2011年8月 6日 (土)

第357回 TOKYO MARUI MAUSERM712製作②

■まずは独り言

 

・・・figmaストレングスがまだ到着しない・・・

発送メールも未だ無し、少し遅すぎないか?

 

 

■前回の記事「KOKUSAI GLOCK17」
 http://misojikousyou.cocolog-wbs.com/maniamisoji/2011/08/356kokusai-gloc.html

 

 

Rimg0001

フレームの仕上げが済みました。パーティングラインの除去と表面処理が主体となっておりますので画像を追ってみましょう。

 

 

Rimg0002

パーティングラインは完全に除去しました。

素材が特殊なABSやらジュラコンやらで思った以上に大変・・・

 

 

Rimg0003

グリップ後部にはBB弾サイズ級のヒケがありました。

画像では処理済みです。黒い瞬着で大まかに埋め、ハケ付き瞬着で仕上げしてペーパーがけを数回繰り返します。良い感じだ。

 

 

Rimg0004

TOKYO MARUIの刻印は削除しました。

 

 

Rimg0005

このキットはトリガー、ハンマー等が金属なのは嬉しいのですが見ての通り精度が悪い。表面はザラザラと言うよりボコボコです。

ですが合金なので加工も容易と言う事でペーパーがけである程度は対処できるかと思いペーパーがけをしたところ・・・

 

 

Rimg0006

想像をはるかに超える程きれいになってしまいましたΣ( ̄ロ ̄lll)

240番→400番→600番→800番→コンパウンド処理を施したらこの通りです。鈍くではありますが鏡の様に映りこむまでになってしまいましたよ。

 

 

Rimg0007

トリガーも同等の処理で。

中央には思いっきりパーティングラインがありましたが削り落としました。

とても2900円のモデルガンのパーツとは思えないでしょ?

 

 

Rimg0008

オシリ少尉さんのリクにお答えしてグリップの塗装を段階的に紹介します♪

今回はサフを荒めに吹きました。

随時更新します☆

 

 

Rimg0009

Rimg0010_2

ダメージ表現用にキャロムのチタニウムシルバーをフレームに吹きつけました。

一缶2800円(!)と高価だけあり現代オートに良く似合うクローム感の鈍い光沢感が格好良い。年代の古いモーゼルにも良く似合います。

薄く吹くのを数回繰り返し24時間乾燥させます。乾燥後は爪で引っかく程度ではびくともしません。

 

 

 

Rimg0011

グリップの処理の跡は何処へやら。

とてもBB弾サイズのヒケが2箇所あったとは思えないでしょ?

 

 

Rimg0012

パーティングラインの処理も完璧です。

 

 

Rimg0014

ランヤードリングの差込口は2パーツ構成ですが綺麗に処理できました。

 

 

Rimg0013

磨いたトリガーとハンマーを付けてみる。

このままシルバーで作ろうかな・・市販のモーゼルのトイガンのメッキはテカテカの印象ですがクローム系の鈍い光を放つモーゼルがここまで格好良いとは。木目のグリップも似合いそうだしね~。

本当にシルバーで作ろうかな??コンパウンドで全体を磨けば凄い事になると思いますが・・

 

 

 

 

 

 

| | コメント (11)

2011年7月17日 (日)

第353回 TOKYO MARUI MAUSER M712製作①

 

地元の模型店に行ったところ、サムライエッジの15周年記念モデルが入荷していました。ブルーイング風のスライド、クリス・レッドフィールドモデル同様のロングスライドストップ、シルバーのトリガーと実物を見ると少し欲しくなりました。

・・・・・・・でもサムライエッジはジルモデル×3、クリスモデル×1、バリーモデル×1持っているからなあ~、ガマンガマン(;´Д`)

 

 

Rimg0002

マルイのモーゼルを友人からのご好意で譲っていただいたのは前回お話したと思います。

今回から他の記事と平行して進行具合を掲載していきたいと思います。とは言っても基本ストレート組みなので重要なのは塗装なんですけどね。

ですが下地の仕上げは本体の完成度を大きく左右するので基本を忘れてはいけないと言う意味を込めて進めたいと思います。

 

 

Rimg0001

このキットの特徴としては強度を重視してバレル、マガジン、フレームが一体成形になっているところ。フルオート射撃に耐えうるにはこれが理想だったのでしょう。

なにはともあれ、強度も確保でき外観の印象も良いので嬉しい限り。

 

 

Rimg0002_2

Rimg0003

Rimg0004

とは言えどうしても避けられないのがパーティングライン。

これは完全に除去しましょう。

 

 

Rimg0005

刻印を見ると東京マルイの文字が。

ですが凸モールドなので削り落とすだけで対応できるのはありがたい。

 

 

Rimg0006

グリップは一昔前のエアガンの主流であるカッパーの様な色。

これはこれでノスタルジック感が良いのですがせっかくなので以前オートマグに施した塗装をしましょう。

 

 

Rimg0007

金属パーツ。

とても2900円とは思えない量の多さ!再販しないわけだ(;´Д`)

 

 

M712に関してはゆったり更新で行きたいと思います~(´∀`)ノ

 

 

| | コメント (12)