misojikousyou.cocolog-wbs.com > MS-06F 修羅の双星搭乗機

 MS-06F ザクⅡF型~修羅の双星~カート・ラズウェル/ロビン・ブラッドジョー搭乗機
 MS-06F ザクⅡF型~修羅の双星~カート・ラズウェル/ロビン・ブラッドジョー搭乗機
 MS-06F ザクⅡF型~修羅の双星~カート・ラズウェル/ロビン・ブラッドジョー搭乗機
 MS-06F ザクⅡF型~修羅の双星~カート・ラズウェル/ロビン・ブラッドジョー搭乗機
 MS-06F ザクⅡF型~修羅の双星~カート・ラズウェル/ロビン・ブラッドジョー搭乗機
MS-06F 修羅の双星搭乗機
MS-06F 修羅の双星搭乗機
MS-06F 修羅の双星搭乗機
MS-06F 修羅の双星搭乗機
MS-06F 修羅の双星搭乗機
MS-06F 修羅の双星搭乗機
MS-06F ザクⅡF型~修羅の双星~カート・ラズウェル/ロビン・ブラッドジョー搭乗機
MS-06F ザクⅡF型~修羅の双星~カート・ラズウェル/ロビン・ブラッドジョー搭乗機
MS-06F 修羅の双星搭乗機

<< 前 | トップページ | 次 >>

MS-06F ザクⅡF型~修羅の双星~カート・ラズウェル/ロビン・ブラッドジョー搭乗機

 MS-06F ザクⅡF型~修羅の双星~カート・ラズウェル/ロビン・ブラッドジョー搭乗機

 HGUC 1/144 「量産型ザク」改造

 ロビン機 バズーカ装備(最終決戦仕様!?)


機体解説

冷静沈着な「カート・ラズウェル中尉」、お調子者の「ロビン・ブラッドジョー中尉」の二人は北米降下作戦時の輝かしい功績を認められ「修羅の双星」と言う二つ名で知られることとなる。彼らは最も信頼の出来る機体としてMS-06系に好んで搭乗していたとの事である。

頭部
HGやFGに見られるメンテナンスハッチのラインを追加。中央のアンテナ部は熱したドライバーで。パイプ基部の大型化とアトハメ加工はお約束。ビームサーベルの輪切りをモノアイに使用しています。

腕部
手首カバーの製作、肘にHGザクのマルイチモールドを流用、スパイクはHGB3グフの物をベースに小改造。手首はヅダやザクスナイパー等から流用。

胸部・腹部
旧MSVの様に形状変更、コクピット周辺をアルテコで修正、フロントスカートは左右独立可動に改修、形状変更等。

脚部
基本ストレートですがHG風に軽くスジ彫りを追加、フレアのウスウス攻撃。

武器等
マシンガンはドラムマガジンの裏を埋めグリップはアーケードにあるスイッチ付きとノーマルの2種を用意。バズーカはストレート。
クラッカーは旧武器セットから、予備弾倉ケースはジャンクパーツで。

塗装
ヨモギ色=ガンダムカラーグリーン4 30%、ホワイト70%

濃い緑=ガンダムカラーグリーン3 80%、ホワイト20%

ランドセル、関節、武器類は300番台を適当に(笑)ヒートホークは近くにあった塗料を適当に・・・適当な解説で申し訳ない(^^;

スミ入れはヨモギ色、濃い緑部にはジャーマングレイに少しブラックを加えたもの、その他の部分はレッドブラウンで。エナメル溶剤の代わりにジッポオイルを使用しています。(エナメルよりツヤが出ないので)

グラデーション塗装はいつもよりかなり軽めにしてみましたが、画像ですとグラデーションがほとんど分からないかも。実物はかなりいい色なんだけどなあ・・・・。

一見HGUCザクと大差ないように見えますが一度でも製作したことのある方はこの改修が面倒なのを理解してくれるはず。
 

固定リンク