に細切りにしたプラ棒を接着させ大まかにカットした後、リューターで撫でる様に形状を出しました。凄く・・辛かったです・・

ですが型抜きの関係でトリガーの位置がどうしてもトリガーガード後部にくっ付く造型になってしまう量産品と違い(figmaゴルゴ13、宮藤芳佳の武器を見ると良く分かります)しっかりとトリガーが強調されているのが自画自賛ではありますが良い感じ。

 

Rimg0037

セレクター、セフティレバーを追加。

各レバーの軸はジャンクパーツから(1/144ドワッジのアンテナを削り出しました)、レバーは0.5ミリのプラ棒を先に接着してデザインナイフで少しづつ造型、ここだけで2時間かかりました。

 

Rimg0036

ハンドガードはまたもや作り直し(;´Д`)

ようやく納得のいく形状が出せたかと思います。

 

■製作の進行を画像で見てみよう

Rimg0021

Rimg0022

1回目の更新時。

 

Rimg0050

Rimg0042

2回目の更新時。

 

Rimg0034

Rimg0033

3回目の更新(今回分)

確実に進んでいるのが分かります。だって楽しいんだもん・・

ミニチュアガンとしては良い線行っていると思います(^^

 

Rimg0038

サイズ比較。前回製作したグリースガンと一緒に。

 

Rimg0039

今回はセイバーさんと。

注目していただきたいのが、トリガーの位置とトリガーにかかっている人差し指の位置関係。量産品ではここまで密接した状態はなかなか難しいでしょう。かなり調整しましたから・・。

これからはペーパーがけ地獄が待っています・・・・・

| | コメント (4)

2011年4月 7日 (木)

第329回 figma対応 M1A1短機関銃進行具合②

 

Rimg0050

Rimg0042

前回の進行具合と比較していただけると分かるかと思いますが格段に進みました。

細かな部分の追加を画像を追いながら説明して行きたいと思います。

 

Rimg0044

グリック上の板バネは当初は省略しようかと思いましたが、できるだけ再現したいので多少簡略していますが製作しました。凄く辛かった・・ですが効果は大きく製作してよかったと。

ストックの金属パーツは市販のパーツで。フレーム下部の段差も追加、グリップは形状を再調整と共に大型化。

 

Rimg0043

トリガーガードにかかっているマガジンキャッチもプラ版で製作。細かすぎて泣きそうになるほど・゚・(ノД`)・゚・。

フレームのモールドも追加しています。

 

Rimg0045

ストック後部のパットプレートは緩やかなアールが2段かかっているので再現。プレートは薄手のプラ板で。

 

Rimg0046

ストック後部のモールドも忘れる事はありません。

 

Rimg0047

リアサイトも製作。

何気に4パーツ構成。

 

Rimg0048

前回製作したハンドガード部がどうにも気に入らず勿体無いが全て1から製作しなおしました。

 

Rimg0051

ちっちゃ~い♪

グリースガンより上手く行っているかと自己満足( ̄ー ̄)

 

Rimg0052

今回はラムちゃん☆

 

Rimg0053

上手くいけば土曜日には完成しそうな勢いですかね??

| | コメント (10)

2011年3月31日 (木)

第328回 figma対応 M1A1短機関銃進行具合①

以前figma対応のグリースガンを製作した際に次のfigma小火器シリーズはトンプソンを作ると宣言してしまいました。

しかしながらどうにも手が進まずしばらく放置していたのですが、昨日の深夜に突然スイッチが入ってしまい黙々作業していたら朝の5時!数時間たったら仕事だよ(;´Д`)

 

Rimg0021

Rimg0022

複雑な形状なので正直グリースガンより大変です(;´Д`)

ですが全体の特徴は中々良い感じに表現できているかと思います。今の所はマズル以外はプラ材のみです。

 

 

Rimg0024

コッキングハンドル周辺。

ややオーバースケールになってしまったのは反省点。フレーム下部に一段段差があるので後日追加する予定。

 

Rimg0025

エジェクションポート周辺の形状はやや寸詰まりになっていますが、まずまずの形状は出せているかと。

 

Rimg0023

ストックの形状はかなり上手く行きました。プラ版の積層を削って対応しています。

パットプレートはまだ取り付けていない状態です。

 

Rimg0028

グリップは以前のグリースガンの様に持たせる事を優先し過ぎないようになるべく形状は拘りました。

トリガー、リアサイト等は後日製作します。

グリップ、トリガーガード周辺は強度を考え削りだしです。

 

Rimg0029

かなりチッコイです♪

 

Rimg0036

ハンドガードのモールドはまだ入っていません。

バレルが数ミリ短いような気もします。

 

Rimg0027

前回のグリースガンと。

グリースガンは少しオーバースケールだったかなあ。

 

Rimg0033

figmaではやはりマキナが似合う。

 

Rimg0034

格好良い!

 

Rimg0031

両手で構えられるように調整するのが毎回の苦労する点です。ですがその甲斐もあり上手く収まっています。

 

Rimg0030

学園祭時の和ちゃんに良く似合いますね~。

 

Rimg0026

本当は複製も考えていたのですがシリコンの在庫が無く断念。M1928やドラムマガジンも考えていましたが今回もワンオフで進めます。

 

Rimg0035

早く塗装状態でWW2米軍サブマシンガンを並べたいものです。

 

| | コメント (16)